男性専用 大学時代の体験談

ここでは、「男性専用 大学時代の体験談」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

大学のゼミのとき、美沙子さんというかなり美人の助手さんがいました。

すごくテキパキとした方で指導からなにから教授に任されているようなところもあり男子学生の憧れ的な存在でした。

実際には研究については妥協を許さない厳しい面のある人で、そのために深夜に及ぶこともあり、憧れであり煙たくもありというような存在だったかもしれません。

お酒もけっこういける口で、研究帰りに、お馴染みになっているスナックというかカフェというかに学生と寄って飲んでいくことも少なくありませんでした。

僕は研究で遅くなることが多かったことから、大学の近くに部屋を借りたのですが部屋からその溜り場のような店が近かったこともあり、美沙子さんを囲む学生の常連の一人でした。

当然アタックする学生も少なくなかったのですが、美沙子さんは子供扱いで全く相手にしていませんでした。
実は僕も告白してふられたことがありました。


教授とデキているんじゃないかと言う学生もいましたが、確かに教授のお気に入りという感じだったのですが、教授も60歳をすぎており、たぶんそれはなかったと思います。
そんな順調な美沙子さんの人生に災難が襲いかかったのは突然のことでした。

助手の一人が研究室の薬物を横流ししていたことが判り、マスコミにまで出てしまったのです。
教授は薬品の管理など何もしていないに等しい状態だったのですが、教授の責任ということになれば大変で、管理は美沙子さんがしていたということにすればあとで悪いようにはしないからと教授に説得され、大学にはそう説明したようです。

ところが記事がマスコミに出て、教授は訓告だかなんとかという処分で済んだのですが、当の助手だけでなく美沙子さんまで解雇ということになってしまいました。

その処分の発表があった日の夜、ゼミのT(♂)から夜中に電話がかかってきました。
美沙子さんが店で荒れているので、助けに来いということでした。

行ってみると、まさに荒れているという表現そのままの状態でした。
美沙子さんは今まで見たことがないくらいにベロンベロンに酔っ払っており、「騙された」とか「もうどこでも雇ってもらえない」とか、呂律の回らない口調でわめいていました。

店からはなんとか連れ出したもののタクシーには全て乗車拒否されて、しかたがないので僕の部屋まで連れてくるしかありませんでした。

美沙子さんはベッドの上に座ってでボンボン跳ねながら、「暑い~」と言ってニットを脱ぐと、白くて肉感的な二の腕が現れました。
下はノースリーブのTシャツというか、キャミソールみたいなやつしか着ていなかったのです。

気がつくとTは「好きです」とかわめきながら美沙子さんに抱きついていました。

美沙子さんは「ふざけんな」とか「人が弱ってると思ってなめんなよ」とか言って抗っていましたが、酔っているせいか力がはいってないようでした。

Tは「今日はハメはずして嫌なことわすれましょうよ」
などと虫のいいことを言っています。

そのうち美沙子さんは
「どうせもう何もかもだめなんだからね」
「お前みたいなのにまでなめられて」
「どうせ学生と寝るようなダメ助手だよ私は」
とかわめきはじめます。

「やればいいだろ、やらしてやるよ、堕ちるとこまで堕ちてやる~」
とか信じられないことを言い始めて、自分からタンクトップとブラを脱いで上半身裸になってしまいました。

スレンダーなわりにはふくらみのある乳房にピンク色と小豆色の混ざったような色のきれいな乳輪と乳首でした。

やりたい盛りの大学生男子がこんな状況に我慢できるわけもありません、僕も自分から服を脱いで素っ裸になると美沙子さんに襲い掛かりました。

美沙子さんのキスはものすごく酒臭かったけど、それでもものすごく興奮した。

獣のような3Pで、Tはフェラをさせて僕がバックから挿入、逆になってもう一戦。
Tが正常位でつきながら、僕は舌と指で乳首や耳を責めたりとかしてました。

美沙子さんは途中から自暴自棄になったみたいな感じで
「ほらもっとやっていいよ」
「どう私の×××、学生にやらせてあげるなんて今日だけだかんな」
「もうどうなったっていいんだから」
などと自分に言っているような感じでした。

