エッチ体験談

ここでは、「エッチ体験談」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

前編は以下のとおり
腹筋貧乳美女を寝取った

その後はとにかくお互いの家で会って、朝解散する
という関係でした。

向こうの家の方が遠いので、行った時は最寄り駅まで車で
送り迎えしてくれて、そこまでの電車賃とお酒を出してくれる
って流れでした。

これほどに都合の良い関係というのは、もう築けないんじゃないか
と今でも思います。思い出すだけで、オカズにできるくらいです。

夜はお酒を口移しだけで何本か空けて、2時間くらいかけて
じっくり一度セックスします。

朝は朝立ちのまま入れて、10分くらいでサッと済ませます。

なぜか毎回濡れていてすぐ入るので、女も朝濡れするんだねー
とか言ってましたけど、彼女は全くそんなことないので、
あの子は事前に準備していたのかもしれません。笑

それが、定着したルーティンでした。

朝精子を飲んで職場に向かう様子をズボラだなーと思っていたけど、
同時におれの物ってマーキングしてるみたいで、
征服感がすごくあって、楽しかったですね。

お互い恋人が性的な意味で淡白だったので、
とにかくやりたいことをやるようにしてました。

例えば、向こうは結構見られて興奮するタイプで、
肛門とか開いてマジマジ見られるのが好きでした。

自分は汁という汁を飲ませるのが好きで、口移しもそうだし、
精子や、ちんちんについた向こうの汁やら、口に含ませる
のが好きでした。

恋人には恥ずかしくて頼めなかったり、それでいて不満に
思ってたり、そういうのを解消できてたのかなーと思います。

結果的にこれだけのことをしておきながら、本来の恋人と
関係が危なくなることは全くなく、むしろ性的な部分を
求めないことによって、うまくいってさえいました。

さて、本題というか寝取ったっぽい話をします。
夜の2時間コースの時によくお互いの恋人の話をしました。

どういうデートをしただの、喧嘩しただの、本当に友達同士が
話すようなことを話しながら、ヤるのは非常に興奮しました。

ちんこ入れながら明日のデートどこ行こうかなって相談を
まじで受けたりもしてたので、非日常な感じがすごいし、
お互いわりと頭バグってたと思います。

そしてもちろん、エロい話もしました。

彼に教わったというフェラを試させて、ああでもないこうでもないと、
彼と自分の折衷案的なフェラを研究したりしました。

ただ、彼の方がだいぶちんこが大きいらしく、
毎回変な誤差が生じてました。

それでも、彼よりおれの方が気持ちいいとテンプレのように
毎回自発的に言ってくれたので、きっと男は大きさじゃないんだな
と勇気付けられてました。

本当に盛り上げ上手なセフレです。

セックスで一回だけ暴発して、軽く中出ししてしまったことが
ありましたが、がっつり奥では出したことないです。

中出しごっこということで、直前に抜いてあそこにかける
っていうのをよくやる時期はありましたけど。

ちなみに、彼氏とは絶対ゴムしてると常々言ってたので、
生でやること自体僕だけだったぽいです。

なので、暴発した時は、妊娠したら絶対僕の子だって言われてました。

妊娠は結構興奮するワードの1つで、妊娠させてやる~とか
妊娠しちゃう~とかお互いによく言ってたんですけど、
結局全く子どもはできなかったですね。

付き合ってる彼氏の顔は頑なに見せてくれなかったので、
ハメながら問い詰めて、ツーショット写真を見つけ、
僕も知ってる人だと発覚しました。

元々、その彼氏主催のホームパーティーで自分とこの子は
知り合ったので、がっつり家にも上がっちゃってます。

そりゃ友達に絶対言うなと念押しされるわけですよね。

けど、そのパーティー以降一度も会ってないので、
彼氏になってからは会ったことないです。
自称経営者でタワマンに住んでるいけ好かないやつでした。

結局、その子とは急に連絡途絶えて終わりました。
ライン送っても既読すらつかないので、ブロックされたんだと思います。

彼氏にバレたのか妊娠したのかどっちかだろうと想像してます。

フェラしてもらいながら、テレビ見たり、彼氏のラインをおれが
代わりに返したり、本当にカジュアルな関係だったので本当に残念です。
元々セフレだった女に彼氏ができて、結果的に寝取っていた話

もう関係は終わってるんだけど、彼氏できる前1ヶ月、
彼氏できてから1年くらいなので寝取り期間の方が長いです

女の顔は、UQのCMの三女(永野芽郁)で想像してくれれば近いです。
体を鍛えるのが好きで、いつもトレーニングをしている
アスリート気質な子でした。

そのため胸は無いし背も小さいけど、腹筋バキバキで、全体的に
筋肉質で締まっているので、脱がすと妙にエロかったです(笑)

知り合った時は結構好みだなと思っていて、初めて2人で
遊んだ時に自分から告白しました。

他に好きな人がいるとフラれたんですが、その晩お情けに
ヤらせてもらって、以降週一くらいでセックスする関係になりました。

しばらくはその子のことが諦められないままで、昼のデート
などにも誘ったんですが、結局その好きな人と付き合うのを
止められませんでした。

「あの人と付き合うことになったから」
と自分が入れている時に報告され、リアルにちんちんが萎みました笑

一回抜いてフェラしてもらって、流れで強引に生で入れました。
彼氏できたなら、もう会わないだろうし、こいつとはどうなってもいいや
と思ったんです。

ただ、意外にも向こうはそれに対して怒っていなくて、
逆にノリノリでお掃除フェラしてくれて、
こいつ付き合ったらヤバいやつんじゃないかと思い始めました。

その翌朝は、向こうが朝のランニング後、フェラで起こしてきて、
気づいたら中に入ってて、お前彼氏できたんじゃないの?と
割とコンフュでした。

その日を境に、好きという気持ちは冷め、性の対象としか
見れなくなりました。自分も自分で別に彼女を作りました。

お互いが恋人に会えない時に、セックスするためだけに会う
という関係が始まったのでした。
長文で申し訳ありませんが、ここまでがプロローグです。

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.