男性専用 高校時代の体験談

ここでは、「男性専用 高校時代の体験談」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

自分が高二のころ、当時女子大生で一人暮らししてた従姉妹のところによく遊びに行っていた。

その頃は変な下心はなく、ただ単に仲がよかったし、新作を含めてゲームソフトはたくさんあるし、なにより親とかがいなくて自由というところがよくて週に一回くらい遊びに行ってた。

で、その夏休みにいつものようにゲーム目的で遊びに行ってた。

従姉妹は買い物に出かけていなかった。自転車でかなり遠くまで行ったらしく、汗だくで帰ってきた。

シャワーを浴びて来ると言って部屋からいなくなった。
その時も別に意識はしてなかった。

しかし、従姉妹がシャワーから出てくると状況が一変した。
彼女は暑い暑いと言いながら素っ裸で部屋に入って来たのだ。

従姉妹は顔はまあまあ美人、というくらいだったが、胸はEカップ(自称)でそれをブルンブルンさせながらタンスから下着を探し始めた。

さすがに驚いたが、目はそのEカップに貼り付けになった。
さらには盛りの年頃である自分のアソコが敏感に反応し、一気に勃起した。

慌ててそれを見つからないように押さえたのがかえっていけなかった。

それを見た従姉妹が、「あれぇ?勃起したのぉ?」とニヤニヤと小馬鹿にしたように笑いながら裸のままこっちに近づいて来た。

自分は慌てて、「あ、ごめん…」とかしか言えず、その場に固まってしまった。

彼女はニヤニヤしながら「なんで従姉妹の裸見て勃起なんかしてんのよぉ」と、明らかにそんな自分を見て楽しんでいた。

さらには、「ちょっと見せてみなさい」と言って自分の短パンに手をかけてきたのだ。

「ちょ…ちょ…」と止める間もなく、というか、半分はそれを喜んでいた自分は抵抗出来ず、パンツと一緒に一気にに脱がされた。

ピーンと勃ったそれを見て、従姉妹は楽しそうにキャッキャッとはしゃいだ。
「すごーい。皮も剥けて、大きくなってる!」
おそらく、子供のころと比べて言っていたのだと思う。小さい頃はよく風呂に一緒に入ったし。

そして、おもちゃのように自分のアソコを手で弄ばれた。
まだ童貞で、自分の右手の感触しか知らない自分は、その気持ちよさにウットリとなって、発射してしまった。

従姉妹は「うわぁ…」と、さすがに少し引いたが、
「あんた、まさか童貞?」とやはりニヤニヤしながら聞かれた。
まさかもなにもまだ高二だ。童貞に決まっている。

自分が頷くと、「ふーん」と、またいやらしい顔をして、自分に覆い被さってきた。
あとはもう、めくるめく体験だった。

セックスだけじゃなく、フェラ、パイズリ、69、クンニ等々、1日で5回もいかされた。
それ以来、その体験が忘れられず、従姉妹ということも忘れて毎日のようにセックスやパイズリ目的で遊びに行った。

後でわかったが従姉妹は彼氏はいないが相当のヤリマンで、いわば""肉便器""状態だったらしい。

夏休みが終わっても週一ペースで遊びに行き、そのまま互いに別々の人と結婚した今でもセフレ状態。

あくまでセックスのみの関係で恋愛感情はない。
さすがに十年以上にもなると飽きてきたが、それでも2ヶ月に1回くらいは嫁さんにバレないようこっそり会って、
パイズリだのフェラだのそしてもちろんもセックスしてる。

しかし、成り行きとはいえ、初めての女性が従姉妹でよかったのかどうか…
いまでも悩んでる。
やっぱ忘れられないのは16の頃、当時の彼女との初エチーだな。
前置き長いかもだけど書かせてもらいまつ。

彼女は1つ年上で部活の先輩。漏れが高校入学当初は部長と付き合ってた。
誰が見てもお似合いのカプールで、内心うらやましいと思ってた。

だけど夏が終わりかけた頃、彼女から頻繁に相談を持ちかけられるようになった。
どうやら部長とうまくいってないらしかった。

二人で会う機会が多くなり、学校さぼってデートなんかもした。
漏れにとってはたった1年年上とは言え、すごく大人っぽく感じてた。
ふとした時にふわっと匂う香水の香りだけで息子が反応しちゃってたっけ。
結局彼女は部長と別れ、漏れと付き合い始めた。

彼女は二人っきりでいる時、よく漏れにいたずらしてきた。
耳に息を吹きかけたり、優しく耳を舐めてきたり。
サクランボーイな漏れにはそれだけでガマン汁ものだった。
反応する漏れを見て彼女は「かわいいー!」って抱きしめてくれてた。
ちょっと大き目の胸が当たってそりゃもうたまらんかった。
でも、経験が無いのでどうしていいかわからなかった。
ただ1つ解っていたのは彼女はすでに経験済みだということ。

ある日自分の部屋でのこと。
やられっぱなしも何なので彼女がしてくるのと同じように耳を攻めてみた。
すると彼女の口からセクシーな声が…当時はAVでしか聞いたことの無い種類の声。
それだけで興奮が最高潮、夢中になって耳をペロペロした。
次第に彼女の息も荒くなってきた。
そして漏れは勇気を出してスカートをめくり、秘所に手を伸ばしてみた。

なんだか下着が湿っぽい…
お腹のあたりから手を入れてみようとしたがうまくいかなかった。
そこで太ももの所から下着をめくってそっと指を入れてみた。
「濡れてるってこんな感じだったのか!!」
当時の漏れが持った感想は「生暖かいぬるぬるしたコンニャク」だった。
にゅるんって指が吸い込まれるように入った。それと同時に彼女の声が大きくなる。
我慢できずに「初めてなんだけど、いい?」と聞くと無言で頷いてくれた。
テンパリながらも漏れは下半身裸になり、ぎこちない手つきで彼女の下着も脱がせた。
一握りの理性が残ってた漏れは「避妊しなきゃ」と思った。

(そういえば財布の中にゴム入ってたっけ。)
当時財布の中にゴムを入れとくとお金が貯まるっていうおまじないのようなのが流行ってた。
なので、漏れは友達に分けてもらったのを財布に忍ばせてあった。
脱ぎ捨てたジーンズから財布を引っ張り出し、ゴムを出して開封。
実は事前に装着の練習はしてあったのでなんとか装着はできた。

「入れていい?」と聞くと「いいよ」とのお答え。
ツレの中で誰よりも早く初エチーできる!と漏れは舞い上がっていた。
しかしいざ入れようとするとうまくいかない。
ここか?それともここか?そんな感じで自分の息子を持って奮闘した。
やがて「にゅーっ」て感じで息子が彼女の中に入った。
「うおお、これが夢にまで見た…」と思ったのもつかの間。
入れて数秒もしない間に逝ってしまった。ゴム着けててヨカタ、とも思った。

初めてとは言え、瞬殺してしまったのが情けなくて彼女に謝った。
「気にしなくていいよ、初めてだもん。それよりN(漏れ)の初めての人になれたことがすごくうれしいよ。」
優しく声をかけてくれたのがうれしくて、漏れは彼女の胸に顔をうずめて泣いた。
あれから10年近くたつが、エチーの時に泣いたのはこれが最初で最後だな。

後日談。
それから数ヶ月、漏れに好きな人ができて別れた。
そして社会人になってから偶然街で再会。

彼女がきれいになったのと懐かしさとで盛り上がり、エチーしちゃいますた。

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.