男性専用 合コンでの体験談

ここでは、「男性専用 合コンでの体験談」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

20代最後の夏を謳歌したい欲求不満気味だった俺は、生命保険の出入りのN君に、合コンセッティングをお願いしまくっていた。

数日後、N君から連絡があった。どうやら相手は主婦とのこと。オッケー、オッケー。全然オッケーよ。でも、一応年齢を確認すると、連絡をとったのは30代後半らしいが、連れはもうちょい若い女性が来るかもと言う話だった。

そこで問題になるのが人選。N君曰く「5人くらいかな~」などとアバウトな返事。とりあえず、うちの上司T部長(30代中頃)、同僚M(30歳)、俺、N君、N君の上司(推定30代中頃)の5人で出撃することに決定。

土曜日の夜、神奈川県の某駅前に向かった。到着してすぐ、N君が連絡をとる。すると、すでに居酒屋で飲み始めているらしい。電話口では、冷静だったので道順を教えてもらった。

そこから、まだ始まったばかりと推測して、急いで居酒屋へと向かい2階へ上ると、なんとそこには、たった2人の女性がいて、よくよく見ると2人は美人だった。

片方は20代中頃の、まだまだピチピチな感じが残る、しいてあげるなら若い頃の堀ちえみ。少々ぽっちゃりしてるけど、胸も結構ありそうで、何より背が小さそうでカワイイ。残る片方はN君の知り合いの30代後半で、スラッとした美人で足とかがホント綺麗で、結構そそられる。

とりあえず、7人で乾杯するも、いくら2人がN君紹介にしてみたら高レベルとはいえ、たった2人では、盛り上がりに欠けそうなのは一目瞭然。俺も含めて、いまいちな自己紹介タイムに入ろうとした。

その時に堀ちえみが言った「実は今日、子供の幼稚園のお母さん達の飲み会があって、そこから抜けてきたの」と言う。な、なんだって~!!!とその言葉を聞いて、俄然盛り上がる男性陣。

まあ、女性を目の前にして失礼だったかもしれないが、こちとら、上司と駆け引きするほど人間が出来てません。小一時間ほど飲んだ後、誰とも無く「さっき、言ってた飲み会って、近くでやってるの?」切り出しました。

「うん、すぐ近くだよ」と言うこの言葉を聞いてからというもの、男性陣5人組は、いかにその飲み会に合流するかをアイコンタクトで相談し始めます。

でも、突然、長身美人の女性の方が「幼稚園の飲み会の方に来いってうるさいの?一緒に行かない?」と言う。

キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!

どうやら、さっきから長身美人さんが電話でこそこそ話していたのは、あっちの飲み会の方から、戻ってこい! と言われていたからだそう。しかもうっかり、「男と飲んでる」って口走ってしまったので、「そいつらも連れてこ~い!」てなことになっているらしい。

残っているビール、焼酎を一気に飲み干す男性陣。

ここで、簡単に男性陣を紹介しておきます。

うちの上司T部長は、ルックスはセルジオ越後似のおっさんだが、部長が20代の頃から知り合いなので、気心も知れた仲。

同僚Mは、ちょっと彫りの深い顔が特徴で、そこそこいい男だが、いかんせん根性ナシ。たぶん推測だが、素人童貞。

生命保険N君は、眼鏡を掛けた、なかなかの男。強いていうなら、陣内を若くして細くした感じ。明るい奴で、こちらも気心が知れた仲で何度も一緒に合コンしてる。

N君の上司Hさんはダンディーな感じでいい男。ただ、この時が初対面なので、あまり話をしていない。

この5人が2人の女性に連れられ、飲み会開催中だという、カラオケボックスへ。しかも、随分と大きな部屋へと導かれる5人組。期待と不安のなか、扉を開けると・・・。

ナントそこには20人以上の女性達が!よくよく見ると、20代前半から40代後半のおばさん達まで、幅広い年齢層で構成されているものの2人で取り合う展開よりは全然マシ。

しかも相手の方から「キャ~、オトコよ~」とか「こっち、こっちに座って~」みたいな声がかかって喜ばないオトコがいるわけがない。男性陣の中で比較的若く見られる俺とN君はそれこそハーレム状態で、やれ飲めだの、歌えだの。終いにはあちこちを触られる、逆セクハラまでされた。

そんなこんなで、愛想を振りまきながら、狙いの女性を捜していると、25~6くらいの、控えめな女性を発見!子供を産んだとは思えないほどの、肌の綺麗さと、ちょっと地味なファッションが目を引く。

