エッチ体験談

ここでは、「エッチ体験談」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

某宗教の修行中、俺が勤める所に散策に来てた女性と付き合ったことがある(隠れて)。

当時相手は23歳、洋服の販売員をしていて色白で目が大きくにっこりした笑顔とストレートのロングヘアが上品だった。

が、しかし、昼は貞淑、夜は売春婦てなくらいスイッチが入るとエロエロ。

ファッションらしいんだけど、冬以外はガーター着用。
もうガーターってだけでこっちも興奮しまくり。
スカートからチラッと見えたときは目が点。
初めて見たからね。

一応こっちは修行中の身、なるべく平常心を保たねばならないし、性欲というのも表に出さないようにしていた。

しかし隣のぷるぷるの唇に我慢できなくなり、ひと気の無い夜の道でキスしてしまった。

そしたらなんと「私と堕落しませんか?」と。
そりゃもうその後堕落しまくりですよ。

彼女を抱きしめて背中やら尻やら撫でまわし、首筋を舐め胸を揉みまくり。

彼女が「アァッ」と小さな喘ぎ声を出して我に返り、
誰にも見られていなかったことにホッとした。

そして彼女の手を握りラブホへ直行。
途中のコンビニでゴムと飲物を速攻買うのは忘れなかったw
俺こんなに溜まってたんかなと思うくらい獣になったね。

彼女を引っ張るように部屋に入れ、たと思ったら襲った。
スカートを捲くりあげてパンツを剥ぎ取り
割れ目に指を差し込み前後に擦った。
そしたら、もう濡れ濡れ。

そのまま指を入れると彼女は俺の首にしがみつき
「ああああああ!」て。
左手でセーターとブラを捲くり上げて胸を掴み
乳首吸い。どんどん固くなる乳首。
舌でこねくりまわし右手は中指をピストン。
彼女が「キスして」というからディープキス。

彼女を後ろ向きにして壁に手をつかせ、尻を突き出させ、マンを舐め捲くり。
舌でクリからケツまで舐め上げ指でクリを攻撃。
耐えられないのか彼女は「ああああ」と喘ぎながら、尻をやらしく回すんだよ。

もうほんとその姿がエロくて俺もう耐えられなくて、
床に落ちたコンビニの袋から急いでゴムを出し
ジーパンとトランクスを脱いでゴム装着。

一気に挿入。突きまくった。

彼女の頭がゴンゴン壁にぶつかってるのに途中で気付いたから
途中で彼女を床に寝かせ、正常位。

その後彼女を起こして騎乗位。
クリも当たるように密着させると腰を回し出した。

喘ぎ声も少しゆっくりに「あぁ・・あぁ・・・」。
目の前で揺れる白い胸といやらしい腰。
我慢できなくなり下から突き上げた。

1分もしないうちに彼女は「アッアッアッアッダメッもう・・ぁあああああ・・・!」
俺も一緒に逝きました。

その後もお風呂に入ってお互いの体を洗いっこしながら
舐めたり舐められたり。石鹸がちと苦かった。

その彼女とはあんまり会えなかったけど2年くらい付き合った。

オナニさせたりバイブ入れたり、エロ下着屋で
股割れパンツと乳首見えブラとか買って着せたり、
映画館でその股割れパンツから指入れて喘がせたりと
結構楽しかった。

今付き合ってたら携帯で動画を撮るのになぁ・・・・。
騎乗位のあのやらしい腰使いが忘れられない。

俺がスポーツカメラマンになって駆け出しの頃の話です。

当時は岡本綾子全盛だったんだけど、有名芸能人との関係が噂になって、グラビアに自慢の爆乳を水着で披露していた女子プロゴルファーって言ったら判るかな?

ツアーに帯同してるカメラマンが自分以外に何人かいたけど、年10ヶ月で一週間のうち4日も一緒になるのでその選手とは結構親しい付き合いになった。

ある日宿が取れなくって車内泊をしようとしてたとき、彼女が自分の部屋に泊めてくれたんだ。

部屋に行ってみると彼女は食事から帰ってきたところだったようで少し酔っていた。

その紅潮した表情がいつも撮っている彼女以上に艶っぽく、俺も思わずドキドキしてしまった。

そして、今後の仕事に支障があるかかなり迷ったが、毎日激写してきた彼女の爆乳と巨尻を喰える機会は今後無いかもと思い、寝てしまったんだ。

スポーツ選手の彼女のセックスはかなり激しくて自分の上に跨り、パックリ咥え込み騎乗位で自慢の爆乳をブルンブルン揺らしながら腰を使いまくってきた。

一戦終わって余韻に浸っていると、彼女はそそくさと風呂に入っていった。

「あれ?満足していないのか?俺にとって被写体の彼女に不満を持たせては いかん」と思い、俺も続いて風呂に入ったんだ。

そして一緒に湯船に浸かると彼女の爆乳はお湯の中で浮き上がるような感じで、俺の視野に入ってきた。

明日も早いから、風呂から上がったらすぐ寝ると彼女は言っていたが、そんなエロイ彼女の姿を見てしまった俺は今度こそ主導権を握ってやると心に誓い、後ろから激しく爆乳を揉みしだいた。

さすがスポーツ選手で筋肉のせいか張りのある乳だったが、乳輪の大きさは豪快で乳首と一緒に攻めまくった。

そして彼女の巨尻を鷲掴み、浴室の中で立ったまま後ろから激しく貫きまくった。彼女が膝から崩れ落ちるのも許さずに。

激しいセックスは翌日の成績にも響くかとも思い心配だったが、彼女は欲求不満が解消できたせいか、好成績だったから安心だったよ。

後日、他のカメラマンと話したら彼女と寝たカメラマンは他にもいたみたい。

そのときはさすがにスポーツ選手って、女でも体力あるんだなって思ったよ。

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.