H体験告白。。主人の前で主人の募集した男性と

ここでは、「H体験告白。。主人の前で主人の募集した男性と」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

主婦で33歳 子供は2人います。

私は大好きな主人のお願いで2年ほど前から主人の前で主人の募集した男性とエッチしています。

初めは 主人に「見てみたいと」か言われて勿論断りましたが、

主人が「自分の愛してる嫁さんが誰かとエッチをするなんて嫉妬で狂いそうだけど、想像しただけで興奮してしまう。そんなお前を今以上に愛おしくなる」と言われつづけ、約2年前に募集した大学生と主人の前でしました。

主人に「俺にもしないこともしていいよ」とか「エッチになってるお前をみると興奮するからいやらしいエッチをして欲しい」と言われ

「そんなできない」とか 「やっぱりやめたいなぁ」と前日の夜に主人に言うと「もうダメだよ 相手も決まってるんだから」と主人も本当に楽しみにしてるようでした。

主人が本当に楽しみにしてるのと、主人以外とするとOKしてからの主人は以前よりも優しい夫になってました。

私は不安もありましたが、主人以外とエッチをするということを楽しみにしており、その日のために2週間私を抱いてくれない主人のせいで前日はすぐに濡れてしまうほど敏感になってました。

募集した男性は主人が顔写真とアソコの写真を用意してくれ、私が選びました。

当日 私達夫婦と募集した男性でラブホに入り、緊張するからと主人が考えたやり方ではじめました。

部屋に入りベットで主人をフェラしました。2週間ぶりの男性器と、夫婦以外の人に見られながらのフェラに私は興奮しました。

その間に服を脱いだ大学生は私の服を脱がそうとしますが、四つん這いで主人のを舐めてる私の下半身しかぬがせられないので、スカートを下ろし下着をさげると「奥さん 濡れすぎてますよ」と言われ、脱いだ下着が主人にわたされると「凄いなぁ」と私に見せてくれました。

大学生は私の濡れたアソコを音を立てながら舐め、主人のを咥えていられなくなり 私はイカされました。

主人が「では今度はこっちにきてください」と大学生を私の前に呼ぶと、ガチンガチンになってる男性器が見えました。

主人とは違うモノで先からは汁が垂れてました。それを舐めました。
主人とは違う味、大きさ、匂いに興奮し、しゃぶってました。

「出そう」と言う大学生に 「ダメ 入れて」と私がいうと、主人が近づいてきて「入れてください 生でいいですよ」と言うと入ってきました。

久しぶりの挿入に一気にいかされ、キューキューする私のアソコも良かったらしく、大学生も「もう持ちません」と中にあっという間に出されました。

バックで何秒かで終わってしまいましたが 凄い興奮してました。
さらに興奮した主人が、中に出されたままの私に 挿入してきました。

いつもより元気な主人は「良かったか」とか聞いてきて激しく突いてきます。
大学生と違う男性器がすぐに挿入されたため、はっきりわかりました。

いつもしてる主人のアソコというものではなく、気持ちのいい場所も男性器で変わることもしりました。

主人はバックのまま位置を変えると大学生の精液のついたアソコのとこに私の顔を持ってきたので、私から咥えました。

それで興奮した主人は激しくバックで突いてきましたが、私も大学生のアソコをしゃぶりました。

ムクムクとまた大きくなり咥えきれなくなったころ主人も中に出しました。主人は俺の咥えてというので主人のを咥えると大学生のとは違う精液の味がしました。

主人のを舐めてると主人が復活してるならやってくださいとまた入れられました。この状況に興奮してました。

主人はシャワーするといなくなり 大学生と正常位で抱きつきキスをしながらしました。また大学生はすぐにイキました。

私のアソコは良く濡れよく締まり、気持ちよかったと凄く喜んでくれました。
(投稿者 変わった自分)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.