H体験談。。お尻を念入りに舐め回すと

ここでは、「H体験談。。お尻を念入りに舐め回すと」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

俺 、都内、♂24歳、独身、彼女有り、178/63、冷人

相手  神奈川、♀19歳、彼氏有り、162/45、写メ交換無し

「寒いよー」と書いてたので下らない洒落を送ったらツボだったようでそこから。

一週間ほどしてから直メになったがこちらは忙しかったのであんまり連絡せず。

相手はかなりの構われ好きに加え今までずっとチヤホヤされてきたらしく、あまり構わない俺に「連絡くれないならもういい!!」と切れ出すが、すかさず

「連絡しまくってたら他の男と同じ扱いになるから…」としおらしいことをほざく。

これで向こうの機嫌は治った様でそこからは持ち上げたり放置したりの怒涛のラッシュ。

そんなのを一月くらいしてたら相手から「あって話そう」と。来ましたよ、遂に。

待ち合わせ場所に10分前についたので前日に聞いていた服装っぽい子が改札から出てくるのをチェックしてると、時間通りにそれらしいのが。遠目にも人目集めまくり。

近くに来ると尚可愛い!!菅野美穂じゃないの!!向こうも俺に満足したらしいんだが開口一番に「想像通りだ、冷たそう!!」だって。

まぁ、許そう。なんせ菅野ですから、僕半勃起ですから。

お腹が空いてると言うのでよく行くカフェで飯をすることに。

どうやら菅野は彼氏と上手く行ってないらしくしきりと「男ってみんな浮気するの?」と聞かれ

「みんなって訳じゃないけど、俺は今菅野としてるよ、菅野だって俺と浮気してんじゃん」と答える、

菅野「これ浮気なの!?会ってご飯してるだけじゃん!!」
「それでも充分浮気だよ、彼氏に今日のこと言える?」

菅野「言えない…そっか浮気なんだね」

俺「まぁ、今日はとことん飲もう!浮気だとか彼氏だとかは抜きにして。俺のことだけ考えて!俺は菅野のことしか考えてないんだから」

菅野「そうだね、そうする」菅野のピッチが急加速です。

カフェ出て次の店に行こうとしたら「もう無理、飲めないよー」と言うので
「休んでく?それとも送ろっか?」と賭けに。

期待半分だったけど
「休んでく…」

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!顔まっかっかじゃないの!!俺様珍々まっかっかですけど!!

LHに移動し部屋に入るなり後ろから抱きつき脱がせにかかる、胸小さいが形がいい!他も申し分ないスタイル。

お互い裸になりベッドへ。彼氏に開発されたらしく感度がいい、どこ触ってもピクッピクッと反応する。

一番感じるのはお尻と見た、念入りに舐め回すと

「もうダメ、入れて…お願い」

フェラして欲しかったが、こっちも我慢できなかったので正常位で挿入。
締まりはなかなかのもんだが腰の振りが今一ぎこちない。

菅野の腰に期待するのはヤめて責めに専念することに。
激しいのよりゆっくりと掻き回すほうが感じている。

バックに変えると一層感じるようで喘ぎ声が三割増し、中逝きしましたね?

俺も我慢ができなくなったのでバックで一回目は終了。

一緒にシャワー浴びて洗いっこしてると酔いが覚めてきたようで急に恥かしくなった様で

物凄く照れながら「気持ち良かった、彼氏よりよかった」だって、
社交辞令でも嬉しいもんです。

調子に乗って「このまま付き合っちゃおうよ」と言うと
「彼のこと大事なの、でもどうしようハマっちゃうかも」

これこれ!待ってましたよ!!
「じゃあさ、しばらくこのままの関係続けようよ、それでどうしても彼氏を選ぶんなら俺も諦めるから」

菅野「う、うん…ほんとにそれでいいの?彼を選ぶかもしれないんだよ?」そうしてください、心だけ。

「じゃあ、しばらくはこうしていよう」
ってことで朝まで盛り上がって三発発射。

このまましばらくセフレです、飽きたら上手いこと言って彼氏の所にお返し。

顔も体もかなりいいんでこれからも盛り上がりましょう、腰使い上手くなってきたよ
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.