Hな体験談。。胸揺らしながら四つん這いで

ここでは、「Hな体験談。。胸揺らしながら四つん這いで」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

今しがた好きな先輩(っても同い年)が同期(年下)とやってるのを間近で見た… でかい胸が揺れててエロかった…案外苦しさはない

というか、先輩に対してよこしまな感情もあったし、そもそも元彼女に似てて更に谷間すごいってだけで気になっただけだしな…

仮に先輩を朋子さん、同期を大悟にしようか。朋子さんは大学の先輩で学年はひとつ上何だけど歳は同じ。オレ一浪。大悟は年下だけど同期、って感じだ。

大悟とは趣味が合ってそれで仲良くなった、けどウマは合わなかった。不真面目なんだ。オレがサークルの練習とか手伝いしてるときは女の子と話してばっかだった。

で、マネージャーの手伝いをよくしてたんだけど、その時に手伝ってくれたのが朋子さんだった。朋子さんはマネージャーじゃないけどマネージャーの子と仲がいい。

それでマネージャーとか男女の先輩に気に入られた。歳が近い、同じなのもあるだろうけど。

で、とにかく朋子さんの胸はでかい。サークル中はずっと揺れてた。歩いてるだけで揺れる。

元々前の彼女に似てるもんだから意識せざるを得なくなるわけだ。
周りの男の間でも噂になってて、よく話し掛けられるオレは羨ましがられた。

そんな中、女好きな大悟は 「あの巨乳マジでいいわ」「昔やった女と同じくらい」「バックでガンガンやりてぇ」 と言ってて、どうにかしようとしてた。

大悟の女に対するやる気は逆に感心してしまうくらいで、例えば往復4時間かかる家まで車で送って行ったり、奢ったりすることに抵抗がなかった。

おかげで女の子と仲が良く、割と仲が良かったオレしかしらないと思うが、セフレをサークル内に作ったり、一夜だけの子はサークル内外問わず10人はいたりした。

で、朋子さんに狙いを定めたら露骨にアピールし始めたんだ。

合宿の時の海に行った時はみんなスタイルやらなんやら褒めてる時に別の部分を褒めたり、朋子さんの周りで手伝いをしたり遠回しに好きって言いまくったり。

まぁ朋子さんなら大丈夫かと思ってたんだけど…
昨日学祭最終日に飲みに行った帰りに大悟の家に泊まった。

で、家で話をしてたら呼び鈴が鳴ったんだ。
だれか呼んだのかなと思ったら朋子さんだった。大悟が呼んだようだ。

朋子「あれ?○○くん?」 と朋子さんも知らない様子。
どういうことか話を聞くとどうやら夏休みから付き合ってるらしい。

かなり驚いたけどまぁイケメンにあれだけアタックされたらなって納得はした。問題なのは大悟が最近新しくセフレを作ったことだ。

そのことを知らないであろう朋子さんは、驚きつつも部屋に入って一緒に談笑した。どうやら一度家に帰って着替えてからきたらしい。

ホットパンツにむっちりした太股が段差を作ってニーソにもそれがあった。

前を開けたジャケットの下に体のラインが丸見えのシャツを着て、胸が超強調されててものすごくエロい格好。その時早くも半立ち。

ジャケット脱いだときもぷるんと揺れた胸がみえた。

酒を飲みながらしばらく話をしているとおもむろに朋子さんにキスをする大悟。嫌々しながらそれを受ける朋子さん。

「ダメだって、○○くんみてる!」
「いいじゃん、さっき○○がお前のでかい胸超見てたぜw」
「ん~!や、触んないでよー」

大悟が朋子さんのパツパツに張った胸をTシャツ越しにねぶるように揉みはじめた。酔っ払っているせいか、朋子さんは感じる仕草を隠さない。

オレは動揺したけど、その官能的というか淫靡なというか、この状況を酔った頭のせいで割と簡単に受け入れた。受け入れたというより思考停止に近かったかも。

徐々に息が荒くなってるのがわかるくらい静かだった。
「やだぁ…」という声しか聞こえない。

朋子さんはよく後輩の面倒を見てくれる優しい人で、例え下ネタでも笑ってくれた。

よく選手としても手伝いとしても動くんだが、その時の揺れる胸は一日に一度は話題に上るほどだ。活発で明るくて優しい、本当にすごい人だ。

あえて欠点をあげるならそれは自分がモテることを自覚しているところか。
セクシーな服装をきた朋子さんに告った人は大学の一年半で20人以上だという。

そんな朋子さんを、オレも好きだった。5分くらい経ったころか、大悟の右手は朋子さんの後ろに回して胸を揉み続け、左手はホットパンツのボタンを外し始めた。

その時は朋子さんもかなり抵抗したように見えたけど、強引に手を突っ込まれ、ホットパンツの手の入った膨らんだ部分が動き始めると本格的に喘ぎ声が出始めた。

「見てる…っあ、んっ、○○くんいるからぁ」
「だから見て貰えって。オラ腰動いてっし」