他の女性達が悪のりしているのに対し、ニコニコしながら、相づちをうってお酒を飲んでいる様が好印象!さりげなく近づく俺。横を見ると、N君の上司Hさんが、そのダンディーさを売りにホスト化しているのを見たのは内緒だ。

この控えめな女性(仮にCさん)に運良く近づけた俺は早速、トークを開始したが、このCさんは主婦でもなんでもなく、幼稚園の先生と判明した。どうりで、若くて肌が綺麗なはずだよ。

しかし、ここでCさんから帰宅宣言。まあ、半分無理やり誘われていたようなので、早く帰りたい気持ちも良く分かる。結局俺は、電話番号を聞くことすらできず、他の熟女たちに再び捕まってしまった。

ここで、ターゲットを堀ちえみに変更する俺。堀ちえみ似の若妻を探すと、うちの上司T部長の隣で、まったり酒を飲んでいる様子。ここは、突入するしかない。さらにその隣に座った俺は、なんとかトークに参加することに成功!

これだけ女性がいるのに、やっぱり2対1かよ的な展開に哀しさ半分、嬉しさ半分だった。頃合いを見て、堀ちえみ(Aさん)、長身美人(Bさん)、他2人の女性と、男性陣5人組は、近くの居酒屋へ移動して、ゆっくり飲み直すことにした。

幸い、時間はまだある。欲求不満が爆発しそうな俺にとって、この展開ならやれる! と思いこもうとしていたのかも知れない。散々飲ませ、気が付くと午前2時。東京在住の俺達は、タクシーしか帰る術はない。

でも現地集合だったN君とダンディーHさんは、自慢の車で来ていたらしく、女性2名を車に乗っけて、どこかへ行ってしまった。まあ、乗っけた女性も若かったけど、それほど好みじゃなかったから良しとしておこう。

彼らの健闘を祈っていると、横でうちの上司が「もう、帰られへんから、どっかで朝まで時間潰そうよ~」とか言っている。部長、ナイスです!この時ほど、上司を頼もしく思えたことは無かったかもしれない。

そこにシビれる!あこがれるゥ!とジョジョの名台詞をつぶやく状態だったのに、横で同僚Mが「俺、帰るわ~」とか言い出して、俺はもうブチギレですよ。お前、空気読めよと。それでも帰るとか言い出すヘタレ童貞は、もうしらん!

一人帰るMを見てAさん(堀ちえみ)が、「え? M君帰るの~?」とか言い出す始末。「ああ、あいつの実家が近くにあるらしいんだよ」とか何とかごまかし、4人で4次会へ向かう。こちらの要望はホテルだったのだが、「もう、絶対何もせ~へんから!」の訴えも空しく、却下。

「仕方がないにゃ~」と、Bさん(長身美人)のお宅へ。なんでも、子供と旦那は実家へ帰っているらしく、今日は誰もいないらしい。再び、な、なんだって~!!!これを聞いた瞬間から、俺の股間は完全にスイッチオン!

お宅へ向かうタクシーの中で、すでにビンビンになってくる。タクシーでの道中、前に座っていた俺が密かに後ろを確認すると、Aさん(堀ちえみ)はすでに泥酔に近い状態。もう、ろれつが回ってません。Bさん(長身美人)も自宅にオトコどもを誘うくらいですから、酔っぱらっているのは間違いない。

後ろに座ったT部長も、冗談まじりで体を触ったりしているようですが、笑いながら、「ヤダ~」とかしか言わないあたり、かなりの好感触っていうか、もう「ヤる」の一文字しか浮かんできません。


Bさん宅に到着してからは、しばらくまったりモード。Aさん、Bさんの家庭事情なんかを肴にして、ちびちび酒を飲んでました。まあ、もう酔っぱらっている二人なので、話は良く分かりません。そういう俺も、かなり飲んでいるので、今となっては何を話したのやら。

4時頃だったと思います。なんか眠くなってきたね~と誰かが言い出したのをきっかけに、クーラーのあるリビングで、雑魚寝することになった。たしか、Bさん宅は3LDKのマンションだったと思う。T部長、Bさん、Aさん、俺の順に並んで横になりました。

もちろん俺は、この時点でヤル気満々。たぶんそれはT部長も同じだったハズです。自然に、T部長とBさん、俺とAさんの2カップルの状態へ。

さあ寝よう!みたいな感じ電気を消したんですが、小さく「・・・ゃ、ヤダ~・・・」なんて声があっちの方から聞こえてきます。こっちも負けじと、背中から抱くようにしてAさんの胸を触る俺。

