男性専用 中出し体験談

ここでは、「男性専用 中出し体験談」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

先日より、日程調整していた新規29歳人妻さんとの
日程調整が付き、本日エッチしてきました。

待ち合わせ場所に現れたのは、きっちり化粧してて
顔の造りは綺麗系で、顔の容姿なら上の部類。

だが、「ポチャ」。
でも、見た目が良いので別に気になりません。

車の助手席に乗せた時も、ほんのりと香水の香りがして、
太いけどちゃんと気を使ってる点も高感度アップ。

時間が無いとの事なので、ホテルへ直行。
ホテルの中で改めてお顔を眺めたが「デブ綺麗」とでも
言えばいいのだろうか。結構好みの顔立ち。

話もそこそこに入浴タイム。
太いから恥ずかしいとの事でシャワーは別々だったが、
脱衣所が部屋から丸見えなので裸を初見。

うん、確かに「太い」。でも、胸はGは有りそうな巨大さ。
お互いシャワーを浴びてベットで抱き合ってイチャイチャ開始。

キスも積極的にしてくるし、結構感じやすい。

大きな胸を堪能するように舐めまわしたら、
すぐに喘ぎ声が出始めます。声も色っぽくいい感じ。

頃合を見て下へ手を伸ばします。
こんもりとした大陰唇を掻き分け
ようやくクリにたどり着くと、もうグッショリ状態。

よし、濡れが良い相手だと俄然やる気が出てきます。
クリをいじると程なく一回逝ってくれました。

その後、肉へ潜りクンニ開始。両手で厚い大陰唇を掻き分けつつ、
少し大きめのクリを舌で弄ります。

クンニでも結構大きな声を出して、逝ってしまいました。

後で彼女が話してたのですが、あまりクンニされた事が
あまり無いとの事で、クンニで逝ったのは初めてだとか。

その後「気持ち良くしてもらったからお返しね(ニコ」
と自分からフェラをしてきました。

フェラも唾液の多いフェラで、かなり気持ち良い。

肉に興奮し、69に持ち込み、
目の前の肉厚の秘所にむさぼり付いてしまいました。

お互い69で程よく興奮したところで、挿入。
一応何も聞いてなかったので、ゴム付けようとしたら、

彼女から「生で中出しして良いよ」との申し出が。
避妊用のリングだか何だか入れてるらしく、

「気持ちいいから、生でしたくなった」との事。
もちろんこの申し出を断りません。

愛液と唾液でクチョグチョになった、肉厚万個に生挿入です。
いや、これが思った以上に絞まりが良いと言うか、
柔らかい肉の中に愚息を埋め込んだような、すごく密着感が有ります。

