H体験告白。。キスしながら突くのがお好きのようで

ここでは、「H体験告白。。キスしながら突くのがお好きのようで」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

私、神奈川、♀、22、154、小池栄子 大学生

相手 神奈川、♂、背が小さくて筋肉質、写メなし

最近monobrightの桃野似とのセックスがマンネリだったため、都合よくセックスできる人を探す。

すると、「背が小さくて筋肉質です」という私の萌ポイントを突きまくる書き込み発見。

私、低身長の人が好きなんですwその上筋肉質とかwうはwwwとなり爆撃。
同じ電車の沿線に住んでいるということもあり、それなりに話が盛り上がる。

その日のうちに電話もして、若干人見知りっぽいけどいい人そう!ということでさっさと次の日に面接。

その翌日、某駅の交番の前で待ち合わせ。人多過ぎ。きょろきょろしながら待っていると、「今着いたよ、どこにいる?」と電話着信。

今いる場所と服装を告げると、ちっさい中居君きたー(・∀・)!!かわいー!!服もオサレー!

「どんな人が来るかと思ったけど全然かわいいじゃん」と言われ好感触。

とりあえず飲みにいきましょうという話になり、半個室の居酒屋を目指す。身長も私よりちょい高いくらいでうはうは。

その日はすごく寒くて、しかも雨なんか降ってたりしてパンプスの私は転ぶんじゃないかとひやひや。

そんな私にかまわず早足の中居。おーいww 「ごめん、女の子と歩くなんて久しぶりだから(´・ω・`)」とおたおたしててまたかわゆす。イイヨイイヨー。

居酒屋に入って飲み始めると、なぜか途端に無口になる中居。「どうしたの?」と聞くと「かわいい子を前にすると緊張しちゃって」とのこと。

何回も言いますが、リップサービスは大事です。
「ありがとー」と言いながら飲む。

中居はやっぱり人見知りらしく、話を振ってもすぐ無言になってしまう。
段々めんどくさくなってきたよー。

しまいには「酔って眠くなってきた」とか言い出す始末。年上なんだからリードしてくれwとなったが、向こうはもじもじしてるので「出ようか?」と私が提案。

寒い寒いと外を歩いていると、中居が手をつないでくる。
シャイなのか大胆なのかはっきりしてくれw

そんな感じで適当にラブホにイン。
とりあえずソファに座る私をベッドから眺めてくる中居。

何?と聞くと「これから小池とエッチするんだなぁと思うと嬉しくて」とにやにやしている。

若干キモいと思った私は間違えてないですよね?キャラが安定しない人だなーと思いつつ私もベッドに行く。

「かわいいね」といいながら中居がキスをしてくる。
意外と上手だったので気持ちよくなってきた(・∀・)

しばらくキスしてると、もう相手のおっきしたものが私の太ももにあたってる。
「もう起っちゃったよぅ」と甘えられて、悪い気はしない私w

さくさく服を脱がされる。中居はおっぱい好きらしく「すごいきれい」といいながらずっと舐めてました。

「かわいい」とか「きれい」とか連発しながら私の体をまさぐる中居。しかしよくしゃべるしゃべるw

適度なリップサービスは吉ですが、これはやりすぎです。
笑いそうになるのをこらえつつ、中居の攻撃に耐える。なかなかうまい。

クンニをされそうになり「汚いからだめ」と言うも聞いてもらえず。
だがしかしこれがすごく気持ちいい。

私はもともと逝きやすい体質なので、何回逝ったかわかりませんw 疲れたので「ちょっと休憩しよ?」といい腕枕をしてもらう。その最中も手は胸に。

乳首をくりくりされて「乳首たってきちゃったね」といわれ、急に恥ずかしくなるwそして手を中居の股間に持っていかれ「触って」といわれたので反撃開始。

何で身長が低い人っておティンティンが大きいのでしょうかw
嬉しくなって即舐める。

すると「いきなり舐めないでぇ」とあえぎ始めてちょっと萎える。
だが舐めている間、「んっ」とかかわいらしくあえぐ中居。

それに若干萌えて、私もさらに濡れてきたー(・∀・)
我慢できなくなったので「入れて?」とお願いして、ゴムつけてイン。

何これすごいおっきいー!すごい奥の方まで当たるので、
「きゃぁぁぁ」と若干レイプのようなあえぎ声になってしまうw

キスしながら突くのが中居はお好きのようで、その状態でクリを触られて私即逝き。呆然としてたら「後ろ向いて?」といわれてバックで突かれる。

もはやわけのわからない気持ちよさでしたw私の声相当うるさかったと思います。最後はまた正常位でフィニッシュ。

時間ぎりぎりまでキスをして、お互いさわりあいっこしてました。
その後2回ほどあったけど、ご飯を食べてるときが挙動不審すぎて放流。

いいティンティン持ってるんだから自信もってください。
読んでくれてありがとうでした(・∀・)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.