男性専用 叔母さんとの体験談

ここでは、「男性専用 叔母さんとの体験談」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

俺は叔母との初体験がやっぱり忘れられない。
叔母は母の弟の嫁で、オレとは血のつながり無し。

初めて見た時から「綺麗な人だな」ってマセて思ったものだった。

子供心にも「一緒に風呂入るのかな・・」とドキドキしたんだけど、それは実現しなかった。

中学時代からオナニーするようになったんだけど、同級生よりも叔母のまだ見ぬムチっとした裸身を想像してよくシコシコしてたくらいだよ。それくらい魅力的だった。

正月に遊びに行った時、トイレしに洗面所に行くと洗濯篭に叔母のパンツがあり、こっそり拾い上げて臭いを嗅ぎ、妙に興奮してしまった。

叔母のアソコの匂いを思いがけず味わえて調子に乗ってしまい、夜などは遂に、2階の部屋に身を潜めて、そこから斜め下にある洗面所に現れる、風呂上がりの叔母の裸身を覗こうとしちまった。

でも、惜しくも見れなかった。
それでも偶然を装って近くに、風呂上がりの叔母を目にした。

風呂上がりの叔母のネグリジェ姿と、赤くほてった顔、
ほのかに発散する甘~い匂いに、爆発寸前になってしまった・・。

それ以来「なんとかしてやりたい」って強く思うようになった。
まさに青春の淡き想いが叔母にこめられてたよ。

夏休みに(今思うとやりたい目的でだね)遊びに行った。
さらに色気を増してきた叔母が、Tシャツ1枚の姿でずっといるわけで、、、

オレの目はもうそこに吸い寄せられっぱなし。

ツンと上を向いた形の良いおっぱいが、はっきりとふくらみで「おわん形」を表してる。

真っ白い生足をもさらけ出して・・。ああっ、、て感じ。
俺は叔母を自由にもてあそべるなら、どんな事だってする!と思えたくらい。

叔父が出勤してって、娘(幼稚園)がスイミングに行った後、二人っきりになり、
もう我慢できなくなって、、、正直に言ったよ。「教えて欲しい!」って。

叔母は戸惑ってたけど、、、抱きついてキスしちゃったんだ。
「あはっ」と喘ぐ声。甘い香りが一杯に入ってきたのを覚えている。

どっちがシャツを脱がせたかは興奮して忘れてしまったけど、
そのままソファーのとこで叔母のブラを外したのは鮮明に覚えている。

真っ白いおっぱいが目に飛び込んできた時、「あっ」と自分でも声を上げてしまった。
いったい何度想像し、どれだけ「見たい」と思っていたものだったか。
夢中で揉んで舐めまくった。

乳首もいい形。
叔母はいつの間にか白いパンティ1枚のしどけない姿になっていたが、
オレは両脇に手を掛け、スルッとそのまま下にずり下げた。

叔母が腰を浮かせてくれてたのだが、
その瞬間、下腹部の毛が解き放たれ、ざわめくように盛り上がった。

初めて見る性器の形にビックリした。チーズのような匂い。
舐めながら心臓はバクバク波打っていた。

叔母がそこでコンドウムを取りに行った。
向こうからセックスを認めてくれたんだ?と、この時せこく思ったりした。

隣の部屋の寝室に移行して、叔母がリードしてくれた。
オレの腰が自然に動く動く、一発目早々と出してしまった。
なんだ、この気持ち良さはーー!!って感じ。2発目は長かった。

叔母が「あっ、あっ、あんっ、あはっ!、あ~~っ!」
って切ない声をあげながら感じてるようだった。

叔母がこんなにも悩ましい表情をして喘いでいる。
俺はまさしく人生最大の至福の時を味わってると思った。

1時間もやっただろうか、燃え尽き果てた。
後から知ったが、叔母も俺に気があったそうだ。

それから2年間で叔母とは4回程、秘かにエッチをしたんだが、
叔母夫婦が遠くに転勤になり、もう会ってない。
またやりたいって思う夜が今もたびたびあるね・・

当時叔母は確か36だった。
若く見えて30代って感じはしなかったなぁ、
というよりも、そういうのを越えて美しかった。
俺は高校2年。
サッカー部に所属し1つ先輩のマネージャーである香奈先輩と付き合っています。
香奈先輩は美人で明るく、ほとんどの先輩が狙っていて人気の的でした。

