エッチ体験談

ここでは、「エッチ体験談」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

前編は以下のとおり
身長が高い巨乳の同級生と

気がつくとベッドの上でジャージのチャックを開け、
Tシャツの上から胸を揉んでいた。

ソファに座り、俺は乳房を舐めながらKのパンティを触ると、
Kの方もぐっしょり濡れていた。

「Kも凄い濡れてるよ」と俺が言うと
「やだ恥ずかしい」と視線を逸らすK。

俺はどうしても我慢できずKのパンティに手を掛けた。

「ヤダヤダ・・だめ・・・」
Kが拒んだが俺は少し強引にパンティを脱がせた。

実は俺も生まれて初めて見たアソコに興奮が止まらなかった。
俺は夢中でKの股間にしゃぶりつき、ベロベロとアソコを舐めた。

「やだったら!止めてっ!!」
最初はバタバタと暴れていたが、Kのアソコからは
俺の唾液とは違う液体が溢れていた。

「大丈夫だから・・・」
俺がKの両脚をぐっと開いてチロチロ舐めると
「ぁぁ・・・んふぅ・・・んはぁ・・・」と喘ぎ始めた。

「気持ちいい?」と聞くと
「・・・いい・・」とK。

その頃にはすっかり大人しくなっていた。

白い肌に産毛のような薄い恥毛、
アソコはピンク色で俺は暫く夢中で舐めていた。

ピチャピチャという音とKの喘ぎ声だけが部屋に響いていた。

「ねぇ、K・・・挿れたい。」
俺がそう言うと

「だめ・・それはダメ・・・無理やりしたら騒ぐからね・・・」
と拒絶された。

しばらく食い下がったが、どうしてもダメだと断られた。

仕方なく、Kが股を閉じ、俺がチンポを閉じた股に挿れて
アソコの割れ目で擦る事だけは許してくれた。

Kと見つめ合いながら、俺は必死で腰を振った。
「Y君・・・すごいエッチな顔してる・・」Kが言った。

「K・・気持ちいいよ・・・」
俺のチンポはガマン汁と割れ目から溢れる蜜で
ヌルヌルになっていた。

俺は挿れたいという気持ちを必死で押さえながら腰を振った。

「ああっ、イキそう!!K、見てっ!!」
俺がチンポをKの股から抜き、薄い恥毛の上に乗せた瞬間、
すごい勢いで白い液体がビュビュッと飛んだ。

Kの顎まで飛び、体の上に大量にぶち撒けた。

「きゃっ!すごいっ!!」
Kは初めて見る射精の瞬間に驚いていた。

終わった瞬間、なぜか二人で爆笑した。
夏休みにはKと俺はめでたく合体することが出来た。
(投稿者 YM)
高1の夏休み前、クラスマッチというクラス対抗のスポーツ大会
があり、その日は俺達のクラスの仲間で打ち上げをやっていた。

場所はKという女子の家で、集まったのは男女合わせて20人弱。
当日は日曜日のクラスマッチの振替で月曜日。

Kの家は少し田舎の方で庭がとてつもなく広く、
そこで皆でバーベキューをした。

バーベキュー後は、これまた広い部屋で10人程度が
残って騒いでいた。

Kは身長が高く大柄だったせいか人気はあまりなかったが、
笑顔が可愛く、また胸も大きく俺にはどストライクだった。
しばらくすると、「ボーリングに行こう」となった。

Kが片付けをしたら追いかける、という話になったが、
俺は「一人で片付けるのは悪いから手伝うよ」
とポイントアップ作戦。

俺とKが残り、皆はボーリング場へ向かった。
「Y君、優しいね、ありがとう。」
Kがそう言うと俺は気分が良かった。

洗い物、片付け、掃除を終えると
「Y君、少し休んで」
と言って冷蔵庫から缶コーヒーを出してくれた。

俺がいつも飲んでいる銘柄の缶コーヒーに
「何でこれ?」と聞くと
「いつも・・飲んでるでしょ?だから好きなんだな~って」とK。

俺は照れ隠しに
「もしかして俺の事気になってたりして~?」とちゃかすと
「嫌いじゃないよ・・」とK。

何か急に緊張した。ソファに座って並んで
缶コーヒーを飲むと、そっと肩に手を回してみた。

「そういうの・・ヤダ」
Kがすっと立ち上がり、流しの方へ。

気まずくなったが、少しするとまたソファに戻ってきた。
気まずくて何も出来ないでいると、Kの方から
頭を俺の肩に寄せてきた。

キスをしようとすると「ほっぺ」と言って唇を逸らせたが、
俺はKの頬にキスをした。

俺の視線は服の上からでも分かる大きな乳房・・・

「触っていい?」と言いながら俺はKの胸を触っていた。
「もう触ってるじゃん・・」とK。

高1の俺の股間はとんでもなく硬くなり、
ズボンがはち切れそうになっていた。

「すごい・・男の人って・・・こんなになるの?」
Kは笑いながら指先でツンツンと俺の股間を触った。

いつの間にか俺はKの服の中に手を挿れて
乳房を直接触っていた。

Kも興奮してきたのか、「んふぅ・・っはぁ・・・」
と吐息を漏らしていた。

「ねぇ、おっぱい見ていい?」俺が聞くと、
Kは「しょうがない人・・・」と言いながら服を脱いだ。

すごいボリュームの乳房、淡いピンク色の乳首を晒し、
Kは恥ずかしそうだった。

「うわぁ・・綺麗・・・柔らかい・・・」
俺が感動して乳房を揉みながら、乳首に唇を近づけた。

「アッ・・・ァァ・・・ん」
Kの甘い声が俺を狂わせた。

「ねぇY君・・・ズボン濡れてるよ。」
テントの先っぽがガマン汁で濡れていた。

「ねぇ、チンチン見たことあるの?」と俺が聞くと
「ない。」とK。

「見たい?」
「うん」

俺がズボンを脱ぐと、亀頭がヌルヌルになったチンポが
窮屈な場所から解放され姿を現した。

「すご~~い!」Kが目を輝かせてチンポに釘付けになった。
俺はKの乳房を吸いながら、Kにチンポを握らせた。

そして我慢できなくなり
「Kのも見たい・・・」と言った。

「それはダメ・・」拒むK。
「お願い!お願い!!」

俺が何度も頼み込むとしぶしぶKがズボンを脱いで
「下着までだよ」と言ってパンティ一枚になってくれた。

気がつくとベッドの上でジャージのチャックを開け、
Tシャツの上から胸を揉んでいた。(次回へ続く)
(投稿者 YM)

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.