H体験談。。口内発射、しかもチューッと吸ってくれる

ここでは、「H体験談。。口内発射、しかもチューッと吸ってくれる」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

俺 独身彼女有 A型 当時26歳 174/67割とマッチョ 市川海老蔵 (最近はよく堂珍とも言われる)写メ交換済なかなか気に入ってくれたみたい

相手 女 26歳 独身彼無 B型 161/? 福祉関係&たまにお水のバイト  写メ激かわいい!色白で新山千春似

本気で今の彼女と別れてこっちに移行しようかといけない欲望にかられる俺。友達募集という投稿にメール送ったら釣れた。

のんびりとメールしてくるのでエッチは無理かなと思い他愛もない会話をする。写メ交換まで4ヶ月かかった。それから電話して面接までさらに3ヶ月。

時間かかったおかげでかなりの仲良しに。でも電話長すぎorz いつも電話切ったらどっぷり疲れます。

そんな俺のがんばりにもやっと報われる日が(・∀・)!! 

「えびぞーってちゃんと自分の意見持ってるから頼れる」と電話で言われるて顔がほころぶ。

「今度家に遊びにくれば?」のお言葉。ヨッシャァ!!!!!!
翌日電話で誘導されて家にいくと、わりとあたらしい一軒家。

旦那とか出てきて殴られるんだろうか?とか頭をよぎるが彼女一人で笑顔でお出迎え。実家みたいだ。

見た印象は・・・世間一般ではかわいいとかきれいと言われる顔だと思う。
彼女のお母さんに軽く挨拶して千春の部屋へ誘導される。

お~女の子の部屋だ。かわいい♪俺の彼女にも見習わしたいよw
コーヒーを入れてもらい二人でテレビを見ながらお話。

やっぱり話長いw てか愚痴が多い。不倫してた時の話とか長々とされた。ちょっと痛い系の女なのかな?と思い、可愛いのに彼氏がいないのもなんとなく納得。

エッチも無理そうだし、おもしろくないので退屈そうに千春のPCでネットを見だす俺ww

しばらくそのままお話してたが、突然千春が、「そんな事してないでこっちおいでよ♪せっかく来たんだから」と座ってる横をポンポンとたたく。

何も期待せずに二人並んでTV鑑賞。会話の途中で目が合うと照れてる千春にちょい萌。

静かに「かわいいよね」と褒めると照れながらうれしそうに「腕枕して」と千春。腕枕して顔を見ると、二人の顔超接近!! 

「キスしたらどうする?」の俺の言葉を合図にチュー開始。
しばらくの間ソファーで情熱的なキスをしまくる。

ほどなくして「ベッドに行ってもいい?」と聞くと
「・・・うん」とうなずく千春。

ベッドに潜り込んでキスしながら乳揉み→手マン→お互いにさわりっこ。
千春は超敏感です。自分で「あたし全身が性感帯なんだ」 (・∀・)イイ!!

挿入を試みるも「絶対に声でまくるから家ではダメ」の一点張り。
それじゃあとフェラを頼むと「絶対したくなっちゃうからダメ」と・・・ 

「じゃあ車に行くか?」と言うと「お願いだから今日はこのままで・・・」と断られる。かなりショボーンとしましたが、かわいいし次回に期待という事で。

結局その日は情熱的なキスと、しつこいくらいのさわりっこをかなりの時間して帰りました。後日セックスしたのですが、かなり良かったです・・・。

この前の千春の家での出来事で二人の距離はぐっと縮まり、電話やメールでもラブラブ状態。

会いたいけど、本命彼女がいるのでなかなか都合がつかず会えなかったが、俺の親戚に不幸があり通夜へ行く事に。

10時くらいには帰ってきたのだが、彼女には「今日はここに泊まるから」と嘘電話。よし!これで今日は自由だ♪と思い早速千春に電話し、ラブラブトーク。

「ちょっと会いに行こうかな」と言うと、
千春も「会いたい」と言うので会いに行く。

家まで迎えに行きちょっとドライブ後、閉店後の店の駐車場にとめてお話。自然な流れでキス→またまた外国映画のような情熱的なキスへ。

後ろに行こうと言い愛車のフラットシートへ移動し抱き合ってキスへ。ごくごく自然な流れでお互い服の脱がしっこでマッパになる。

千春の胸は大きくかなりの美乳(俺はスリムな女が好きなので今までの彼女はほぼ貧乳w) てか千春のボディーはかなりのストライク!!

線は細くてオッパイは大きく柔らかく肌ツルツル。ちなみにマンコの毛は限りなく少ない。そんな体を堪能しながら持てる全ての技を駆使してご奉仕。

暴れるように感じまくる千春。さすが全身性感帯です。クンニ中も釣れたての魚のように動くので両手を抑えながらベロベロベロ!!(萌え×100)

今度は千春がフェラへ。俺のティンコ見て「巨大!」と言った後パクッ。

あまり深くまではスロートしないが、竿を強く握ってシコシコしながらカリをペロペロ。俺は強く握られると弱いんです。メッチャ気持ちいい♪

そしていざ挿入へ。中狭いです。今まで入れたマンコの中で間違いなくベスト。

いつもは遅漏気味なのにあっという間にイキそうになったので、抜いて落ち着かせようと思ったが、抜いた瞬間ピュイッとw

シートに落ちないように手で押さえたので「やべー、手についた」と焦っていると、千春が黙って俺の手についた精子を舌ですくう。

上目使いで舌を出して、ペロッとする姿(しかもゆっくりな動き)に萌えというか感動ww

あっと言う間に回復したので、またまた挿入。今度はガンガン腰振る。
一通り体位を変えて正常位でいざフィニッシュへ。

ガンガン突きながら「口に出していい?」と聞くと、「んん!!」と言いながら俺の胸をグーで叩く姿にまたまた萌えというか感動。

「飲んでほしい」と言うと俺の首に手を回し顔を近づけ耳元で囁くように「いいよ」と一言。

激しく興奮しながら大量口内発射。しかもチューッと吸ってくれる。大満足です。ちょっと休憩後もう一回。千春も大満足みたいでした。

それからしばらく頻繁に会ってセックスしまくり。完全に千春の体にはまった俺は、本命彼女よりも千春と会う回数が多くなってました。

が、千春は段々と俗に言う地雷化へ。
本命といて電話に出なかったらメールくるわくるわww

仕事中で電話出れなくてもメールの嵐。「なんで返事くれないの?」から始まって、「もういい!!相手してくれないならもう連絡しないで!さよなら」と言う内容へ。

返事送ろうとしたら受信拒否されてて送れない。
で30分ぐらいすると「ごめんね。やっぱり好きだから…」とメールがくる。

ほぼ毎日のようにこの繰り返し。多い時は一日50通くらいメールくる。千春の体はものすごく魅力的だったのでなんとかキープしておきたいとも思ったが、

ツレにも「その女はヤバイ。彼女と別れたくなければ今すぐ切れ」と言われ、きちんと別れ話をして別れる事に。

4時間くらい話して円満に別れたつもりだったが、その日の夜には何事もなかったようにメールきた。

怖くなってキッツイ内容のメールを送り電話は全部無視し、やっと切れました。「いい女にはトゲがある」とはよく言ったもんですねorz

一時メールの着信音が鳴るだけで憂鬱になったりもしました。
それ以来簡単に「付き合う」なんて言わないようにしてます。

こんな事あったのにまだ懲りずに面接に励んでるし、これからも励みますw
今32才のプチS女とメール中。面接したら報告いたします。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.