さすがは酔っぱらっていても百戦錬磨で、かぶせるように置いた手を、払いのけて「ダ~メ」と囁かれました。う~ん、その仕草がカワイイ! でもこれで諦められる俺なら、はじめから合コンなんて行きませんって。

しつこく、ホントにしつこく胸へのチャレンジを繰り返していると、Aさん、オイラの手をTシャツの中へと導くではありませんか!!OKが出たところで、感触を楽しむように後ろから胸を揉みまくる俺。

まだブラの上からですが、かなりのボリュームです。おそらくD以上はあるんではないでしょうか?一通り感触を味わったところで、チクビをつまむように弄ってみると、ビクン! と一瞬Aさんが動いたかと思うと、「はぁぁ~」と軽い喘ぎ声。

さらに攻めるべく、ブラを上にずらして、今度は生でチクビ攻め!すると、やはり押し殺したように「・・・っん、あん」と喘ぎます。どうやら隣のBさん達に声を聞かれるのが、相当恥ずかしい様子。

隣はというと、あっちはあっちで、なにやらゴソゴソ「・・・」と聞こえるのですが、Aさん越しなので状況は不明。まあ、あっちを気にしても仕方がないので、そろそろAさんの下半身にターゲットを移してみます。

Aさんはこの時、Bさんに借りたと思われるショートパンツを履いていたので、へその辺りから手を滑り込ませようとしたのですが、これが再びAさんの手によって阻まれてしまいます。しかし、そんなことではもう止まりません。

ショートパンツの、丁度太股の付け根部分から無理やり手を入れ、なんとか中指が割れ目付近に届く程度だったのですが、Aさんが相当スケベだと直感的に判断していた俺は、とりあえず刺激すれば道は開ける!と思い込んでました。

なんとか届く中指で、ひたすら割れ目付近を刺激。が、パンティーの上からでは弱いと思ったので、もう一枚下に指を滑り込ませ、直に触るべくチャレンジ、チャレンジ!なんとかクリ付近に中指が届いたので、刺激し始めるといきなり「んっ、あ~~ん」と喘ぎ始めました。

今まで押し殺していたのが、急に普通に喘ぎ始めたのでビックリしましたが、この瞬間に勝利を確信。充分に湿っていることに満足感を得た俺は、ショートパンツのボタンを上から3つほど外して、今度はヘソの部分から手を滑り込ませます。

ボタンを外しているお陰で、スペースもかなりあるため、今度はじっくりとクリ攻め。今度は割れ目と片手で交互に指を動かします。「っん、あ~ん」と次第に声が大きくなるAさん。左手で、俺の股間を触ってきます。

ふと長身美人のBさん達を見ると、T部長がやはり後ろからBさんを触っているようで、「あん、あん、あん」とカワイイ声が聞こえてきます。他の人がSEXしてる横でエッチする経験はこれまでないので、軽い感動を覚えながらもAさんを攻めまくっていた。

すると、またもや突然、「も、もうお願い、おちんちん入れてぇ~!」と言い出した。ビックリですよ。おちんちんですよ。この言葉に俺の何かが弾けました。速攻でAさんの服を脱がせ、クンニに入ろうとします。

しかし再び問題発生!頑としてTシャツを脱ごうとせず、Aさんはしきりにヘソの辺りを隠して、イヤイヤするのです。どうも、外の光が入り始めて明るくなってきたので、妊娠線を見られるのが恥ずかしい様子。

ショートパンツを脱がせたのでもう大した問題ではないけど、フェラが好きな俺にとって、このまま挿入するのももったいないような気がしました。隣ではすでに二人とも全裸になって、しかもバックからガンガン突いているのを見ていても立ってもいられなくなりました。

すぐに正常位で生挿入です。堀ちえみ似のちょっとロリフェイスが、エロい顔で歪むのを見ると、更に興奮倍増です。さすがにマムコはキツキツではありませんが、ジットリ包み込むようで、上も下も相当エロいです。しかも、喘ぎ声がカワイイ。

隣では相変わらずT部長がバックからガンガン突いていたのですが、何を思ったか、二人でこちらの方に寄ってきて、Bさんの手をAさんの胸へ。まあ、バックで片手で体を支えるのはかなりキツいので、数秒でBさんはAさんから手を離しました。

この異様な光景に興奮したのは俺だけではなかったようで、Aさんは「あ、あ、あ、・・・イ、イク~」と叫んで俺に抱きついてきました。もとより早漏気味の俺は、この時点でもう完全に臨界点でしたので、「イク~」の声とほぼ同時にマンコから抜いてお腹に放出しました。

