H体験談。。ベッドでM字開脚を命令

ここでは、「H体験談。。ベッドでM字開脚を命令」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

俺 ♂ 阿修羅原

相手 ♀ 29歳、165cm、香里奈似

しばらく面接から遠ざかってたが、なんかエッチしたくなり、SM系サイトを徘徊。

「Mですが、あまり経験ないです。優しく虐めてくれる男性募集してます」的な募集にメールを送ってみる。

マイナーなサイトなんで、競争率が低いのかレスポンスあり。メール&チャットを数日していくうちに段々と相手のスペックが判明してくる。

そこで「おっ!」と思ったのは、仕事がエステティシャンだという事。

美容師さん、美容部員さんetc過去に何人か「美」にまつわる仕事をしてる♀と会ったが、みんな小奇麗にしてる。

顔がどうこうより「小奇麗にしている」ってのは大きなポイント。
その段階でプチ勃起。

「誰似とか言われたりする?」に対して「香里奈って何回か言われたけど・・」 香里奈ですかっ!大好物です。

「Mで香里奈似のエステティシャン。」ここでハーフ勃起。
急にテンションが上がり、写メ交換を要請。

届いた写メは・・・・これがめちゃめちゃかわいいのだ。
香里奈にはあまり似てないが、目がでかくて整った顔。

29歳ながらギャルっぽくて生意気そう。しかしホントはM。ふふふw
もらった写メを見ながら、2回妄想オナニーしたのは内緒話w

エロメを繰り返し、お互いのプレイ経験を暴露。

「おもちゃで虐めて欲しい」「痛い&汚いのは嫌」「経験人数8人」
ノーマルなセックスしかした事ないらしい。

そんなメールが続き、俺が仕事が早く終わる日を見計らい面接に。
もちろん「ブーツ履いてきて」という命令は忘れずにw

当日、早めに仕事が終わったので待ち合わせ場所近辺にあるエログッズ屋へ行ってみる。相手の性遍歴を考えながら、バイブ&ローターをあれやこれやと品定め。

「これは太すぎるか?」「うーん、これは形があんまりっぽいな」「黄色よりピンク色のほうがかわいいか」

自分の服を買う時なんか、5分もあれば決まるのに、なんだかんだで30分ぐらい物色。意外とこれが楽しかったw

真剣にタッグパートナーを探し続け「お前に決めた!」と一品(一本)を購入。
『店長おすすめ!』と書いたPOPが付いてるから、いい仕事するんだろ。

よろしくな!オッス!俺、阿修羅。あんまりでしゃばるんじゃないぞ。  
最強のタッグパートナーを従え、待ち合わせ場所の某地下広場へ向かう。

服装を聞いていたが、それらしい♀を待つが一向に来ない。
5分・・・10分・・・30分・・・あれ・・・・?

何度か「もう着いてるで。まだ?」とメールを送るも、返信なし。。。 釣られた?いやそんな訳ない。しかし45分を経過した頃には我が脳内で釣り確定サインが出て、渋々あきらめる事に。

さあて帰ろっか。けど完全にセックスモードだったので帰りたくない。
なんとかセックスせねば・・・と、ネカフェに行く。

ここでやる事はもちろんセックス相手探し。完全にセックス狂です。すいません。

だらだらとメールをするのも面倒だったので、チャットなんかやってみる。しかし誰もチャット部屋に入室して来ない・・・orz

おかげで「暁!男塾」を5巻も読んでしまったではないか。
もう無理かぁ・・・帰ろうかな?と思い始めた時、一通のメールが届く。

「すいません!寝てしまってまして、今起きました。怒ってますよね?もう無理ですよね?」瞬間「むむ・・・この野郎ふざけやがって・・・」と思ったが

「全然大丈夫です!全く無問題です。気をつけて来てね!」と返信してしまった自分が情けない。そしてそれから約一時間後に無事合流。

「それから一時間後」と言っても、待ち合わせ時間から2時間半ぐらい経ってるぞw 再び待ち合わせ場所に戻ると、時間通りに予告服装通りの♀登場!

写メ通りカワエエ。すごいカワエエ。(以下、香里奈) 

香里奈「ホントにごめんなさい!」→俺「いや、全然ええよ。来てくれただけでよかったわ!」死ね俺。

俺でOKとの事なので、ちょい緊張しながらお気に入りのラブホへ。
さあ、ここから虐めなきゃ。

しばらくソファに横並びで座りながら話すも、あんまり時間もなかったので、

「じゃ、脱いでみてや?」「え?私だけ?」→「おう。そこに立って順番に脱いでいって」 恥ずかしそうに脱ぎだす香里奈。

俺はビールを飲みながら&タバコを吸いながら鑑賞。
ブラ&パンツ姿になった香里奈

「まだ脱ぐん・・・?」→「ええから早よ脱いで」
ブラを取るとあまり大きくない乳がべローン。

「めちゃ恥ずかしいわ・・・」と手で胸を隠す。「手どけてや」
ちょっと飽きてきたんで、ベッドでM字開脚を命令。

「そんなんいやや」→「ええから早よしてや」

顔を背けながらしぶしぶ従う香里奈。履いてきてくれた黒のニーハイブーツ&とショッキングピンク&黒のパンツがエロいw

すぐに股を閉じようとするので、都度「ちゃんと脚広げなあかんやん?」と指示。パンツを履かせたままで、おまんこの辺りに顔を近づけてみると

「そんなんせんとって・・・」。
ちょい酸っぱい匂いがエロすぎる。

この姿勢も次第に飽きてきたんで、四つんばいを命令。
もう素直に従う香里奈。いい子。(次回へ続く)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.