エッチ体験談

ここでは、「エッチ体験談」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

前編は以下のとおり
日本人個室エステの店長と

3連休前日、仕事が終わってから今年の初Hの知子がいるエステに
予約を入れた。もちろん、知子が相手をしてくれた。

マッサージなど要らない・・・俺は知子と終始イチャイチャした。

知子の絶妙な手淫に俺のチンポはガマン汁をたらたらと流し、
俺は知子に甘えて「おっぱい舐めたい」と言った。

「しょうがないコね・・・まだ店に女の子がいるんだからダメよ」
といいながら、そっとシャツを捲って俺の顔に近づけてくれた。

ブラをずらして俺は知子の乳首をチュウチュウと吸い、
知子の手淫で絶頂寸前・・・

いつもなら気持ちよく発射させてくれるのが、この日は
ピタッと手を止めて俺をイかせてくれない。

「焦らさないでよ・・・」と俺が言うと、微笑みながら
「出したらダメよ・・・」と知子。

するとタイマーがなり
「終了ですよ・・・シャワー浴びてきてくださいね」
と生殺しのまま終わった。

「え?何で?」俺は不満げに聞くと
「一人だけ気持いいのずるいわ。もうすぐ店閉める時間だから、
近くのコンビニかどこかで待ってて、電話するから」と言われて納得。

俺は言われたとおり、店を出てコンビニでコーヒーを飲みながら
待っていると、知子の個人携帯から電話が掛かった。

急いでマンションに戻ると、知子はバスタオルを巻いた姿で出てきた。

「もうシャワー済んだよ・・・はやくして・・・」
鍵を閉めるとバサッとバスタオルが落ち、生まれたままの姿
になる知子。

俺は知子を抱いたまま部屋へ行き、敷いてある布団に押し倒して、
ぐいっと股を開いてアソコを舐めた。

すでにヌルヌルになっており
「もう濡れてるじゃん・・・」と俺が言うと

「あんなにエッチな顔でおっきなおチンチンからおつゆ垂らして・・・
そんなの見せられたら濡れるわ・・・」と知子。

しばらく舐めた後、「オイル借りていい?」と聞いた。
「オイル?どうして?」と知子。

布団脇に置いてあるオイルを手に取り、俺は知子のアソコに塗った。
滑りがよく、俺は手を振って4本の指でクリトリスに刺激を与えた。

「ひゃぁああ~~~っ!」
知子がけたたましく喘ぎ、脚を大きく開いて腰を浮かせた。

俺にしがみつき、泣きそうな瞳で
「イイ~~、イイ~~ッ!」と叫ぶ。

数十秒後、腰を更に浮かせて
「あ゛あ゛あ゛~~~っ!」と低い唸り声で絶頂に達した。

ぎゅっと股を閉じ、ビクビク痙攣する知子の姿に俺は興奮し、
体を割って入れてまだ絶頂の余韻が治まらない知子に挿入した。

知子のアソコは熱くオイルと他の成分でグチュグチュになっていた。
「ァァ・・いい・・・いい・・・」知子は上ずった声で悦んだ。

さっきまで何度も寸止めされた俺は我慢出来ず、
知子の中に大量発射してしまった。

知子の中で俺のチンポがビクンビクンと痙攣すると、
「ぁはぁぁあ・・・」と知子がうっとりした。

チンポを抜くと、大量の精液がどろっと垂れてきた。
知子は指ですくって
「濃いわ・・・最高・・・」と卑猥な視線で俺に言った。

そのままチンポにしゃぶりつくと、ジュルジュルと音を立てて
しゃぶった。

俺のチンポは萎えるどころか、知子のフェラに発射寸前になった。
俺は知子に「後ろ向いて。」と言って四つん這いにさせた。

嬉しそうに四つん這いになり、挿入を求める知子に
少しだけイジワルをした。

中指を入れて、知子の気持いいスポットを指先でいじめると、
ピュピュピュとエッチなおつゆを噴いた。

「挿れて・・・」と知子が切ない声を上げる。
そして一気に挿入。

知子のお尻がパンパンと激しく音を立てた。
「ああ~~奥がイイ~~っ!」知子はさらに膝立ちになり、
俺の首に手を回してキスをしてきた。

俺が少し強めに乳首をつまむと
