女性専用 クンニ体験談

ここでは、「女性専用 クンニ体験談」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

私は音楽大学で声楽を専攻している女の子です。
3歳の頃からピアノを続けていますが、声楽にも興味があり、大学では声楽を選んだしだいです。
声域はソプラノです。

芸術系の大学は浪人して入る人も多く、親友の女の子は一つ年上です。
その親友の理沙と後期試験も終わった日、居酒屋に行った時のことです。

週末の金曜日でもあったので、お店は込み合っていましたが、二人でどんどん料理を注文し、大いに盛り上がっていました。
私はあまり飲めない方ですが、理沙はけっこういける口。

そんな時、となりのボックス席、といっても木の作りの4人がけの席ですが、
そこに2人連れの大学生風の男子が新しい客としてやってきました。
1人の人を見た時、すぐに私の好みのタイプだと思ってしまいました。
スラっとした体型で、カッコ良くて、日焼けしているけど知的なタイプ。

もう一人の人は、先輩のようで、彼は敬語で話していました。
先輩の方は身長はもっと高く、こちらもイケメン。

理沙は、そっちの方がタイプのようで意識しはじめたのが何となくわかりました。
お互い目を見合わせて、(かっこいいね)と言い合っていました。

その人たちが来てから30分ぐらいたってからでしょうか、向こうもこちらを狙いはじめたのか、狭い通路を挟んで、先輩男子の方が声をかけてきました。声のかけ方もスマートで好感が持てました。

彼らは誰でも知ってる有名大学の学生で、私はラッキーだと思ってしまいました。
彼の方は私たちと同じ2年生で先輩の方は卒業間近の4年生でした。

そしてお店を一緒に出て、別の店に行こうということになりました。
今度はもうちょっと気のきいたカフェ風の西洋居酒屋で、丸いテーブルを挟んで4人で座りました。

私の好みの彼は『どうぞ』とイスを引いてくれ、私を座らせてから、自分は私の右側に座り、先輩男子、理沙と交互に座る体勢になりました。
この時、自然と2組のカップルになってたような気がします。

彼らの話しはとてもおもしろく、楽しくて、私たちはずっと微笑んでいました。
彼によく聞くと、住んでるところが私たちの大学からすぐ近くのところでした。
部屋の窓を開けていると、楽器の演奏の音がかすかに聞こえる時もあると言っていました。

そして時間もあっという間にすぎいきました。
彼は、『つまらない時は長く感じ、楽しい時間はすぐに過ぎ去ってしまうと感じるそれが相対性理論だ。今夜は楽しかったよ』と言い、
先輩が『また、こいつのきどったウンチクが始まった』と混ぜっ返すと、4人でどっと笑いました。

お店を出た時は山の手線も私鉄も地下鉄も終電は終わった時間でした。
先輩男子は『大丈夫、タクシーで家まで送るから』と理沙と一緒に歩きだし、私と彼もタクシーをつかまえました。

『○○まで』と彼は自分の部屋のある住所を運転手さんに告げました。
タクシーに乗り込む前に『よかったら僕のところに来ない』と言った時、私は頷いてしまっていました。

タクシーを降りた場所は、私にも馴染みのある通りで、途中コンビニに寄り、ちょっとした買い物をして、5分ほど歩いて彼のアパートに着きました。

6畳程度のフローリング一間にキッチンとお風呂が付いた鉄筋3階建てで、建物自体は古いそうです。
部屋の中心にコタツが置かれ、ベッドを背もたれにして座る形は私の自宅の部屋と同じだと思いました。

二人でコタツに入り、テレビのCS放送をつけたまま、しゃべり続けました。
午前2時になっても緊張しているせいか、まったく眠くはなりませんでした。

『眠くなった?』と彼が聞いてきても『ううん、全然。このままこうして朝まで起きてるから。』と言いました。

初めて会ったばかりの人のところに付いて来たことで、軽く思われないよう私は必死でした。
もちろん、私としてもこんなことは初めての経験です。

実は3ヶ月前に1年以上付き合っていた元彼と別れてから、寂しかったということもあるんです。
その彼とは当然、セックスしていましたから、セックスの何たるかぐらいは私も知っています。
と言っても男性経験はその人だけで、経験は浅い方だとも言えます。