突き抜けるような快感にボー然として、Aさんに被さる形になりました。もともと酔っていたのと、連射が苦手な俺ですので、これで大満足だったのです。

でも、T部長、アンタ、すげーよ!もともと狙っていたのはAさんの方だったらしく、Bさんを正常位でイかせた後、今度はAさんに被さり返すチンポで挿入した。

隣で長身美人のBさんが崩れ落ちて「ハァ、ハァ」言っている側で、Aさんをガンガン突きまくり。AさんもAさんで、さっきの俺との時より声が大きくなって「あん、あんっ、もっと、つ、突いてぇ」なんて言ってるワケです。

よ~し、俺も今度はBさんヤっちゃうぞ~なんて元気も、なんとなく喪失した俺は二人のコトの顛末を見届けているだけのヘタレになっていた。今思えば、もったいないことしたな~たぶん、その時は軽く自信を失ったんだと思う。

それでも、俺も結局、朝にもう一発やりましたが、T部長は何発やったのかも、イかせたのかも分かりませんwその後、Aさんとは連絡をしばらくとっていましたが、二度と会うことはありませんでした。
二~三年ぐらい前の出来事なんですけど、当時、私達は毎週のように合コンをやっていて、多い時には週に二回ぐらいの割合で開催してました。

合コン相手のネタは尽きず、むしろ女の子が合コンの順番待ちをしてて、私達はそれをこなしていく感じでした。

なんでそんな状況になったかは面倒臭いんで割愛します。

で、当然お持ち帰り率も異常に高く、調子のいいときには全員、そうでなくとも7~8割の確率で誰かしらは最後までいってました。

合コンの相手は毎回バラエティーに富んでいて、一番多かったのが普通のOL、その他では女子大生やコンパニオンやエステティシャン、あと案外スッチーも多くて、国内ではJAL以外の航空会社全て、あとは海外の航空会社のスッチーとも合コンしました。
変わったところでは保母さんやレースクイーン、女性起業家やキャバ嬢なんかとも合コンしました。

因みに一番高飛車だったのはJ○Sのスッチーです。
J○Sのスッチーは可愛くてノリが良くてHな子が多いんだけど、なんか自分を特別な存在だと勘違いしてるような子ばかりでした。
具体的に言うと、積極的に自分から誘ってきて、それを断ると「えっ、私が誘ってるのに!?」なんてはっきり口に出して言っちゃうようなかんじ。

そんな合コン生活に少し食傷気味になってきてた頃、世間で流行り始めたものが有りました。
出会い系サイトです。
私はすぐに飛びつきました。
仲間内の紹介合コンは、毎回外れはないんだけど、合コン前のドキドキ感が足らないというか…。
その点、出会い系で知り合った子達と合コンするのは、合コンの場で初対面ということで、それはもう変なドキドキ感で一杯でした。

で、その出会い系サイトで知り合った子と約束を取り付け、合コン当日を向かえました。♂5♀5の合コンで、場所はいつものダイニングバー、相手の子達は某通信関係会社のOLでした。

私とやりとりしてた子がAちゃんですが、Aちゃんは顔は普通だけど、とにかく乳がでかい。
BちゃんCちゃんはスレンダーで普通に美人だが、どうやら二人共彼氏持ち。
DちゃんEちゃんは顔は普通だがスタイル良く服装はギャル系、どうやら最年少らしく先輩達に気をつかってました。
野郎共は私の後輩のTと、残りは三人の愉快な仲間達w(今回の話にはこの三人は関係無いので省略)

女の子達はスゴイはしゃぎ様で、合コンは序盤から多いに盛り上がりました。
(後から聞いた話ですが、彼女達は頻繁に出会い系合コンを開催していたのだけど、毎回オタクみたいな変な男達としか巡り会えなかったので、私達と会った瞬間「当たりだ!」と心の中でガッツポーズをしてくれていたそうです。)

山手線ゲームや10円ゲーム等の合コン御用足しゲームでセオリー通りに女の子を酔わせつつ、個人データを聞き出し、王様ゲームが始まる頃にはHなムードに場が染まっていました。

その頃には彼氏持ちのBちゃんCちゃんも、参加男性全員とキスするようになっていて、Aちゃんにいたっては泥酔一歩手前で目線が定まっていない感じでした。
王様ゲームでは、野郎共は全員通しサインを使用してますから、もちろん外れは有りませんw

