男性専用 大学時代の体験談

ここでは、「男性専用 大学時代の体験談」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

数年前の話ですが、とても衝撃的なことがありました。
今も忘れることができません。

しかし、こんな僕も来月結婚することになり、心身ともに綺麗になりたい
というわけでもないのですが、懺悔の意味もあり、ここに吐き出したいと思います。

その当時、僕は上智大学の1年でした。

奨学金を貰いながらの余裕の無い生活で田舎から上京したばかりということもあり、最初は友達が全くできませんでした。

しかし、GWが終わる頃になると、なんとなく友達が居ない同士というのでしょうか、語学クラスで浮いたもの同士が次第に打ち解けていき、毎日、一緒につるむ様になりました。

そんな仲間達の一人に、ある家元の息子がおりました。あまり詳しく書くと身バレしてしまいますので、お茶、花、舞踊のどれかとだけ書いておきます。

この家元の息子、仮に名前を大吾としておきますが、僕などには信じられない程の金持ちでした。

前置きが長くなりましたが、この大吾と僕、信二、そして吉川の4人で、夏休みに大吾の別荘に遊びに行った時、ある出来事が起こりました。

今回記載するのは、その時の話になります。
夏の暑い日でした。

別荘に到着すると、僕はその豪華さに圧倒され落ち着かなくて、
庭でぼうっと時間を潰していました。

しばらくすると、女性が現れて掃除をしたり、なにやら色々準備を始めました。
女性は僕に気づくと 「いらっしゃいませ」と笑顔で挨拶しました。

年齢40歳くらいで化粧っけの全くない素朴な感じの人で、とても好感を持ちました。僕は、なんとなく彼女が働いている姿を目で追っていました。

『一生懸命に働く人だなあ』と感心しながら、母のことを思い出していました。
僕は母子家庭で育ち、母が工場で汗水流して働き育ててくれました。
彼女とは、年齢は少し違いますが、地味な装いや化粧っけの無い感じが母とダブったのです。

「何、ああいう年増がタイプ?」
突然、声を掛けられ、驚いて、振り返ると大吾達がニヤニヤしていました。

そんなんじゃないよ!と言おうと思いましたが、信二が
「そこそこ美形だったよな。若い時かなり美女だったんじゃないか? あの人、誰なの?」
と質問をしてしまったので、言い出せませんでした。

大吾はあっさり「知らない」と答えました。
みんな「え?」という顔をしましたが、大吾は僕たちの疑問を打ち消すように
「ちょっと! こっちにお茶もらえるかな??」と彼女を呼びつけました。

彼女は「はい、ただいま」と叫んで、慌てて建物の中へ入って行きました。

そして、ワゴンで紅茶やコーヒーなどのセットを運んできてから
大吾に促されて自己紹介をしてくれました。
彼女は、益田さんと名乗りました。

「最初ババアだと思ったけど、やれないレベルじゃないな」
彼女が下がった後の、大吾の第一声がこれでした。

「俺は勘弁だな」と、これは吉川
「そうか?俺は余裕でストライク!ケツが結構いい感じだった」
「俺は胸だな。てか、見えそうじゃなかったか?」なぜか吉川が身を乗り出した。

「あ!それ、俺も思った」
正直に言えば、僕も思いました。

庭に置かれた高さの低いテーブルにカップを置く時、胸元が開くことに、気づきました。

そして、その時、なぜか大吾が立ち上がって、益田さんにカップを置く場所をいちいち指示していたことも。

恐らく安物の開襟ブラウスを着ていたのでしょう。
母も着ていたから、なんとなく分かりました。

ボタンは一番上まで、しっかりと留められているのに、
身を屈めると襟元がダランと下がって、中が覗けるくらい開くのです。

突然、信二がニヤつきながら、コーヒーをテーブルに零しました。
それを見て「こっちの方がいいだろw」と大吾が椅子に零しました。

益田さんが雑巾を持ってくると、全員立ち上がりました。
手伝うような素振りをしたり、話しかけたりしながら、胸元を覗きました。

「たぁわわ♪、たぁわわ♪」大吾と信二が口ずさみました。
益田さんが、まだ零れたコーヒーを拭いている途中だったので、僕は少し慌てました。

しかし、益田さんは気づくこともなく、丁寧にテーブルと椅子を拭いていました。

一番、遠間に居た僕からも、シミーズと言うのかスリップというのか分かりませんが、薄いレースみたいなキャミソールとその内側にベージュのブラジャーが、ばっちり見えました。

