H体験談。。同級生の制服のボタンを外して・・

ここでは、「H体験談。。同級生の制服のボタンを外して・・」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

高1の時から何となく気になってたYと高2で同じクラスになった。

最初はただの女友達の一人としか見てなかったけど、仲良くなってつるむようになってからは異性として意識するようになった。

けど、俺もYも素直な性格じゃないから、いつもお互い馬鹿にしながらって感じの関係で、恋愛には到底発展しそうにはなかった。

Yも誰かと付き合ってるような噂も耳にしたことがあるし、俺は絶対に自分の気持ちは言えないだろうなと諦めてた。

が、ある日たまたま休日に街でバッタリ出くわして、一緒に遊ぶことになった。

遊ぶっても、その辺ぶらぶらするくらいだけど、その頃には完全にYのことが好きになってた俺にとってはめっちゃ幸せな日だった。

それがきっかけでたまに休みの日は二人で遊ぶようになり『コイツもしかして俺のこと好きなのかな』とか淡い期待を持ち始めた。

好きだけど気持ちが伝えられないまま日々が過ぎた。
女と付き合ったことなんてないし、どうアプローチしたらいいのかも分からない。

好きなのに口から出てくる言葉は『お前ってホント馬鹿だな』とか『うるせーよ』とかそんなんばっかで…ホントガキだったと思う。

けど、何となく、Yにも俺がYを好きなんだってことが気づかれてるような気がしたし、Yも俺に気があるような空気をたまに感じてた。

ただそれに確信が持てなかっただけで、俺はあと一歩を踏み出すのにものすごく躊躇してた。そんなある日、一気に物事が進んだ。

ある日の放課後、誰もいない教室で友達から借りたエロ本を教室でコッソリ読んでた。

早く返せってせかされて、急いで読みながら必死にページを目に焼き付けようとしてた。

そしたら、いきなり後ろから『ワッ!』って声をかけられて、俺はめちゃめちゃビックリして後ろを振りかえると、そこにはYがニヤニヤした顔で立ってた。

『何~I(俺)、こんなの読んでんの~?』
と、俺が読んでたエロ本を覗き込んできた。

『うわ、何すんだよ、見んな』
と、抵抗しようにも、チンコは既にカチカチで立ち上がれない。

結局、俺が座ってた後ろの席にYが座り、一緒にエロ本を見ることになった。

チンコは固いままだし、俺はずっとドキドキしながらエロ本とYを交互に見てた。Yがどんな反応をするのかすごく気になったからだ。

Yはたまに恥ずかしそうな顔をしながらも、喜びながら読んでたな。
その顔が可愛いくて、俺はYの顔を見つめてた。

Yの顔を見つめながら、Yの唇を見ては『キスしてぇ…』とか思ってた。
ふと、Yと目が合って、『…何?』と、Yが聞いてきた。

『あ…いや…』 と、見つめてたことがバレて恥ずかしくなったけど、Yの顔と唇から目が逸らせなくて・・。

Yも黙ったまま俺の顔を見つめてくるから、しばらくお互い無言見つめあう形になった。俺は唾を飲み込んで、思い切ってYの顔に自分の顔を近づけてみた。

Yも何かを察したらしく、逃げようとしないで、目を閉じた。この時点でYが拒否しようとしてないことが分かって、俺はそのままYの唇にキスをした。

しばらく唇と唇をくっつけただけのキスだったけど、しばらくしてお互いの唇を噛むようなキスに変わり、俺はYの口の中に舌を入れた。

大好きなYの柔らかい唇と舌の感触、背中がゾクゾクして自然に呼吸が荒くなった。たまに漏れるYの『ん…っ』って声や吐息が堪らなくエロかった。

だんだんエスカレートして、俺は立ち上がってYの方へ近づき、Yを抱きしめるような形でキスを続けた。

Yを抱きしめると、Y俺の背中に手を回してきた。
なんていうか、一方通行じゃないことが嬉しくて、ますます俺は興奮した。

ビクビクしながら、Yの体のラインをなぞって、Yの胸まで手を到達させた。

大好きなYの胸を触ってるって思うだけで、もう半端ないくらいの興奮が襲ってきて、俺は下半身をYの太ももにグリグリ押し付けてた。

Yが苦しそうに漏らす声が本当に可愛くて、エロくて、何かもう勢いが止まらなくて。

そしたらYが俺を抑えるように体を離して
『待って…待って…I』 『え…?』

一瞬冷静になった俺。ヤバイ、嫌われた!?と、思ったら、

『…ここじゃやだ…』 って言ってきた…
てことは、場所変えればOKってことか!

