H体験談。。教育実習先の元生徒と 3

ここでは、「H体験談。。教育実習先の元生徒と 3」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

前編は以下のとおり
教育実習先の元生徒と
教育実習先の元生徒と 2

俺のモノもA子の中に迎え入れられてから5分もしないうちに持たなくなってきた。血液が集中し、モノの先が肥大しつつあり、臨界が近いことがわかる。

A「ねぇもっと、もっとー。ヘンになっちゃう・・・」と、片手でバスタブに必死にしがみついていた。

俺「もうもたへん、いくで……」
A「うんねぇ、もっともっと……」

だんだん風呂場の湿度が上昇し、息苦しくなってきた。お互い汗と蒸気ぬるぬるしだし、俺はA子の腰をつかむのがやっとだ。

突然A子が「いやぁー」といって、締め付けた。
すべりかけた時に、A子の中でモノの位置がずれて、G点を直撃したようだ。

そこを突きまくるとA子の中から凄い量の蜜が溢れ、細かく速い抽挿で、泡立った。俺も限界だった。

腰の動きを速め、A子の中から抜いた。同時にA子も果ててしまった。

蜜に包まれたモノを洗いながら、冗談半分に床にしゃがみこんでしまっているA子の股間にシャワーを押しつけた。

またまたシャワーが敏感な場所にヒットしてしまったらしい。A子に股を開かせ、執拗に敏感な部分を狙い責めた。

とうとうA子は快楽のループに入り、声を出しまくっていた。
突然、風呂場の戸が開いた。

M美が眠そうな目で立っていた。
M「なにしてんの~?起きたらいてへんしぃ…」

あとでわかったが、風呂の中でA子と30分以上遊んでいたようだ。
A子はまだ床に座り込んでいる。

俺「まったりと風呂入ってたんよ」
M「Aちゃんと遊んでたんとちゃーうん?(苦笑)」

A「お風呂やって!」
M「ほな私も酔い覚ましぃ~」

A「まだお酒抜けてへんからやめとき~」
M「入るぅ~」と、とうとうM美のストリップが始まってしまった。

A子は苦笑い。俺は心臓ドキドキ。抜いたばかりなのに…また…復活。

M美は高校時代陸上部であり、かなり締まった体つきだ。
A子は途中からマネージャーだったそうだ。

M美は酔った勢いか恥じらいもなく脱いでいった。
小ぶりで形の良いお椀型のB胸には、小さく尖った乳首がすでに勃っていた。

風呂に入ってきたために、とうとう狭い中に3人という事態に。俺はバスタブ内に避難した。A子は入ってきたM美に向かってシャワー浴びせかけた。

俺「おまえら、ほんま小学生ん時から変わってへんなぁ。イタズラばっかしてて。」
M「Aちゃんとずっと一緒やったから、お風呂も一緒によく入ってたしなぁ」

A「うん。せやけどエッチ見られたんは初めてやでぇ…」
M「せやなぁ。けどあんなに声出してるんやねぇ。うちはあんまり出さん方かも…。」

A「そうなん?ほな」
と言って、A子はシャワーを強め、M美の胸に向かってシャワーを浴びせた。

M美はブルっとふるえた。どうやら胸が弱いようだ…。

A「やっぱMちゃん、おっぱい弱いやん(笑)あんな、先生、部活とかで着替えてるときに揉んだりして遊んだんよ。冗談半分いうか挨拶代わり-みたいな感じで。Mちゃんいっつも力抜けんねんもん」

俺「そうなん? おまえらレズってそうやしなぁ(笑)」
A&M「してへん。してへん(苦笑)」

と、言いつつも、A子はM美の胸めがけて、シャワーいじって乳首を集中攻撃。
シャワーがあたるたびにM美はビクビク体を震わせている。

バスタブの縁に両腕を付きながら俺は二人の水遊びを眺めていた。

俺「おまえら汗かいて茹で上がるでぇ。A、Mまだ酒抜けてへんから、あんまイジメなや(苦笑)」

A「せやねぇ。」といって、シャワーを置き、ボディーシャンプーをとった。
A「Mちゃんも洗うやろ?」と言ってMの顔のそばに行きなにやら耳打ちをした。

A&M「先生、洗ったげるぅ」
俺「え?」

A「また大きくなってんのやろ。早く(バスタブから)上がってきぃ」

Mがバスタブの縁にかけてる俺の両脇に手を入れた。しょうがないので立ち上がったが、モノは彼女らの言う通りの状態であった。

M「やだぁ、勃ってる!」と言って立ち上がった俺に体を横から密着させてきた。
A「あーM だけずるいー!」

M「先生ちゃんと(バスタブの中から)立ち上がってよ!」と言ったところで、M美は、目を閉じた。

俺はM美の唇を奪った。A子は、しゃがんだまま、ボディーシャンプーを手のひらにつけ、いきなり俺のモノを手のひらに挟んだ。

M美は俺の背中にベタッとひっついて、B胸を押しつけてきた。ギンギンとなり、泡まみれになったモノにA子はお湯をかけ、手でいじり、そして口でくわえた。

ナマ暖かい感触にまた一段とモノは大きくなった。
M美はそれを見て、「Aだけずる~い」と、Aを押しのけようとした。

M「Aちゃん、代わってよ~」なぜかA子は素直に代わった。

A「先生、なんかのぼせてきた…先に出る…」
M「Aちゃん大丈夫?ちょっと冷ましたら?」と、A子は風呂場をあとにした。

二人きりになったM美が俺のモノを口に含む前に、M美を少し責めることにした。小ぶりで形の良いお椀型のB胸+お湯で尖りすぎた乳首が勃っていた。

俺はゆっくりと乳房を持ち上げ揉んでいった。
まだまだ乳房はあまり揉まれていないのか、弾力があった。

乳房に舌をはわせた。何とも言えぬ潤んだ瞳でM美は俺を見ている。

唇が乳首に触れ、中に含んだ。M「あんっ」とかすかな声を漏らし、体をビクつかせた。

俺はしばらくM美の乳首の根元を唇でくわえ、舌先で乳首の尖端をつついた。
そして時々歯で軽く噛んでやった。

M「先生、…何か…とって…も…あっ…変…ぁ、あんっ、あーん」

とかすかな喘ぎ声を漏らしている。俺は乳首に気が行ってるM美の股間をそろっと撫でた。股間からはA子とは違う粘性の蜜がしたたっていた。

人差し指、薬指を曲げ、中指をM美の溝にはわせた。突起はA子よりも大きい気がした。

曲げた二つの指を突起の両側にあて、手首を奮わせた。M美は両手で俺にしがみついてきた。そして中指は、蜜をしたたらせている洞窟の中に進入していった。

M「あぁ、あっ、あかん…そ、そこ」
とうとうM美は、腰砕けとなって、タイルの床に座り込んでしまった。

俺「M、股開いて、見せて」
M「恥ずかしいやん…」

俺「気持ちえぇんやろ」
M美はうなづいた。俺は手をやりM美の股をゆっくりとひろげた。

俺「M綺麗やで…」
M「Aちゃんよりも?」

俺「うん。ほんまはM美抱きたかってん…A子には襲われたん」
M「ほんま?…うちも昔から先生のこと好きやってん…」

愛の会話?をしている時、俺のモノはなぜかヘナヘナになっていった。どうやら俺も軽くのぼせたようだ。

俺「M、すまん…俺ものぼせてきた…」
M「あかんやん、早くあがらな!」

俺は途中状態のM美をおいて、風呂を上がった。(次回へ続く)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.