最後には泣きながら、自分から女性上位になって僕の上で腰をふったりしてました。

僕らは疲れも知らずに交代で美沙子さんとやりまくっていたので、寝ないでやっているうちに夜が明けてあたりが白んできてしまいました。

美沙子さんは朝、帰っていくときに。
「気にしなくていいよ」
「なんだかこれでかえってふっきれたわ」
と言ってじゃあねっ、という感じて肩越しに手を振って、出ていきました。

なんだか、その背中がしょんぼりと小さく見えて、僕もTも泣いていました。

美沙子さんがサハザバして見えたので、その時はそんなに悪いことをしたという気持ちでいなかったのだけど、弱味につけこんだのは間違いなく時がたつほどに申し訳なくて後悔の念が強くなりました。

それでも、たぶんあんなに刺激的なセックスはもう一生ないだろうなと思います。
大学時代の6年間、頻回に通っていた定食屋さんがあった。
少なくても週に2回、忙しい頃は毎日のように通ってた。

院生時代なんて毎晩通ってた気がする。
いつも閉店間際の滑り込みだったけども。

女将さんと言ってもまだ30代の若い奥さん。

旦那さんの実家で、忙しい時間帯は旦那さんのお母さんも店にいる。
昼前から夜までやってる繁盛店だった。

それには味だけではなく奥さんも一役買ってると思う。

接客はチャキチャキしてて元気も良く、典型的な江戸っ子って感じがする。
しかも可愛いから強面のオジサン達も楽しそうに会話してた。
アイドリングの元メンバーで横山ルリカって子を、ちょっと老けさせた印象。

黙ってると美人タイプなんだけど、喋るとチャキチャキっていう人だった。
周りが男だらけだったので、俺も女将さんと喋るのが実は楽しかったひとり。

院生2年目の10月、その日も閉店ギリギリに駆け込んだ。

何度か誘われてたんだけど、その日も女将さんに「飲みに行こうよぉ~」と誘われた。
強引さに押されて初めて飲みに行った。
とはいえ近所の店で、女将さんも馴染みの店。
だから店長のオッサンとか奥さんとか普通に一緒に飲むんだよねw
で、結局そのまま近所のスナックに連れて行かれて、朝4時まで付き合わされた。

途中何度も意識が飛ぶぐらい眠かったが、その都度女将さんに起こされる。
この起こし方がヤバくて、毎回バシッと目が覚めてた。
「お~き~な~さいっ!」と腕に抱き付いてきて揺らしてくる。
この時女将さんのオッパイが腕にグイグイ当たるわけです。
もう完璧にわざとオッパイを腕に押し付けて来てる感じが否めない。
しかも間に挟んできたり、むにゅ~っと押し潰すようにしてきたり。

みんな酔っていたので、必然的に俺が女将さんを送り届ける役目になった。
フラフラするから腕を掴んだりして歩いていると、俺の部屋に行くぞと言い出す。
さすがにそれはムリと断ると、いつ知ったのか勝手に向かい出す。
勘弁して下さいよ!と頼んだがマンションの中へ。
結局部屋に入れる事になった。

早朝から美人女将と汚いワンルームの部屋で2人っきり。
冷蔵庫に入っていたサワーで何度目かの乾杯。
初めは学校の話や勤め始める会社の話をしてた。
だけどいつの間には彼女の話になり、ここ3年ほどいない=ヤッてない、という話題に。
院に進み忙しくてバイトもできなかった為、風俗遊びなんて以ての外。
そんな話をしていると妙な空気になってきた。
やたら無言が長くなったり、見つめてくる視線に熱が帯びてきたり。