何巡か目で私が王様になったとき、全員を男女のペアに振り分け「男が女のオッパイを舐める!」という命令を下しました。
皆はゲラゲラ笑って恥ずかしそうに舐めるふりをしていただけでしたが、私とペアになったAちゃんは、「え~、やらなくちゃいけないのぉ。はずかしいよ~」と、完全にされるがままの酔っ払いw
私は一応Aちゃんを壁向きに立たせ、他の人からはオッパイが見えないように気を使いつつも「王様の命令は絶対w」と言って軽く押し切り、Aちゃんの乳首をチュッパレロしました。

みんなのいる場、しかもダイニングバーの店内なのに、Aちゃんは「あっ、あぁっ」と声をあげて感じだし、身を竦めるような体勢になりました。

私達のテーブルはみんな酔っぱらっていて、私がAちゃんの乳首を本気舐めしてることに誰も気付かなかったのですが、流石に他のテーブルのお客さん達には見られていて、軽く退き笑いされてしまいました。

私はそれまで彼氏持ちのCちゃんを狙ってたのですが(この時点でCちゃんとは軽いキス止まり)、
10円ゲーム時に「会ったその日にはHしたことないで~す」と言っていたCちゃんよりも、この酔っ払い“美巨乳Aちゃん”なら確実にヤレルと判断しました。

心の悪魔も『パイズリできるぞ~』と誘惑します。
しかし、スレンダーで美人なCちゃんへの未練が捨てきれない優柔不断な私(汗

結局、Aちゃんの喘ぎ声で店主から
「○○さん、王様ゲームは終了してもらえませんか。他のお客さんもいるんで(苦笑」と、イエローカードをもらい、徐に一次会は終了。
場所を変えて二次会ということになりました。

タクシーと私の車に分乗し、そこから5分位先にある青山のクラブに向かいました。
私の車にAちゃんとEちゃん、後輩のTが乗り込み、他の人達はタクシーです。
クラブ前に付きタクシー組と合流したのですが、Aちゃんだけが車から降りてきません。

「私、○○さんの車で寝させてもらってるから、みんな行っていいよ~(涙」とAちゃんは言うのですが、
女性陣は「そんなに酔っぱらってるのに置いて行けないよ~」と口を揃え、一気に場が白けムードに(汗

その瞬間、私のえろい脳内コンピューターが、えろの為の最善策を弾き出します。
「じゃあさ、俺とTでAちゃんを看病するよ。Tの家は目黒だから、ここから近いし」と飽くまで伸士的に提案。
しかし女性陣はなかなか首を縦に振りません。
そこで、「私も付いて行きます。Aさん一人をほっとけないですから」とナイスアシストのEちゃん。

私はここで一気に畳み掛け、
「Tの家は実家で両親も寝てるし、夜中に女の子に変な事出来ないから大丈夫(笑顔)。Eちゃんも一緒にきてくれるし」と、下心が無い事をアピール。(ほんとはTは一人暮しw)

ここで女性陣も完全に私を信用し、「じゃあ○○さん、宜しくおねがいします~」と申し訳無さそうに頭を下げます。
「いいよいいよ気にしないで。みんなは楽しんできてよ(あくまで爽やかに)」
と私。

しかし、この期に及んでもCちゃんが気になる私。
私はCちゃんを引っ張って皆から少し離れ「後で電話するね」と甘く囁きます。
Cちゃんも私を見つめ「うん、電話して(はあと」と満更でも無い様子。
私はCちゃんと別れを惜しむようにキスしまして、その場を後にしました。
結局、残ったみんなはここでお開きになったそうです。

Tのマンションに着き、取り敢えずAちゃんをベッドに寝かせます。
すぐさまEちゃんの携帯にCちゃんからのコールが入りだします。
Eちゃん曰く「○○さんと私達がHしちゃってないか気になるんじゃないw」との事。
Eちゃんは「大丈夫ですよ。今Aさんを寝かしつけましたから」と電話口のCちゃんに答えますが、しばらくの間、切っては鳴り切っては鳴りが続きましたw

そんなCちゃんからのチェック電話も収まり、私達は寝ることにしました。
私はEちゃんとベッド脇の床に寝転び、Tはベッドで寝ているAちゃんの横に滑り込みます。
私はEちゃんと自然にキスしてました。
そのままの流れで耳や首に舌を這わせ、オッパイを揉むとEちゃんは喘ぎ出します。

