H体験告白。。早く突っ込んで欲しい私 続編

ここでは、「H体験告白。。早く突っ込んで欲しい私 続編」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

前編は以下のとおり
早く突っ込んで欲しい私

私♀28 158/42 Dカップ 独身 彼あり 舞台美術家 キツさ20%ダウンの柴咲コウ

相手♂32 178/? 独身、彼女無し 高校教師 写メは黒ブチ眼鏡のいかにも先生顔

彼氏が約3年のLA勤務。帰国後結婚する事に。心も身体も寂しいと伝えると「結婚するまでにちょっと遊んでおきなさい」とのお言葉を頂いた。

彼氏も金髪のねーちゃんと遊ぶつもりだなと邪推しつつ、お互い病気と妊娠には細心の注意を払う事を約束して期限付きのセフレを探す事に。

掲示板に遠恋の為セフレ募集と書き込むと一晩で30通程のメールが来た。

その中から高校教師という職業に興味を持ったので彼をチョイス。

メール内容は仕事についての真面目な話から世間話、軽いエロ話までと幅広く、なかなかに面白い。

但し相手からのメールは全て敬語。

3週間ほどのメール交換後、お互いの空き時間が合ったので面接決定。

待ち合わせ先に向かっていると、まだ30分前なのに着きましたメールが入る。

早っ!さすが先生、常に余裕を持って行動ですか?

別に遅刻した訳でも無いのに何故か申し訳無い気持ちになりながら、待ち合わせ場所に到着すると…

写メ通りの先生がイタ――――――――――!!

しかし声をかけてよく見てみると、黒ブチ眼鏡の奥はなかなかにクールな眼差し。

及川ミッチーをちょい田舎臭くした感じで全然可食範囲。

とりあえず近場のイタリアンにて食事。やっぱり話は面白い。頭の良い人はこれだからイイ!!

だがワインで酔っ払ってきた先生はだんだん仕事の愚痴を言い出す。

生徒が言う事聞かないとか、そんな事こっちは知ったこっちゃねーよ。

おまけに酔った勢いで自分の勤務先高校名まであっさりゲロる。かなりの進学校ですな~。

そりゃストレスも溜まるでしょう、とちょっとだけ同情。でも、たかだかキャンティのハーフボトルでこんなに酔う人初めて見たよ。

いい加減愚痴も聞き飽きたので酔った先生を上手く丸め込んでラブホへ出発。

部屋に入るとイキナリ後ろからガバッと羽交い締めにされるが、酔っ払いなので簡単に引き剥がしてさっさとシャワーへ。

先生も何とかシャワーを終えてエッチ開始。

私のバスローブを乱暴に開いておっぱいを愛撫。

先生は手にちょうど納まる大きさのおっぱいが大層お気に召したらしく、嬉しそうにチュパチュパと吸う吸う吸う。「おいちいよ、ママン」状態。

気を遣って「あん♪」なんて声を出してみるものの、全く気持ち良くないっすよ、先生。

乳首もジンジンしてきたところで先生を押し倒し、上に乗って69開始。

先生ってば、指と舌の動きが絶品。どうしたらそんなにイヤラシイ音が出せるんですか?

ああ…私が濡れ過ぎなのね、そうなのね。

私の口の中でムクムクと大きくなった先生のチンポはといえば、大きさはソコソコながらかなりの固さでgood!

私ってば大きさより固さ重視なのよね。固いと、中で掻き回されるのがリアルに感じられるから~。

いつもなら5分もチュパチュパすれば発射させる自信があるのですが、今回はなかなか逝ってくれない先生。

固いうえに持続力も有り?

こりゃ早速中で味見をしなくちゃと「欲しいよぉ」とおねだり。

私を仰向けに寝かせて、ゴムを着けると脚を開かせて一気に挿入。

やっぱ固くてイイ!!私にしては珍しく、演技じゃなく声が出ちゃう。

その固さで上を擦られると、オシッコ出ちゃいそうな程感じてスグ逝っちゃいました。

なのに先生はまだまだ固さキープで、私の肩を持ち上げると対面座位、そして先生が寝転んで騎乗位とくるくる体位を変えてガンガン突いて来る。

先生、最高です。こんな姿を生徒に見せてやったら誰もあなたに逆らったりしないでしょうに。

突かれ疲れて(←シャレ?)朦朧としてる私を嬉しそうに見ながら、やっと先生も発射。

この1回戦でお互い大満足だったので、少しまったりしてからラブホ前で別々にタクシーに乗って解散。

その後も3回会ってエッチしましたが、「セーラー服を着ろ」、だの「レイププレイがしたい」だのとだんだん怪しくなってきたので放流。

軽く恨み言を書いたメールが何通か来たので、「そちらの学校に出向いて話をしましょうか?」と言うと、パッタリとメールが来なくなりました。

私に勤務先高校名をゲロった事覚えて無かったんですね、先生。

怪しい事を言い出さなければ末永く(←彼氏が帰って来るまで)お付き合い出来たのに…残念。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.