間近で覗き込んでる大吾や信二には、丸見えだったのではないかと思います。

それでも、大吾達は、もう充分に見ただろうに一通り拭き終わって去ろうとする益田さんに、「テーブルの足が汚れているから、ついでに拭いといて」とお願いしました。

腰を90度に曲げて身を屈める益田さんの襟元が、真下に垂れ下がり、
ちょうど大吾と信二の目の前に、ぱっくりと開きました。

これには僕も黙って見ていられなくなり、何気なく大吾達の方へ移動しました。
お腹まで見えるんじゃないか?と思うほど、完全に丸見えでした。

柔らかそうな、おっぱいが、ぷるるんと垂れ下がる姿に、僕も鼻息が荒くなりました。

「おっぱい、あんなに丸見えと思わなかったよ。興奮しちまったw」
「確かに、凄かった・・」
「よ?く実ってたよな」
「あれサイズどのくらいかな?巨乳ではないよな。」
「見てるうちに、俺もなんか良くなってきたよ、よく分からんが地味目な雰囲気がいいな」
「吉川w お前も大人になったなw」

この程度のお遊びであれば、僕が懺悔をすることもなかったのですが、僕達の若い欲望は、いつしか、もっと益田さんを見てみたいと思うようになりました。

後になって、皆で話したことですが、大学にいる様なその辺の女だったら、たとえ美人だったとしても同じ事はしなかったと思うのです。

益田さんが纏っている全体的な雰囲気が、良く言えば清楚に見えるというか、悪くいえば地味すぎることが僕達の加虐性に火を付けてしまったのです。

1泊した翌朝、その事件は起こりました。益田さんは、朝食の準備や、部屋の片付けなどのため、朝早くから忙しく働いていました。
他に柴野さんという年配の男性も僕達の世話係でしたが、その日、柴野さんは昼くらいから来る事になっていました。

