H体験告白。。初めてナンパされた 続続編

ここでは、「H体験告白。。初めてナンパされた 続続編」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

前編は以下のとおり
初めてナンパされた
初めてナンパされた 続編

約束の日。日曜日10時だった。
朝早くに目が覚めてしまって、ゆっくりと自分の気持ちを確かめた。

やっぱり会いたいと思った。でも、どこかで「遊びだったかも」と覚悟もあった。

電車で待ち会わせの場所に向かい、15分も早く着いてしまった。何か、待ってたら馬鹿みたいかな、と思って、遠く離れた場所から見てみた。

もう彼が来ていた。嬉しかった。でも、さよならを言われるだけかも…と怖かった。だけど、彼の姿を見て、会わずに帰る事はできなかった。

何でもないような顔して「久しぶり!」って声をかけた。
彼は笑顔で「おぅ!元気だった?」

それから少し歩くと、近くのパーキングに行った。彼は車で来ていた。ドキドキした。

「乗って」初めて乗った彼の車。無意識のうちに、女の人の気配を探してた。でも、何もなかった。

「今日は、ゆっくり話そうね」
「うん。来ないかと思ったから…嬉しかったよ」

少し車を走らせたら、湖があった。そこに車を停めて、彼が話し始めた。
「また会えてよかった。話したい事が沢山あったから」

ドキドキしながら聞くと「俺は今26歳。仕事は○○。」私より9歳も年上だー。大人だなぁ…。

「本当の気持ち、話すね」

「初めはやれればいいって思ってた。普段はナンパってしないんだけど、あの日はいろいろとあってね。まさか君が17だとは思わなくて、大人びて見えたから。だけど、初めてだって聞いて、もう可愛くて、俺がどうにかしてしまいたかった。正直葛藤があったけど…君は俺の事どう思ってる?」

「私は…もう好きになっちゃってるから、今日は来たの。だけど、私なんか子供でしょ…」

「いや、そんな事ないよ。じゃあ、今日から付き合おうか」
嬉しかった!だけど彼は「ただ、約束してほしい事があるんだ。」

「学校はちゃんと通う事。外泊はしない事。門限は守る事」
彼は誠実な人だった。「わかった、約束する。ありがとう」

そしてひと月振りにキスをして、彼が車を出した。
彼は私をマンションに連れて行ってくれた。

「ここだよ。入って」ドキドキした。

彼は「ホテルは本当は嫌なんだ。特に君とは行きたくないと思った」
「それに、会えばセックスばかりっていうのも嫌なんだ」

でも私は、彼に抱きついて離さなかった。「ありがとう、嬉しいよ。でもね、私…あなたを感じたい…ダメ?」「それは俺だって同じだよ」

初めての彼の部屋で、ひと月振りに会えた。
お互いの気持ちも確かめて、やっぱり抱かれたいと素直に思った。

彼はベッドに連れて行ってくれて、ゆっくりお互いの服を脱がせた。
彼は「君の体、よく見せて」とカーテンを開けた。もう恥ずかしくなかった。

裸になって二人でずっと抱き合っていた。温もりが気持ちよかった。

シャワーを浴びてベッドに戻ると、96になった。これも初めての事。私は思い切り彼の○○を舐めた。私の股間は熱く濡れている。彼の腰も動き出した。

自然な流れで、私が彼の上に乗った。
「入れてごらん」彼は私の手を○○に伸ばした。

大きく上を向いた○○を持つと、私の中に入れてみた。
すごい!自分で腰を動かしてしまう!出したり入れたり、激しく動いた。

彼は私の胸を揉んだ。すごく気持ちいい!彼は体を起こして、向き合って座る形で続けた。彼が「見て」と下を向いた。

私の中に彼の○○が入ってる。よく見えた。「すっ…すごい…初めて見た。」
「音も聞こえるね。すごいよ××ちゃん」

初めて名前を読んでくれた。
「あぁ…××さん…大好き…」彼を抱き締めた。嬉しかった。

彼は一度○○を抜くと、ベッドの横の引き出しからゴムを取り出した。
「今日は付けるね。よく見てて」彼はゆっくり付け方を教えてくれた。

「さぁ、どうしたい?前がいい?後ろ?」
「…後ろ…でも××さんの顔は見ていきたい…」

バックで入れてきた。すごい!彼は激しく動いてくる。大きな声が出そうで、枕に顔を押し付けると彼の香りがした。

もうたまらなくなって 「いく…我慢できない…このままいきそう!あぁ!」
私は我慢できず、一人でいってしまった。

「ごめんね…」彼に謝ると
彼は「いいよ。××ちゃん、もう一回できるよ」と続けて動いてきた。

いく事を知ったばかりで続けてなんて…と思ったけど、体はすごく感じた。

「いやっ…すごいよ…どうしよう」
「思い切り感じて。声を出してもいいから」

「あぁ!すごい!」
彼の部屋で、思い切り感じてる。どうにかなってしまいそうだった。

彼が「すごく良くなってるよ…もう我慢できない。いく…うぅ!」
「××さん…あぅ!」気を失うんじゃないかと思う程だった。こんな感覚初めて。

「××ちゃん、すごいよ。もう離れられなくなってしまうよ」
「私も、もう××さんから離れたくない…」二人でずっと抱き合った。

「××ちゃんの事、大切にするから、心配しないで」嬉しかった。
この人が初めてで、本当に良かった。

その後5年付き合って、結局別々の人と結婚したけど、お互い忘れられなくて今でも会ってます。

彼とのセックスが、本当の私でいられる。あの頃と変わらず彼はやさしく、毎回すごく感じます。彼の○○は太く、私のはよく締まってると彼は言ってくれます。

今日のお昼も、彼と会います。今は仕方なくホテルですが、ラブホではなくビジネスで。今日も感じてきます。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.