男性専用 合コンでの体験談

ここでは、「男性専用 合コンでの体験談」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

相手は合コンで知り合った女子大生。

気合の入った化粧や服装から、
人生で初めて持ち帰れるかもと思った俺は必死になる。

それなりに話も合ってイケると思ったら、
トイレで自分の腕を掴みながら
「終わった後家に行ってもいいですか?」と訊いてきた。

これはしめたと思い、はやる気持ちを抑えつつ自宅へ行き、
買ってきた酒で二人だけ二次会。

彼女がほろ酔い状態になってボディタッチをしてきた所で
体を寄せてみる。

腰に手を回し髪を撫でてみると上目遣いで「チューして」と言ってきた。
これで下はビンビン、気付いた彼女に触られながらディープ。

その後ベッドに移動して着てきたキャミソールのワンピースと
Tシャツを脱がし、お揃いのピンクのブラジャーとパンツを取る。

自分も脱いで裸になり、乳首を弄り耳や胸を舐め回すと
少しずつ声が漏れてくる。

さらに感じやすいのかパンツがすでに少し湿ってて
手マンしてみると喘ぎ声と一緒にさほど時間がかからず濡れてきた。

こっちも久しぶりに女の体を堪能したからか
フェラの必要も当然なく、挿入の流れに。

非処女だったが、まだ18の子で身体もムチムチしてるから
締まりはかなり良い。

若干興奮しながらも優しく声をかけながらゆっくり出し入れしてると、
彼女が喘ぎながら「もう少し速くして」と言ってきたのでギアをアップ。

演技じゃないことが分かる可愛い鳴き声も
「ウゥン...」から「アン、アン、アン」と加速して、
俺は時々胸や口や耳にキスしながら続けた。

かなりいい感じになってきた時に、彼女が呼び止め
用を足したいと言ってきた。
(かなり飲んだせいで間隔が短くなったようだ)

一旦外したが、急に棒が萎え出したので
またペッティングからやり直し。

彼女は謝っていたが気にしなくていいと言うと
「凄く気を遣ってくれて嬉しい」と照れたのを見て、
この子となら一回だけの関係じゃなくてもいいと感じた。

それで入れ直してフィニッシュ、
彼女が「出して」と言ってきたので胸に出した。

フィニッシュの時から終わった後彼女が何故か少し涙目で、
理由を尋ねると

「高校の時に付き合ってた彼氏はセックスの時に
自分の体を大切にしてくれなかった」のと
「優しくしてくれて嬉しかった」かららしい。

二回戦に持ち込もうとしたが彼女が疲れたと言ってきたので
シャワーを浴びて裸のまま二人で寝てそのまま終了。

彼女とはそのまま今でも付き合ってます。
面白い場面はないですがこれで終わりです。
4対4の合コンがあって、女の子のおっぱいとパンモロ拝めた。

女の子の中に元々友達ってのが1人いて、
いい歳してめちゃくちゃ興奮した。

うぜー女が1人いて、男全員殴りたくてたまらんかったが、
そいつが悪ノリしてくれたおかけだったから金は男側で全部出した。

ウザイ女が酒が強くて、俺らや、
女の子たちにもすげえ呑ませてたんだけど、

カラオケ出来る個室の呑み屋で、女の子たちの服を
無理やり脱がせようとしたわけよ。

嫌がるけど、酔ってるから抵抗も弱い。
わしゃわしゃしててパンツが見える見える。

女友達が、むっちりタイプでいいんだよこれが。
ウザ子さんがおっぱい揉みまくってた。

大人だからキャーキャーは言わず、
いい感じにエロい雰囲気でさー。

はいはいやめて。みたいな。
でも酔ってるからされるがまま。

セーターみたいなのを脱がされてブラジャーが少し透けるくらいの
薄いTシャツみたいなのにされてた。

おっぱいの大きさもドカンとわかって、いいのよとにかく。

後ろから揉まれつつ服をめくられて、
抵抗でパンツもブラジャーも見えまくり。

そしてついにベロん!っとブラジャーめくられて、ありがとうの時間。
顔真っ赤で俺たちに「忘れて」って叫んでた。

おっぱい見たのは女友達と、もう1人。
年齢は男33~36、女友達33で、上は39だったかな?
ほかの女子2人は30歳。

ありがとうタイムは、男は大盛況ですなそりゃ。

おっぱい披露は39歳が先。
トイレから戻って来たところにウザ子さんが
後ろから服とブラジャーをベロん。

きゃー!の声と共にお披露目で、「有り得ないでしょ」って連呼して、
ウザ子さんの肩をグワングワンゆらしてた。

女友達の方は、暑いって言いながら髪を手であげてた
無防備状態で、後ろから。

真っ赤になって隠して、スカートからはパンツ丸見え。
「もうホントやだ!忘れて!」って笑いながらちょっと泣いてた。
かわいかった。

39歳のおっぱいはその反応で仕方ないクオリティだったが、
その後の33歳の巨乳、しかも普段会ってる友達。
俺には十分でした。

職場が一緒で、今は向こうは辞めて会社は違うが、
歳が同じだから友達として付き合いが続いてる。
普通にみんなで飲みに行こう のノリ。

たまたまウザ子さんみたいなちょっとおかしい人がいて、
そいつのターゲットに巨乳がいたという偶然。

33歳友達のほうは、ブラジャーからしっかりポロンと飛び出して、
でかい肉まんみたいなおっぱいでした。

乳首の色はそんなにピンクではなかった。ベージュだな。
乳輪はやや大きめと言ったところか。

乳首は小さかった。そこはしっかりと言える。

なぜかというと先に見た39歳のほうは乳首がでかかったから。
乳輪は小さめだったが、全体的にクオリティは低いな。

男だけになっても友達のおっぱいの話で盛り上がりまくった。

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.