H体験談。。嫁の妹とセックス 6

ここでは、「H体験談。。嫁の妹とセックス 6」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

前編は以下のとおり
嫁の妹とセックス
嫁の妹とセックス 2
嫁の妹とセックス 3
嫁の妹とセックス 4
嫁の妹とセックス 5

唐突に立ち上がって、俺は妹を壁向かいに立たせた。
後ろからの愛撫だ。でも、今度は違う。

俺の指を、妹の愛液でヌルヌルにして。妹のアナルにあてがって。
「あ、兄貴…やさしく…」

息も絶え絶えの妹の声。それを聞いていないかのような、ゆっくりとした指の沈み込み。右手の人差し指が、妹のアナルに、根元まで消えた。

「…んっ。…んっ。……んんっ!」
アナルでも、感じてきているんだ。

「兄貴…ベッドの上じゃ…駄目?ここでしたい?」
涙目で、俺に訴える妹。勿論、お前が望むなら、何処でだって構わない。

「いいよ。ベッドへ行こう」
ずるっと指を引き抜く。引き抜く瞬間に全身を痙攣させる妹。小さく震えている、妹の肌。

…快感を貪る妹は初めて見る。
全てが、俺にとっての興奮剤でしかなかった。

俺、この時、初めてやった。お姫様抱っこ。一緒に歩いてベッドまで向かうつもりだったんだけど、急遽変更。妹の背中に回りこみ、ぐいっと全身を両腕で抱え込む。

「え?!…うわっ!!」
驚いた妹は、落ち着いた先にある俺の笑顔を見て、安心したようだ。

いつの間にか俺の首に両腕を回し、俺の顔をマジマジと見ている。俺も顔を見返しながら、ニコッと笑ってやった。

…妹はこの時、確かにこう言った。
「…なんで、兄貴なの?」

そのまま、ベッドへと投げ込む。全身が、柔らかいスプリングで跳ねる妹。

「うわっ!」
その上に、俺も飛び込む。胸をまさぐり、尻を揉み、妹の全身を味わう。

「兄貴、がっつくな…んっ!…こらっ」
不意に、妹の顔を覗き込む俺。愛撫がやんで、顔を覗き込まれたことで、きょとん顔の妹。

「どうしたの?」
「…どうしてお前は、妹なんだよ」

妹、突然、目に涙がたまる。ほんの少しでも動こうとしたら、多分、涙が頬を伝う。俺の首に、両腕をまわし。まっすぐに俺を見ながら。笑顔になった。そして、こう言った。

「ずうっと。…ずうっと、おんなじことで悩んでたんだねw」
笑顔だったけど、泣いてた。

それからは、二人で快感だけを貪った。妹は、何度も逝ってた。俺は、何度も妹を逝かせた。涙なのか、汗なのか。

二人とも、ずっと感じることの無かった喜びを、残すところ無く味わっているようだった。

何が幸せなのか。どれが常識なのか。少なくとも。そのときの俺には、妹がいれば充分だった。

妹の顔を見ながら、俺は腰を突き出す。妹がそれを感じて、そっと手を伸ばす。妹の手の導きで、俺の先端は軽く入っていた。

…繋がりたい。挿れたい。

ほんの少し腰を進めると、ぬるっという感触とともに、妹の中へと入った。それからは止まらず、奥まで腰を進める。妹の腰と、俺の腰が、くっついた瞬間だった。

「兄貴っ!」
俺の首につかまったまま、目を閉じた妹。

綺麗な顔と綺麗な身体。その全てが、俺の心の中を支配している。

ゆっくりと腰を引き戻す。ずるっと引き出される感触。途端に、ビクッと身体を振るわせる妹。

「…っ!!」
声にならない快感の喘ぎを、互いに出している。

それは、自分達が望んでいたことだ。最初に会った頃から。

何度も腰をぶつける。そのたびに、透明な液体が溢れ出る。お互いの唾液を貪る。自分の求める空気がそこにあるかのように。

「…後ろからしてもいい?」
「…いいよ…どうぞ」

四つんばいになってくれる妹。後ろから、アナルも前も丸見えだ。恥かしいみたいだ。それでも、この体勢を崩さない。

「恥かしいの?」
「…恥かしいけど…見たいんなら…いいよ」

恥かしがりながらの、快楽の追求。俺は、自然と動いていた。ぬるぬるになっている妹の中に指を入れ、アナルに舌を差し込んだ。

「!!!」

一瞬ビックリしたようだったが、入ってきた快感をそのまま妹は受け入れた。執拗に舐める俺。ずるずるっ。じゅるっ。くちゃっ。くちゃっ。

指と舌で、軽く逝ったようだ。妹の身体は細かく震えていた。アナルが締まる。指も締め付けられた。妹がコブシを握り、全身を大きく震わせた。

…逝った。

それでも俺の攻めは終わらない。後ろから覆いかぶさり、妹の胸に手を伸ばす。大きな胸に小さな乳首。それを手のひらに感じるように持つ。

そして。俺は、先端をアナルにあてがった。

「後が大変なのは、誰かな?w」
「?!お尻は、まだ」

問答無用。 一気に腰を推し進める。俺の唾液と攻めで柔らかくなっていた、妹のアナル。確か、以前に「後ろは処女w」って笑っていたのを思い出したんだ。

俺が、妹の最初の男になれる場所だった。一気に根元まで差し込まれた妹は、苦しそうに息をしている。

「痛いか?」
「…ちょっと変な感じだけど…思ったより痛くなかったw」

涙交じりの笑顔で、妹は快感に酔っていた。最初はゆっくりと動いた。次第に、すべりが滑らかになってくる。それにあわせて、腰のスピードも上がっていった。

喘ぎが漏れ始める俺。そろそろ、逝きそうだ。
「あ…兄貴…逝きそう?」

妹の問いに、「そろそろだよ」と応える。
「いいよ。そのまま逝って。たっぷり出して」

たまらなくなった俺は、一端抜いて、妹を仰向けにさせた。その状態で足を開かせて、またアナルにあてがう。

「中で、逝くよ」「きて」
それからは、逝くまでずっとお互いの名前を呼んでいた。

名前を呼びながら、何度もアナルを抉った。次第に近づく絶頂。脳内が白くスパークし始める。(次回へ続く)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.