年上のおじさんと。。専門学校生の体験談(女性告白体験談)

ここでは、「年上のおじさんと。。専門学校生の体験談(女性告白体験談)」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

今回の彼氏は同じ夜間専門学校に通うクラスメートです。彼も私も2年生です。
でも歳はかなり離れています。
私は27歳、彼は40ウン歳の妻子持ち。
彼、かなり年上なんですが、見た目も気持ちも全然、そんな感じがしないんです。
彼は昼間はサラリーマンをしていて、いつもおしゃれにスーツを着こなしたハンサムなおじさんです。
1年のときから気になっていたのですが、彼は全然振り向いてくれませんでした。
今年2年になってから、席が隣り合ったので私はこれ幸いと、積極的にアプローチしました。
その甲斐あって彼とは今年の5月頃から仲良くなったんです。
でも彼はプライベートなつき合いに誘ってくれず、おしゃべりはもっぱら学校でのみでした。
そんなこんなで月日は流れていったのですが、昨日、ひょんなことから、
彼が私の部屋に来ることになったのです。
私は内心ドキドキものでしたが、彼はいつものにこやかな顔でてきぱきと今日きた用件を済ませ、
帰り支度を始めました。
それを見た私は慌ててコーヒーをいれて、引き留めました。
コーヒーを飲みながら仕事のこと、学校のことなどを楽しく話しました。
彼は得意のジョークを交えておもしろおかしく話してくれました。
 雰囲気が変わったのは、彼が鞄の中から本を取り出そうとしたときカップにあたって、
ズボンにコーヒーをこぼしてしまったときです。
わたしがティッシュで彼のズボンを拭こうとして、顔と顔が間近になったとき突然、
彼は私を抱きしめてキスをしてきたのです。
私には拒む理由はありません。彼に体を預け、唇を重ねていました。熱いキスでした。
お互いの心臓はドクドクと高鳴り、荒い息づかいの中で、彼は優しく私を寝かせてオッパイを
まさぐり始めました。
私の服を脱がせ、ブラジャーを外してオッパイを揉みながら乳首を吸っていました。
もうこれだけで私の気分は高まり、オ○○コはお汁でじゅくじゅくになってしまいました。
そのあと、彼は私のパンツとショーツを脱がせて、いきなりオ○○コを舐め始めたんです。
私のセックス経験の中で、クンニをされたのはこれが初めてでした。
「もしかしたら彼とセックスをするかも」と思っていましたが、
今までの経験と同じようにオ○○コを手で愛撫したあと、すぐ挿入するかなぁと考えていました。
だからあそこはそんなにきれいな状態にはしていなかったのです。
ところが彼は私の意に反してあそこをペロペロ舐め始めたのです。
「恥ずかしいから止めて。」私はか細い声でそう言って足を閉じようとしました。
彼は私の力にうち勝って、もっと足を広げてクリトリスからアヌスまで、くまなく舐め始めました。
オ○○コだけでも恥ずかしいのに、想像もできないアヌス舐めまでされた私は、恥ずかしさを
通り越した快感の中で、もう抵抗する意志もなくなり、彼の上手なクンニに身を任せていました。
彼のクンニが10分ぐらい続いた後、私の目の前に、太くて大きなオチンチンが表れました。
「舐めてくれる?」と彼は言いました。
彼のオチンチンの先からは、透明なねっとりとした液が垂れていました。
私は、クンニも初めてなら、フェラも初めてだったんです。
私は意を決して、太くて大きい彼のオチンチンを口に含みました。
どうしていいのかわからなかったので、
無我夢中で口に含んだオチンチンの先を舌で転がしていました。
「もう入れていいかい」と彼は訊ねました。
私は頭の中が真っ白になっていたので、こっくりと頷くのが精一杯でした。
彼はオチンチンを私の口から抜くと、体を私の足の間に割り込ませて、オチンチンを膣口にあてがい、
ゆっくりと挿入してきました。久しぶりの挿入感。
大好きな彼のオチンチンが、ついに私のものになった悦びで、オ○○コも心も満たされました。
前戯で感じまくっていたので、抵抗なくスルッと入ってきました。
彼は優しくゆっくりとしたピストン運動で私の様子を観察していたようです。
私の口から「ああっ」という甘い吐息が出たのを聞いた彼は、一転して激しいピストン運動と
グラインドで、私のオ○○コの奥までかき回すようになりました。
そして私は、今までのセックスでは感じたことがない不思議な感覚に襲われてきました。
 彼のセックステクニックは、今まで関係を持った男たちとは比べようがないぐらい抜群でした。
さすがに、セックス経験が豊富なおじさんだけのことはあります。それに持久力が違います。
今までの男はみんな若いせいか、挿入してから射精するまで5分と持ちませんでした。
ところがMさんの場合、挿入してからもう20分は経っています。
正常位からバック、側臥位と、いろんな体位で突きまくられています。
彼は射精しそうになると私のオ○○コを激しく突くのを止めて、キスをしたり、オッパイを優しく
愛撫して腋も丁寧に舐めてくれます。
そして射精感が遠のくとまたピストン運動を再開です。
このあたりの間合いの取り方が、若い男に比べ段違いに上手です。
おかげで初めてオーガズムを味わうことができました。
彼のオチンチンが私の中に入ってから、もう2回も逝ってしまったんです。
これが本当のセックスなんだ。セックスがこんなにいいものだなんて思いもよりませんでした。
私は今やっと女になったんだという感じです。
挿入してからもう30分以上経った頃でしょうか。何回か休みながら奉仕してくれた彼も、
限界に達して、「祐子ちゃん、もう出してもいいかい?」と聞いてきました。
今日は安全日かどうかすれすれの線でしたが、Mさんとの記念すべき初セックスで、膣外射精は
味気ないと思い体が宙に浮いたような快感の絶頂の中で、「いいよ、出して。中に出してもいいよ」
とうわごとのように言いました。
「中に出しても大丈夫なの?」と彼。
「大丈夫よ、出して」と私。
彼の腰の動きは大きく速くなりオチンチンが私の子宮をガンガン突いていきました。
彼はうわずった声で
「一緒に逝こうね。愛してるよ。」と言ったかと思うと
私のオ○○コの奥の方で子宮に温かいものがビシュビシュと当たるのが分かりました。
「ああ、Mさん」といって私は彼にしがみつきました。
今まで何回か生で精液を受け入れたことがありましたが、
今回ほど気持ちよかったことはありません。
ふたり一緒に逝ったあと、静かになったオチンチンをオ○○コに入れたまま、彼と抱き合った状態で
キスをしたり、ちょっと浅い眠りに入ってセックスの余韻を楽しでいました。
10分ぐらい過ぎたころでしょうか、彼は私に優しくキスをして、体を起こし、
ゆっくりとオ○○コからオチンチンを抜きました。
ニュルっとした感じが挿入するときとは違った快感を誘いました。
そのとき私のオ○○コからタラ~としたものが出るのを感じました。
彼の精液が、オ○○コの中から出てきたのです。昨日は、クンニ、アヌス舐め、フェラチオ、精液を
飲み込んだことなど一度にたくさんのことを経験してしまいました。
  
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.