H体験談。。婚約中の彼氏がいる営業女

ここでは、「H体験談。。婚約中の彼氏がいる営業女」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

俺の営業所に来るクレジット会社の女の営業がいるんだが、コイツがなかなかノリが良くて面白い。

飲みに誘ったらあっさりOK。飲みに行くことになった。

当日待ち合わせ場所に行くと、既にそいつは来ていた。ん?しかも隣にもう一人・・・。

俺「おつかれ~。待った?」
営業A「私達も今来たところですよ~。」

俺「あれ?そちらのコは?」
営業A「このコうちの部署の後輩でBっていうんです。よろしくお願いしますね。」

営業B「こんばんは~。よろしくお願いします。」
俺「あ、こちらこそよろしくね。っていうか、俺も誰か呼ぶ?」

営業A「いえいえ、いいんですよ~。私達仲が良くて、たまにこうやってお互いのお得意様の飲み会とかに付き合ったりしてるんですから。」

ま、ようは変な事されないようにお互いのボディーガード代わりってやつなのか・・。

とも思ったが、ま、どうせ1回目で最後まで行くわけないしなって思って、どうせなら男1対女2の飲み会を素直に楽しもうと思った。

俺「んじゃ、適当にどっか入るか。」
そういって俺がよく行く個室のダイニングバーに入った。

中に入ってBを見てみると、びっくりするくらい可愛かった。可愛いっていうより美人。

話していくといろいろ分かった。歳がAは28歳、Bは25歳。(ちなみに俺は当時32歳)

Aは独身だが彼氏はいる。
Bも同じく独身だが婚約中の彼氏がいて、来月結婚するとの事。

内心がっかりしたが、一度は飲み会を素直に楽しもうって思ったから酒を交えつつ会話を盛り上げた。

そこの店で盛り上がったが、

営業A「そろそろ2件目行きますかー!Bはまだ大丈夫??」
営業B「大丈夫っていうか、今日彼は出張なので全然OKですよ~」

営業A「○さんも大丈夫ですよね?いい感じの店知ってるんで行きましょうよ」
俺「もちろん大丈夫だよ~。んじゃ2次会はAさんのお店いこうか?」

ってな感じで2次会に行くことにした。

そこはショットバーみたいなところだが、VIPルームがあって、完全に個室。3人でだいぶ飲んだ。その内彼女等もだんだん下ネタトークになってきた。

最近ヤってないみたいな話しでBなんかは結婚間近なのに2ヶ月ないだとか、酔っ払ってきたら俺の存在を知ってか知らずか、ほとんどAとBのガールズトークになっていった。

3人ともかなり酔っ払って気付くと終電の時間になっていた。

俺「そろそろ終電だから、今日はお開きにするか~?」
と言ったら

営業A「あーーーー!!!私終電行っちゃったーーーー!!!ねぇねぇ、B、今日泊めて~」
営業B「そうですね~。いいですよ。」

営業A「そしたら○さんもBの部屋で飲みなおしましょうよ~」
俺は正直キターって思ったけど、ここは冷静に
俺「だってBさんに悪いじゃん」

営業B「気にしないで下さいよ。3人だし。」
俺「んじゃ~、お言葉に甘えますか。」

と言って早速Bの部屋に行くことになった。
彼女の部屋はここからタクシーで10分くらいのとこらしい。

行く途中にコンビニで買い物をしてBのワンルームマンションに着いた。

そこでまた3人で飲みなおし。俺はそこから帰る事もできたが、AもBも楽しそうだし、こちらからは帰る事を切り出さないようにした。

で、その後も彼女等からそろそろ帰れみたいな話しは全くなく、そのうち時間も時間だし、寝るかという話しになった。

そして片付けをしてテーブルも避けて、ベッドの下に布団を敷いて俺はそこに寝ることに。彼女等はBのベッドに寝ることになった。

電気も消して横になってしばらくするとAが

営業A「あ!私明日朝一番に○○に書類届けに行くんだった・・・。」
営業B「マジですか~??んじゃ何時に出るんですか?」

営業A「一回家に帰りたいし、そしたら6時頃かな・・・。」
営業B「えーーー・・・。」

次の日は土曜日で休みだったし、みんな休みのもんだと思っていた。Bもそう思っていたに違いない。

営業B「んじゃ6時前に目覚ましセットしときます。」
俺はその会話を聞いて聞かないふりをしていた。

営業A「○さん、起きてますか~? ○さ~ん」
営業B「寝ちゃったのかな・・・。」

そこから彼女等のコソコソ話が始まった。

営業B「ちょっと、Aさん。明日の朝、ちゃんと○さんを送って行ってくださいね!」
営業A「わかってるわよ。一緒に帰るよ~。ホントごめん・・・。」

Bは明日の朝の事を考えると一気に酔いが冷めた感じで、しきりにAを攻め立てる。

俺は泥酔していたが、あわよくば明日の朝はBと二人きりになれるって期待し始めた。その内俺もホントに寝てしまった・・・。

朝、まだ暗いうちに目覚ましが鳴った。

営業B「う、うーん。Aさん起きてください!時間ですよ!」
営業A「あ、うん・・・。あったま痛い・・・。」

営業B「どーします?もうちょっと寝て、家帰らないで直接行きます?」
営業A「うーーん・・・。でも着替えたいし、お風呂も入りたいし・・・。帰る・・・○さーん、起きて下さ~い。帰りますよ~。」

俺「ん?今何時??」
営業A「5時半です。私、今日仕事で一回家に帰りたいので一緒に帰りますよ~。」

俺「え?マジで?で、あと何分したら出るの?」
営業A「あと20分もしたら出ますよ」

俺「そっか~。んじゃそん時また起こして・・・・・zzzzz」
と言って寝たふりをした。

20分くらいしてもう一度

営業A「○さん!今度こそ起きてください!」
俺「う、うーん。頭痛い・・・。」

営業B「ほら頑張って!」
俺「無理だよ・・・。だめだ・・・。眠いし頭痛いし・・・。」

営業A「やばいね・・・。っていうか、私ももう出なくちゃ・・・。」
と言って玄関のほうに行った。そしたらBもついていき、

営業B「ちょっとBさん!どうするんですか!!」
営業A「大丈夫だよ、大丈夫。なんかあったら電話してよ。とにかく時間だから、じゃね!」
と言って玄関から出て行った。

Bは部屋に戻って来てベッドにもぐった。俺はこっそりBの様子を見るとこちらに背を向けて布団にもぐっていた。

そのうち俺も1時間くらい寝てしまっていた。時計を見ると7時過ぎ。Bはこちらに背を向けてベッドで寝息を立てていた。俺は迷わずBのベッドにもぐりこんだ

営業B「きゃっ。ちょ、ちょ、ちょっと。困ります!」
俺「だってさ、俺我慢出来なくなってきちゃったよ・・。」

営業B「そんな事言われても困ります!そっちの布団に戻ってください!じゃなければ、帰ってください!」

営業Bは本気で怒っていた。でも俺ももう我慢しきれないでいたので

俺「だってさ、もうこんなになっちゃったよ・・・。」
と言って、勃起したちんこを彼女のお尻あたりにこすりつけた。 (次回へ続く)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.