H体験告白。。早く突っ込んで欲しい私 続続編

ここでは、「H体験告白。。早く突っ込んで欲しい私 続続編」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

前編は以下のとおり
早く突っ込んで欲しい私
早く突っ込んで欲しい私 続編

私♀28 158/42 Dカップ 独身、彼有 舞台美術家 キツさ20%ダウンの柴咲コウ

相手♂31 180超え/? 既婚、子有 法曹関係 写メは斜め撮りながら佐々木蔵之介

彼氏が約3年のLA勤務。帰国後結婚する事に。心も身体も寂しいと伝えると「結婚するまでにちょっと遊んでおきなさい」とのお言葉を頂いた。

彼氏も金髪のねーちゃんと遊ぶつもりだなと邪推しつつ、お互い病気と妊娠には細心の注意を払う事を約束して期限付きのセフレを探す事に。

仕事中が暇だったので出会い系で「今日会えませんか?」待ち。入って来た彼と意気投合。

大人だし、法曹関係(←自称だが)だし、既婚子ありだしで、面倒な事にはならないと判断。

メアド交換→写メ交換→即日面接決定。

仕事終了後、某駅前で待ち合わせ。服装を伝えておいたのであっさり声をかけられる。

眼鏡の佐々木蔵之介キタ━━━━━━━!!

身長も申告通り軽く180超えてるし、スーツも趣味が良くてイイ!

こりゃイキナリ、彼氏が帰ってくるまでたっぷり楽しめるセフレを見つけちゃったかとテンション上がる。

お互いヤリ目的なのは了承済みながらとりあえず食事。すぐラブホに行こうとしない所が大人。

店に入って彼が先に席に着くと、頭のてっぺんがかなり薄い。河童状態にちょい萎え。

背が高いから気付かなかったよ。背が高いという事はこういう部分でも得なんだなと妙に納得。

お互いの仕事の話などで軽く盛り上がり、食事終了後は当たり前のようにラブホへ。

別々にシャワーを浴びてベッドへ行くと、座ってる河童の足の間に背中をむけて座らされ、後ろから延々と胸を揉まれる。

本当に延々と。しかも力が強くて痛い。乳首も思いきりつまむし。耳にはすごい勢いの鼻息が・・・。

30分は揉まれてたと思うが、気持ち良くないし痛いしで早くやめて欲しくて、「お願い・・・下も触って・・・」とやんわりと胸弄りを終わらせる。

河童は私を寝かせて脚を目一杯に開かせると、一気に指2本を突っ込んできやがった。焦らすとかソフトに攻めるとか全く無し。そしてその指をズボズボと出し入れするのみ。

期待で多少は濡れていた私もさすがに乾いてきて、「あぁ・・ん、そんな激しくしたら痛いよぉ」と言ってみるも、

「大丈夫。すぐに気持ち良くなるからね」と勘違いしまくりでズボズボ続行。

コイツはダメだと判断し、「もぉダメぇ~」と逝ったフリしてまたしても強制終了させる。。

逝かせたと勘違いし、満足している河童はますます鼻息を荒くして挿れようとしてくる。

「ゴム着けて」と言うと「大丈夫だよぉ。外に出すからぁ」とニンマリ。てめぇ・・・デキちゃった結婚だって言ってたじゃねーか!!

今日は安全日だけど必ずゴム着きで、と約束していたにも関わらず、この言い種にさすがにキレました。

「いくよぉ」と言いつつ覆い被さってくる河童を蹴り飛ばし、さっさとシャワーへ。

「どうしたの?」「ゴム着けるから」「じゃあフェラでいいから出させて」とオロオロしている河童を完全無視で帰り支度。

「ひとり先に帰ります」とフロントに電話し、テーブルに一万円を叩き付け、素っ裸の河童を置いてラブホを出る。

帰りの電車の中で平謝り&もう一度会ってメールがガンガン来るが「ふざけんな」と一言返信して終了。

テクが無くてもこっちを思いやるエッチが出来ない人は最低。見た目はそこそこ好みだったのに。

得意のバキュームフェラが披露できなくて残念。

はあ・・・彼氏が帰って来るまであと2年半。なかなか(身体の)相性バッチリのセフレに出会えないよ。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
06/26(金) 22:46 | | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
06/27(土) 02:13 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.