H体験告白。。肌も体型もテクも最高

ここでは、「H体験告白。。肌も体型もテクも最高」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

私 29歳♀ 東海 独身

相手 29歳♂ 東海 ?/? 独身 写メは極楽加藤をすっきりさせた感じ

ウイイレ話で盛り上がる。感じ良くやり取りしていたが、ウイイレの話じゃ永遠に会えそうにない。

色々話を振ると、映画に喰い付いて来た。インドア系の人みたい。ご飯の話題の時、二人共同じお店に行きたい事も発覚して、すんなり面接決定。

ジーンズが似合うコいいねーって話だったので年考えずにマウジーのジーンズ履いて突撃。

ご飯→映画(レートショー)→このあとどうする?→LHくらいしか… みたいな流れ予定(勝手に)。

電話で誘導されながら待ち合わせ。道の反対でそれっぽい人発見して手を振り合う。

別に遅刻してないけど、行きがかり上「お待たせー。ごめんねー」と駆け寄ると、おお!背がおおっきい。推定180ちょい。

インドア系の人だと思ってたので、軽く日焼け+ほどよい筋肉+ちょいプニ、に小躍り。抱き心地良さそう!

挨拶もそこそこに「運動なにかしてるのー?」と体に釘付けトーク入る私。
顔は極楽加藤というよりは香取慎吾っぽい。短髪が似合ってる。

お店入って通されたのは横並びに座る個室。店員グッジョブ!
ちょっと動くと体が触れる、という絶妙な位置関係に1人萌えまくる。

焼酎だけで何ページもメニューあって、二人で飲みまくるが、加藤は多少饒舌になったものの爽やかさを保っている。

うーむ、なにか小技を繰り出さなくては!と作戦練っていたら、コンタクトの調子が悪いらしく「目薬持ってない?」と聞かれるが持ってない。

「使い捨てレンズだし捨てようかな」「映画観れないよー」「んじゃ我慢する」
お店出た後も目をしばしばさせている加藤。

「目薬買いにいく?」「薬局やってるかな…」「…やってないよね」
「コンビニには売ってないよね?」「ないと思う…」「…そうだよね」

「あ!」「ん?」「ううん、えーっと…」「ん?」「いや、その…」
「前ラブホに保存液とケースあったなーと思って…」←モジモジ気味に

「へー、そんなんあるんだね」←乗ってこないorz

映画観て解散コースかなー、と思ってたら、映画が満席。(ヲイ、映画館に爆弾しかけるぞ!)

映画も観ず解散かよっ!と思ってたら「家でDVDでも観る?」とお誘いキタ!(映画観てる皆に幸あれ~ハァト) ビール数本開けつつ何事も無くDVD鑑賞終了。

「どうする?」って聞かれて(あ、帰って欲しいんですねorz)とおいとまの準備しようとしたら、「飲んでるし朝なら車で送ってくよ」

「俺ソファで寝るからベッド使っていいよ」と加藤。
超楽観的理解力を駆使して、お誘いキター!と脳内変換。

「じゃあ私がソファ貸してもらうね」「いいよ、ベッド使って」「えー悪いもん」「ほんと、気にしなくていいよ」 と、その気もない押し問答を一通りやって

「じゃあ一緒にベッドで寝よう」と名案で加藤を丸め込み、ベッドに連れ込む。

「・・・・」 「・・・・」
なんとなーく気まずい沈黙になってしまい、寝返りすら許されないような雰囲気に。

この空気どうやって変えよう?と作戦練りつつ大人しくしてたら、加藤、寝息?w

泣きたい様な笑いたい様な気持ちで寝る努力をするが、酔っぱらい2人の体温のせいでで暑くて寝られない。

勝手にエアコンの温度下げてベッドに戻ると、加藤の手が横に伸びててスペース取られてる!

寝場所確保しようと加藤の腕をそーーーーーっと動かしたら、加藤起きてしまった。ちょっとずれてくれて横向きに同じ方向を向いて寝たら、腕が腰に回ってドキッ。

なまあたたかい息が首にかかり、神経がそこに集中したかの様にゾクゾク。でも加藤に動きが無いので石の様にじっと耐える。

少し体勢を直した加藤が深い息をして、思わず我慢してた声が漏れる。
もう限界。加藤の腕の中で寝返りをうって、ぎゅっと抱きつく。

加藤の腕もキツくなったが、その体勢のまま動きが無く、また石の様な時間。少しして顔をあげると、背中の腕が髪に移り、静かに倒される。

首や耳をくちびるでかむようにゆっくり這わされ、力が抜けていく。やっとキスしてくれた頃にはもう完全に溶けていて、もうふにゃふにゃ。

どこに触れるのもゆっくりで、静かで、丁寧で、どんどん体が敏感になっていく。

下に手が伸びた時軽く拒んだが、ちっとも力が入らない。中に入ってきた指も、ほとんど出し入れする事無く中を撫でる。気持ち良過ぎて頭クラクラ。

顔が下りて行くのを「やめて」と止めたかったが、もう言葉にならない。
クリはしびれてる感じで、中は波打つ感じでヒクヒクしてる。

逝く!って感じがゆるやかにずーっと続いてる感じ。挿入してからもゆったりな腰使いで、中の壁に擦りつけてくる。

たまにグッと奥まで入れられると、息が出来ないくらい苦しい。
そして抜いては入り口の所でヌプヌプと音を立てながら焦らして来る。

追いかける様に腰を動かすけど、意地悪して挿れてくれない。またグッと挿され、動きが早くなると、もう声を押さえるだけに集中しないといけない。

体位を変えられ、ピンポイント攻撃に叫ぶ寸前。
やっと加藤フィニッシュで、ぐったりしてたら後戯開始。

「だめっ」と拒むけど、ガッシリ掴まれて、全身愛撫。またクンニと指入れされた時には死ぬかと思った。

お昼まで爆睡して、またしてお風呂入ってご飯食べに出かける。戻って軽くもう一回してw送ってもらう。

キープ!キープ!でも誘ってくれるけど微妙に日程合わずになかなか会えない。

肌も体型もテクも最高。あなたの体の虜です。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.