といいまたキスを始める。お互い貪るようなキスだ。
この時は流石にかなりへこんだ。

粘液の音と激しい息遣い、喘ぎ声が聞こえる中、オレは「え…」とか「ちょ」とかしか言えてなかった気がする。

しばらく経ってから大悟は朋子さんの耳元でなにか囁き、両手を離した。しばらく渋った様子を朋子さんはしたが、じきにホットパンツを脱ぎ始めた。

心なしか顔が赤い気がする。オレは戸惑いの境地だったがお構い無しに足からホットパンツが抜ける。明るい色の水着のような下着だ。

脱ぎ終わると今度はそっぽを向きながら四つん這いになった。
腰を曲げて尻を突き出すようなポーズだ。

この流れでオレはこの二人の関係を理解した。
おそらく朋子さんは仕込まれている。それもかなり。大悟の言いなりだ。

大悟は下着越しにあそこを摩り始めた。

智子さんは声を抑えたがやはり口から漏れていて、だんだん抑えも聞かなくなってきたところに大悟はするりと指を入れた。

すると今日一番大きな声で「あぁんっ!!」と声をあげた。かなり濡れていたのか滑りよく入って行って、そのまま激しく指を出し入れ始めた。

「あぁ!だめ!みてる!あぁ!あぁ!あぁん!」
ニヤニヤしながら中指を動かす大悟。

親指が肛門のあたりをさすっていたような…。 さっきまで「チュッチュッ」って音だったのが今は「グチャグチャ」って音になってる。

手の動きでわかるけどすごいテクニシャンっぽい。

大悟のセフレと話したときにも「すごく上手い」って言ってたし。そういう腕はかなりいいんだろうな。とみてて思った。

「あ、だめ!だめ!もうだめもうだめもうだめっ…あっ………」
体をビクンビクンと震わせて上半身が倒れこむ。

ハァハァと粋を荒げる智子さんを見ながら大悟はオレに言う。

「朋子感じやすいんだよなぁ、バック好きだからなぁ。そういや○○もバック好きじゃなかったっけ?w」

いや好きだけど。もうそれはどう反応したらいいのか分からなかったから、「好きだけどそれバックじゃなくないか?」って言ったら

「だなぁww じゃあバックでやるか。なぁ朋子」
と言い、ズボン(スウェット)とパンツを脱いですぐに入れ始めた。

朋子さんはもう抵抗することもなく受け入れた。超喘ぐ。
オレはそれをみて「おれがいること忘れてないか?」って言ったら

「おまえがいるからいいんじゃんw」って。やった後に話を聞いたところ、朋子さんは見られながらエッチしたい願望があったみたい。

凹んだのはその時聞いたんだけど朋子さんが1年の時は彼氏が4人いたらしく、以外に尻が軽い ってのがわかったことだ。もっと見持ち固いと思ってた。

パンパンと音を鳴らしながらバックで突いている。突くというより叩くに近かったな、下腹部の皮膚で。

朋子さんが喘ぎまくってる。おれは心臓がバクバク言ってる。
大悟はにやにやしながら突いてる。

「あっ、ちょっと、生!生だから!んっ!あぁ!ゴムつけて!」
「いいよ、別に、前はつけなかった、じゃん」

「あぁ!だめだって、んん!つけてってあぁん!」
「じゃあ、お前、とって、こいよ!おら!」

といって一度思い切り突いた後、ゆっくりと抜いた。軽く声を出す朋子さん。
朋子さんが崩れるように床に落ちて息を整えた後、こっちに近づいてきた。

その時の胸はたぶん生涯忘れられない。こっちに目を合わせながら四つん這いで近づいて胸も揺らしながら四つん這いで寄ってくる。

あからさまにビクッっとしたと思う。で、そのままオレの後ろの引きだしに手を伸ばして中からゴムを出した。

四つん這いの横から見た胸はAVでしか見れないほど揺れてた気がする。

ゴムを持った朋子さんはそのままUターンしてベッドに座った大悟の方に戻り、自分からゴムを着けはじめた。

その際に尻をこっちに突き出していたので、グシャグシャになった毛とあそこが丸見えになっていた。

着け終えると大悟の「乗れよ」の一言でこっちをチラチラ見ながらも対面座位の体勢になった。入ったときの「んはぁ」みたいな声が妙にいやらしかった。

朋子さんの腰が前後に動く。こっち側からは顔が見えないが大きな尻とケツの穴が丸見えだ。もちろん結合部も。

「あっ、あっ、あぁっ、やだぁ」 と朋子さんが喘ぐと

大悟が「おらっ、もっといつもみたいに腰振れよ、なぁ」と朋子さんの綺麗な尻を平手で叩くと、悩ましげな声で「あぁ!」と叫んだ。

それをスイッチに完全にいつも通りになったのか文字通り「夢中」といった感じで腰を降り始めた。オレは黙って見ているだけだった。

あとは似たようなものだったので割愛。最後は口に入れて、『大丈夫か?』ってくらい腰を振ってのフィニッシュだった。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.