H体験談。。Tシャツの中のブラが丸見え

ここでは、「H体験談。。Tシャツの中のブラが丸見え」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

俺、東京、♂、26、180/68、雨上がり宮迫

相手 28、埼玉、丸の内OL 眞鍋かをり

メルアドゲットから仲良く話してて、家が近いことが判明。しかしなかなか予定合わず…orz

冗談で「そっちの家で夜飲もうよー」と言ってみたら、一瞬考えたのち「いいよー」とのことなので、面接決定。待ち合わせが22時ってことは…。

そういえば写メも交換していないと当日に思い出し、一抹の不安を感じるも、まぁいいやとノリで行ってみる。

もう駅には着いているから着いたら電話して、とのこと。
駅には何人かいて不安になるものの、あっさり合流できた。

ちっちゃい眞鍋かをりという感じ。(以下真鍋)嬉しかった。
「軽く飲んできたの」という真鍋さんは少し赤い顔。カワイイ。

コンビニに寄って酒とつまみを買って、いざ真鍋さんの家へ。
普通のOLさんの部屋、という感じの小奇麗な部屋。

先に入った真鍋さんが干してあった洗濯物を取り込んでいる。
真っ赤な下着を焦って隠してたけど、見ないふりしたw

ちょっと待っててね、と奥に消えたかと思うと、部屋着で再登場。
少し大きめのロンTと短パン。カワイイ。

その後数時間はごくごく普通の部屋飲み。お互いの話など。

「よく俺が家行くってOKしましたねー」と言ってみると、
「うん、安全そうだったしねー」と軽く流された…orz

若干凹みながらも、楽しいからいっかぁなんて思っていた。
そんなとき、こちら側にある缶ビールに手を伸ばす真鍋さん。

前かがみになったのでTシャツの中のブラが丸見え。

「真鍋さーん、ピンクのブラ見えてるよー」と言ってみた。
すると「違うよー、宮迫くんに見せてるんだよー」と笑いながら返事。

「ほんとにー?じゃあもっとちゃんと見せてよ」「いいよー」
「じゃこっちおいでよ」「うんっ」とこっちにくる真鍋さん。

酔ってるのかわからないけど、抱きしめたら真鍋さんからキスされた。
最初は軽い感じで始めたのに、真鍋さんの方から舌を絡めてくる。

酔いのせいもあって頭真っ白。こっちも返す。吐息をもらす真鍋さん。
「我慢できないよ」と俺。「いいよ我慢しなくて」と真鍋さん。

Tシャツをめくってブラを拝見。巨乳じゃないけど形がいい。
Cカップくらいかな。ブラをずらしてキレイなピンクの乳首にもキス。

真鍋さんの声が一層大きくなる。
カワイイから反対側も指でいじったら、びくっと反応してる。

「ここいじられるのの好き?」と聞いたら、
感じながらコクンってうなずく真鍋さん。色っぽーい。てかカワイすぎ。

Tシャツと短パンも脱がすと、ブラとお揃いのピンクのパンツ。
指の腹で優しく下を触ってみると、パンツの上でもあったかいのがわかる。

舌で胸、左手で反対側の胸、右手であそこ、のお得意の形で責めまくる。
真鍋さん、腰がくねくねしてきた。耳元でささやいたら余計感じてる。

ゆっくりとパンツの中に手を入れる…もうあそこは大洪水。
「いつからこんななってたの?」と聞いたら、かなり恥ずかしがってる。

クリを見つけてふにふに動かすと、真鍋さんの声がいっそう高くなる。
「指入れて?」と大胆なお願いがきたので、少し焦らしてみる。

「どこに?」「…」
「どこに入れてほしいの?」「…おまんこ」

ここまでくると俺もそんなに理性保てない。優しく入れてかき回す。
真鍋さんががくがくしてる。「いっちゃった…」らしい。嬉しい。

「今度は私の番ね」と言われたので、してもらう。
テクニックというか雰囲気がやばい。エロい。

真鍋さんのお尻をこっちに向けて、いじりながらしてもらう。
相手が感じてて吐息交じりのフェラ、かなり好き。

また向かい合って、正常位で挿入。まとわりついてくる真鍋さんのあそこ。
名器ってこういうのをいうのかなと思いつつ、酒のせいかまだまだ余裕。

正常位→座位→バック→正常位の流れでガンガン突きまくり、終了。
その後少し寝てから何ラウンドか… ほぼ徹夜でお互い出勤しました。

太陽が黄色い…まではいかなかったけど、一日かなり辛かった…。

その後何回かお泊りしたり飲んだりしたけど、真鍋さんの転勤で住んでいるところが遠くなってしまって残念。でも連絡は取ってます。

またこっちに戻ってきたら飲みましょう。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.