今までにないくらいの速さで頭が回転し、行ったこともないくせに
『ラブホ行く…?』と、俺が聞くと、黙ったままYは頷いた。

とりあえず学校の近くにある、男友達の間で良く話に出るラブホに向かった。

道中ほとんど会話なんてのは無かったな…ってか何話したのかも記憶にないくらい。とにかく俺は緊張してた。

だんだん冷静になってきて、『俺、今からYとセックスするんだ』とか、リアルに考え始めたら、上手く出来るのかとか、不安の方が募ってきた。

部屋に入っても何となく気まずくて、あちこち見ては『へ~すげぇな…』とか、そんなことしか言えなかった。

Yもいつもはうるさいくせに、この時はめちゃくちゃ静かだった。
どうしていいのか分からなくなって、二人でベッドに横たわってた。

すぐ隣でYが俺に背を向けて寝転がってた。
その背中がやけに小さく見えて、愛しくなってきた。

俺は後ろからYを抱き締めて、耳元でYの名前を読んだ。(っても名字だけど)

Yがゆっくり振り返って、今までに見たことないような切ない顔でこっちを見てきた。その顔がものすごく可愛くて、俺はまたYにキスをした。

さっき教室でやったみたいに、だんだん激しいキスになって、そのまままたYの胸を揉んだ。

唇から首筋にキスを移して、Yの制服のボタンを外した。
ブラジャーを上にずらして、Yの胸を直接揉んだ。

何度も想像したYの胸が、今目の前にあるってこと、それを今本当に触ってるんだってことがものすごく俺を興奮させた。

バッキバキにチンコが固くなってて、俺は勝手に腰が動いてた。

恥ずかしいけど、Yの太ももにチンコをグリグリ押し付けながら、Yの胸を揉んだり、舐めたり、舌で乳首を転がしたり…

その度にYが切ない声を漏らす。
俺も息がかなり激しくなって、Yの名前を連呼してた。

そして俺の腰の動きが早くなったその時、
『うあ…っ!!!』

それまで動いてたものが全て止まって、ビクビクと痙攣しながら、俺はそのまま自分のパンツの中に出してしまった。

射精自体はものすごく気持ち良かったけど、一気に気まずさと恥ずかしさが襲ってきた。

呼吸がおさまってから、
『…ごめん…』って、俺が謝ると、

『…I~www』 と、Yが笑いながら俺の名前を呼んだ。

何か、それでお互い肩の力が抜けた。いつもの空気が戻ってきた。
俺も笑いながら、『うあ~…気持ち悪…』と、腰を引いて浮かせた。

するとYが『どれどれwww』と、制服の上から俺のチンコをまさぐってきた。『おい、馬鹿やめろwww』って言いながらも、Yにチンコ触ってもらえて嬉しかった。

そのままぐちゃぐちゃな状態でYが俺のチンコをなぞってきて、すぐにまたカチカチになった。

Yが電気を消して欲しいと言うので、真っ暗にして俺もパンツを脱いだ。

今度はちゃんと先にゴムを付けて、俺がYのアソコをまさぐった。既にビショビショになってた。

クリトリスを弄ると、Yがまたエロい声を出した。その声にまた興奮してビンビンになる俺。

なかなか穴が見つけられなくて、Yに誘導してもらう。
しばらく指で弄った後、いよいよチンコを入れることに。

さっきイッたばかりなのに、かなりヤバイ状態のチンコ。
Yに足を少し開いてもらい、Yに覆い被さる。

左手をベッドについて、右手でチンコを掴んでグイグイと、Yのアソコに押し付けた。ゆっくりと入ってくチンコ。めちゃくちゃ圧迫されてかなりヤバイ。

奥に入れる度にYが声を上げる。
痛いのか感じてるのか分からなくて、とにかくゆっくり入れた。

全部入りきった時にはもう俺は汗だくで、『や…やっと入った!』って感じだった。

『動かしていい…?』 と、Yに聞くと
『うん…ゆっくり動いて…』

と、吐息混じりにYが答える。言われた通りにゆっくり動く俺。
それでも刺激が強すぎて、もうかなりヤバイ状態に…

もう出る直前なのを我慢して、徐々に動かすスピードを上げていった。それに合わせてYの声が激しくなって、Yが

『I…っ、I…っ!』
って俺の名前を呼んだ時、

『あああ…っ!Y…っ!』
また激しい射精と共に腰の動きが早くなり、Yの中で俺は果てた。

しばらく抱き合いながら呼吸がおさまるのを待った。

『抜くよ…?』
『うん…』

Yに確認してから、ゆっくりチンコを抜いていった。
ツルンって穴から出る時に、

『んん…っ!』
ってまたYが感じてるような声を出した。

馬鹿みたいにまだカチカチな俺のチンコ。何を思ったのか、俺はチンコをYのクリトリスや穴の入り口にぐちゃぐちゃと擦りつけ始めた。

本当に何も考えずに、ただぼーっとした頭で自分のチンコを動かしてYに擦りつけてた。そしたら、だんだんYの様子が変わってきて、吐息が激しくなってきた。

俺はチンコを動かすスピードを上げていった。
『あ…っ!あ…っ!I…!』 と、Yが声をあげる。

そして、俺の腕をギュウッって掴むと、そのままビクビクッって痙攣した。

あぁ、Yもイッたんだ…って分かると、何だかものすごく嬉しくて、そのままYを強く抱き締めてヘラヘラ笑ってた。

その後は何かもう暴露タイムになって、お互い好きだったことや、いつから好きだったのかとか、そういう話をしてました。

順番が逆でごめんとか… 後は過去の経験数とか…

Yは俺に彼女がいるって勘違いしてたみたいで、別の男を好きになろうと付き合ってみたらしく、結局その男とは一回ヤッてすぐ別れたらしい。

何かもっと早く告白すれば良かったと思うけど、結果的にYと付き合えたので良かったです。

今でもたまにYとは初めてヤッた時のことを話したり
その時のことを思い出しながらヤッたりします。

長くなっちゃったけど、読んでくれた人ありがとう。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.