「分かった!ヌイてあげる!」
いきなり立ち上がった女将さんが目の前に来た。
「はぁ?何言ってんすかw」
「良いから良いから、遠慮しない!はい!脱ぐよ!」
「いやいやいやwww勘弁して下さいよw」
「大丈夫だってば!手でするだけよ?何か変なの?」
「変でしょw」

こんな会話をしながらベルトを外そうとしてくる。
外されてジーパンのトップボタンを外された時、さすがにヤバいと思ったので逃げた。
結局荒々しく逃げる事もできず、ベッドに追いやられた。
そして強引に脱がされ、下半身が完璧に全露出。
抵抗して怪我させちゃヤバいって思ったから本気の抵抗ができなかったんです。
当然フニャフニャの萎え萎えチンコ。
そんなチンコをいきなり咥えてきた。
「うわぁぁっっ!!!何してんすか!」腰を引いて逃げようとしたが後の祭り。
久し振りのフェラチオで見る見るウチにフル勃起。

もう無理ぽ・・・
抵抗するのをやめて快楽に身を委ねた。
人生でこんな美人にチンコを咥えてもらった経験は1度もない。
モテ街道を突っ走ってきたわけじゃないので、俺と同じで元カノ達も地味でパッとしない。
それでもこんな俺と付き合ってくれた心優しき女神たちなんだがw
そんな女神とは雲泥の差と言っても過言ではない美人が亀頭をレロンレロンと舐めている。
しかもフェラテクが最高。

「どう?気持良いでしょ?w」
「はい^^;」
「素直でよろしいwもっとエッチなことする?」
「いやぁ~旦那さんに申し訳ないっすよ」
「もう同じだと思うけど?こんな事してるんだからw」
そう言いながら亀頭をレロンレロン舐め回してる。
「まぁそうっすねw」
「何がしたい?」
「挿れたいかなとw」
「どこに?」
「えぇぇ~~~女将さんのオマンコにw」
「素直で宜しいwじゃベッド行く?」

ベッドに寝かされ、また濃厚なフェラチオ。
時々しゃぶってる顔を覗くと、目が合って妖艶な微笑みを返されてた。
最高過ぎるぅ~と思っていると、女将さんそのまま跨ってきた。
前戯なんて全くしていない。
だけど亀頭が触れたオマンコはグチョグチョのヌルヌル。
抵抗ゼロで亀頭が膣内へと吸い込まれていった。
アツくてむぎゅ~っと締め付けてくる膣圧でチンコ全体が包み込まれる。

「あぁぁ・・・・すっごい硬い・・」

渾身のひと言って感じだったw
女将さんが激しく腰を振る度に亀頭がゴリゴリ子宮口を刺激する。
これがまた気持ち良すぎて、危うくイカされるところだった。
俺は焦って腰を引いてチンコを抜いた。
じゃないとそのまま膣内で暴発しちゃいそうだった。
                                                      互いに全裸となり、かなり垂れてたが大きくて柔らかい巨乳を揉み遊ぶ。
「そんな事より挿れて!」というので、正常位でガッツリ挿入。
ゴムつけてなかった事が頭をよぎったが、騎乗位で既に挿入済みなので忘れる事にした。
眉間にシワを寄せながら喘ぐ女将さんに興奮した俺はベロチューをかます。
すると俺の後頭部をグシャグシャにしながら、負けじと舌にしゃぶりついてきた。
そこからは俺の独壇場。
というか女将さん感度良すぎ。

奥へとズブッと挿入したままキスをしていると、腰がウネウネと動き出す。
これをすると亀頭でコリコリした子宮口をブリンブリン刺激するみたい。
それを2~3分してるだけで女将さん絶頂に達してしまった。
この絶頂をかわきりに面白いようにイキまくる女将さん。
バックでは力尽きでうつ伏せになってしまい、寝バックで子宮口をゴリゴリ亀頭で刺激した。
これで3回も絶頂に達し、正常位に戻して更に2回。
結局何回イッたのか分からないほどイッていた。