そんな香奈先輩から付き合ってほしいと言われ、俺は優越感でいっぱいでした。

付き合っている事は皆には内緒にしてほしいと香奈先輩に言われたので、俺達はこっそり会っていて、それがまたドキドキしてなんとも言えない気分でした。

付き合って3ヵ月くらいして、SEXをしました。
お互い初めてでしたが、その感動は今でも忘れられません。

やりたい盛りの頃でしたので、その後は会うたびにやりまくってました。

半年くらい付き合った頃、はじめて香奈先輩の家に行きました。
香奈先輩の家はかなり立派で、賃貸住まいの俺にはうらやましいかぎりの家でした。

家族はおばあちゃん、父母、妹(当時、小6)、それと犬が3匹いました。はじめておじゃました時は、おばあちゃんがいてお茶やお菓子をだしてくれました。

何度か家にいっている内に、香奈先輩の部屋でエッチするようになりました。

香奈先輩の部屋は2階で鍵も付いていたので最初はドキドキしましたが、そのうち平気で何度もやりまくりました。両親はいつも留守で、父親には一度も会いませんでした。

そんなある日、休日デートをした後、香奈先輩の家にいつものようにいきました。

その時、初めて香奈先輩の母親がいて、あまりにいい女なので緊張してうまく話せませんでした。

母親は美香さんといい、歳は40才前半だったと思います。

髪は長く、ちょっと茶色に染めていて、かと言ってケバくはなく、背は165センチくらいで、細身の高橋恵子に似ている人でした。仕事は空港で働いているらしく、以前はスチュワーデスだったそうです。

おばさんは俺に興味深々で色々と質問してきました。

あまりに色々と聞くので香奈先輩が
「も~う!ママいい加減にしてよ!」とちょっと怒り気味に。

「だって、香奈がはじめて連れてきた彼氏でしょ~ママ色々と聞きたいもん~」
「タケ!部屋に行こう!」
部屋に行ってしばらくすると、「香奈~ママ仕事行くからねぇ~」

その後、俺はおばさんの事が頭から離れず、香奈先輩を相手におばさんの事を想像しながら、その日のエッチは4回くらいやりました。

年が明けて、香奈先輩の卒業まであと少しという頃、俺は友達と横浜に遊びにいきました。

暇つぶしに入った喫茶店に、香奈先輩の母親が30才くらいの男性とお茶をしてました。

おばさんは俺に気付いてないらしく、楽しそうに時にはその男性の手を握ったりして、どう見てもただならぬ関係のようでした。

香奈先輩から父親は太っていて55才と聞いていたので旦那じゃない事は確かです。

俺は友達に、用事があるから先に帰ると言い、喫茶店を出て二人を尾行しました。喫茶店から出るとおばさんは、男に肩を抱かれ歩き出したので、少し離れて後をつけました。二人は横浜駅の裏にあるラブホテルに入っていきました。

