男性専用 大学時代の体験談

ここでは、「男性専用 大学時代の体験談」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

GW、上京してから初めての帰省だったのに、
セックスするためにわざわざ予定切り上げて、
下宿先に帰ってきた子がいる。

入学式だったかオリエンテーションの時から目つけてた子で、
タダで飯食えるからって新歓誘いまくって仲良くなって、
何個目かの新歓の帰りにその子の下宿先でセックスした。

相手が付き合ってない女の子とか、1人暮らしの部屋で
やらせてくれるって状況に、
当時高校出たばかりだった俺はかなり燃えた。

その子は地方出身だったから、男性経験少ないとか奥手とか
勝手に思ってたんだけど、かなり抱き心地のいい体で、
イメージより反応も良かった。

なんか反応がちょっとM入ってる感じだったから、
軽くいじめるつもりで過去の男関係つついたら、
地元に彼氏がいることが発覚した。

それが更に興奮する要素になって、本能のままに
セックスしたんだけど、その子も興奮してるのか、
かなり乱れてた。

それからはセフレみたいな関係になって、鍵も渡されたし、
時間がある時は入り浸ってセックスしてた。

「GWも早めに帰ることにしたから部屋で待ってて欲しい」
って連絡が来て、帰ってきたらすぐにセックスしたし、
休み明けも引きずって学校サボってやりまくった。

帰省した時に「後ろめたくて彼氏に会えなかった」
って言ってて、その話にかなり興奮したなあ。

思い出したので書いてみました。
大学のサークルで合宿に行った時の話なんだけど
夜に俺とダチ(仮名K)の部屋に同学年の女子二人(HとA)が遊びに来て
飲み会になった

Hは俺がサークルに入ってからずっと好きだった子なんだけど
酒も入ってテンション上がってたからか、

普通に軽いノリで下ネタでガンガン盛り上がって、
「週に何回ぐらいオナするのー」とか

Aもまあ普通に可愛い部類だったし、そんな二人が
いろいろ答えてくれたり恥ずかしがったりしてるとこ見ただけで
もうめっちゃ勃起してた

んでそんな感じでしばらくしたらKが「おっぱい見たい」って言い出して、
見せる見せないで少し押し問答みたいになってから、
「じゃああんたらがちんこ見せてくれたらいいよ」って流れになった

正直俺はちょっと恥ずかしかったんだけど、
もうおっぱい見ることしか考えてないKは完全に脱ぐ気マンマンで、

俺だけ脱がないわけにもいかないから、
結局二人して膝立ちになってパンツを脱いだ

すでに勃起してたのはKも一緒で、俺たちのちんこ見た瞬間
女子二人は「わー、めっちゃ勃ってるー!」って感じで大はしゃぎ

見た感じKのちんこは俺と同じぐらいの大きさだったけど、
なんか角度がすごかった。

俺のちんこを60度くらいとするとKのは80度くらいいってる感じ

で、しばらくHとAにちんこを見られながらあーだこーだと論評された後、
「じゃあ次はお前たちがおっぱい出せよ」となって

まあさすがにあれだけ俺たちのちんこを見た後だったから、
女子二人もあきらめたような感じでしぶしぶ部屋着とブラをずらして
おっぱい見せてくれた

Hのおっぱいはまあ普通、というか少し小ぶりな感じだったけど
乳首と乳輪が小さめで俺好みの感じだった

意外だったのがAで、普段服の上から見てるよりは結構大き目な感じの
ふっくらとしたおっぱいだった

もう俺もKも興奮MAXでめっちゃ声あげながらスゲー綺麗とか
意外と大きいとか感想述べまくって、Hはかなり顔赤くなってたけど
笑ってたしまんざらでもない感じだった

そんなふうに騒いでたら、とうとうKが「触ってもいい?」て言い出して
さすがに二人とも聞いた瞬間からめっちゃ拒否してたけど、

半分笑いながらっていうか本気では嫌がってない感じで
ただ恥ずかしがってるだけみたいだったし、
俺もここまで来たら絶対おっぱい触りたかったから本気でお願いしまくった。

それでもなかなか折れなかったんだけど、いきなりKが
「じゃあ俺たちのオナニー見せるから!」て切り口を変えだして、
一瞬俺も何言ってんだコイツ状態

もちろんHとAも「いや意味わかんないから!」て連呼しながら爆笑してたけど、
俺も加わってそうすれば平等だのなんだのと必死で説得した

普通だったら触らせないんだろうけど、酒入ってるし、
ちんことおっぱい丸出しの状況とかでみんな完全にテンション
おかしくなってて、 ついにAが

「んー…、じゃあ見せてくれたら触ってもいいよ、ちょっとだけ」
て折れた

Hも「本気で言ってんのー?」みたいな感じで少し粘ってたけど、
自分だけ触らせないわけにもいかないだろうし結局は納得してくれた

二人の気が変わる前にさっさとやっちゃおうってことで、
俺たち二人はもう速攻でシコシコ開始

幸い目の前に生のおっぱいという最高のオカズがあるし
興奮状態も最高だったから最初から全力で扱きまくった

途中でHが「えー、男子のオナニーってこんな感じなんだー…」
て呟いてて、初めて見る男のオナが俺のかーって思ったら
すぐにイキそうに。

もう出しちゃおうかと考えてたら、先にKが
「もう出そう!」って言ってそのままいきなり発射

見たこともないぐらいマジで半端ない勢いで次々に精液が飛び出してて、
女子二人もかなりビビったみたいでめっちゃ叫んでた
溜まってたとしてもありえないぐらいの量だった

HもAもすごーいとかこんなの見たことないとかキャーキャー言ってて、
特にHが笑ってるんだけど恍惚としたような表情でKのことを
見てるような感じがして、なんか悔しかった

んで俺もふたりのそんな様子を見せつけられて即発射

興奮してたし普段よりはかなり出たんだけど、
当然さっきのKほどには及ばなくて、
女子たちも今さっきKの射精を見たばかりで慣れたせいか、
Kのときみたいに騒いでくれなかった。

射精が終わって、おー、とかいっぱい出たねー、て言ってくれたけど、
なんか義務的に言ってる感じがしてちょっとショックだった

んでそのあとは約束通りおっぱい触らせてくれたんだけど、
座ってた位置的にKがHのおっぱいで俺がAのおっぱいを揉むことに

Aのおっぱいは柔らかくて大きかったけど、肝心の好きな子のおっぱいは
目の前でKに揉まれてるし、さっきの二人の反応の違いもあったしで
もう完全に興奮が冷めてしまった

KはHのこぶりなおっぱいを揉みしだいたり乳首をつまんだりで
最高に楽しんでる感じ

結局1分もたたないうちに揉み揉みタイムは終了で
ペア替えもしてくれず、もうなんか後悔しか残らなかった

その後は別にセックスするでもなく普通にお開きになって
合宿も終了、とまあそんなにエロいこともなかったんだけど、
敗北感だけが残ってるのでここに吐き出させてもらった

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.