H体験談。。女友達が人妻になって

ここでは、「H体験談。。女友達が人妻になって」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

知り合ったのは6,7年前かな。

友達の一人が結婚するのでお祝い兼ねた飲み会をしたんだけど、そのときに結婚する友達の友達(おれは初対面)でA子が参加してきて知り合った。

飲みの席でそこそこ話も盛り上がり、お開きになった後帰宅方向が一緒だってことで途中の駅まで送っていくことに。

車内でも話は弾みその日はアドレスを交換しておれも帰宅。

彼氏がいるというのは聞いていたので特に恋愛対象というか落としてやろう見たいな気持ちは無く、女友達として数ヶ月に一回くらいのペースでご飯を食べに行ったりって感じだった。

A子を落とそうとゆうよりA子の周りにいるであろう女の子を紹介してもらおうと企んでたりしてた。

何度か合コンしたり2:2で遊園地に行くセッティングしてもらったんだけど成約するまでには至らず・・・

そんなこんなで特に何事も無く月日が流れていったんだけど、A子が、付き合ってた彼氏と結婚しておれの近所に引越してきたからまぁびっくりw

今まではちょっと離れた所に住んでいたからそんなに頻繁に会うことも無かったんだけど、引越し先がうちから車で15分てなんやねんと。

まぁ引越し後は結婚間もないというのに月1,2回は遊ぶように。
A子の旦那とも幾度か一緒に食事したりして多少の面識が出てきたのもこの頃。

仕事帰りに同僚と飲んで帰ることが多いA子は、次第に飲んだ帰りに酔って駅から電話してきて、「迎えに来て」とせがむようになった。

ちなみにA子の家は駅から歩いて5分でつく駅近マンションw
おれは駅に行くのに車で頑張っても20分はかかる。

こんな電話が数回続いたある日、例の如く電話が鳴り

「酔っちゃった~♪迎えきて~♪」
「飲みすぎだぞおい」

「だって気分良かったんだもん♪」
「旦那に迎えきてもらえよ」

「えぇ~Y君がいい~♪」(Y君=です)
「つかA子の家歩いて5分だろw」

「だって怖いじゃな~い♪歩道橋の階段で転んだらどうするの~?♪」
「わがまま言ってないで早く帰りなさいw」

と、いつものように電話を切ったこの日、A子は帰り際に歩道橋の階段で大コケした。翌日、おれが迎えにこないからだと怒られたw

それからしばらくは何気ないメールのやり取りが続いていた。
ある日おれは日帰り出張のため遠方にでかけていた。

この日は帰宅時間がさほど遅くもならず直帰もOKだったため、時間的にA子の仕事終わりに合流できそうだなと思いメールを飛ばすことにした。

返事はすぐに返ってきて、OKとのこと。おれは車を飛ばすと普段降りる高速出口の2つ手目前の出口で降り、A子を迎えに職場付近の駅まで向かった。

A子を拾うと近くの繁華街へ。晩飯を食うのがメインだったため食事処を探すもパッとしたところがなく結局居酒屋系のお店に入ることに。

対面で座るとまずA子が手にしたのはお酒のメニュー。
良くわからない鼻歌を歌いながらカクテルを眺めている。

「Y君も飲むよね?」
メニューを倒して少し身を乗出すように聞いてくるA子。

「車なんですがw」
「大丈夫だよ一杯くらい♪」

「帰れなくなったらどうすんよw」
「平気平気~♪」とやたらノリノリw

このとき一瞬帰れない=ムフフなのか?と思考が下方向に動いてしまった。

A子の服装は白の薄手のブラウスの下に胸を強調する感じのシャツを着ており、対面で座ってるといい感じに胸の谷間がチラ見できてしまうのだ。

前屈みになるとなおさら胸が迫ってきそうで視線がつい谷間にいってしまう。下半身がムズムズとしてしまったのでいかんいかんと慌てて視線を外しA子を見る。

おれの目線の動きが分かったのか分からなかったのか、A子はニコっと笑うと再びメニューを起こして選び始める。

結局半ば強引にすすめられ飲むことになってしまったが、食べつつ飲みつつ会話は弾み、気がつくと3時間も経っていた。

途中から烏龍茶に変えて飲んではいたが、さすがにこの状態じゃ運転できるわけも無く、酔い覚ましに近くの公園まで散歩することに。

そんなに飲んではいなかったように見えたのにAこはなぜかフラフラしながら歩いている。道路の段差にけつまづきながら歩くので危なっかしいたらない。

また転んで怒られるのもなんだからと「ほら」と左手を差し出すと、待ってましたとばかりに飛びつくように握ってきた。

A子の手は柔らかく、お酒のせいか少し火照っていた。
いったん収めた下心がむくむくとまた湧き上がってくる。

おれは繋いだ手を指と指を絡めるような握り方に変えてみた。A子はすんなり同調して握ってくる。幾分握る力が強くなったような気がした。

手を繋いだまま公園のベンチに腰掛ける。
自然と体が引っ付くように座り、しばらく無言のまま夜風にあたっていた。

頭の中ではいっちゃおうかな~?でも確実不倫だしまずいよな~などと天使と悪魔が戦っていた。

ふとあたりを見ると等間に隔並べられたベンチごとにカップルが座っており、おのおのいちゃついたり寄り添ったりキスしたりと二人の時間を楽しんでいるようだった。

A子もそんな周りの様子を目にしたのか「カップルばっかりだね~」と、とろ~んとして甘えるような声で呟いた。

「そうだね~。おれらも端から見たらカップルに見えるんじゃない?」
「見えちゃうかな~?」
と言いながらA子はおれの肩に顔を乗せてきた。

同時に胸がおれの二の腕に押し付けられむにゅっとした程よい感触が伝わってくる。

このときおれの頭の中で悪魔が大勝利を収め、一気にスイッチがONになってしまった。おれは自分の頭をA子の頭に乗せるように寄り添った。

A子はそんな動きを察知したのか、頭を肩に乗せたまま顔だけおれの方に向ける。おれも顔を少しずらしてA子と見つめ合う。

まだお酒が残っているせいか透き通った白い頬が赤らんでいた。
そのまま吸い込まれるようにおれはA子にキスをした。

一瞬えっ!?という顔をしたA子だが、再びキスをすると今度は自分から求めるように激しいキスをしてきた。

逆にこれにはおれもびっくりしたがますます気分が高揚し、A子の唇を激しく貪った。

A子も火がついてしまったのかおれの唇を貪りながら体勢を変え、おれにまたがるように乗り、両手でおれの顔を抱えるようにしながらディープキスを繰り返した。

おれは左手でA子の腰付近を支え、右手は背中に回してきつく抱きしめるようにした。押し付けられたA子の胸がおれの胸でむにゅっとつぶれる。

そのまま5分以上は激しくキスをしていたと思う。
唇を離し、軽くキスをした後たまらずA子をぎゅっと抱きしめた。

しばらく余韻に浸っていたが、耳元で「Y君となんてありえな~い」と恥ずかしがりながら囁いた。

「おれもA子とこんなになるんて思ってなかったよ」
なんとなく気恥ずかしくなったおれはA子の手をとって歩き始めた。

車に戻って発進させるも車内でも手は繋ぎっぱなし。
向かうはA子の家・・・ではなくもちろんラブホ。(次回へ続く)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.