H体験談。。幼なじみが尻を突き出す

ここでは、「H体験談。。幼なじみが尻を突き出す」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

幼なじみ、顔はよく言えばゴマキ。

話はお互い17歳の頃。その頃相手の両親が離婚やら高校やめた、とかでしばらく会ってなく、半年ぶりくらいに会うことに。

つってもお互いめんどくさがりなもんだから、俺んちに集合した。 家族は居間にいたけど気にせず俺の部屋に行って話してた。

俺はベッドに腰掛け、相手は床。
普通に談笑しつつ、普段あまり話さない性的な話に。

初体験はちょい前によく知らない男とカーセックスしたとか聞いて、なぜか嫉妬。一発だけかと思いきやそれから数か月セフレだったそうな。

俺とはしてない癖にな~、とか思ってたら言葉にでてたらしく、微妙な雰囲気に。

なぜか悔しい気持ちがあった俺は、「キスだけなら平気じゃね?」とか「おっぱいだけさわらせれ!」とか言った気がする。パニクって。

んでまあ、俺の情熱が通じたのか、「別に平気だけどさ」みたいな感じになって、「キスしてみっか!」てな感じに。

んでベッドに二人ならんで座り、肩を引き寄せてキス。
離れて、「はい終わりー」とか言われたがそこは思春期な俺。

俺にのみスイッチがはいる。もう幼なじみとは見てなく性の対象になってたな。

無言のまま、またキス。舌をいれても歯ガード。抱き寄せたまんま耳責めたり、首責めたりしてた。

そしたら、「んっ…んっ…」 てな感じの静かな喘ぎ声。たぶんそこらへんでセックスを意識してたのかもしんない。相手も。

またキス。舌をいれるとヌルヌルした舌と絡んだ。その舌がすごい。なんていうんだか、今までになかった感じだった。

柔らかくて物凄い興奮したのを覚えてる。相手が幼なじみだって事なんか忘れて、何分かキスして、服の上から体をさわったり。

おっぱいちっさー!て感じた事もよく覚えてる。
「明るいよ…」みたいな事を言われてすぐ電気を消して。始まる。

キスしたりしつつ、手を後ろにまわし、ブラをかっこよく片手で外す。…つもりが前にあって両手でカチって開けた。相手が。

暗くて乳首の色とかはあんまし見えなかった。てかその辺は忘れた。舌でなぞったりしたと思う。

その辺も興奮しすぎて頭真っ白でとにかく相手に欲情。

幼なじみはアンアンいいまくらず、終始「んぅっ!」とか「ん、ん」、て感じてたな。相手が俺ってのもあってさらけだせなかったのかも

んで、幼なじみのジーンズを少し強引に脱がして下はパンツだけになった。

付き合ってるとそこでキスしてたりするんだろうけど、なんか気恥ずかしさがあってなんとなく無言だったなぁ。

少し落ち着いてきたりしてなんだかホントなんとも言えない雰囲気だったと思う。

でも、俺だけかもしんないけど、いつも家族的な幼なじみが俺で感じてることに、違和感のあるエロを感じて、ハァハァしてた。

マ○コをどういじったかなんて忘れたが、挿入の時、ゴムをしなかったのを覚えてる。別に生でしたかったわけではなく、ゴムがなかったからだったからだとは思う。

最初は正常位から。お互い裸じゃなくて、俺はシャツのみ、幼なじみはオパーイの上までシャツがまくりあがってた。

暗い中でも目が慣れたせいか、幼なじみがずっと顔を横に向けてるのがわかったりした。

動くとやっぱりしずかに喘いでた。たまに口に手当てて声を我慢してたり。

声出させたい、てか出して欲しくて、「バックからいい?」と体位変える。

一回チンコ抜いて幼なじみが尻を突き出す。その尻のだし方というか、尻の形が超エロイ。ほんと突いてって感じの姿勢。

その尻見て、かなりムラムラしちまって。
「いれてほしい?」って何回か聞くと、ちょっと怒った感じに「うん!」て。

バックで奥までいれる。尻を鷲掴みにして激しくしたら、声が結構でてきた。

「あっあぁっ・・っ…っ」
みたいな感じになってて、さらに続ける。

もっとちゃんと体が見たくなって、突きながら手をのばして、電気を豆電気だけつけた。

途中明るくなった時、幼なじみはあせって電気!みたいな感じになったのが萌えた。

少しだけ明るくなって、アナルが綺麗な事に気付く。
アナル好きな俺、チンコ抜いてアナルを舐めだす。

急に舐められて「ダメっ」て言いながら俺の腕つかんだりしたけど、体よじったりしないから、そのまま舐め続ける。

その内おとなしくなって、アナル舐めにピクっピクって体が反応してた。
それでそのままバックで挿入。

激しく突いてたらそのままイキそうになって、「やばい、いく、お尻にかけていい?」「ん、いい、よぉっ」てな感じに思い切りアナル狙って射精。

かなりの量がでて、興奮してたんだな、って思った。かかってる精子をバックの態勢のままティッシュで綺麗にして、一声かける。

幼なじみはすぐ布団にくるまって、顔だけ出して俺がチンコふいてるのをみながら、「でかいからっ」、とか言われたりで普通になごんだ。

事がすんだあと、別に抱き合ったりとかは全然なくて、やっちったよ、とかいったりして妙に照れ臭かった。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.