H体験談。。教育実習先の元生徒と 6

ここでは、「H体験談。。教育実習先の元生徒と 6」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

前編は以下のとおり
教育実習先の元生徒と
教育実習先の元生徒と 2
教育実習先の元生徒と 3
教育実習先の元生徒と 4
教育実習先の元生徒と 5

M「ねぇ、しよ」
俺はこの夜4回目の行為をしようとしていた。

俺はバスタブに腰掛け、M美を背中から座らせた。今度はM美の体重のせいか、それともまだ洞窟がモノの径の余韻に浸っているのか…。

また入っていく…。洞窟にしっかりとモノは入り、奥でしっかりと止まった。
Mは大きな声を出した。

M「…ね、凄い……あん、なんだか、入ってるのしっかりわかる…、うっ、うーん…」

俺はM美の腰を引き寄せ、繋がったままM美に浴室の壁に手をつくように言った。立ちバック…。

M「…あっ、いや…あん、あぁ、あっ…」
M美は自分から腰を押しつけ、俺はゆっくりと抽挿を開始した。

M美は乳首も股間の突起も弱い。
腰をホールドしていた両手を片方だけにし、股間の突起をまさぐった。

M「…あぁーん、ダメ、ダメ、ダメっぇ、あかん、あかん、…」

触った途端に締め付けはだんだんと厳しくなり、M美も俺も全身を紅潮させながら、湿気が高い浴室で大きく息を吸うようになってきた。

A子は気付いているんじゃないか?少し心配であったが、M美の締め付けのせいで、すぐに目の前の現実に引き戻された。

だんだんと弱ってきた俺の足が、少し滑った。
その時、洞窟の中では、ものすごい場所を突いたようだ。

M「あああああああああああああぁっ…!」と凄い声を出した。
その声に反応したのか、M美は腰を動かした。

俺の怒張は、また臨界に達しようとしていた。最後にいたるべくヌチャヌチャと小刻みに抽挿を繰り返した。

M「先生、先生、も、もうあ…かん」
俺「行くよ、行くよ…」

M「ね、中で、ね、さっきみたいに…」

俺もさっきのM美の言葉から、安全だろうという(今思うと恐ろしい…)甘い考えで、そしてM美を悦ばせようと
する一心で、中で果てた。

薄くはなっていたものの、まだ量はあった。M美の中からしたたり落ちていた。

風呂の床にぐったりとして座り込んでいるA子を浴槽の縁に腰掛けさせ股を大きく開かせて、子宮の上を押した。

中から押す動きに合わせて白濁物が出てきた。そして血も…。
シャワーで洗い流した。

やはり安全日?というのは嘘ではなく、ホッとした…。

その後、先にシャワーを終えた俺は部屋へ戻り、M美のバッグからリクエストされたものを取り出し、わたした。A子はパジャマを着て、すっかり熟睡していた。

後から出てきたM美が

「先生、ほんま今日凄かったなぁ…私、いろいろ教えてもろたしぃ」
俺「そんな教えたかぁ?(苦笑)」

M「目覚めたもん!」
俺「レズにかぁ?(笑)」

M「あんなんでレズなん?」
俺「レズったことないから知らん!(苦笑)」

M「レディコミとか見てるともっと凄い感じやったけどなぁ」
M「ちょっとだけレズにも興味あるけど、Hの方がええわ。先生、これからもしよね」

俺「せやけど、彼氏見つけんでええん?」

M「同世代ってなんかなぁ。先生彼氏になってくれへんの?ま、彼女おってもええから、ときどきHしよ!」

俺は苦笑いするしかなかった。
部屋が明るくなってきた。港からの汽笛が遠くで響いた。

いろいろと喋っていると、A子が起きてきた。午前6時30分。

今日は日曜日。それに加え、俺が住んでいるマンション自治会の半年に一度の住民参加一斉清掃の日であった。

掃除は9時から始まる。さらに大学時代の悪友たちと競馬場へ行く約束をしていた。睡眠時間はあと3時間もない。

俺「MもAも、今日の予定は?」

M「私は昼からバイトの面接!」
A「私もバイトの面接!」

M「A子、どこのバイトにしたん?」
A「Mちゃんは?」

M「私は塾の講師募集のチラシが大学のそばに張ってあったから」
A「時給いくらなん?私はケーキ屋のバイト。時給720円だよ」

M「勝ったね!時給1200円」
A「えぇー!ええなぁ」

俺「俺も塾講バイトしたけど、予習で時間取られて結構時給しんどいで」

M「そうなん…」
A「私は残ったケーキ食べ放題!」

俺M「太るぞ~」
A「ほっといて(笑)」

俺「あんな、今日な、9時からマンションの掃除せんとあかんねん。一斉清掃やねん」
MA「どないするん?起きてるん?」

俺「おまえらにいじめられてヘトヘトやん。眠いわ(笑)」
M「もうバス出てるよね?」

俺「うん、出てるよ」

M「A子、そろそろ帰らへん?」
A「そやね、帰って下宿で寝た方がええかもね」と言うと、二人は帰り支度を始めた。

二人が帰った後、若い体に放出しまくり初の3P、4発と一晩でもの凄い体験をした俺は熟睡した。

【後日談】
当たりませんでした。セーフ…。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
◎!!。
08/07(土) 21:01 | URL | #-[ 編集]
うちもしたい♥

男の人と繋がりたい★


できれば先生と…

だめ?
11/01(月) 23:24 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.