H体験談。。可愛い顔に巨乳のサークル女友達 続続編

ここでは、「H体験談。。可愛い顔に巨乳のサークル女友達 続続編」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

前編は以下のとおり
可愛い顔に巨乳のサークル女友達
可愛い顔に巨乳のサークル女友達 続編

Nの中が急激に締まりだした。あまりに締まるので出されない様に指を止める。
Nの腰がガクガク動き、そしてとまった。

「今イったっすか?ねぇ今イキましたよね?めっちゃうまいっすね◯◯さん!ていいうかNさん感じ過ぎwwww イキやすいってマジだったんすね!」と大興奮の後輩。

「気持ち良かったんだ?」とNにキスをする。
息が上がったNは口を塞がれたので鼻で息をするも、少しつらそうだった。

このまま休ませてもいいと思ったが、体力が戻るとまた抵抗しそうで面倒だったのでオレもズボンと下着を脱ぎアソコにあてがう。

「あ…ダメ…やめて…」とNは力無い様子。
いやもう無理だし、と先っぽでクリを弾く。

「あぁん!」と大声をあげ、Nの腰が数センチ布団から浮く程ビクリとした。
「ヤる気まんまんじゃん(笑)」と、そのままゆっくり奥まで入れる。

「ああぁ…ダメぇ…」と声を漏らしながらも脚は開いたままだった。
入れてからはずっと正常位で突いていた。

巨乳がプルプルと動くのが楽しくて強弱を付けていたらそれが良かったのか、本気汁(っていうの?白いぐちゅっとしたアレ)が出まくり。

「すっげぇ本気汁でてんぞww そんなにおれのちんぽいいの?」
「あぁ!違う!あぁん!もう、恥ずかしいからやめて!あはぁ!」

「いやだって超ヨガってんじゃん、ほら」
と、両足の足首を持ちあげまんぐりポーズに。

「ちょっと!恥ずかしっやだって!ちょ…あっあっあっあっあっあっあっあっあっ、動かな、や!あん!あん!」

小刻みに突くとわかりやすく反応をくれる。なんだか可愛く見えてディープキスをすると向こうも下を絡めてきた。

キスをし終えると「○○くん!あぁ!ダメ!○○くん!」と名前をなんども呼ばれる。それに興奮を覚えたオレに限界が訪れた。

「あぁ、もう出る、出すぞ!中いける?中いける?」
「あぁん!中はダメ!中は…あん!つよ…うんっ」

ギリギリのギリギリまで突いていたが、射精感がこみ上げ抜いたと同時に出してしまった。少し中で出てしまったかもしれない。

Nもオレも息を荒らげて横になる。落ち着いたオレは部屋のティッシュで精液を拭いてやる。

その光景を見ていた後輩が
「うわっ、やべ、AVみたいww すっげww」

そう言った後輩に気づき、オレは
「次やれよ、ヤリたそうだぞこのマンコ」と雑に扱う。

「えぇ…はぁ…もうやだぁ…」というNを尻目に後輩は歓喜。
「え?いいんすか?w じゃあNさんすんませんww」とNの股の間に顔をやり、

「うっわぁエロいっすよNさん!結構ヤリマンだったんすねww」と手マン開始。乱雑に手を動かす後輩。

しかしNは感じてるようで「あっ、やだってぇ…もうっ!あん!あぁ!」と甘い声を上げる。

疲れて横になりながら見ていたが、オレもこの生臭さと友達同士が隣でヤッている状況に興奮しまた勃起し始めた。

ほんの数分の手マンと胸を揉みしだいただけですぐに挿入。我慢の限界だったらしい。はじめは正常位だったがすぐにバックに体を入れ替える。体勢変える時くらいチンコを抜けよ。

「おれバック好きなんすよね!ほら!この音!ほら!」とパンパンと音を出しながら腰を振る後輩。

「あ!やだ!あぁ!あぁ!あん!あん!」

Nが一際大きな声を出すようになる。正常位が好きと言ってた割にはバックがお好みのようだ。

興奮してきたおれはNの顔の前に行きチンコを顔に擦り付ける。Nはイヤイヤとしていたのでケツをつよう叩くと
渋々、それでいてしっかりとくわえた。

「あ~イイっすわこのマンコ。実は今日ゴム持ってきてるんですよねw 今は生だけど」
「マジで?オレも持ってきてんだよww やっぱマナーだよな男として」

「んっ、ん~、あっあっ、むぐぅ」
「なんか苦しそうじゃありません?デカイんすから無理させないほうがいいでしょ」

「ん、そうだな。大丈夫か?まだしゃぶりたい?」
ん~!と首を横に振るN。たしかに少し苦しそうではある。

「しゃあねぇな、じゃあくわえなくていいから自分で舐めろよ」と、チンコを抜く。
「ぶはっ、あん!ねぇDくんやめて!あっ、やめよ…あぁ!やめようよ!」

「えぇ~今更それはちょっと…ふぅ、Nさんのマンコ良すぎっすもん」
「いいからNは舐めろよ」身を乗り出し尻を叩く。

この時、Nは「あぁ!」と屈辱的な声をだした。
「おいおい、今叩かれて感じた?マゾすぎだろww」

「やっぱ好きなんすよこの人ww ほら、乳ぷるっぷるwww」

パンパンと言う音と共に垂れ下がった大きな胸が揺れる。Nはもうおれのチンコを舐め始めていた。

そんなこんなで後輩も出し終え、ゴムを出してきたオレは上半身を落としてケツを上にあげた状態のNに挿入、代わる代わるNを犯し続けた。

余談だが、エロトークの内容を。

どんなセックスが好きか、とか知り合いの性的な噂とかかな。あの人とあの人が実は…みたいな。

それは三人もいっしょで、Nなんかは当時ストーカーじみたやつがいたわけよ。そいつに部室に2人きりにされ、迫られてキスされたとか元カレと浮気したことがあるとか。

前も言ったとおり人目を惹く素振りをするもんだから、海に行った時とかオレも知ってる友達にべたべた身体を触られたり、泳いでる時に抱きつかれたり、その夜に告白された時(断わった)肩を抱き寄せられ胸を揉みしだかれたとか。

のちのちヤってる最中に聞き出したらそいつとも一度だけヤったらしい。しつこく再戦を申し込まれたらしいけど拒否しつづけたそうな。

で、経験人数だけどエロトーク時は7人と言っていたが最終的に聞き出した結果オレと後輩を含め12人だった。内、オレも知ってるやつが7人ってんだからもうね。

先輩が多くて、たぶん噂が回ってたんじゃ無いかな。ヤレるいい女がいるって。

ただ、スノーボードに行った時点では誰とも関係は切れてた。俺たちほど長く続いたやつもいないし、ヤった回数は彼氏含め断トツでオレとのこと。今は知らんけど。

もしかしたら後輩に秘密で浮気してるかもな…ひょっとしたらだけど。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.