H体験談。。極上フェイスにFカップムッチリボディ 続編

ここでは、「H体験談。。極上フェイスにFカップムッチリボディ 続編」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

前編は以下のとおり
極上フェイスにFカップムッチリボディ

横にはユンソナ+神田うのな超絶美人が裸。
ギューってされたり好き好き言われたり。これで仕事に戻る男はアホです。

17:00、仕事に戻る予定だったが明日できることはすべて明日することにして、あとは部下に強引に押し付けてこの後もセックスすることに決定。

ホットペッパーで店探してモツ鍋食いにいく。美味し!!
セックスもそうだがこの子は本当に幸せを噛み締めるのが顔に出る。

「あああ・・・・美味しい♪幸せ(*´∀`*)ポワワ」と全力で食も楽しんでくれる。

幸せそうな顔に見とれながら「おいしい?」
「うん。美味しい。どれ食べても美味しい。幸せ(*´∀`*)」

「このあとホテル戻ったらもっとええことあるんちゃうん?」「え・・・?」
「何するん?」「ええ・・??」

「ホテル戻って俺ら何するの?」「もう・・エッチ(*/∀\*)イヤン」と羞恥プレイも忘れません。ホテルに戻りシャワーを浴びて2戦目。内容はほぼ同じ。

ひたすらラブいセックスだがシャワー浴びたのでクンニする。クンニはあまり気持ちよくないから好きじゃない、と言うのでクンニのよさをわかってもらおうと発奮する。

3種類のクンニを使い分けありとあらゆるフォーメーションで舐めまくる。
「ひゃあっ・・ちょ・・・!?!?!?」とガバっと起き上がり俺を見る。

「うん?痛かった??」「ううん・・・・(;・∀・)」
「どしたん?」「なんかすんごい気持ちいいんですけど」

「クンニやからな。気持ちええやろ?」「うん・・・・」
「もっとしてほしいやろ?」「うん・・・(*/∀\*)」

はい、陥落。ここからずっと俺のターン。舐める舐める。ユンソナのおめこ○がこれまたすごい美マンで無臭。

次から次にやらしい汁が奥からあふれでて「ちょwwwそれなに?何してんの?(*´Д`*)ハァハァ」っていちいち見てくるのも萌えw

「どうやって舐めたらそんなことになんの?」とクンニの解説をさせられるw
「入れて・・・ちんちん欲しい・・」と言うので挿入。

ラブい正常位でずっとチューしてる。
凄く愛しくてチューしながら「なあ?」「んん?」

「すんごい好きやねんけど?」「私も好きよ?」
「チューしたい」「してるよ(*´Д`*)ハァハァ」とか「もうたまらん」

「何が?」「我慢できん」
「え?」 「ユンソナのこと抱きたい。ユンソナとエッチしたい」

「今しよるよ、もっとして(*´Д`*)ハァハァ」とか盛り上がる。
ふと横を見ると眼下に夜景。

「ちょっと来てみ?」「え?無理無理!」
「こっちが電気消してたら外から見えへんから。ほら、夜景見てみ?綺麗やで?」

部屋の電気を消し、カーテンフルオープンで全裸で夜景を見るユンソナを後ろからそっと抱きしめる。なんてロマンティック♪

後ろからおっぱいを揉みユンソナは手を後ろにまわして俺のちんこ○を触ってくる。頬擦りしたりキスしたりしながら窓に手をつかせてお尻を突き上げさせる。そしてゆっくり挿入。

地上30Fから夜景を見下ろし美女を立ちバックでハメる・・・絶景です。
小さく見える通行人や車、キラキラ光るサイン、全てが興奮させてくれます。

「ほら、見てみ?いっぱい人歩いてるで?」
「ああ!恥ずかしい!ああ!気持ちいい!(*´Д`*)ハァハァ」

と、ユンソナも感じまくってる。けっこうな時間夜景を堪能したらすぐ横に化粧台があったのでカーテンを締めて電気を点ける。

「ほら、横見てみ?自分の犯されてる姿見てみ?」と鏡に全身が映ってるので見せる。「エロい・・エロすぎます・・(*´Д`*)ハァハァ」とさらに感じてる。

もっと興奮させようと片脚を机の上に乗せ結合部を鏡に映して丸見えの状態にしてゆっくりピストンする。

「ほら?よう見えるやろ?丸見えやで♪」
「やらしすぎる!ああ!こんなん初めて!やらしいよぅ(*´Д`*)ハァハァ」

とか言いながらガン見してるユンソナw鏡プレイを楽しんでると部屋の外で人が歩く音や声がする。すぐに玄関先に移動w

「え?なんで?」「しっ!大きい声出したら廊下歩いてる人に丸聞こえやで。」「え!?」と言ってる間に挿入。

「はぁぅ・・・っく・・・」
玄関のドアに手をついて後ろから犯されて必死で声を押し殺す。

クビを横に振り、「もう・・・許して・・・」と言うので玄関のドアをちょっと開けてみた。

後ろを振り返り「何するんですか!?(´゚д゚`)」と泣きそうな顔も可愛いのでキスして口をふさぐ。半開きのホテルの玄関先で立ちバック・・これまた興奮します。

ユンソナが倒れそうになったのでベッドに戻る。
またひたすらラブい激しく求め合う正常位で終了。

「帰らないで・・・」というユンソナをスルーして帰り仕度。
ベッドに裸で寝そべる女にスーツを着る男。

「帰したくない」「わがまま言うな」とドラマの1シーンのような光景に2人でうけるw1日目終了。

2日目は17:00合流予定だったがほぼ徹夜で仕事して(ユンソナには内緒)少しでも早く会いたかったので15:00に会おうと打診するも買い物したいから16:30で、とほぼ予定通りの合流。

