H体験談。。ベッドでM字開脚を命令 続編

ここでは、「H体験談。。ベッドでM字開脚を命令 続編」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

前編は以下のとおり
ベッドでM字開脚を命令

この姿勢も次第に飽きてきたんで、四つんばいを命令。
もう素直に従う香里奈。いい子。

パンツのおまんこ部分をグイっと寄せてTバック状態にする。
「私、ビラビラ長いやろ?恥ずかしいねん・・・」

パンツからはみ出ただらしないビラビラが卑猥w
「汚いビラビラやなぁ。なんでこんなんなん?」

おまんこは触らず、近辺を指で撫でる&舐める。次第にマン汁が染み出して、ピンク色のパンツが部分的に深ピンク色にw

「めちゃ濡れてきれるやん。次どないして欲しいん?」→「おめこ触って欲しい・・・」。

「おめこ」って久々に聞いたw 関東生活が長かった俺は「おまんこ」って言うねん。今回は、以下「おめこ」で。

パンツを脱がして、ビラビラを開いて中を鑑賞。
「めっちゃ見えてるで?エロいおめこやなぁ」

アナルとおめこを舐めながらわざと「クンクン」と音を立てて匂いを嗅ぐ。
「香里奈のおめこめちゃエロくてええ匂いするで」

「いやぁぁぁ・・・けどそんな変態なんめちゃ興奮するわ・・・」
そう言われたら嗅ぐでしょ。

「クンクンクンクン」→「あぁぁ・・・めちゃ恥ずかしい」
もうこのころにはビチョビチョになってきてたんで、指を入れてやる。

Gあたりをきつめにコスると「う、う・・・なんか出そう・・・やめて・・・」→「出したらええやん?」

「絶対いや・・・お風呂行ってええ?」拒否しながら伸ばした脚が我が顔面を打ち抜き、ヤクザキックを食らう形に。

こっそりと我が鼻の穴に指を突っ込み、鼻血を確認する。よし、出てない。
ここで出血しようもんなら、レフェリーストップになるとこだ。

レフェリーの和田良覚に「俺はまだ戦えますよ?」とアピール。無事に試合続行。風呂場に移動し立たせたままで手マン再開。

程なく「う・・・出そう・・・」と豪快に潮を噴く。「潮とおしっこって違うもんやんね?おしっこも出そう・・・。」との事なので「もうやってまえや」と洗面器をセット。

「ほんまにええの・・・見んといて・・・めちゃ興奮する」と言った矢先、おしっこ放出。洗面器に注ぎ込まれるおしっこ。別にそういう性癖はないが、こんなかわいい女が目の前で放尿してるってだけで妙に興奮。

その場のノリで、おしっこをで口で受けようかと思ったが、やっぱりためらう。俺も修行が足りんな。。。

ブーツを履いたままだったので、太ももを伝って垂れた尿がブーツに入ってしまい焦る香里奈w ブーツって結構高いのにゴメン、と思ったが、

そんな俺の心配をよそに、「うわぁ。ブーツに入ってもうたぁ。まあええか」と意外とあっけらかんとした香里奈にちょっと引いたのも内緒話w

そして無事に潮噴き&放尿の儀も終わりベッドを戻る。

よっしゃ、挿入しまっせ。「香里奈のおめこに阿修羅さんのチンポ入れて下さい」のお決まりの儀を経て挿入。

「阿修羅さんのおちんちん気持ちいいです・・・・」
「もっと突いて下さい・・・」めちゃめちゃ話す香里奈。

俺も乗せられめちゃめちゃ興奮。
セックスしてるうちにどんどんと淫乱度が増していく香里奈。

正常位の時に唾を垂らすと、おいしそうに飲んでくれる香里奈。カワエエ顔を我が手でグシャっと変形させ「ぶっさいくな顔になってんで?」というと「ぁぁぁぁ・・・恥ずかしすぎる・・・」

前にも書いた事があるが、俺はギャップに萌える。

「普段は清楚なのにベッドでは淫乱」と同じような意味合いでキレイ&カワイイ顔が汚く歪むとめちゃめちゃ興奮する。変態でごめんなさい。

対面座位の時に挿入部分を見せつけると
「あぁぁ・・・・おちんちん入ってる・・・」

バックの時に尻をスパンキングするとシバく度に「うっ」「うっ」と感じる香里奈。俺の考えうる範囲での虐めを施すと一々感じてくれる。

しかし、完全にエロスイッチが入った香里奈は「もっと変態な事して・・・」
え・・・?僕にできるエロい事ってこんなもんですが・・・。

うーん、困った。彼女は完全に俺のエロレベルを超えている。正直、これ以上エロい事が思いつかないw ここでタッグパートナーの存在を思い出す。

「ちょい待ってな」とカバンからパートナー登場!
堰を切ったように、暴れるパートナー。食らえ!『店長おすすめ』を!

穴&クリ部分をブルンブルンと暴れまわり、なかなか頼もしい奴。なぁ今度、一緒に飲もうな。一応に感じてくれてるが、しばらくすると、あろう事か・・・

「も っ と も っ と エ ロ い 事 し て く だ さ い・・」
え?まだ物足りない・・・て、店長ぉぉぉぉ~!これじゃ無理っす。

次のおすすめを・・・と思うも、ここに店長はいない。俺も結構経験もあるほうだが、その知識と経験を総動員してももう無理でございます。

もう我が引き出しは空っぽです。\(^o^)/ はい、お手上げでーす

仕方なく普通に突きまくってると、自分でクリを弄りだす香里奈。すんません。力不足で。

しばらくすると「いく、いくぅぅぅぅ・・・」となんとか逝った模様。俺も直後に逝って終了。

腕枕で恐々と聞いてみた「どうやった?」→「すごいよかった。こんなん初めて」 ありがと。とりあえずはホッとした。

けど、なんか謎の敗北感。俺は世の中で誰よりもエロいと思っていた。しかしそれは単なる過信だった。なんとなく満足してくれたみたいだが、エロ度で完全に負けていた。けど、これだから人生っておもろい。Life goes on!

メールは継続中。何度かオファーがあるも、こっちが仕事が忙しく再面は実現せず。

「今、エロい気分」とおめこのドアップ写メを送ってきたり、香里奈のエロ度は上昇する一方。俺も勃起したちんこ写メを送り返したがw

もう一度チャンスを下さい。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.