男性専用 学生時代の体験談

ここでは、「男性専用 学生時代の体験談」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

中学3年の時にやたら可愛い女(A子)が転入してきた。

隣の席になって色々話してたら、
どうやら前の学校で素行がひどくて親に持て余されて、
祖父母の家に預けられたんだと。

こっちは田舎だから本当に遊ぶところが遠くて
DQNグループなんか下校しないで教室の一か所に集まって
5時位まで遊んでから帰るんだけど、

何故かA子も転入してきて3日目位から加わり始めた。

なにせ可愛い女に耐性の無い俺らはテンションが上がって、
いつもより会話が弾んで楽しい放課後を数日過ごした。

だんだんA子が居る事にも慣れ始めてきて、
そのうち俺達も下ネタとか出し始めるようになってきた。

で、俺が
「なあ、A子みたいな可愛い子って普段どんなパンツ履いてるの?」
って冗談交じりに聞いてみた。

A子は嫌そうな顔もせずに
「えー?他の子とあまり変わらないと思うよー?」
と言いながら、自分でピラっとスカートを捲って確認した。

もちろん俺らも丸見えの状態で。

いや・・・普通は紫のレースなんて履いてないだろ
と全員で突っ込んだり、
「もう一回見せて!」とか大盛り上がり

A子「もしかしてみんな童貞?」
一同「え?童貞だけど?A子経験あるの?」

A子「あるよー。みんなのこと嫌いじゃないし、なんだったら経験してみる?」
なんて耳を疑うような言葉が出てきた。

そう、A子は見かけによらずに凄まじいビッチだった。

A子「でも今日は何も準備できてないからだめだよ?明日で良いなら
ちゃんと準備してきてね。ゴムは勿論だけど、指入れるなら
爪もちゃんと切ってきてね?」

すげーツワモノだわこの女。
そして翌日の放課後、教室に残ってる俺たちとA子。

さすがにいくら仲間だからって、やってる姿は男には見られたくないから
みんなでグラウンド脇にある用具入れの建物に移動した。

その一角に、高跳び用のスポンジクッションを格納している。
用具入れにA子が入り、俺たちは順番に一人づつ経験していった。

一番最後が俺の番で、無事に終わりゴムを外していると、
扉が開いた。 生活指導の教師だった。

A子は服を着させられ、先生の隣に立ち、
対面する形で俺たちが立たされた。
それぞれが使用済みでタプンタプンしてるゴム持ったまま。

教師はA子が転入してきた事情も勿論知っているだろうし、
なにせ俺ら全員ゴムつけて順番にやってるから、
大体の事情は解ってると今なら俺も思うけど、

とっさに俺の口から出た言葉は、

「俺たちが強引にやりましたA子は転入したてで
俺たちが怖くて断り切れなかったんだと思います」
だった。

俺たちはスタスタとA子の前に歩み寄って
「ごめんなさい」とだけ言って頭を下げた。

A子はこんなかばわれ方するとは思ってなかったのか、
ギャン泣き。

教師も混乱して、話は明日聞くってことでとりあえず帰された
とりあえず帰って、着替えてから速攻でA子の家に行った。

「お前は俺たちの言うとおりに口裏あわせてくれればいいから。
俺たちは謝って反省してるみたいだし、
私も大ごとにしたくないですって言っとけ」

A子は俺の指示通り先生に告げた。

俺たちは反省文と二週間の自宅謹慎、A子はお咎めなしでおわった。
あの時の連中とA子しか当時の出来事は知らない。
前編は以下のとおり
フェラチオ初体験は声をかけてきた大人の女
フェラチオ初体験は声をかけてきた大人の女 続編

