H体験告白。。 コスプレでやってみたい

ここでは、「H体験告白。。 コスプレでやってみたい」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

私 大阪 23 女 156/45 引田天功

相手 大阪 男 175ぐらい細身 ガノタ 眼鏡とったらイケメン

急に寂しくなって、サイトで暇潰し。ダラダラメールしてくれる人おらんかなと思ったら、かなり気が合う人に遭遇。

好きなアニメやエロゲの種類が同じ。かなりのガンダムヲタク(以下ガノタ)らしい。

初めは会うつもりは無かったけど、1ヶ月経つ頃にはskypeで会話もする仲。エロスな話は当り前、おかず交換をすることも。

イメージプレイの話をしてたときにコスプレでやってみたいって話をしたら、やけにガノタは食いついてき、「コスプレ服は用意する」とか言われたので、やるっきゃないでしょ。と会うことに。

ガノタのリクエストに答えゴス服で行ったけど、暑かった。
しかもイベントでもないのにゴス服を着たのなんて初めて。

暑さも相俟って少しイライラ。はやく来い。ガノタ。
すると待ち合わせ5分前にメール。「場所がわからない><」

仕方ないので、私が迎えに行く。メロンブックス(ヲタクの本屋)へ…。黒縁眼鏡。細身。スーツ。んー、萌えポイント付いてるはずなのに何か萌えない。

そんなガノタは私を見て一言「黒~い」あんたが着てって言ったんでしょ。

と、立ち話も何なのでとりあえず喫茶店。もちろんメイド喫茶。何か間違ってる気がするけどまあ良いか。

メイドさんに癒されつつ他愛もないヲタク話をしつつ、どういうシチュエーションが萌えるかの話が咲く。巨乳も良いけど、ロリ良いって結論に。

話も盛り上がったところで、ホテルの話とかまったくでないので私がガノタに「行きます?」と聞くとビクッとガノタ「良いの?」

「うちとは嫌?」と聞くと「行きたいです」って。
つなぎたいって言うからホテルまで移動は手を繋いで。なんか久しぶり。

ホテルにつくとガノタに紙袋を渡される。中に入ってた服は某ゲームのデビル(メイド服に悪魔羽ついたみたいなの)

先にガノタがシャワーへ。この時びっくり!!ガノタ、メガネ取ったらチュートリアル徳井に似てたんです。イケメン!!

眼鏡がマイナス要素になることもあるんだってこのとき初めて知った。
「プレイ中は眼鏡はずしてね」って思わず言ってしまったよ。

後から私がシャワーを浴びてデビルっ子に。コス服は結構良いものだった。どうやって買ったのか気になったけど、聞き忘れてた。

イメージプレイとかはじめてで、どういう風に始まるかなーって思って部屋に戻ると、ガノタはベッドに寝てた。もう始まってるんだ。

私は寝てるガノタにキスしたり耳を舐めたりして目覚めさせ、「あたしとエッチしよ?」と誘惑。

「お、お前は誰だ?!」って言われた時は吹きそうになったけど、なりきらなきゃ。「あたし?悪魔だよ」普通言うか?って言ってから思った。

でもいいや、雰囲気で乗り切れ!思いっきりディープなキスして、ガノタの手を自分の胸に当てた。

「エッチ・・しようよ?」って笑ったら、ガノタはガバっと襲い掛かってきた。激しく胸を揉むガノタ。

ちょっと大げさに喘いでみるとガノタは「後ろを向け」といい、チャックを下ろす。ブラはもうしてなかったので胸があらわになる。

無我夢中って言葉が合うぐらいに胸を揉みながら吸われた。ちょっと痛い。

「ねえ、○○も触ってよぉ」とあえて語尾を延ばしながら言う。私が前に見たサキュバスってそんな感じだったと思う。

もちろんノーパン。「ハァハァ、濡れ濡れじゃないか」息をあげ言うガノタ。
指はクリちゃんを触る。気持ちよくて声がでる。

「あんっ、もっと中も触ってぇ」ガノタの指を中に誘い、キス。
これ、最高に好き。エロイし。

「悪魔なのに、淫乱だなっ」とか「淫乱悪魔にはこうだっ」とか良いながら攻めてくるのにも慣れ、私もかなり声をあげ喘いだ。

かなり気持ちよかったんです。ツボをついてくれて。指でいきそうになったところで「お願いっ ガノタの精液私の中に頂戴!」とお願い。

「仕方ない悪魔だな。人間の精液がそんなに欲しいのか」といいながらゴムを用意するガノタ。

思い出すと滑稽だけど、私はその時「おちんちんおいしいのぉ」って言いながらフェラ

ゴムをした後は正常位で入るところを見せつけ「俺のチンポがお前の中に入っていくぞ わかるかっ」といいながら挿入。

一気に奥までついたと思えば、出るか出ないかまで抜いちゃったり、本当気持ちいい。その後バックでは「いやらしい尻だ」と言われ軽くスパンキング

騎乗位では「俺のチンポがそんなにもいいのか」 再度正常位では「お前の中に俺の欲望を出してやるよ!」で私の中に吐き出されました。

多少慣れてはいたものの、「俺の欲望」は不意打ち。私はイけず終い。モドカシイもどかしい。

私は「まだ、私イってないっ」と言い、ゴムをはずし、お掃除フェラをしつつクンニを要求。そのまま2回戦。

最後はイメージプレイは無しの3回戦までしちゃいましたw
なんだかんだで体の相性はよかったみたい。

貴重な体験ありがとうございました。私も恥捨てなきゃ!あとコスチュームプレイ(not イメージプレイ)にはまり、彼のどこで手に入れたか謎の衣装をまた着ることになりそうです。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.