「ダメだよ~、Tさん達に聞こえちゃうよぉ…」
こんな狭い部屋、近い距離で聞こえちゃうも何もないもんだw
「ベッドの上見てみな。T達えっちしてるからw」
なんと、TはAちゃんにいきなり挿入してました
「え~っ!ほんとにヤッてるの!?」とEちゃん。

「あっ・・あぁ~ん・・・」
次第にAちゃんの喘ぎ声が大きくなり始めます。
私はEちゃんに向き直り、服の上からブラのフックを外し、キャミをずり下げて生乳と御対面します。
「はずかしいよ~」とEちゃん。しかし私は構わずBカップの小振りなオッパイを舐め回します。
段々息が荒くなり出すEちゃん

私「ねぇ、口でしてよ」
Eちゃん「やだよぉ、恥ずかしいよ~。Tさんに見られちゃうじゃん」
私は構わずパンツを脱ぎ、いきり立ったチンポを突出します。
と、Eちゃんは素直に下半身の方に移動してパクッとチンポを喰わえてくれます。
なにも言わなくても普通に玉袋まで舐めてくれるEちゃん(キャミ腰迄ずり下がりのすがたがエロい)
笛吹くみたいに横舐めしたりと一生懸命ナメナメしてくれます。

こいうフェラって今時の若い娘たちには常識なの!?と驚きながらも気持ちイイ。
私も負けじとEちゃんの股間に指を滑り込ませます。
Eちゃんのアソコは既に濡れ濡れで、私が中指を曲げてGスポットを刺激し、親指でクリを攻めると「むぅ~!むぅ~・・・!!」とチンポを口一杯に頬張りながら喘ぐEちゃん。

ベッドの上ではTが両手でAちゃんの巨乳を回すように下から持ち上げ、正常位でガンガンついてます。
その度に激しく上下する巨乳に合わせ、Aちゃんの喘ぎ声も大きくなります。

Tは「先輩、美巨乳っすよ!なんか彼女の中すごい濡れててヌルヌルします!」と興奮気味w
Aちゃんにも「ねぇ、気持ちイイ?」とか聞いています

私はEちゃんを隣に寝かせて後ろを向かせ、寝たままバックで挿入しました。
「んっ・・・ん~」と溜息のように喘ぎ、そのあとは「きゅん、きゅん」というような甲高い声でハァハァするEちゃん。
身長155cm位しかないEちゃんのアソコは良くしまります。
バック・騎乗位・正常位・松葉崩しと、様々な体位でEちゃんを堪能しました。

私はチンポが長くてカリが張っているのですが、Eちゃんはそんな私のチンポを気に入ってくれた様子で「○○さんのスゴイっ!アタる!気持ちイイ~」と感じまくりでした。
Eちゃんはすぐにイッてしまい、そのあとも何度も「イッちゃうよ~!イクッ!!」と繰り返しながらイッてくれてましたw

しかし、酒が入ると全然イかない私。
すると突然、Tが「ヤバい、イク!」と言ってAちゃんのお腹に射精し、シャワーを浴びにいってしまいました。

私はAちゃんともヤッてみたかったので、Eちゃんからチンポを抜くとベッドに上がりました。
Eちゃんは床に崩れ落ちてハァハァ息を切らせてます。
仰向けに寝ているAちゃんのシーツを捲りチンポを挿入しました。
寝ていたAちゃんはすぐに目覚め、顔を横に向けたまま喘ぎ出しました。

Tとした後のAちゃんのアソコはヌルヌルで、すんなり奥迄チンポが入りました。
Aちゃんの陰毛がキラキラ光っていたのが印象に残ってます。
私はAちゃんの両脚を抱え、更に深く挿入します。

AちゃんのアソコはEちゃんよりゆるいのですが、何故かすごく気持ちイイ。
その上、愛液が止めどなく流れ出してて、私の腹も太腿もシーツもヌルヌルです。
本当に凄いヌルヌル感で(笑、私は一瞬、Aちゃんとの一体感というか結合感に酔いしれてしまいました。

私「気持ちイイ?」
Aちゃん「はっ・あん・・キモ・チ・・イイ!」
私「イキそう・・イッていい?」
Aちゃん「あぁっ・・中は・ヤメ・テ・・」

以外に冷静に外出しを希望するAちゃんに一瞬萎えかかりながらも、Aちゃんのオナカの上にたっぷりと出してしまいましたw
少し中にも出ちゃったと思うけど、あんまり長時間やってたせいでチンポの感覚も薄いし、Aちゃんのヌルヌルのせいでよく分かりませんでした

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.