僕達は、朝食をゆっくり取ってから、近くを散策しに出かけました。そして、別荘に戻って即座に、忙しなく働いている益田さんを、食堂まで呼び付けました。

「金が無くなってるんだけど、知りませんか?」
大吾は怖い顔で益田さんを見据えました。

「ほ、本当ですか!それは大変です!すぐに探します!」
「いや、そうじゃなくて、ここには、あんたしか居なかったよね?」

これでようやく意味が分かったのか、益田さんは顔色が変わりました。
「わ、私は知りません。本当です!」

「いや、別に疑ってるわけじゃなくてさ、情報を聞きたいと思っているだけだから」

吉川が突然、益田さんの方へ歩み寄りました。

「さっきから気になってたんだけど、それ何? 重たそうだけど・・・」
そう言って、エプロンのポケットの膨らみを指差しました。

「こ、これは」と言い掛けた益田さんを遮って
吉川はエプロンのポケットを外側から、掴みました。

「と、時計だ。これ時計だよ!」迫真でした。
すぐにポケットの内側に手を入れて、中から取り出しました。

信二のハミルトンでした。それは大学の入学時に買ってもらったものでした。

「違います!床に落ちていたから拾ったんです!皆さんのどなたかのモノだと思ったから、戻られたらお聞きしようと思って」

「そんなこと一言も言わなかったじゃん」
当然でした、僕達は散策から戻ってすぐに、益田さんを問い詰めたのだから。

「金の方はどうした?」
「し、知りません!本当です。」

いつの間にか、吉川が益田さんのトーとバッグみたいな大きいのを持ってきて、「この中には無いな」と呟きました。

大吾が叫びました。「金は何処に隠した? 時計だけでも立派な窃盗だけど、金を出せば許してやる!」

家元の息子に怒鳴られて益田さんは泣きべそをかいて首を振りました
「違います・・本当に知りません・・」

震えている益田さんに大吾は静に言いました

「じゃあ、脱げよ。かばんに無いなら、身に付けてんだろ。脱いで、出てこなけりゃ信じるよ。」

益田さんの返事も待たずに、大吾は信二の方に顔を向けました。

「なあ、信二もいいよな? 脱いで出てこなけりゃ、この人のこと信じよう。時計拾ったってのも本当だろう。」

「う?ん。床に落ちてるって、どうみても変だぞ。警察に突き出した方が良くない?」
「ま、待って下さい。本当です!本当に落ちていたんです!」

ここで僕の出番でした。「益田さんが僕達のお金を持ってなければ、外部から泥棒が侵入して、お金と時計盗んで、時計だけ落としていったとも考えられるよ?」

益田さんは僕を見て、何度も首を縦に振っていました。

「状況が状況なんで、女だからって容赦はできない。トータル100万くらいやられてるんだよ。 いや、俺のフランクミュラーも入れると500万くらいかな」

「そ、そんなにですか・・」言ったきり益田さんは固まっていました。

「じゃあ、益田さん!疑いを晴らすためだから!」
「もし、本当に出てこなければ、益田さんのことは、この俺が信じる。誰にも何も言わせないから。必ず守るから。」

「はい」泣きそうな震える声で返事が聞こえました。
この瞬間、益田さんの死角に居た信二が、ガッツポーズしました。

益田さんは、エプロンを素早く取ると畳んでテーブルの上に置きました。早く裸が見たかった僕達は、「畳んでると金を隠す恐れがあるから、脱いだらそのまま服を渡すように」と指示しました。

震える指先がブラウスのボタンに掛かりました。

僕達は、年上の女性を裸に剥けることに興奮し、我を忘れて、ガン見していました。

ボタンは次々外され、すぐに白い素肌が露になりました。
益田さんは、素早くブラウスを脱いで、スカートを足元に落としました。

ベージュのストッキング越しに見るパンツや脚のラインが色っぽくて、「おおお!」と声を上げそうになるのを必死に耐えて、僕達は真剣な表情を作りました。

気持ちが萎えないようにか、益田さんは間髪入れずに、パンプスを脱いでストッキングをズリ下げていきました。

生の太股が露出していく様に、興奮を隠しきれずに、僕は堪らず咳払いをしました。

下着だけの姿になると、益田さんは、もうこれ以上は許して!という目で大吾を見つめました。

しかし、大吾は「どうしました?早くして下さい」と先を促しました。

下着で許すつもりはないと悟った益田さんは、覚悟を決めたかのように背中に両手を回して、すぐにブラを外し、パンツも一気に下ろして、あっという間に全裸になりました。

僕達の期待していた乳首やヘアが見えたのは、ほんの僅かな時間でした。
すぐに益田さんは、体全体を隠すようにしゃがんでしまったのです。

若干がっかりした僕の耳に、大吾の信じられない言葉が聞こえました。

「益田さん、やましいことでもあるのですか?」
「え?」益田さんは伏せていた顔を上げました。

「それじゃあ、足の間とか腋とかに、札挟んでるかもしれないでしょ? そう疑われても仕方がないよね?」

「立ち上がって、両手と両足を開いてください」
「そ、そんな・・もう許してください」
「許す?何か悪い事をしたのですか?白状するのですか?」
「ち、違います!」
「だったら、きちんと僕達が納得するように証明してください!」

益田さんは、ふらつく足取りで、ヨロヨロと立ち上がりました。
そして、両手と両足を大きく広げました。

夏の明るい日差しが肌に反射して、益田さんの裸体は輝いて見えました。

40歳を過ぎた女性が、4人の若い男子学生に、
明るい場所で裸の体を凝視されているのです。
益田さんには辛い事だったのでしょう。
目を瞑ったまま下を向いて、じっと耐えていました。

僕達は益田さんが目を瞑っているのをいいことに、
声を漏らさない様に気をつけながら、
益田さんの広げた足の間を覗き込んだり、後ろに回ってお尻を見たり、
じっくりと裸体を鑑賞しました。

