H体験談。。オフィスでセックス 続編

ここでは、「H体験談。。オフィスでセックス 続編」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

前編は以下のとおり
オフィスでセックス

もう、性的におさまりのつく状態ではなかった。先にチンコ触られたし、大丈夫かなと、俺は雪の小ぶりな乳を揉んだ。

「エッチw」
雪は俺をからかうが、拒否はしなかった。

「雪が火をつけたんだろw 責任取れ」
「ここじゃイヤだよ」

「おさまりつかんw」
「ヘンタイw」

俺は雪のシャツの下から手を入れ、ブラの上から乳を揉み、そしてホックをはずして乳首をつまみ、こね回した。

雪は俺にしがみついて、息を荒くして少し体を震わせていた。
雪の性感帯のひとつが乳首、特に左の乳首が感じることを知っている。

俺は雪の上着をブラごと脱がせ、中腰になって乳首を責めた。特に左はしつこめに、舌で転がし、強く吸い、甘噛みしてやると、雪はついに声をもらした。

「あっ...んんっ...ああぁ」
雪は立っているのが辛そうだった。

俺は乳首を責めながら、パンツのホックに手をかけ、ジッパーをおろした。

「ちょ...あっ...ちょっとぉ...」

拒否のためか、雪が俺の手をとったが力が弱かったので、かまわずパンティの中に手を突っ込み、モリマン気味の恥丘を揉み、そのままで指を割れ目に滑りこませると、たっぷりと愛液で濡れていた。

「ん..あ...あ...ああっ」
指でクリをこねると、ひときわ大きな声で喘いだ。

やはり乳首+クリ責めの反応はいい。

「パンツ、脱がしてもいい?」
「......俺さんも全部脱いでよ」

結局、二人とも裸になった。雪は俺が脱ぎ終わるなり、身体をぴったりとくっつけてきた。

「電気明るいし、会社とか...すごく恥ずかしい」
「大丈夫。誰もいないし」

「でも恥ずかしいよ。声も出そうになるけど出せなくて...」
「出しちゃえよw じゃないと雪が感じてるのか分からないし」

俺は雪の髪をなでながら諭した。そして雪に机に手をつかせ、尻を突き出す恰好を取らせた。

四つん這いになった雪の左に回りこむ。左手で乳首、右手親指で膣、右手中指でクリを責めの3点責め。

雪への指マンは、膣の浅いところを責めたほうが反応がいい。
「あっ...はっ...」

短い喘ぎがもれたが、こんなものじゃないはずだと少し意地になって執拗に責めた。

「もう...声が...あ...あ...」

雪は伸ばしていた右腕をたたんで枕にして突っ伏した。左手は、責めに意識をとられて萎えていた息子をしごきだした。

八割くらい勃起したところで、雪が絶頂を迎えた。

「もう...イク...イク...あああっ!」
雪の下半身ががくがくと震えた。

「イッちゃった...」
「反応薄いから、感じてないのかと思ったよ」

「声は、やっぱり恥ずかしいよ」
そう言いながら、雪の左手は俺の息子を弄んでいた。

「入れていい?」
「いいけど、このまま?」

「このまま」
というより、土禁とはいえ床に寝たくないので、他に挿入できる方法がない。

俺は雪の後ろに回るが......低い。めちゃめちゃ低い。
仕方がないので、ハーフスクワットのような中腰から、雪の中へ生で挿入した。

「ん...あ...あああああ....」
雪から吐息とも声ともつかないものがもれる。

俺は腰を降り始めたが、どうにも体勢が悪く、前後に早く動くことができない。

突くたびに「あっ、あっ」と喘ぐので雪の反応は悪くないのだが、イマイチ感があった。

そのうち中腰が辛くなったので、本当にハーフスクワットのように上下に動くと、雪の反応が俄然良くなった。

「あ、ぐ...あああ...あっ...ああ...」
奥までハメた状態でのこの動きは、膣の浅い部分が感じる雪にはツボだったようだ。

フロアには、次第に大きくなった雪の声と、クチャクチャという音が響いていた。

雪の反応がいいと、俄然ヤル気が出てくる。俺は中腰でのピストンを混ぜながら、ハーフスクワットで雪の中をかき回し、小休止で奥まで挿したままクリや乳首を責めた。

「これ...ヤバイ...あっ...イク...イク...イクッ!」

雪が再び絶頂を向かえた。膣がぎゅうっと締まり、下半身ががくがくと震える動きは、俺の息子にもたまらない刺激で、限界が急速に近づいた。

「雪、俺もイキそうなんだけど...」
「はぁ...はぁ...いいよ...好きに動いて...」

雪のために上下運動メインだったが、俺はやはりピストンのほうが気持ちいい。
足腰にキていたが、最後の力で突きまくった。

「ああっ、あっ、あっ」
雪は喘ぎ、自分で前後や上下に腰を振ってよがっていた。

「雪、イクよ」
「うん、イッて」

限界まで雪を突いてから、息子を抜いて、背中あたりに出すつもりだったのだが、太ももが痺れたように動きが鈍く、雪のアナル付近に出してしまった。

「ちょっとぉ~w どこにだしてるのよ~ww」
「すまんw 別に悪気はなくて、足が疲れちゃって」

「やっぱり俺さんってヘンタイだよw」

チビ相手の立ちバックがどれだけ辛いか力説したかったが、怒られそうなのでやめた。そそくさと後始末をして、後戯でしばらくイチャイチャしてから服を着た。

「倒れた次の日にエッチって、どんだけエロ親父なのw」
「雪がディープキスで火ィつけたからじゃん」

「私なりに、お礼に色をつけてあげたの」

俺は、フロアの換気するために、幾つかの窓を開け、少し仕事して時間を潰すことにした。

雪は「バイバイ、ヘンタイw」と言い残して先に帰っていった。
で、次の日まんまと筋肉痛になってた。

雪には「ヘンタイな事するから罰が当たったw」とからかわれた。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.