エッチ体験談

ここでは、「エッチ体験談」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

前編は以下のとおり
不倫で知った本当のセックスの歓びと秘密のパートナー
不倫で知った本当のセックスの歓びと秘密のパートナー  続編

夫が帰ってきましたが、私はいつものように
「お帰りなさい、先にお風呂?」と聞き、まっ
たく普段通りで、夫は何も気が付きません。

その日の夜遅く彼から
「今日はありがとう!これからもよろしくね!」
というメールが入りました。

次の日もその次の日も私はあのラブホでの
情事を思い出すと自然に顔がほてってしま
い、あそこが濡れてきてしまいました。

そんな事から自然に彼との関係は深くなり、
互いの都合を合わせて、月2回くらい、
目くるめくような逢瀬を繰り返しています。

何度か一泊旅行もしました。
でも、私はまったく後悔していません。

これからも秘密のパートナーとして、からだも
心も深く繋がっていきたいと思います。

その年の初秋の頃だったかと思います。
もう何度も逢瀬を繰り返しているのですが、
さすがにいつもプールの駐車場で待ち
合わせすると目立ってしまうので、

3回目くらいから彼から連絡があると、私が家
を出てしばらく行った、あまり人も車も通らない
道を歩いている時に、彼の車が私を拾うことに
しました。

何だかそんな秘密の行動そのものがドキドキ
する感じで、もうその時から気分が高潮してきて
からだが疼いてしまい、あそこが濡れ始めます。

だいぶ慣れてきたせいもあって、車に乗った時、
ご挨拶のように、私は彼の股間に手をやり、
ズボンの上からオチ〇チンを握ります。

彼もお返しに私のミニスカートをまくって
左手でアソコをスリスリします。

互いに目を合わせてほほえんで軽く
キスをして、車は発車します。

その日は少し遠出して伊豆の網代にある
ひなびた旅館の日帰り温泉旅行に行くこと
になっています。

そこは温泉の屋上に小さな温泉プールが
あって、そこを貸し切って海を見ながら・・・・
しよう。という企画だそうです。

そこまでは高速を乗って、135号線に出て
行きます。

網代辺りは波打ち際に松が茂っていてひな
びた感じが出ていてそれだけでゆったりした
気分になります。

その旅館に11時ころ着きました。仲居さんが
私たちを個室に招いてくれ、そこで一休みです。

まず浴衣に着替えて、お茶をいただきました。
布団を使うのはOKですが、経費節減で
セルフサービスでお願いしますとの事。

早速彼は布団を出して、マットレス、敷き布団
を井桁に組みました。

ダブルベッドのような広さになり(なーるほど)、
早速二人は浴衣を脱ぎ捨てて布団に入りました。

もう最初の時から、二人でする事は決まっている
し、二人とも相手をジッと見て微笑み、気持ちの
高ぶりを覚えつつ、抱き合って舌を絡めた
ディープキスから始まります。

もうそれからは、二人の官能のおもむくままに
進んでいきます。

彼はいつものように私のカラダの隅々まで
舐め回してきます。
もうこれだけで私は逝ってしまいます。

乳首を甘噛みされて耳に息を吹きかけられて
舐められるともうダメです。

膣口から愛液が流れ出します。
彼の肉棒もいきり立ってきています。

それから、彼が私のクリや膣口を舌で舐め、
クリを口をすぼめて吸ったり舌で転がされると
もう我慢ができなくなり、

「オチ〇チン咥えたい」と言って69にして
もらいます。

でも、私が彼の大きな肉棒を咥える間もなく、
彼のクリニングスが勝って、

私は(アァー・・)と声を出して肉棒を離して
しまいます。

そんな事をしている内に私が我慢できなくなり
「入れてぇ・・!」と叫びます。

「エッ?何を入れて欲しいの?」
「・・・・」

「黙ってちゃ分からないよ、言ってごらん?」
「あなたの・・・」

「・・・じゃ分からない、何?」
「あなたのオチ〇チン・・」

「どこに?」
「私のオマ〇コにィ・・」

「最初から全部言ってごらん?」
「・・・あなたのオチ〇チン・・を・・
私のオマ〇コにィ・・入れてくださいィ」

最初は恥ずかしくて言えなかった言葉も
言えるようになり、その言葉でまた興奮
してきます。そして、彼が入ってきます。

もうそれからは二人の官能のままに夢の
世界に浸っていきます。

深呼吸しながら、アァ・・、ヒィ・・、とか
大声を出してしまいます。

多分、仲居さんにも聞こえているでしょうけど、
もう構いません。

そしていつものように私がコアラのように
彼の首や腰に私の手足を絡めてディープキス
をしながら正常位で二人一緒に天国に逝って
しまいます。

愛液と精液が混ざってシーツを濡らしてしまい
ました。そしてしばらく肉棒を入れたまま抱き
合っています。
(投稿者 嶋田尚子)
前編は以下のとおり
不倫で知った本当のセックスの歓びと秘密のパートナー

