H体験談。。浅田姉とホテルへ

ここでは、「H体験談。。浅田姉とホテルへ」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

俺 ♂、28、170/55(ガリ)

相手 27歳 写真はフィギュアの浅田舞(浅田真央の姉)にそっくり

サイトでこちらからメール。週末にご飯でも食べに行きましょうという話になる。いつもどおりエロ方面の会話ゼロ。

待ち合わせ前日、「不安になったので電話してもいいですか?」とのメールあり。
30分ほど電話で話す。写真で想像していたより声が幼い感じ。

いわゆるひとつのアニメ声。
「いい人っぽくて安心しました。明日楽しみにしてます」とのこと。

前日の電話でやれる女探知機が激しい反応を示す。エロトークはゼロだけれども、こういう話し方ならエッチできるかもしれない。淡い期待を胸に某駅に。

まったく写真そのままの人が立っていた。やはり浅田姉。
背が低いが全体的に頭よさそうな感じ。近くのお店で食事する。

内容は相手の仕事の話がほとんど。顔やメークはキツめ、なのに喋ると声がフニャフニャ、話し方おっとりというギャップがチャームポイント。

叱ってくれる人が好き。とはいうものの浅田姉の仕事の話を聞いて叱れる男は少ない気がする。

食事中にOKオーラがわかりやすく出ていたので、向こうの気が変わらないうちに勝負しておこうと決意。隣の駅の飲み屋に行こうと誘う。電車に乗る。

土曜の夜の電車はすいていたので、一番出入り口に近いところに立ったまま浅田姉を抱き寄せてキス。抵抗なし。むしろ離れてくれない。

「・・・は、恥ずかしくて離れられない」。そりゃそうだ。
少ないとはいえ乗客が見てるもんね。ごめん。

耳元で2軒目にいかないでホテルに行こうと提案。すんなりOK。
というわけで浅田姉とホテルへ。

早速、微妙に服を着たまま状態でイチャイチャする。服の上から見て、無いと決め付けていた胸は実はDカップ。

大きく見えないように、ありとあらゆる努力をしているそうだ。うれしい誤算。

時間があるので全身をくまなく探検。耳や背中が気持ちいいらしいが、膝の内側のところをやさしくサワサワするとあえぎ声マックス。

ここは膝の内側だよ??なぜここが? 本人もそこが気持ちいことを今日初めて知ったらしい。うーん女体の神秘。

というわけでラブホの枕の部分にM字で足を開いて座らせ、膝の内側を舐めながら、指で責めるととっても気持ちよさそう。

眉間にしわを寄せて、声を出すのを我慢している様子がたまらないです。
その後フェラしてもらい、最後はバックで発射。

翌朝、「強引にされると求められてるなぁって思って感じてしまう」という前夜の時の浅田姉の発言を間に受けて、風呂に入っているところを軽くレイプするつもりでなまはげスタイルで急襲。

「えっち”な子はいね”が”~!!!」と絶叫しながら風呂に入っていったら、怯えるどころか、爆笑されてエッチどころじゃなくなった。あれ?俺なんか間違えた?

なんとか盛り返し、タイルの上で四つんばいの体勢でオナニーさせ、「ごめんなさい、ごめんなさい、○○さんのを下さい」と言わすまで軽く一時間。

一度ぶち壊したムードを回復するのは難しい。伝統芸能の深さを侮っていてごめんなさい。でもMな子って一度爆笑させるとその後より盛り上がる気がする今日この頃。

継続中。言わなかったけどお尻の穴がすごいきれいです。
こんど突っ込んでみていいですか?
関連記事
コメント
この記事へのコメント
まぜてください
04/21(木) 17:12 | URL | じゅん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.