H体験告白。。全く好みじゃない男と

ここでは、「H体験告白。。全く好みじゃない男と」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

性欲に負けて、全く好みじゃない男とやっちゃった話。

知り合いが関西出身のドSを紹介してくれるというので、その人行きつけのパブバーに呼ばれていったんだけど、その日は何故かパーティーみたいなのをしていて大盛況。

しかもそのドSがパーティーのメインぽくて、全然話しかける隙がない。

知り合いも別に人と話があるみたいで相手してくれないし、全くのアウェーで他に知り合いもいないし、でもなんとなく帰るにも帰れない状態。

仕方なく知り合いの話が終わるのを待ちがてら、隣に座っていたTRFのSAM似の男に話しかけました。

いろいろ話して見ると、SAMは元ヤンで若く見えるけどもう40半ばでスワッピングが大好物なんだそう。

面白いなと思うけど、話にちょいちょい「愛」を絡めてくるのがなんかキモい。

離婚した嫁も、今の嫁も、19歳の彼女も、みんな平等に愛してる・・・みたいな話をちょいちょいさりげなーい感じで触ってきながら、私にされても困るって。

なんとなく自己欺瞞を感じる嘘臭い「愛」だなとウンザリしてきたんだけど、ドSはまだ人に囲まれてるし、知り合いの話も全然終わる気配ナシ・・・orz

トイレ行くふりしてその場を抜け出して帰ってきた時、ちょうどドSとすれ違う。

「君が○○さんが紹介してるくれるって言ってたAちゃん(=私)かー」
「そうですー、Aです。はじめましてwww」

「縛られて言葉で責められたいんだって?」
と言って息が出来ないぐらい強く抱きしめてくるドS。

苦しく思いながら必死に頷くと、「こうやって拘束されて耳元で責められたいんか?」と囁かれてエロスイッチががっちり入る私。

よっしゃ、待ってた甲斐があったぜ!

んじゃ別の部屋行こか……ってところでさっきまでドSを囲ってた女子の1人が登場し、
「えー、次は私に鞭の打ち方教えてくれるって言ったじゃーん」とドSを取られちゃいました・・・orz

中途半端に火をつけて放るのがドSなのかよ!と怒ってるような悲しいような気持ちで悶々とする私。

パブバー大盛況すぎてあのSAMの隣しか席空いてないので仕方なくそこに座る。相変わらず知り合いの話は尽きないし、でももうSAMと話すのも嫌なので寝たふり。

でも体が疼いて全然眠気が襲ってこない。もうSAMでいいから手を出してこいよ!と思うけど、全く手を出してこないのも憎たらしい。

1回起きてみても、ドSも知り合いも状況は全く変わってなかったので、もうこいつでいいやとSAMにロックオン。

とか言いながらやったのはSAMの肩に頭を乗っけることだけでしたw 

が、そこは若く見えても年の功のSAM、私の意図を1秒で察知して頭を撫でてきます。

つかそこからがSAMの独壇場、延々と服の上からのフェザータッチ地獄がスタート。

最初は肩から指まで行ったり来たりを延々、次に足の先から太もももまでを延々、プレイルームじゃないのにアンアン喘ぎだす私。

次に胸周辺を延々とフェザータッチ、散々じらされてその指先が乳首を掠めた時は思わず乳首逝きしそうになりました。

この間、アソコに1回も触れてないのに感度を通常の10倍以上に上げられました・・・(;´Д`)ハァハァ

もう我慢出来ない!とプレイルームに移動することにしたんだけど、お行儀よくSAMと一緒にシャワーを浴びることに。

バスルームの明るい照明の下で見るとそれなりに加齢を感じるSAMにげんなり。

そもそもSAMなんて好みじゃないからテンションだだ下がり。

濡れ濡れだったアソコも清められ、歯まで磨かされてどんどん鬱に入っていく私。

プレイルームで入れられたチンコも「え、入ってるの?」って感じのかなりの祖チンでした・・・orz

それでも通常の感度10倍なので、動かされてるとそれなりに気持ちよくなってきたので自分にカツを入れるためにも「気持ちいい・・・」を連呼する私。

それなりにテンションを取り戻し、よっしゃこれなら逝けるかも!と思ってしまい、つい「どうしてこんなに気持ちいいの?」と甘えんぼ口調で聞いてしまったのが大ミステイクでした・・・

「それは愛があるからだよ」

あっ、あっ、あっ、
あるわけねえだろ、ゴラァァァァァァァァァァァァァァァァ!!!!!ヽ(`Д´)ノ

プレイルームを出たらもう朝で、SAMは知り合いの知り合いと判明・・・。orz

何故かSAMに送ってもらうことになり、スイーツに接してくるSAMに適度に距離を保った話し方で応対しながら駅で別れました。

性欲に負けがちな私なんだけど、少なくても好みじゃない人とは絶対に寝ちゃイカンと教訓になりました。(いや本当に)

でもSAMのおかげで乳首の感度が猛烈に上がったのは事実なので、そこだけはちょっと感謝してます。ありがとう、全然好みじゃないSAMよ!
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.