「おばさん浮気してるんだ~」
「どんなSEXしてるんだろ」
そんな光景を目にしてしまった俺の頭は妄想で爆発しそうでした。

しばらくして香奈先輩が卒業旅行に10日間海外に行くことになりました。

俺は、おばさんの浮気現場が頭から離れず、香奈先輩が海外へ出発して日の夜、香奈先輩の家に電話をし、忘れ物を取りに行くという口実で訪ねました。

運よくおばさんは在宅で、インターホーンを押し、家に上げてもらい用意してきたCDをさも忘れ物をしたように香奈先輩の部屋から持ち出しました。

「たけし君、ご飯食べていきなよ」
俺は遠慮したが、「カレーがあるから、遠慮しないでぇ」

カレーを食べながら、おばさんの質問に答えていた俺は、意を決して「おばさん浮気した事ありますか?」

いきなりのするどい突っ込みにおばさんは
「え~なんでそんな事聞くの?」
「いや、、、おばさん綺麗だし、、男の人がほっとかないかなぁ~なんて思って!」

「そんな事ないわょ~もう若くないし。おばさんでしょ!」
「全然!おばさんって感じじゃないしぃ~いつもパリッとしてて綺麗ですよ~」

「カレーのお礼ね。ありがとう!」
「実はおばさん、見ちゃった!」

「えっなにおぉ?」
「俺見ちゃったんだ、横浜でおばさんがラブホに入るとこ・・・」

「えぇぇぇぇ人違いよ」
「おばさん!お願いっっ!俺もおばさんとエッチしたいです」

「えぇぇダメ!ダメ!そんなのっ。香奈の彼氏でしょ。」
「おばさんだって浮気してるじゃん。俺だって」

「してないって!見間違いよ!」
「見間違いでも、俺、おばさんの事が頭から離れなくて」

しばらく俺は必至におばさんに頼みこんだ。
言っちゃったからには後にはひけない。

「香奈にわかったらどうするのよ~そんな事できないわよ~たけし君には香奈がいるしぃぃ~歳だってあなたのお母さんと変わらないでしょ~」
「おばさんお願い!」
おばさんはしばらく考えていた。

たぶん自分の浮気現場を見られた事がひっかかっているんだろう。

しはらく考えた後「じゃあ~明日、私休みだからデートしてあげる。もちろん二人だけの秘密よ。絶対だからね。」

「本当ですか!」
次の日、おばさんと待ち合わせデートをした。
おばさんは、サングラスを掛け、大人の女という格好で現れた。

デートは夕方からだったので食事をし、その後、みなとみらいの観覧車に乗った。その日は寒く、おばさんが手をこすっていたので俺はおばさんの手を握り温めた。

はじめは対面に座っていたが、手を握る時、おばさんの横に移動し強引にキスをした。はじめは唇をギュッと閉じていたが舌をねじ込むとおばさんもそれに応え、舌を絡ませてきた。

もう止まらない。俺はおばさんの服の上からオッパイを揉みくだき、スカートの中へ手を入れた。

おばさんは足を固く閉じていたが乳首を舐めはじめると観念したのか腰を少し浮かせ、俺の手をパンティーの中に入れやすくした。
ビショビショだった。

「いやっ、あっあっあっ、ダメっ、あっ、たけし君、あっ、ダメっ、はぁはぁ、あっいっ、いい~」

おばさんは激しく悶え、むしゃぶりつくように俺に舌を絡ませてくる。
俺の股間ははち切れそうで、我慢汁で気持ちが悪かった。

観覧車は最上部を通過し下りになったので、俺もおばさんも手を止めた。
「もうっおばさん我慢できなくなっちゃったぞ」
「俺も!下に着くまでに治まるかなぁ~」

観覧車を降りた後、俺達は即効でホテルに行ってやりまくった。

ホテルに入るなり俺は服のままおばさんを押し倒し、おばさんもはぁはぁ興奮しながら俺のジッパーを下ろした。

夢中でおばさんの服を脱がし、観覧車ではきずかなかったがおばさんは、黒でお尻の所がシースルーになっているエロいパンティーを履き、ガーターベルトをしていた。

お互い服の事など気にせずむしゃぶりつくようにお互いの体を舐めまわした。

「あぁぁぁ~いいぃぃぃ、あっそこ!あっ」
69でお互い舐めまくった。
こんなに興奮するセックスは初めてだった。

おばさんはさすがに経験が豊富らしくフェラチオは香奈先輩とは比べ物にならないくらい凄かった。

娘の彼氏、彼女の母親というお互いの境遇が興奮させたのだろう、その日は5回もセックスし、おばさんは何回昇天したかわからないくらいだった。

終わった後、ベットでおばさんは
「こんなに興奮したのは初めてよ。これからはおばさんって呼ばないでね。」

「香奈先輩の前でも~」
「それはダメよ~」
おばさんは女だった。

「またしてもいいの?」
「たけしはしたい?」

「うん。美香すごくよかったもん。美香は?」
「わたしぃ~私はねぇ~もちろんしたいわよ。」

「淫乱だね~」
「いやだぁ~そんな風に言わないの」
「俺、香奈先輩しかしらないから教えてね」

「何ぉぉぉ~セックス?教えてほしいのぉ~たけしは大丈夫だよ。」
「香奈先輩とはできないようなこと色々したい」

「美香が教えてあげるね」
おばさんはかなり淫乱だ。

それからしというもの俺は交互に親子丼を楽しんでいる。
3PをしたいとこだがAVのようにはいかないだろうなぁ~

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.