「もっと強く!」とつねるように求めてきた。

乳首をつねると、
「いいわ~っ!最高よ~~」と悦ぶ知子。

今度は騎乗位になると、上から俺を見下ろす視線が
Sっ気に満ちていた。俺の上で知子はイクまで腰を振った。

俺はイクのを我慢して知子が満足するまで腰を突き上げた。

「もうだめだ・・・」俺が限界を促すと、知子はチンポ抜き、
いつものエロい手淫で絶頂へ導いた。
ビュッビュッと音を立てて精液が飛んだ。

俺は全身の力が抜け、さらに知子は俺の上に跨り
俺は全く動けなかった。

「もっとエッチなの出させてあげる、特別よ」
知子は覇者したばかりの亀頭を責めた。

猛烈なくすぐったさにおれが悶絶すると、更に知子は
嬉しそうに激しくしごいた。

「うわぁあ~~~っ!」
俺が腰を浮かせると、ぶしゃぶしゃと潮を噴いた。

「もっと出るわ。もっと!」さらに責める知子。
俺は頭が真っ白になるほどの快感と苦しさに悶えた。

大量に噴いた後、さらに責められ、俺は途中から
過呼吸になり意識も朦朧としていた。

気がつくと、俺の目から大量の涙が流れており、終了。
放心状態が続いた後、二人で綺麗に掃除してお風呂に入った。

浴室でまったりと普通にSEXをした後、俺達はマンションを後にした。
(投稿者 独身)
ある日本人個室エステでの出来事。その店はマンション個室
タイプで、スタッフは総勢で10人程度はいると思う。

皆、若くて綺麗な20~30代の女性。
ただ、こちらが期待しているサービスはほぼ無い。

そんな中、店長の知子は仲良くなってこっそり手淫で
サービスしてくれていた。

「年末の31日、やってる?」俺がそう聞くと
「31日は休みですよ、30日なら開いてますけど。」
にこやかにそう言われたが

「出張で、帰ってくるのが31日の夕方なんですよ・・・」
と俺が落胆していると
「年明けの4日なら・・・」と言われた。

「4日かぁ・・31日に知子さんに会いたかったんだけど、
休みじゃ仕方ないですね。」と諦めた。

すると、知子はこっそり耳元に顔を近づけ、
「仕方がないコね・・・特別に開けてあげる・・・
こっちの電話に連絡して。」と思いもかけず携帯番号をGETした。

知子は細身の30歳前後の清潔感のある美人タイプ。
俺はわくわくして31日を待った。

そして大晦日、出張から帰ってきたら時刻は午後7時過ぎていた。
急いで携帯に電話をかけると、知子が出た。

「おかえりなさい、一人で待ってますから、ゆっくり来てね。」
と言われた。

ゆっくりなんてしてられず、急いでマンションまで行った。
部屋に通してもらうと、知子一人だった。

そして俺は確信した。いつものマッサージから手淫で終わらないと。
そして通されたのは、いつものマッサージ室ではなく、テレビや
ソファがあるリビング。

テレビを点けて、「何か飲む?ビールもありますよ。」
と知子が言った。

「水が飲みたいな。」
俺がそう言うと、ペットボトルの水を出してくれた。

ソファでテレビを見ていたが、全然内容が入ってこなかった。
そして俺が「何で今日、OKしてくれたんですか?」と聞くと

「私も一人で退屈だし、それに・・・」と言葉を途中で止めた。
俺は察した。

「イチャイチャ・・・したかった?」と聞くと、少し恥ずかしそうに
無言で頷いた。ついにそのままキスをした。

服の上から乳房を揉むと、知子は俺の首に両腕を回して耳元で
「気持ちよくしてくれる?」と囁いた。

「もちろん。」俺はそう答えてまたキスをした。
知子の下半身を触ろうとすると
「お風呂・・・湧いてるから一緒に入ろ。」と俺を見つめた。

「う・・うん・・・」俺は知子から離れて服を脱いた。
知子は立ち上がり、服を脱ぐと、
「ホック外して。」と言った。

ブラのホックを外すと、風呂場まで我慢出来ず俺はしゃぶりついた。
「ァァア・・・だめ・・我慢できなくなっちゃう・・・」
知子が甘い声を上げた。そこで一旦お風呂タイム。