アメ村に輝く美人が一人。相変わらず綺麗。
ああ、そうか、この子なんでこんなに俺をそそるのかわかった。

派手な顔の割りに服装がすごい落ち着いてて色っぽい。ファッションは俺が語るとGパンとかコールテンとかチョッキとかトックリとかの単語が出る人なので書かないが、大人なファッションのお洒落さん。

「服装いいよな。ユンソナのファッションめっさ好き」と言うとすんごい喜んでくれる。

ホテルに荷物を置きに行ってチューしてイチャイチャしてリクエストの串カツを食べに行く。幸せそうに食べる可愛い顔を堪能して、戎橋のグリコの看板写真に撮ってホテルへ戻る。

シャワーを浴びてほぼ昨日と同じセックス。
ちょっと違うのはユンソナがやたら結合部を見たがるw

俺がじっくり見ながら突いていると「監督さんばっかりズルい・・私も見たい(*´Д`*)ハァハァ」と言うので携帯で動画を撮り、それを2人で見ながら動画に合わせてピストン。

他はテレクラに電話させたりいつも通り。

1時間ほど突いてもうええやろ、と、「イっていい?」と聞くと「(´゚д゚`)ヤダ」ってwちんこ○労働基準法違反ですよ。

ハメたまままったり会話したりピストンしたりキスしたりラブい時間が延々続く。

抱き合いながら「はぁー・・・ずっとこうしていたい♪」
「俺も。このまま時間が止まればいいのに」とか甘々な時間が過ぎていく。

おもしろいのはユンソナが結合部のヌルヌルに手をやってすくっては匂うwww「何してんねんw」「え?くさくないかなーって思って」「アホかw」

またしばらくして指を匂って「クンクン・・・これ・・くさくない?」

「臭くないよ。おいしいよ。そら渇いたら臭くもなるよ。汗もよだれも乾いたら臭いやろ?」「ああそうか・・・。安心♪」

こんなやりとりもありながら口にいっぱい出して欲しいというので最後はフェラで口に出す。

「ちょwww勢いよすぎwwのどぬーるスプレーみたいにのどちんこ直撃w」とたっぷり発射。

その後マッサージしてもらったりイチャイチャしたり甘い時間を過ごして2日目終了。3日目最終日。この日は朝10:00頃合流。夕方のバス出発まで一緒にいることに。

荷造りをしてチェックアウトしてちょっと早い昼食をとりにいく。法善寺横町の美味いカツ丼を食べる。また幸せ死にしそうになってるw

梅田方面に車で移動しつつラブホテルに入り最後のセックス。
3日目なのにハグし始めはいつも照れてる。すぐに裸になり貪り合う。

裸で抱き合いながらキスしてると「もう入れて欲しいんやけど・・・・(/ω・\)チラッ」「え?キスしかしてへんがな」

ガバっと上に乗ってきてちんこを掴み、「これ・・・頂戴?(*´∀`*)」と言うのでゴムして挿入。

「はああぁぁぁ・・・っっ・・幸せ♪」って美味いもん食ったときと同じセリフw
「ああ、気持ちいい・・・幸せ・これ持って帰りたいなー♪」と無茶なことを言う。

対面座位で密着しながら「帰りたくない・・・監督さんとずっと一緒にいたい」
「俺も。帰したくない」とか

「大阪に住みたいな」「おいでーや。ユンソナやったら毎週会うで」

「本当?でも毎日がいいな♪」とかもうトロける会話が合体中ずっと繰り返される。お互いもう今日でお別れかと思うとセックスも力が入る。

1秒でも長く繋がっていたいのでイキそうになったら抜いてクンニ。そして合体。脚が疲れてきたというので寝バックで休憩。

「なにこれ?すごい楽♪」と喜ばれる。ちょっと休憩するか、と布団かぶって向き合って抱き合ってるとちんこ○つかんで入れようとしてくる。

抱き合ったまま片ひざを抱え上げ挿入。対面側位(?)の体位で密着感を楽しみながら時にはまったり、時には貪るようにキス。

エンドレスにイチャついてると少し眠たくなってきたので後ろからハメたまま仮眠。10分ほど寝て目が覚めるとユンソナの背中があるので、ベロリと舐めながらピストン開始。

この後また貪り合いながら時間ギリギリまでセックスセックス。風呂に入っていそいそと帰り支度。部屋出る前、エレベーターと惜しむようにキス。

外ではキスどころか手も繋がない俺に「もしかしてこれが最後のキス?」とエレベーター内で泣きそうな顔で聞いてくる。

「そうやな。」とキスして答える。エレベーターを降りて駐車場に向かう道中も隙みて最後のキス。なかなか離れたがらないユンソナが愛しい。

帰りはお互いお礼言ってバス乗り場まで送って終了。
なかなかバスに乗りたがらないユンソナにキュンキュンしました(*´∀`*)ポワワ

相思相愛だがお互い鬼で遠距離なのでどうにもこうにも。
大阪に来てくれたら絶対に会う。年1回でも会えたらなー。

出会えてよかった。夢のような3日間をありがとう。
また来てね(´∀`*)ε` )チュッ   長文失礼しました。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.