H体験告白。。当直室で先生と

ここでは、「H体験告白。。当直室で先生と」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

昨日準夜勤(夕方から夜中までの勤務)、当直の先生が前からちょっと気になっている先生でした。

冗談で「あとで当直室に差し入れ持ってきてよ」と言われたのですが、真に受けたフリして行っちゃいました。

まず、私が働いている病院は結構大きな病院で当直をする医師は病院全体で10人以上いると思います。(科が違ったり、研修医が一緒に泊ったりする)。

それから、私の働いている病棟と、先生の当直室のある場所は別棟にあります。

別棟には男女の更衣室・シャワー室、医師用の当直室がいくつかある部屋があります。なので、当直室の手前の空間は結構普通に通ります。

その手前の空間から当直室に入る所さえ、見られなければ大丈夫なはずです。
とりあえず、昨夜の流れを書くと・・・

私が勤務が終わって(準夜勤務なので、夜中の1時くらいです)、近くのコンビニで「差し入れ」としてお菓子を買って行く事にしました。

今帰ったばかりの病院に向かいながら「今から差し入れ持って行きますね」とメールしたら、

「あっ、マジで来てくれるの?じゃあ、医局か病棟に持ってきて」と言われたのですが、

「みんなに見つかっちゃうし・・・」と書いたら向こうも察してくれたのか、
「じゃあ、当直室の○番にいるよ」と返事が来ました。

勤務の入れ替えの時間とはずれているので、更衣室やシャワー室には誰もいません。まあ、そこまでなら誰かに見つかっても「忘れ物を取りに来た」で済みますが。

そして、「もうすぐ着きます」とメールしてから、当直室へ向かいました。

幸い、時間的にも寝ている人が多いのか、先生の当直室の前まで誰にも会わずに行けました。

コンコン・・・
ノックをすると、すぐにドアが開いて、私はサッと中に入ります。

「本当に来てくれたんだ」
先生はちょっと驚いた様子でした。

横も当直室なので、あまり大きな声では話せません。

「差し入れ持ってきました」
と言って、お菓子を渡して帰ろうとしましたが、

先生に「ちょっと話していかない?呼ばれるまでで良いからさ」と言われ、少し話す事にしました。

とりあえず、他愛も無い話(その先生の上司の愚痴を聞いたり、私も先輩の愚痴を聞いてもらったり)をヒソヒソしていました。

位置的には先生はベッドに座っていて、私も少し離れてベッドに座っています。ヒソヒソ声なので、二人の距離は自然に近づいています。

と言うか、先生が少しずつ近づいてきます。

「私の声が小さいから聞こえにくいのかな」と思うと、余計に声が小さくなってしまいます(笑

気付いたら、先生と膝が当たるくらいの至近距離でした。さらに、先生が私の耳元に囁くように喋るので余計にドキドキしてきてしまいます。

なんだか、身体が熱くなってきていました。

(まあ、こんな時間に当直室に一人で来るって事は先生も私がそういう気持ちだって分かっているんでしょうけど・・・)

私の右側から先生が少しずつ近づいてきます。私も一応少しずつ左に逃げるのですが、ついに一番端まで追い詰められてしまいました。

先生のぬくもりが私の身体の右側に伝わってきます。

「先生、なかなか呼ばれないですね」
「そうだね。今日は病棟が落ち着いているのかな」

まだ、二人の会話の内容は一応普通の話です。

「差し入れ食べましょうよ」 追い詰められた私は差し入れを取ろうとして立ち上がろうとしますが、先生が私の手を掴みます。

「えっ?」
「差し入れは後から食べるから、もうちょっと話そうよ」

「は、はい・・・」
私が座り直すと、先生は私の腰に手をまわして来ました。

「どうしたんですか?」
「いや、別に・・・。どうかした?」

「えっ、別に何も無いですけど・・・」
先生の手が私の腰に回ったまま、また他愛も無い話が続きます。

私はドキドキして、何を話しているのか分からないくらいドキドキしていました。先生の手は微妙なタッチで私の腰やら背中、時折お尻を触ります。

それがまた、いやらしいようでいやらしくなくて、なんというかこう絶妙なタッチなんです。

そのうち、お互いに無口になって、私は先生の方に顔を向けて目を閉じました。そして、先生の唇が私の唇と重なり・・・

先生はキスまで上手で、なんというか、口の中が性感帯になったように身体がビクビクしてしまうようなキスでした。

私は全身が痺れたようになり、身体の力が抜けてしまいます。

先生はそんな私をベッドに横たえると、キスをしながら、胸を触って来ます。胸を揉んだり、乳首のあたりを服の上から摘んでみたり。

さらに、もう片方の手が股間に来ます。
触られる前から濡れているのが分かるくらいグッショリしています。

「あれ?もうこんなに濡れてる・・・」
先生はそう言いながら、私の下着をぐいぐいと股間に押しつけてきます。

「あんっ・・・」
私はあふれ出てくる声を抑えるのに必死でした。

そんな私をもてあそぶように先生は耳を舐めたり、胸や股間を中心になでたり触ったり摘んだりしてきます。

最初のうちは形だけでも、抵抗しようとしていた私でしたが、もう抵抗なんてするような力も無くなり、されるがままでした。

そして、先生の手が下着の中に入ってきます。

「うわぁ・・・、こんなにドロドロ」
先生はわざと私に聞こえるように恥ずかしい事を言いながら下着を脱がします。

「ちょっ、仕事終わってお風呂入ってないのにぃ・・・」
言いつつも、先生が脱がそうとするのを助けるように動いて下着を脱がされました。

しかし、そこでプルルルル・・・・ 先生のPHSが鳴ります。(次回へ続く)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.