中出しするわけにもいかないので、無難なお腹に射精して終了。
最後の方は女将さん脱力しちゃってたので、まるで人形相手にしてる感じだった。
終わって俺はシャワーを浴びた。
出てくるとまだベッドでグッタリしてる女将さん。
仕方ないのでそのまま寝かせてあげた。
やっと起きたのは8時半頃。
まだ足腰がダルいと言いつつ、店の準備があるとの事でムチ打って帰宅していった。

話をすっ飛ばすけど、これを機に女将さんとはセックスだけの関係が始まった。
いつも俺が夕飯を食べに行き、その後部屋にやってくる。
そしてドロドロの激しいセックスを約2時間して帰宅していく。
面倒な事も言わないし、俺的には最高のオナペット状態だった。
毎回ゴム無しの生でヤラせてくれるし、あんまり前戯が好きじゃないみたいで楽なので。

少なくても週1回、多い時は週3回ぐらいセックスしてたかな。
クリスマスなんて時間がないからと、部屋に来てすぐしゃぶって即挿入w
俺の精液を飲んでサクッと帰っていった。
年末年始もそうで、時間がないからと言いつつちゃんと俺をイカせてくれてた。
本当に最高としか言いようがない存在だった。

2月になりいつものように女将さんが訪ねてきた夜、衝撃的な事を言われた。
実はこの密会、旦那さん公認だというのだ。
私も初めて知った時はショックだった、でもこういうのが興奮する性癖みたい・・・と。
いわゆる寝取られ好きで、大好きな奥さんに他人棒が・・・ってのが大好きなんだって。
だから俺とセックスすると、決まってそれを細かく報告する。
それを聞いた旦那が興奮して襲い掛かってくるみたい。
俺とにセックスを報告するようになって、旦那さんの性欲もチンコも超元気になったみたい。

そしてここにきてお願いをされた。
ハメ撮りしたいと。
普通、こういうのって男の方がお願いするもんでしょw
女将さんの方から「ハメ撮りして?」なんて言われちゃいました。
もちろんそれは旦那さんが見るために。
4月から寮に入る予定だったので、その前に撮影して欲しいという願いだった。

顔は出したくないのでドンキでタイガーマスクの被り物を購入してきた。
それを被って女将さんに襲い掛かると、見知らぬ他人に襲われてる気がするって喜んでた。
定点カメラ1台と手持ち1台でハメ撮りをした。
途中から2人とものめり込んじゃって、定点カメラだけになっちゃったが。
女将さんがいつも以上に激しかったので、それに応えようとして頑張っちゃいましたw

それから毎回撮影するようになり、俺もコピーをもらったりした。
旦那さんが編集したムービーなので、女将さんの顔にはモザイク処理がしてあったけどね。
それでも俺には最高の宝物。
今でも3重のバックアップを取って保管してるぐらい。

引っ越す当日、荷物を運び何もなくなった部屋で、女将さんと最後のセックスを楽しんだ。
当初は旦那さんから言われて、仕方なく俺を誘った話を聞いた。
でも何度も断られて逆に闘争心に火がついたらしい。
そしていざセックスをしてみたら、久し振りの硬いチンコに全てを持って行かれたんだって。
こんなに気持良いセックス久し振り・・・って。
旦那の為にと思いつつ、途中から俺としたくて堪らなかったって言われた。

「いつでもまた遊びに来てね」
そう言いながら女将さんは泣いてた。
何度も何度もキスをされて俺まで泣きそうになった。

実は自覚してたんだが、俺、女将さんに惚れてましたw
こんな奥さんだったら・・・とか普通に考えちゃってたし。
だから社会人になって会いには行ってない。

最高の思い出として心の奥に留めておくべきかと思ってる。
とはいえハメ撮り動画には頻繁にお世話になってるけどさw

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.