男性専用 彼女の姉妹との体験談

ここでは、「男性専用 彼女の姉妹との体験談」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

彼女が彼女姉と二人暮らしだった。
姉とも仲良く、姉彼とダブルデートとかもしてた。

でも彼女達家に泊まりはダメで泊まりいつも俺の家。
が、朝早くに彼女と遠出ということで初めてのお泊まりが許された。

姉がお風呂入ってタオル巻いて出て来て
「おー!セクシー!」など冷やかすと、
ノリノリでタオルをバッ!として全身見せてくれた。

彼女よりいい身体でメチャクチャ興奮。彼女怒る。
と楽しかった。

夜、彼女の部屋で彼女といたす。
そして寝てたが夜中ションベン行きたくてトイレへ、

すると姉が部屋のドアが開いていた。
用済ませ音を立てず姉の寝てる側へ。

タオルバッで興奮してる俺は我慢出来ず、姉の胸とアソコをクリクリ。
姉起きて最初ビックリするが拒否はせず。

バレると大変なので前戯も早々に挿入しようとすると、
そこで初めて拒否

俺が強引に...という俺が加害者に仕向けようとする。
が、もうこちらはストップできないので強引に挿入。

彼女とは必ずゴム付けてたのに、
このシチュエーションで用意なんてできないのでそのまま生。

2時間前に彼女とやったのに興奮し過ぎて速攻で果てた。
姉の「もう...」は賢者タイムでも興奮した。

結局背徳感も手伝い、姉とずるずるセフレ状態に。

半年後に彼女にフラれるが、
姉とは姉が付き合ってる彼と結婚するまで
2年くらい続いていた。
前編は以下のとおり
付き合ってた彼女の妹とヤりまくった

こんな感じ初めて妹ちゃんとセックスした後、
次にするまでは実はだいぶ間が空いた。

自分が泊まりに行った次の日に、彼女含め家族が皆居ない、
なんて言う都合のいい状況はなかなか起きなかったからだ。

それに彼女は束縛が激しい女で、携帯を全部見てくるし、
女の名前は嫉妬の対象になるので、
妹ちゃんとはメールアドレスの交換もしてなかった。

当時はSNSもmixiくらいしかなくて、彼女とマイミクだったおれは
妹ちゃんにマイミク申請を送ることもできず、無力だった。

彼女の家に泊まりに行くのが週一なので、
そこで妹ちゃんと顔は合わすものの、
手を出すことができない状況が多分結構長く続いた。

そんな中で妹ちゃんがぶっこんだ。

おれと彼女と妹ちゃんの3人で飲みながら夜更かしをしていた時だ。
あらびき団?ていう東野幸治が出る番組がやっていたのを覚えている。

そろそろ寝なきゃねー ということでお風呂に入ることに。

いつも彼女と二人で入ってたから、
当然今日も二人で入る流れになって、 妹ちゃんはいかにも不満気だった。

私は1人寂しく飲んでるよ~みたいな拗ねた感じ。
そしたら、彼女が妹ちゃんも一緒に入る?って聞いた。

彼女の家の風呂は2人入るのが限界で、
3人なんて入るスペースは無いから当然冗談だった。

そしたら妹ちゃんがぶっこんだ。
「いつもお姉ちゃん一緒に入ってるんだから、私がおれ君と2人で入りたい」
ってストレートに欲望を伝えてきた。

実際1回入ったことあるし、 おれはYesもNoも言えなかったけども、
相当デレデレしてたっぽくて、 彼女が突然キレたw

彼女は1人で入るから良いって言って
風呂に入っていった。

こうなるのをわかってて妹ちゃんが行動したのかは不明だが、
ようやく2人きりになることができて、妹ちゃんはとても嬉しそうだった。
おれもめっちゃ嬉しかったw

家族も寝静まってるし、彼女の風呂が長いのは知ってるけど、
部屋に引っ込むのもまずいということで、居間でヤることにした。

しばらくできなかったストレスを発散するようにイチャイチャしまくった。

おれは誰か来ても大丈夫なように服を着ていたけど、
妹ちゃんはすぐ全裸になったw

自分は普通に服着てソファーに座ってるのに
妹ちゃんが全裸でご奉仕してくれている光景は、
非日常的でたまらなくエロかった。

妹ちゃんのスリル好きと寝取り好きはどんどんエスカレートしていって、
脱衣所まで移動して立ちバックをさせられた。

脱衣所にはちょうど妹ちゃんの下着が干してあったので、
匂いを嗅がせてもらったり、サイズを見たりした。D65だった。

妹ちゃんはいいおっぱいしてるけど、彼女はもっとでかい。
彼女の母ちゃんばあちゃんも見るからに巨乳だ。

巨乳は遺伝とよく言うけれど、本当なんだなーというのは
この一家から学んだw

さて、おれは脱衣所の立ちバックではイケなかったので、
居間でがっつりヤることに。

居間で69しながら、おれの頭の中では、精子どこに出すか問題が浮上した。
もちろんコンドームはしてないし、口やお腹に出したら匂いでバレるし。

そこで、明日は彼氏に会うの?って
ちょっと遠回しに中出ししていいか聞いてみた。

前回のやり取りを覚えてたから察してくれたんだけど、
男ならはっきり言いなさい的なお叱りを受けまして…

ちゃんと言えたら中出ししてもいいよ、
と妹ちゃんの言葉責めを受ける羽目にw

誰に出したいのー?とか私の中に何を出したいのー?
とか私を妊娠させたいのー?とかそんな感じで、言わされてるんだけど、
ゾクゾクしちゃって、おれってMなのかなーとか思ったりしたw

とりあえずそんな感じで中出しに成功して、
妊娠もせず誰にもばれず、めでたしめでたしでした。

ちなみに、妹ちゃんもおれも本当に単なる寝取り好きクズなので、
スワッピングとか3Pとかはありません。

自分の恋人が浮気するとかありえない!って感じで、
寝取られは性癖じゃないので。

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.