ラブホのドアを開け、中に私を押し込むと、
後ろから抱きしめられ、うなじや耳にキス
攻撃をしてきました。

私はその瞬間、息を吸い込んで快感が溢れて
のけ反りました。

彼は私をクルッと廻し、軽くキスをしたと思うと
舌を差し入れてきてもう、私は快感で目が開
いてしまい、ディープキスをされながらも
嬉しさで笑ってしまっています。

彼は私をお姫様抱っこしてベッドに運び、
私に覆い被さってキス攻撃です。

キスをしながら私の胸を触り、なで回します。
もう私もすべてを忘れ、彼にしがみついて、
彼のなすがままにされています。

私のワンピースの背中のジッパーを降ろし、
脱がし、私をブラとパンティだけにして
胸をいたぶります。

もう乳首はピンと立ってしまい、ブラをハズして
胸を舐め回します。アァ・・・と自然に声が出て、
もうからだは緩んだままです。

彼は乳首、耳、うなじ、と舐め回し続け、私は深
い深呼吸をしながら彼の頭を抱いてしまいました。

それから彼は乳を舐め回しながら右手で私の
割れ目に指を這わせてきました。

時々自分でオナニーをする事もあるのですが、
彼の指先の動きはそれ以上の快感で、
自然に声が大きくなってきます。

もうパンティは濡れて透き通ってしまい、
クチュクチュ音を立てています。

自然に私の足はM字型になってしまい、
彼は段々下がってパンティの上からクリや
膣口を舐め回します。

もうダメ、ダメ、こんな快感、生まれて初めてです。
頭はもう真っ白、何を言ったのか覚えていません。

彼の右手は左乳首をこね回しながら、
彼は私のパンティを脱がしました。

脱がす時私は自然に腰を浮かし、脱がしや
すいように手伝いました。

そして、彼は自分の服を脱いで上半身裸、
トランクスも脱ぎました。

ちょっと薄目で彼のモノを見ましたが、
太くて長くて、上を向いてそそり立っています。

二人共生まれたばかりの姿になってしっかりと
抱き合いました。

彼は「生でいいかな?」と聞いてきたので、
「大丈夫よ」と答えました。

それを聞いて彼は嬉しくなったみたいで、その長く
て太い肉棒をゆっくり私の膣口に入れてきました。

もう愛液が垂れるほど滲みているので、その太さ、
長さも問題なく、スルリと入っていきます。

最初はゆっくり、試すようにちょっと入れては引いて、
またちょっと入れては引いての繰り返し。

これが何とも心地いい。
最後に彼の肉棒全部を私の膣が飲み込みました。

そのスッポリ入っている肉棒の根元を私はしっかり
見ました。

(アァ・・夫と違う肉棒が入ってる・・。夫と比べもの
にならない!・・。カリが子宮口に当たる・・。
どんどん大きくなってくる・・・。)

正常位で彼が入ってきます。彼が両手を私の脇
に立てて、私は彼の首に手を廻し、足は彼の腰
に巻き付け踵で彼の腰をおさえます・・・。

後で彼から『もっと入れてぇ・・、奥まで入れてぇ!』
と絶叫してたよ、と聞きましたが、覚えていません。

もう、記憶が遠のいてしまっていますが、それから
そのまま私が起き上がって座位に移り、そして
私が上の騎乗位になってズンズンとしました。

もう私の膣は痙攣しまくりで、彼の肉棒を
締め上げたそうです。

特に膣口の締め付けが強く、根元を締め
付けられるので、益々肉棒は大きく、
太くなるそうで、彼は喜んでいました。

しばらく激しくピストンをしたかと思えば、
ゆっくりペースになって肉棒で膣をかき回す・・・。

そんな女のからだを知り尽くしたような所作
をされて、私は何度も逝ってしまいました。

セックスってこんなに素晴らしいんだ・・・
と初めて知りました。

2時間くらい、ズッと繋がったまま、
いろいろ体位を変えて交わりました。

もう、ベッドのシーツは濡れて滲みてしまいました。

最後に彼は正常位に戻り、
「行くよッ、一緒に行こぉ!」と言い
「私も行くぅ!」と答え、

は野獣のようなうなり声を上げて猛烈ピストン
運動をしてます。

私ものけ反って白目になって膣は痙攣し、彼の
「アァ-ッ」という絶叫と共に肉棒が膣の奥まで
突き入ってきて二人一緒に逝きました。

しばらく肉棒が膣の中でドクドクと脈打って、
温かい精子が発射されました。

私の膣は5分くらい彼の肉棒をきつく咥えたまま
二人は抱き合っていましたが、自然に肉棒は
抜けて彼は横になって寝てしまいました。

私は起き上がってバスルームに行き、カ
ラダを洗って、ベッドに戻り、30分ほど彼に
添い寝してから、ラブホを出て帰りました。

家に着いたのは17時頃でした。腰の周りは
腫れ上がった感じで少しヨタヨタした感じで
家まで歩きました。

夫が帰るのはいつも19時頃なので、それから
晩ご飯の準備です。これが初めての不倫でした。
(投稿者 嶋田尚子)

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.