H体験告白。。四つんばいになる私

ここでは、「H体験告白。。四つんばいになる私」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

私 東海 19♀ 155/BMI19 リアディゾン改めスザンヌw

相手 都内 22♂ 写メ交換無し 会社員

夏休みに都内(実家)に住んでいる友達とお台場で遊ぶことになり、日帰りもアレだしとりあえず宿確保しとこう!ってことになり募集。

いつものように並居るメールのなかから一人だけ選び出す…  けど特に基準はなく、短くそっけない文面に返信。

あー絶対Sだコレ、と思ったら案の定ドSで、精子飲ませるの好きなんだと…。

「私Mだけど、そんなん経験ないっすよー、勘弁してくださいよー」って言ったら、首輪とか使ってプレイするのも好きだと。

しかもオフする時に一緒にドンキ行ってニーハイ選びましょうとキタ。

新領域ktkr!!と思いながらも写交換はしない主義なんでかなり不安だったw

新宿の某スタジオ前で待ち合わせ。

「着いたお!」「ちょっと待っててー」
「服装は…」「それっぽい人見つけた!今隣にいるー」

ごたいめーん。あ、うん、割とイケメソの部類かも?ジャニの赤西を童顔にした感じ。シンプルなお兄系も似合ってます。ジャニは好みじゃないけど。

赤西さん、ひょいっと着替えやらもろもろ入ったキャリーケース持ってくれる。優しいなー。

それからカフェでちょっとしたもの食べたり、ドンキ行ってニーハイを買ったあと山梨側にある赤西さんのアパートに向かう。

電車のなかで赤西さん、手握ってきたり誘惑してきたりwする…www

腕にちゅーもしてきたな。羞恥プレイも好きだったのかもw

アパート到着。お風呂入ったあと、ロングTにニーハイって格好にさせられる。

赤西さん曰く、太ももの付け根とニーハイの間の距離は絶対的条件だそうで、私は合格らしいwwwヨカッタw

赤西さんかっぱえびせん食べたあとにちゅーしてくる。かっぱえびせんの味w

それでまぁ普通にオッパイ触ったり手マンしたりする。

濡れやすいからセクロスフラグの20分前から濡れてましたよ えぇ。

チソコ目の前に突き出して、「他の人にくらべてどう?形とか」 
え…そんなこと言われましてもorz

大きさは普通よりちょい長くらいで細め。形は綺麗だったな。

でもさすがにそんなこと言うのはずいから「比べるほど経験ないっすよー」とごまかす。

それから思い出したように鈴のついた首輪つけられる。うわぁなんだこの構図とか思いながら微妙に萎えるw

赤西さん何かにつけ「入れて欲しいのか?エロいから?」とか言ってくる。

あんまり言葉責め慣れてない私は反応しようとして集中できない。うーんなんだかなぁ。

あれって役になりきるの大切なんですよね。

バック好きだからーと四つんばいになる私。ケツ叩かれたw

「なんだこのケツは?」
…お気に召さなかったでしょうか(´;ω;`)

「すっげ濡れてる。入れるぞ」あ、ちょっとツボだ…遅漏ぎみかな?

てきとーにアンアン言ってるうちにフィニッシュ。それから抱き合って眠る。

あーこういうのいいなぁ。朝、お目覚めの音楽に起こされて、また一回戦。これは大体ノーマル正常位で終わったので省略。

精子飲むのやって欲しかったようだけど、最後までそこは譲りませんでしたー。

それから平日だったので赤西さん仕事、私は遊ぶ予定だったので、赤西さんに駅まで送ってもらって解散。

帰ってからありがとうございましたメールしたけど、お互い放流。

もともと一期一会で突発的ノリだったし、未練はナシ。でも基本的にいい人だったし、いいオフだった。イケメン的な余裕がある人だったな。

あんまりいいもの食べてなかったみたいですけど、体には気をつけてくださいねー!

カップラとかお菓子とかばっかじゃダメですよ(´・ω・`)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
10/17(土) 16:23 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.