入れた瞬間、彼女が喘ぎ声を出し始め、動き始めると
「ヤバイ、太くて気持ちいい」と言ってすぐ一回逝ってしまいました。

その後も遅漏なので、ガンガン行くと、
「奥が気持ちいいよ」と自分で自分の足首を掴み
大きく開脚して感じまくり。

正常位だけで、4~5回は逝ったでしょうか。
その後今度は自分から「後ろから入れて」とバックのおねだり。

大きなお尻を鷲掴みにして、突きまくります。
「気持ち良い、気持ち良い」と完全にヘロってます。

久々の好反応に、調子に乗って30分位突きまくった後に、
「ちょうだい、中に出して」と懇願されて
正常位で中出しフィニッシュ。

終わった後もキスしてくるし、グッタリしながらも、
抱き合って「気持ちよかった」と嬉しいピロートーク。

2回戦したかったのだが、時間が無く
家に帰らなければならないとの事と、

「逝きすぎて今日はもう無理」と言われ、
一回戦で終了、帰り支度となりました。

でも、「今度はちゃんと時間作ってゆっくり逢いたいね。
そしたら2回しようね」と彼女から言ってくれたので
次も会うのは決定事項となりました。

なかなか平日日中は時間調整が難しいので、
具体的な次回は未定ですが、なるべく早く調整しなければ(笑

新規運回復したようで、めでたく定期候補ゲットです。
俺の初めての孕ませ話

きっかけはいつもよく遊ぶ友達(以下K)の家に遊びに行った時。
たまたま出かけていたので上がって待たせてもらっていた。

そしたら部屋の隅に取り込んだ洗濯物があり、
その中に母親(以下T)のショーツが見えた。

出来心でそれを取って広げて見ていたら運悪く(?)
Tが入ってきた。

俺は怒られる、と思ったがTは特に怒る事もなく、
何と自分のスカートを持ち上げて中を見せてくれた。

Tのショーツをガン見してると、
今度はTがショーツ越しでアソコ触らせてくれた。

そんな事をしていると当然と言えば当然俺の股間が大きくなり、
それに気づいたTが俺の股間を触ってきた。

Tはさらに大きくなった俺のモノを取り出してフェラをしだした。
しばらくして我慢できなくなった俺は、Tを押し倒す。

既に同級生と初体験をしていた為、すんなりと挿入できた。

無我夢中でTを突き上げていると、
やがて射精感が来て、そのままTに中出し。

Tは一瞬驚いた顔をしたがそのまま抱きしめてくれた。

Tはアソコから垂れてくる俺の精液をすくいつつ、
精液と愛液でグチョグチョの俺のモノを舐めてくれた。

数日後、俺はまたTとしたくなり、
K達が不在なのを知りつつ遊びに来た風を装ってTの所へ行った。
Tは少し悩んでいたが、家に上げてくれジュースを出してくれた。

しばらくして台所へ立っているTに後ろから抱きつき、
暗に「またセックスしたい」と言ったら、かなり悩んだがさせてくれた。

それ以降、俺はTとのセックスにハマリ、
Tも○学生としている背徳感を感じながら、
むしろそれが興奮に繋がったのか、全く拒む事はなかった。

○学生の俺に当然避妊なんて考えなどなく、
Tも相手が○学生なので完全に油断していたのか、
生中出しが当然になっていた。

そんな関係が1年近く続いたある日、
Tの家に行くと何だか雰囲気がおかしい。

話を聞くと
・子供を妊娠した。
・旦那とはたまに。
・基本ゴム付き。生でしても基本外出し。中では安全日のみ。
・俺とは最低でも週2回、多いときは週に4回した事も。
・ちなみに俺とは危険日、安全日関係なしで全て中出し。

上の事から、お腹の子は俺との子でほぼ間違いないとの事。
しばらく悩んでいたが、Tは俺の血液型を確認すると
何やら納得した感じだった。

数週間後、Kが俺にTに自分が今度お兄ちゃんになるんだ、
って言ってきた。

俺は適当に話を合わせその場は終わった。
後日Tの家に行きその話の事をTに告げると、
Tは俺に「大丈夫、心配要らないから。」と。

そしてTは続けてこう言った。
「○○君はまだ良く分からないと思うけど、
お腹の子はパパとの子、として産むから」と。

そしてもう一言「この事は誰にも言っちゃダメよ。○○君と私だけの秘密」。
その後Tは無事元気な女の子を出産する。

旦那の娘として、Kの妹として…。
それから数年後、旦那の転勤でTは引っ越した。それ以降会っていない。

その時生まれた俺とTの娘、俺の初めての子供はもう20歳。

これをまとめながらふと今どうしてるんだろな、って思ってしまった。
こんな俺でも一応は気になる。

何からしくないまとめ方になってしまったなぁ。
とまぁ俺の最初の孕ませはざっとこんな感じ。

Tが何を思って俺にそんな事をしてくれたのか?
最初は○学生の俺の反応が面白くてした、
くらいのイタズラ心だったのかもしれない。

今では知る由はないが…。
何かあんまり(かなり?)エロくなくてスマン。

copyright © 2009 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.

Template by 無料ブログ