H体験告白。。彼を犯したくなったとき

ここでは、「H体験告白。。彼を犯したくなったとき」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

彼を犯したくなったとき・・。ひどい話だけど、彼が怪我した時。

といっても重傷だときっと無理だけど、自分の具体的な経験だと、相手が骨折入院した時、火が付いた。物凄く付いた。

怪我した、と連絡されてびっくりして心配と不安の真っ只中の中、出会ってそれなりに元気だったのでほっとしたのもつかの間、

「何で怪我するのよばかー!危ないじゃない!」 みたいなわけのわからない怒りをぶつけたくなる。

で、付き添って入院手続きとかして、個室の病室に入って、看護婦さんに「いつまで面会できますか、これから検査とかありますか」、とか聞いて、少なくとも1時間はここに来ないことを確認。

その後、病室に戻って、彼をベッドに寝かしつけたら(まだこの辺は普通の雰囲気だったとは思うけど、実際は不明w)、もう止められなかったです。

おもむろに立って病室の鍵をかけようと扉に近づくけど、鍵が内側からかからない。

当たり前か!と思った瞬間に逆にかぁっとなる(邪魔された気分で)。

仕方ないのでドアの前に重い物や荷物を置いてやる。

そんなことしてる私に対してさすがに異様な空気を感じたのか、相手が心配そうな顔をする。

当たり前だ!私だって変だと思うよ!w

しかし発情してる生き物に何を言っても無理状態とはこのことで。

閉鎖空間を作る準備が終わったら、ベッドの上に乗って抱き付いて押し倒したw

そして、わんわん泣いて抱き締めた後、首筋に食いつくようなキス。

あとで言われたけど「まるで風俗の女みたいな攻めプレイだった」 と。

散々繰り返して、フェラで1回、生のまま上に乗って2回搾り取りました。(いつもはどっちかというと受身だった…)

生でしたのは、その時が初めてだった…。妊娠するのが怖いので、絶対にゴムつけてたので。

多分、メスの本能が完全に目覚めてて、相手のオスが死にそう(じゃないんだけど、勝手にそう誤解)だから、死ぬ前に種貰って子孫残さないと、とかいう、自分勝手緊急モードスイッチが入っていたんじゃないのかな、と思いました。

もう別れちゃったけど、笑って許してくれた相手に感謝です。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.