Hな体験談。。先輩女子社員の全裸 続編

ここでは、「Hな体験談。。先輩女子社員の全裸 続編」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

前編は以下のとおり
先輩女子社員の全裸

昨日、おとといと、彼女とのこと、真剣に考えてみた。
自分のなかで自問自答した。

そして、出した結論が、彼女とまじめに付き合いたいということ。
もう、覚悟はできた。

4歳年上になるが、自分にとって大切な人になってほしいと心から思っている。
そこで、昨日の帰りがけ、思い切って声をかけてみた。

「先輩の家、ゆっくり遊びに来てって、本気にしていいですかあ?」ってね。
そしたら、「うん、いいよ。いつがいい?」と、あっさりOK。

で、なんと!今日、夕食をご馳走してくれることになった。
ワインと花束をもって彼女の家に向かった。

なんかさあ、変だけど、なんとなく恋人気分みたいでそわそわ。
今考えるとバカみたいだけどね。

マンションの入り口のセキュリティロックのところまできて、その独特のコンクリートのにおいとか、雰囲気が、あの日のことを思いださせて、一気に勃起してしまい、収まるまで、インターフォンを押せなかったw

二重のロックを開けてもらって、エレベータで6Fの彼女の部屋へ。
すっげえ、緊張して呼び鈴を押すと、ハーイと彼女が出てきた。

その日はピンクのニットに少し長めの軽い生地のスカート。
そういえば、スーツ姿しかみたことなかったんだ。

すごく、新鮮でかわいらしく見えて、もう、心臓が破裂しそうだった。
部屋に案内されると、あのときのソファ。顔が紅潮するのがわかる。

やばい、と思っていると、
「そんなに緊張しない! 仕事じゃないんだから」

「わー、ありがとう」と、いって、ワインと花束を受け取ってくれたんで、すこし、リラックスできた。

テーブルの上には、彼女のお手製の料理。
ちょうど、サラダを盛り終わって、準備完了!

早速ワインで乾杯して、ひとしきり雑談した。
俺は、ニットの胸のふくらみがまぶしくてしかたがなかった。

いろいろな話をした。もともと会社でも仲がよかったから、話題にはことかかなかったんだ。ワインの酔いもあって、いい雰囲気!

それでも、自分から、なかなかこの間のことを切り出せず、結局、もう夜も遅くなってしまって、楽しかったけど、なんとなく割り切れないまま、彼女の部屋を後にしようと立ち上がった。

そうしたら、突然、彼女が切り出した。
「明日、なにも予定がないなら、泊まってって」

しかも、いつなく色っぽい雰囲気で。
もう、気がついたら、ソファの上でキスしてた・・・

彼女の唇が少しひんやり感じて、甘くて。
そのまま覆いかぶさるように抱きしめて・・・

本当に、信じられないけど、ここまで自然の流れのなかでできた。

一度、唇を離し、改めて彼女の顔をみると、耳まで赤くなって少し震えるように、彼女がつぶやいた。

「好き・・・○○くん、好きよ」
正直、そういわれて、ハッとしたんだ。

覚悟を決めてきたはずなのに、切り出せずにいた自分。
彼女から求められてしまったことを少し後悔した。

それで、彼女にわびる気持ちもあって、もっと激しく舌を絡ませるキスをすると、ニットの上から張りのある乳房をもんでいたよ。

ずいぶん、長い間抱き合っていたように感じた。

「泊まってくよ」
まったく、間抜けな話なんだけど、それがその時、俺が彼女に言った言葉。

バカジャン! 好きだよとか愛してるとか、なんで言わなかったのか、そこでも後悔・・

でも、彼女、ニコッと笑って、「ありがとう」って。
ジーンときて、涙でそうになって、もう一度、抱きしめたよ。

いとおしくて、しかたがなかった。
その後、それぞれシャワーを浴びてベッドへ。

先に浴びた彼女が待つ寝室へ足を踏みいえると、彼女がいつも使っている香水の匂いが漂い、くらくらしそうだった。

ベッドのなかの彼女は最高だった。
なにもかも・・・。もう離れられない!
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.