H体験談。。M女に性欲処理デート 続編

ここでは、「H体験談。。M女に性欲処理デート 続編」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

前編は以下のとおり
M女に性欲処理デート

某高校の近くで真面目そうな男の子に声をかけるがことごとく怖がられて5連敗。根性なし!ヽ(`Д´)ノ

作戦を変え、ネカフェに移動。チャットや掲示板を駆使し学生服男を探す。もちろん折に触れ挿入はする。

するとどこぞのグループチャットで「今おちんちん入れられてる・・・」と実際にちんこ○を入れながら入力させているとわらわら男が入ってきて、そのうちの1人が大阪で今暇とのことなので2ショットチャットに持ち込む。

話を聞くと童貞らしいので筆卸するか?と聞くと学生も裕子も大喜びなのでプロデュースすることに。

画像交換すると確かに童貞まるだしで好感がもてるw 待ち合わせ等具体的に話をすすめていくと、相手のテンションが下がり出す。

ちょっとビビリ入ってきてるみたいだったのでマジックで、裕子の下腹部に「○○君専用おめこ→」と書いて濡れ濡れまんこ○画像を送り、

「友達1人やったら呼んでいいよ」、と言うと一気にテンションを取り戻し、ちんこ画像送ってくる。いらんわw

場所と時間を決め移動。道中にあった中学校で中学生球児が部活をしていたので、車を停め、

「あんな子らみんなにかわるがわる犯されたらたまらんやろ?」
と聞くと恥ずかしそうに頷くので

後部座席に移動して「とりあえず窓から部活見学しとけ」と言って下半身をまさぐる。2/3ほど窓を開けて顔だけ出させてクンニ。

「どないー?」と聞くと「はぁ・・・はぁ・・興奮する♪」と悦んでいるのでちんこ○が勃ったので挿入。

俺が下になり、かなり間抜けな格好で騎乗位っぽくなんとか挿入。
たぶん外からは俺は見えてないはず。

「ん・・・んんっ・・・・んっ・・・・」とピストンに合わせ静かにあえぐ裕子。

「ああ・・・!あかん・・気付かれる・・一人ずっとこっち見てるわ」というのでもっと激しく突いてみる。

「ウン!ハン!ああん!!」と一瞬思い切りあえぎ、「ちょっとあかん!ほら、誰か呼びにいったで?・・・ああん・・・ハン!ハン!」とおかまいなしに続行。

3人ほど門の向こうからこっちをガン見しているw

「ほら、手ぐらい振ったれや」と続けていると、顧問らしき人が近付いてきてなにやら中学生3人が怒られている。

このままでは俺も怒られそうだったので、訝しげにこっちを見る顧問を見てみぬふりしてササっと運転席に移動。即座に退散。

「どない?中学男子」「めっちゃ興奮する。」
「今から似たようなんに犯されるんやで」「ああ楽しみ・・・」

とずっとドラフェラ。久しぶりやけどやっぱ危ないなこれw ちょっと遅れて待ち合わせ場所に到着。おるおる学生服2人wめっさそわそわしてるしw

まず裕子に迎えに行かせる。なごんでそうなので俺も合流。「おぃーっす♪」「あ、はじめまして」初々しいスレてなさそうなオタっぽい2人。

1人はこの前死刑にされた前上被告似、もう1人は西川きよしの息子似(以下前上、きよしjr)

雑談しながらカラオケボックスに移動。高校生の性事情をリサーチするも男子高らしく、いかにもイケてない2人なのでオナニー三昧らしい。

こりゃいかん、よし、おじさんにまかせろヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
AV女優とか話がまったく噛み合わない。樹まり子を知らんとは何事じゃ

しかし最近のカラオケってすごいね。料理とか居酒屋と変わらんし、部屋異様にムーディーやし、セックスしてね、と言わんばかりですね。はい、しますさせます。

部屋を暗くし、猥談しながら裕子の乳を揉み、キスし、スカートをたくし上げる。

一瞬場の空気が緊張するも、「俺を空気と思え。お前ら3人で普通にカラオケなり雑談を楽しめ」と命令。

裕子の背後にまわり乳揉んでクリをいじる。
「で?2人はどんな女の子が好みなん・・アン♪」こんな感じで会話が進む。

最初は緊張してたが徐々に慣れてきてエロい質問をガンガン浴びせる学生。
「初体験いつですか?」「ファーストキスは?」とか質問がかわいいw

なごんできたのでおもむろに裕子を四つんばいにさせてクンニする。

「んん・・・!そう、好きな体位は・・ハァハァ・・ああ・・んんん」と場が官能的な空気に変わっていく。

会話が止まっているので見てみるときよしjrとキスして前上のちんこ揉んでるw
なかなかカオスな状況になってきたのでコンドーム装着講座。

こうやってつけるんじゃと実践して見せ、背面座位で挿入。裕子に歌を一曲歌わせてみるがほとんど歌にならず。

「ウララアン、ウラ、アン!ウラウラアハーーン♪」って他の曲にすればよかった。

曲が終わって立ちバックになって結合部にマイクを近付け「グチョ、ヌチョ、ジュプ、ズチュ、グチョ」と卑猥な音を部屋中に響かせ2人ともイク。

「この女好きにしてええで。」と言ってトイレに行く。

俺がいると気も使うやろう、と15分ほどトイレで時間つぶして部屋に戻ると裕子ときよしjrが正常位で合体中で前上が顔つっこんで裕子とキスしてる。

裕子は全裸で学生は下半身裸。
すでに前上が2発、きよしjrが1発出してるとのこと。

裕子が若干余裕っぽいので前上をどかせて靴脱いで裕子の顔をふみつける。
「どないや?」と言ってギュウウッと力を入れる。

「あああっっ!!あああああ!!!」と悶絶する。
髪の毛を掴んで頭を持ち上げバチーンッと張り手をかます。

「ああ、じゃわからんやろ?あ!?しばきあげるぞコラ!?」と言ってもう1発バチーンッ。

バタっと頭を倒したので首に手をかけ、「死ぬか?ん?」と力を込める。
ふと見るときよしjrのちんこ○は抜けてるし前上も気をつけの姿勢。

いやいや、君らも一緒にやらなw

その後2人のちんこを交互に舐めさせて顔面精液まみれにしようと思ったが学生2人のちんこの反応が鈍く、俺がしらけてきたので終了。

2人にお礼を言われて解散。いいことした後はすがすがしい。

「いやー、いろいろあったね、どうやった?」と聞くと正直童貞2人との3Pは、いまいちやったらしい。

「監督に犯されながら学生服の男の子大勢に覗かれたい。そのあと10人ぐらいにレイプされたい。」

なるほど。捕まるわ!
メール続行中。SM(?)談義に華が咲き乱れてます。

俺が「いつか死姦したい」というと「私でして」とか((((;゚Д゚)))アワワワ

「だるま女になりたい」とか「犯されて首絞められてそのまま死にたい」とかいろいろ怖い。でも興味が尽きないので一応キープ。

いきつくとこまでいきそうで怖いわ。どこまで本気や?
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.