H体験談。。生理の女子高生 続編

ここでは、「H体験談。。生理の女子高生 続編」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

前編は以下のとおり
生理の女子高生

A美との2回目

A美は大人しくいい子だったけどあれからはお互い恋愛感情もなかった。俺はそのときは彼女がいたし。

大学が夏休みになって俺は地元に帰った。毎年夏は地元の電気屋で工事や修理の助手のバイトをしていたからだ。

A美も妹同じ大学に通い始め、彼女たちも夏休み。

ある日A美が遊びに来た。夕方まで家に居て妹と過ごしていたけどA美が帰る時、自転車に乗る前のA美に話かけた。

俺「夜来ない?この部屋のカギ開けとくから」
A美「うーん、多分来れると思うけど時間がわからない」

俺「まあ、夜中まで起きてるからいつでも良いよ」
A美「わかった。後で」

夜になって家族は皆寝た。俺は居間でゲームをしていた。俺の家は広く庭も大きい。A美は居間のすぐ前まで来て自転車を止めた。

音がしないようにA美はゆっくりガラス戸を開けた。

部屋に二人だけ。でも、どんな会話していいか判らなかったので大学の話とかをしたと思う。

大きなクッションにもたれ掛けているA美。俺はその横に添い寝する。俺のアソコはもうこの時でギンギン。

前に濃厚なHをしたので今回はどうやってそれに持ち込むか考えていたが、まあ、夜来ない?の言葉で判ってるだろうと思いA美の胸をTシャツの上からさわり始めた。

驚いたことにA美はノーブラ!シャツを通してA美の張りがあるオッパイの感触が良い。

早速Tシャツを脱がして胸をナメ回した。A美に跨りバンザイの格好にして両腕をおさえ、A美の乳首を舐めまわした。

次に彼女の履いてるジャージとパンツを一気に腰の方から脱がした。

俺は、夢中でA美のアソコに顔をうずめてナメまわした。この時に初めて気が付いたのだがA美のアソコの毛はかなり薄い。

それでかなり興奮したし、女子大生になったA美のキレイなピンク色の穴に舌を出し入れした。

色白で背が小さいけど体がギュッとしまって正にプリプリの体だった。

A美のアソコを開いて下の方からゆっくり上まで舐めた。何度もそうしているうちにA美の息があらくなってきた。

俺はまた以前のようにフェラをしてもらえると思ったので二人とも横になって69の形になった。A美は俺のチ○ポを咥えて何度もストロークしてる。音がイヤらしい・・

俺はA美の片足をもって宙に浮かせ足を開きとにかくナメまわした。A美の股間に顔をうずめて胸をさわりながら音を立ててAVみたいに舐めた。

俺はかなり先走り汁が出てたと思うw

俺のチ○ポをしごきながら口でフェラしてくれるA美。すごくかわいく思えてきて、入れたくなってきた。

入れる前にA美は「今日は危険日だから危ないかも・・」という。前に中に出したし、今日は危険日だからA美は気になっていたのだろう。

俺はゴムを持ってなかったがとにかく入れたいの一心だったので大きなクッションにA美を寝かせて正常位でA美の中に入れた。

腰を数回動かしただけでもうかなりイキそうになってきた。かなりやばい・・

その時は若かったので、今みたいに入れるときは生で楽しみたいなんて思ったこともあまりなく、ただヤリたかった。

彼女とするときはいつもゴムをつけてたが今日はないので仕方なく外にだすことにした。

クッションにもたれ掛け足を開いてるA美に何度も腰を動かした。途中でとめてまた濃厚なディープキス。そしてまた動く。

A美が俺を突き飛ばした。今度はA美が上になった。ちょっとその大胆さに俺は驚いたが、A美のしたいようにさせた。俺は気をつけの体勢。

A美は俺に跨り腰を動かし始めた。A美の胸が揺れる・・今日は電気をつけたまましてるからA美の美乳がはっきりみえる。

下から揉んでさわりまくった。A美の声がいやらしい。

「ウっウっウっ」と自分が動くタイミングで声が出てる。俺はもう我慢できなくなってA美の腰を止めた。

すこし休んでA美を寝かせ再び正常位に。A美の体を舐めるように見てその胸のキレイさにかなり感動した。今思おうとA美はロリ系だろう。

表現が難しいが、ポンって感じに胸が出てる、張りはすごかった。

俺は正常位でまた腰を動かし始めた。目をつぶってがまんするA美。 だんだん腰を早く動かしていくとA美の声は大きくなってきた。

A美「あっあっあっあっあっ・・・」
俺はイキそうになったのですぐに抜いてA美のおなかの上にだした。

かなり飛んだし量もすごかった。

イった後に手元にティッシュがないことに気が付いた。慌ててトイレまで行きトイレットペーパーを持ってきてA美の腹の精液を拭いた。

その行動が俺は恥ずかしかった。

Tシャツを着て下着を着けたA美に「一緒にシャワーあびよ」と聞くと「うんいいよ」と答えた。

家族に気づかれないように風呂に行きお湯をだしてA美とシャワーを浴びた。 A美は風呂のイスに座り、また俺のチ○ポを咥えてくれた。

出しっぱなしのシャワーが「サー・・」と音をたてているがA美は一生懸命フェラをしてくれた。風呂の壁に反響していやらしい音が響く。

2回目の絶頂が来て俺はA美の口の中にだした。もうここで腰が抜けるほど気持ちが良かった・・

それからA美は石鹸をつけて俺のチ○ポを洗い始めた。シャワーで流してくれてキレイにしてくた。

それから、A美はまた俺のチ○ポを咥えてしゃぶり始めた。もちろんすぐに復活した俺のチ○ポはギンギンに。

今度はA美が後ろを向いて自分でケツを突き出してきた。自分で俺のチ○ポを掴み自分で入れた。A美は腰を動かす。

A美「はぁ・・・」
お風呂マットがキュキュと音を立てるので俺も音がでないように腰を振った。

A美の声が少しずつ多きくなる気がした。自分の家の風呂でバックではめてる状況を考えたらかなりエロイことだと思いつつ、早く腰を動かした。

時折パンパンと音が響く。俺はヌルヌルのアソコの感触に負けてイキそうになったので抜いて風呂のマットの上にだした。

シャワーで流して風呂を二人で出た。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.