男性専用 女との体験談

ここでは、「男性専用 女との体験談」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

俺の勤め先にバイトで来てるJK連れ込んで食いました
この子なんと俺の同僚の男と付き合ってるんだよね

ぶっちゃけそいつ嫌いな男なので、自慢される度に
イライラしてたんだよ

昨日は色々と言いくるめて俺の部屋で飲もうって言って
連れ込みに成功した

JKに飲ませるなとか言いっこ無しな!
酔わせて強引にいってやっと攻略できたんだから

一発ハメて、その時は座位でイッた。
というか暴発気味だった・・・

シャワー浴びさせたら微妙にJKのテンションが
落ちてたのでそこから盛り返すのに時間がかかった

今になって浮気したのを後悔してるような感じだったね

もちろんそれでおめおめ逃すわけもなく、
体触りながらグイグイ攻めていってなし崩しに2回戦へ

口で嫌がってた割に2回戦以降はノリノリだった。
若くて体力もあるから乗りこなすのに苦労した

さんざハメまくってから2回戦は口内射精!
で、そこからお泊まりさせてやろうと思って
アリバイ作って親だまして泊まれよって説得

アソコ弄くりながらJK泊まらせようと言い聞かせまくるオッサン
ってのは我ながらみっともない構図かもな…だが説得には失敗

断腸の思いだったが昨日は22時には家に帰らせることになった

それから深夜までラインしたりして追い討ちかけて
次の約束も取り付けることに成功

1度きりで終わらせるのわけにはいかないから
これから完全に落とすつもり
まゆゆ似の女と一度エッチして以来、
セフレのような関係になってしまった。

処女喪失の日最初のメールは
「次はSMがしたい」とのびっくりするような内容。

当時の俺はそこまでの経験はなく、SMを調べまくった。
とりあえず通販で縄、手錠、首輪、電マを購入。

小遣いをこんなことに使ってるなんて
思い返すとすげーアホだったなと思う。

そして近くの無人精算のホテルにSM部屋があることを調べて
二人で行くことになった。

当日彼女がなんとノーブラで来てまた驚き。
前冗談で来いと言ったことを真に受けたらしい。

甘ゆる系の服なんだけど、
夏の日のノーブラはさすがにムラムラきた。

普段こんなおしゃれはしないって言って
大人っぽい勝負パンツまではいてきて気合万全の彼女。

ドキドキしながら初SM部屋に入った。
部屋にはX 字架の磔があり、壁は一面ガラス張り。

残念ながらこの日までにおもちゃが届かなくて、
この日は部屋の設備でエッチすることに。

彼女とは一週間に一度くらいしか遊べなくて
俺はすごく溜まっていたから、
入室早々いきなり押し倒して服を脱がせてやった。

これでやはりスイッチが入る。
彼女の強気な態度が一変表情が歪み
「恥ずかしい」と下半身を隠そうとする。

大人っぽい勝負下着の上から割れ目をなぞると
いやいや言いながらもすぐに濡れてくる。

普段の会話では自分は感じないだの濡れないだのと
言い張るんだけれど、実際は乳首からまんこまで全身性感帯女。

前回は処女だったからといろいろ加減していたけど、
二度目はフェラとDキスをしっかり教え込んだ。

勉強はできないみたいけど、こういうことは覚えが早く、
吸い付くようにちんぽを舐めやがる。

まんこは濡れ濡れで甘い声で
「入れてほしい」と何度も言う姿はまさしく変態女。

こんな美少女を汚してると思うと妙に優越感があった。

ガラス張りの壁に向かい、ちんぽを入れたままM字にさせると
彼女は恥ずかしがって目を背ける。

この憐れな姿に俺は性的興奮を覚え、
そのままX字架に彼女をはりつけにした。

立ちながら挿入してやったり、
ひたすら手マンで責めてるうちに尿意を催したらしく
「トイレに行かせてください。もう許してください」と懇願する。

最初はその場でさせようと思ったんだけれども、
そのときは後処理が面倒だなと思い風呂に移動。

そのまま手マンを続けてたらついに失禁してしまい、
恥ずかしさのあまり彼女は崩れこんだ。

その後はバックと正常位で俺はフィニッシュ。
彼女は終始「中に出して!もっと!もっと強く突いて!」
といい続けてた。

さすがにこの頃からコンドームつけ始めた。
出す気ないときは生だったけど。

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.