疑いは完全に晴れ、益田さんは胸を撫で下ろしたようでしたが、
僕達は、その後、まだ2泊残っていました。

その間、益田さんは、素っ裸を晒した恥ずかしさなど、
微塵も見せずに気丈に僕達の世話をしてくれました。

東京に戻って数ヵ月後、僕は信二と一緒にサークルに入り、
大吾とは少し疎遠になったことも有り
二度と益田さんと会う事はありませんでした。

しかし、先日たまたま結婚の連絡で信二と連絡を取り、
二人で飲んだのですが、その時、面白い話を聞きました。

あの大吾が、お弟子さんや従業員達の子弟のための奨学金財団を設立したというのです。

「益田さんのためだよ・・」と、グラスのウィスキーを一気に飲み干してから、信二がボソッと囁きました。

東京に戻ってから知ったことなのですが、益田さんは息子さんを独りで育てていたのですその息子さんが、ちょうど高校に入学したそうです。有名な進学校だそうです。

あんな真面目な女性に、酷い事をさせてしまった・・・
僕もグラスを一気に飲み干しました。

信二もあの時のことを、今でも気にしているんだな、と思いました。
そして、大吾は、あの時の約束どおり、あの人を一生守るのだろうと思いました。
以上が、僕の懺悔です。
大学3年の時のこと。
研究室の事務員さんは、幾つ位年上だったのかなあ。

結局年は教えてくれなかったんだけど、たぶん20代後半くらいか30前半くらいだったかと思う。

もう結婚されてて、でも人妻って感じは全然しなくて。
同世代の学部生にはない落ち着きをもってる人だった。

よく研究室で飲んだりしてたのだけど、学生や教授たちと一緒に杯を重ねて、いい気分でほろ酔ってる姿もそれまでよく目にしていて。

皆で酔っぱらって、ついつい肩を寄せ合ってたり抱きしめられたりしたこともありましたが。

女性には興味がいっぱいの年頃、そんな行為にちょっと(かなり?)ドキドキしていました。
もしかして、って・・・

ある日のこと、その事務員さん、慶子さん(仮名)が帰りがけに「飲みに行かない?」と誘うので、自分のアパート近くのショットバーに行って、他愛もない話を肴に二人で時間を過ごした。

夜も遅くなり、店を出るとすっかり千鳥足。
自然に腕を組むような感じで歩いてた。

「こんなに遅くなっていいんですか?旦那さんいるんですよね・・・」

とりあえず駅まで送ろうとしたら、腕にぴったり寄り添ったまま
「もう帰る?今日は遅くていいんだけどな・・・」
と信じられない言葉。え?
そして、
「部屋、近くなんでしょ。行ってもいい?飲みなおそう?」

もうドキドキですよ。
自分の部屋に、それもこんな夜遅くに、女性がいるんだもの。
それも酔って。
大きく開いた胸元やタイトスカートから覗く脚についつい視線が行っちゃったりして。

どんな話をしたかは、全然覚えてません。
気がついたら、舌を絡めてた。キスは初めてって訳じゃなかったけれど、興奮した。

「いいんですか?」
「もちろん・・・じゃなかったら、こんな独り暮らしの男の子の部屋に来ないよ」

服の上から胸を触る。
スカートの裾から、太ももをさすりながら手はおしりへ。
キスをしながら、右手はブラウスのボタンを外し、さらにブラジャーの下で直接ふくらみをまさぐる。
左手は女性の秘所へ。

「あっ」

乳首に触れると、ピクッと身体をのけぞらせる慶子さん。
荒い息遣いと、その声に童貞の僕はますます興奮。

小ぶりな乳房がむき出しになると、たまらず揉みしだき、吸いつき、次第にあえぎ声も大きくなって。
慶子さんはもうすっかり、裸に近い状態。

「私だけ裸なんてズルイよ」
「え、あ・・・」
「私が脱がせてあげる」

シャツが、ズボンが脱がされて、最後にはトランクスも。
お互い全裸になって、絡み合うようにお互いの体をむさぼる。
初めて感じる、自分の硬くなったもの全体に、女の人の温かかくて柔らかい肌が絡みついている感触。