風呂場に行くと、しっかり浴槽にお湯をためてあり準備万端。
頭から足まで知子が丁寧に洗ってくれた。

「もぉ、全然ちっちゃくならないね。」と笑いながら
知子は俺のペニスを軽く手でしごいた。

温まった後、いつものマッサージ室へ移動すると、
暖房も入っており、布団もタオルもしっかり敷いてある。

一気に知子とイチャイチャ始めた。
上下何度も入れ替わりキスをした。

知子の背中に舌を這わせると、
「ハァァ~~」と喘ぎながら鳥肌を立てた。

背中から四つん這いにしてお尻の割れ目、
顔を横にしてじっとり湿っているアソコを丁寧に舐めた。

「こんな恥ずかしい格好で・・イヤ・・・」と嬉しそうに言う知子。
いつもはどこかSっぽい感じで手でしてくれる知子が、
この日は甘えた感じで俺を興奮させた。

たっぷり舐めると、それに応えるように愛液が溢れる。
夢中になって舐めていると
「私も舐めたい。」と求めてきた。

69で舐め合いながら
「やっぱり凄い・・・・硬いオチンチン・・・・」と知子が喜んだ。

「もう・・・挿れたい・・・」俺がそう言うと、微笑みながら
「優しくね。」と知子が言った。

見つめ合いながら、ゆっくり挿入した。
「ハッ・・・ハッ・・・ッ・・・ウッ・・ン~~ン!」
ペニスが知子の中に収まって行くに連れて声が上がった。

「すごい・・すごい・・・おっきい・・・」と興奮しながら
知子の方から腰を振り始めた。

俺がぐっと腰を引き寄せると
「アッ、アッ、すごい奥まで来る~っ!」と叫んだ。

結合部からグチュグチュと卑猥な音が聞こえた。
知子のアソコの中は熱く、目を半開きで快感に震える知子の
姿に俺は凄く興奮した。

対面座位で知子の乳房をしゃぶると、知子は俺の髪を
ぐちゃぐちゃにしながら喘ぎ
「キスして・・・・」と斜め上から言った。

俺が顔を見上げると、知子は舌を絡めてすごい吸引力で
俺の舌を吸った。

次にそのまま俺は後ろに倒れ込み、騎乗位になった。
知子は俺の上で腰を振り、
「イキそう・・イキそう」と連呼した。

「イッて・・・イッていいよ!」と俺が下から突き上げると
「イヤ・・恥ずかしい・・恥ずかしい・・・イク・・・イヤ・・・恥ずかしい」
と言いながら、

最後は「イク~~っ!」と叫び、崩れ落ちた。
俺はそのまま知子を抱き、正常位でフィニッシュに向かった。

「一杯出して・・・一杯・・・」と朦朧とした知子が言った。
「ああっ!イクっ!!」

俺はペニスを抜くと、知子が両手で俺のペニスを包んで扱いた。
知子の体の上にドピュドピュと白い精液が撒き散らされた。

知子は最後の一滴までしっかり手で絞り出し、俺はビクビク
震えながら知子をそのまま抱きしめた。

お互いうっとりした表情で、キスをした。
余韻に浸る中、遠くから除夜の鐘が聞こえてきた。

「紅白・・どっちが勝ったかな?」と知子が言った。
「年が明けたら・・・姫始め・・お願いします・・・」と俺が言うと
「ばかっ!」と軽く頭を小突かれた。

しかしその数十分後には、知子は俺のペニスを嬉しそうに
しゃぶっていた。
(投稿者 独身)

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.