痴漢体験告白。。今まで誰にも言えなかった事

ここでは、「痴漢体験告白。。今まで誰にも言えなかった事」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

いままで誰にも言えなかった事。
バイトと大学が終わって、帰りの電車。多分夜十時過ぎ。

千代田線下りの先頭車両の、一番前(運転席のすぐ後ろ)にいた。途中の駅で他の人が乗降して、たまたま進行方向むかって右の角に居るようになった。

こうなると他の人が降りる時も避けなくて済むので楽だと思った。気がつくと私の前に背の高い男が、私の方を向いて立っていた。

角にいる私はその男の陰になって、冬で私も男もコートを着ていたせいもあり、何をされても他の乗客からは私の顔か頭くらいしか見えない状況だった。

その男は私のコートの中に手をいれて、あちこちを触ってきた。

しかし疲れていて騒いだりするのも面倒で、スカートの上から前や足を触られるだけでそれほど危険でもないし、あと二つで降りる駅だからいいや、とそのまま好きにさせていた。

北千住に着いた。ジャンクションなので、私だけでなく大勢の人が乗り降りする。一番奥にいたので、扉に近い人から順に降りて自分の番が来るのを待つ。

いざ降りようとすると目の前の男が邪魔だった。私が降りようとしているのに、鈍いのか気づいてくれない。焦った私はその男を腕でおしのけて意思表示した。

すると男は手で、車両のはじの壁にある手すりをつかんだ。私にとおせんぼをする格好だ。はじめて、男は私を降ろすつもりがないのだと気づき驚いた。

この時はまだそれほど危機感がなかった。どうせ服の上から触られるだけだったし。だから驚いたといっても、ハア? くらいな感覚で、自分が酷い目にあわされるとは思ってもいなかった。そうこうするうちに扉はしまり、私は降りそびれた。

しかし世間知らずだった私の思惑とは違い、男は豹変した。私を降ろさなかった事でふんぎりがついたのか、あるいは最初からそのつもりだったのかはわからない。

電車が北千住を発車したとたん、男は両手をスカートの中に。パンストと下着をまとめておろされた。右手で前をいじくり、左手は私の右のおしりをつかんだ。

やっと男の意図を理解したのだがもう遅い。ここまでされたら助けを呼ぶこともできない。むしろ他の乗客には、こんな事をされているなんてばれたくない。

下半身をさんざんめちゃくちゃにされた。このまま電車の中でレイプされるかも、と怯えたくらいに。

クリトリスを乱暴にこすりつけ、うちももをしつこく撫で回し、両手でおしりをそれぞれ片方ずつつかみ、もみしだいたり左右に割り開いたり。

前を乱暴されている時は痛いだけだったのに、おしりをいろいろされて感じてしまった。

当時まだ処女だったのに、電車の中でこんなに恥ずかしくていやらしい事をされているのに濡れてしまった。

知らない男に無理矢理指を入れられているのに、こんなに痛いのにこんなに気持ちいい。

下着をおろされて指をいれられてこんなに感じている事がまわりの人に知られたらどうしよう。もうこのまま電車の中でレイプされても抵抗できない。気持ちいい。

北千住からみっつほど先の駅に着くと乗客も減って満員電車ではなくなった。

痴漢から解放されて、まわりの人に乱れた服を見られないようにコートの前を合わせながら降りた。帰りの上り電車に乗る前にトイレにむかった。

服を直したかったし、自分の体液で汚れた下半身を綺麗にしたい。下着がふとももおろされたままなので歩きにくかった。

でもこれで痛くて恥ずかしくて酷い事をされるのは終わった。女子トイレに着いたとき、他に誰もいなくてほっとした。

コートの上からではわからなくても、こんな自分を誰にも見られたくなかった。
トイレについて気が抜けた。これで無事に家に帰れると思って。

個室に入るときに一緒に誰かが入ってきた時は、何がおきたのかわからなかった。なんだろうと振り向くと男がいた。

相手が男だと認識した途端、体も頭も凍った。
怖くて相手の顔など見れなかった。うつむいつしまった。

だからその男がさっきの痴漢なのか、それを見ていた別の男がつけてきたのか、あるいはまったく関係のない駅の女子トイレを狙った変質者なのかわからない。

体がすくんで声などあげられなかった。
たとえ声をあげても、他には誰もいない事を自分で確認したばかり。

男は個室に鍵を掛けると、私の体をつかんで位置を交代した。私の背中をトイレの扉に押しつけると、私の肩から鞄をはずしてトイレの奥に置いた。汚いから嫌だなと思った。

男がスカートをまくった。足の途中までおろされた下着を見ても驚いた様子はなかった。男はパンストと下着をまとめてつかんでおろした。

足首までおろすと、私の靴を片方ずつ脱がせて下着を全部外した。
男は終始乱暴にはせず、私をそっと扱った。靴と下着もトイレの奥に置いた。

私のコートを脱がせると、これはトイレの奥のフックにかけた。電車の中でいくつか外されていたシャツのボタンも全部はずされた。(次回へ続く)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.