それだけでもうイキそうな感じ。
慶子さんの手が、僕の一物をまさぐる。

「あんまり大きくないから・・・恥ずかしいな」そう言う僕に、
「そんなことないよ」と優しい言葉をかけてくれた。
「あ、もう、出る・・・」

慶子さんの胸の感触を味わいながら、あっという間に僕は果てた。

「・・・ごめんなさい」
「何で謝るの?」
「いや、俺、初めてで、うまくできなくって、すぐに出しちゃって・・・」
「いいのよ。ほら、また大きくなってきてる」

まだ20歳そこそこの頃は、回復も早い。
あっという間に元通りになってきた。

「しゃぶってあげるね」

そう言って慶子さんは、僕のものを口に含んでくれた。
あたたかい。
初めての感触。舌が、唇が、優しく強く、絡みつく。
あっという間にビンビンになった。

「・・・いつもこんなこと、旦那さんとしてるんですか?」
「んー、たまに、ね」

そう言いながら、慶子さんは竿から袋に唇を這わせる。

「これは、旦那にもしないんだけど・・・」

慶子さんの舌が、肛門のほうへ。くすぐったいけど、気持ちいい。

「・・・入れてほしい」
吐息混じりに、耳元で恵子さんが囁く。

「え、でもしたことなくて・・・
「大丈夫、教えてあげるから」

そう言うと、慶子さんは布団の上に横たわった。
上から覆いかぶさる僕。とうとう・・・
胸がドキドキいってる。うわあ。

「うん、もうちょっと上・・・あん、そこ」

思ったよりすんなりと、僕のものは慶子さんの中に吸い込まれていった。
初めて味わう、女性の中・・・
フェラチオなんか比べ物にならないくらいの、あたたかさ、気持ちよさ。
夢中で腰を振ってみた。

「あ、はぁ・・・んっ」

感じてるのかな。うまくできてるのかな。
慶子さんの声はだんだん大きくなる。

「はぁ、はぁ・・・ぁん、ぅくっ・・・」
「あ、あ、いっちゃう」

一回出してもらってるから、さっきよりはもったけど、やっぱり気持ちよさに耐えかねて爆発。
すんでのところで引き抜いて、お腹の上にたくさんぶちまけた。

「はぁ・・・んっ・・・」

しばらく二人で、そのまま横たわっていた。ティッシュでザーメンの処理をして、慶子さんの口で、放出した棒をきれいにしてもらって、(それでまたちょっとおっきした)二人で抱き合って横になった。

身体のあちこちをまさぐりながら、しばらくして慶子さんが言った。
「・・・よかったよ。でも初めてが私みたいなおばちゃんでよかったの?」

「え、何言ってんですか。俺の方こそ・・・ありがとうございます・・・でも、良かったんですか」
「何が?」
「いや、旦那さん・・・」
「いいの。大丈夫だよ。それより・・・」

そこで慶子さんは、僕の耳元に小さな声で言った。

「・・・中に出してくれても良かったのに」
「え、いやでもそりゃ、まずくないですか」
「いいの、もう一回しよ。今度は・・・中に出して」

そういうが早いか、慶子さんはまた僕に絡み付いてきた。
僕のものは、また回復して、硬くなってきている。

「今度は私が上になってあげるね」

そう言って慶子さんは、僕の上にまたがり、ゆっくりと腰を振り始めた・・・
その晩は、もう一度、今度は中に出して終わった。
夜半過ぎ、慶子さんはタクシーで帰っていった。

その後も、何回も関係を持った。僕の部屋に来てもらったこともあったし、研究棟の人気のない実験室でしたこともあった。

さすがに実験室では大きな声は出せず、かえって興奮した。
初めてホテルで一泊したときには、思う存分にお互いの裸をむさぼった。
ベッドでお風呂で、何度も何度も求め合った。

朝、帰るときにはさすがに罪悪感が襲ったけど。
僕はこうして、女性の身体を知り、覚えていった。

大学卒業の折、優しく微笑みながら見送ってくれたその人。
仕事が忙しくなって、いつしか疎遠になっていったけど、今でもたまに思い出す。

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.