俺は女にされるままにしながら、手を乳へと差し伸べた。
乳は見た目より弾力があり、俺の手指を押し返す。
乳首は小さめ、乳輪は薄いベージュ。

女「まだだーめ」
女に制せられ、ひっこむ。

女は下半身が終わると上半身を軽く洗って流すと、
俺に先に出ているように命じた。

部屋の照明はダウンライト。というか、一般家庭の蛍光灯の小さいランプ。
薄暗い中で女の息遣いが身近に感じる。4畳の狭い部屋が妙に暑かった。

女「初めてだよね? エッチ」
俺「はいええ...」

女「おばさんだけどいいのね?」
俺「お願いします」
なんてベタな会話があったのかもしれないが、覚えていない。

女はキスはしてくれなかったが、
最初に俺の首筋に柔らかい舌を這わせてきた。

次いで、鎖骨のくぼみをぺちゃぺちゃと湿り気のある音を高く舐め上げる。

女「やらしいでしょ?」
乳首を指でいじられたあと、そこへも舌が。

部屋の温度が高かっただけなのか、無性に汗がしたたった。
汗に混じり、女の唾液が舌を伝って、腹のところどころくぼんだ辺りに溜まる。

フェラはいつもされているから慣れていたが、仰臥し、
ぴんと脚を張ることができる体勢では気持ちよさのランクが違った。

女「んっ、んっ、んっ、んっ...」ジュプジュプジュプ
俺「うっんっ... んあぁぁあ」ピュッ

あっという間に一回目の射精に至ってしまった。

女「いうもよい...っえ、早いね」
精液をティッシュへ吐き出しながら女が笑う。

今では1日2回やると限界だが、その当時の俺は
多くの男子がそうであるように5回は余裕だった。

3分程度休憩すると、ちんこは若干過敏だが(矛盾)
ギンギンの状態が再びやってきた。

女「じゃあそろそろ入れちゃう?」
女の提案にもちろん否やは無かった。

これもまた初めてであるが、女に仰向けの状態でゴムを被せてもらって、
そのまま騎乗位で入れてもらった。

よく女の中はあったかいというが、そんな感覚は無かった。
俺のちんこの温度の方が高かったからだろう。

女「痛くない?」
俺「はい...」

女「じゃあ動くよ」
女は俺の胸にもろ手をついて、上下の運動を開始した。

あらかじめまんこにローションか何かを仕込んでいたようで、
湿り気は申し分ない。

ニチャ、グチャ、チャ、チャ、ンチャ...
女がケツを持ち上げ、ちんぽの亀頭を残して引き抜くたび、
湿った音が聞こえた。

俺はただ興奮していた。
と、女がちんこの出し入れをしながら、肩についた右手を俺の顔へと差し向けた。

俺「どう、はっ、したの、はっ、はっ?」
女は応えず、俺の口に人差し指を差し込んできた。

ちんこの出し入れの刺激のたび、俺の全身の筋肉は緊張し、
女の指に前歯が食い込む。

俺「痛いでしょ? はっ、はっ」
女「大丈夫。こうするのが好きなの」

その言葉を聴いたとき、最大の痙攣が起こった。
目を硬く閉じ、体内からありったけを絞るように、絶頂に達した。

あまりの快感にぼうっとしながら、薄目をあけると、
女は歯形が付いたであろう己の人差し指を舐めながら俺を笑っていた。

素人童貞なんて言葉は知らなかったが、
これが俺の初めてのセックスに変わりは無い。

今でもあの女のうっすら汗ばんだ肌とぬらぬらと黒いまんこの割れ目を
思い出すと居ても立っても居られない気分になってしまう。

射精したあと、添い寝をしながら、いじらせてもらえなかった
おっぱいを揉ませてもらい、まんこに軽く指入れもさせてもらった。

そうしてこの年が終わり、もうすぐ春がやってこようという頃、
女がいなくなった。

それまでも、別の客をとっていたか、たまたまその日来れなかったか、
女に会えない日はたまにあったが。

が、それでも一週間を超えることはなかったんだが、
そのときは二週、三週...と女の姿をあの街路に見出せない日々が続いた。

今になって思えば、その道に立つ女と裏の人たちとの契約が切れたか、
警察の摘発にあったか、廃業したかなのだが、
それ以来、その女とは会うことはなくなった。

あの女は今どこで何をしているのだろうか?
俺はといえば、フェラを覚えるのは異常に早かったが、いまだに素人童貞である。

女と出会って物入りが一年続いたため、
当時毎週買っていたジャンプを立ち読みで済ますことになり、
ワンピースも黒猫海賊団のあたりまでしか読んでないのであとは知らない。

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.