そんなことを考えていると、『僕はコタツで寝るからキミはベッドで寝て・・・』と彼は言いました。
『でも・・・。』
『コタツに座ったままじゃ疲れるし、風邪ひいてもアレだから』

彼はやさしく私の手を取り、フトンをぬくって寝かせてくれました。
『電気を消すよ』と彼は言い、豆電球の灯りだけになりました。
私はベッドの中でスカートと黒ストッキングのまま横になっていました。
スカートはミニの破れデニムなのでシワの心配もなく十分、寝間着になります。

私は寝付けず、『ねぇ、体痛いんじゃない?』と言いました。
クッションをマクラがわりにしても、床にコタツの下に敷く敷物がある程度ですから、寝られないと思ったんです。

『じゃ、そっちに・・・』と彼は私の横にすべりこんできました。
彼もジーンズのままでした。
と、すぐに彼は腕マクラをするように私の首下に腕を回し、私を抱き寄せ、そのままキスをしてきました。

ここまでの早業は見事と言えるほどでした。
私はそうしてくれるのを待っていたんです。

彼の舌が私の舌に絡みつき、私も彼の背中に腕を回して抱きしめていました。
彼はキスをしながら私のセーターの中に手を入れ、素早くブラのホックをはずし、私のツンと上向いた小ぶりなバストを揉みはじめました。

アンダーバストからゆっくり揉みながら指先で乳首をつまみ、乳輪を撫でてくると彼が口を離すたび、私は声が出てしまいました。

そしてセーターを脱がせて、上半身は裸になっていました。
暗がりとは言え、毎日、ちゃんとムダ毛の手入れをしておいてよかったと、つくづく思いました。

彼はキスを続け、パンストの上から、太ももを円を描くような感じでゆっくりゆっくりと愛撫し、それからすでにめくれ上がっていたスカートの中に手を這わせてきて、クレバスに沿うように縦に指を這わせたりしました。

パンストの上からでもすごく感じて、たぶん、もうアソコはしとどに濡れていました。
『はぁっ、はぁっ・・・』と私はあえぎ声を上げていました。

彼は私のバンストを伝線させないよう、脱がせ、しばらくはパンティの上から愛撫してきました。
そしてパンティも取り、私のアソコに舌を這わせてきました。

お風呂は前夜に入ったきりで、それから何度もトイレに行っていますし、けっして清潔ではなかったと思いますが、この部屋のトイレを借りた時、携帯用のウェットティッシュでこっそりアソコをきれいにしたので、シャワーできれいにするのに比べれば劣るかもしれませんが、陰唇回りから肛門にかけて丁寧に拭いておいたんです。

クンニリングスがこんなに気持ちいいなんて知りませんでした。
元彼はおとなしい地味な人でセックスも地味だったからです。

そして彼が『咥えてみる?』と言った時、私は、『したことないから・・・』と言いながらも思い切って彼のモノを咥えてみました。

それは元彼のモノより大きくて、立派でした。
私は口いっぱいになるそれを一生懸命咥え、舌で舐めてみました。
それが彼にとっていいのかよくないのかまではさっぱりわかりませんでした。

しばらくして、彼は私を仰向けに寝かせ、上に乗り、私の中に入ってきました。
(あとで聞いたのですが、その時のコンドームは、帰りに寄ったコンビニで他のモノと一緒に密かに買ったそうでした)

私は十分すぎるほど濡れていたので、挿入はすんなりといきました。
ちょっと痛みがありましたが、彼が動いているうち、少しよくなってきました。

『いい?』
『わからない・・・少し痛かったし・・・』

すると彼は動きをゆっくりにして、指で同時にクリトリスを愛撫してくれました。
私はオナニーの習慣があり、バストとクリトリスへの刺激でいく方なんです。

オナニーに関しては、もう6、7年ぐらいは続けていると思います。
なので、この彼の愛撫は正解でした。

彼のモノは入ったままですが、彼はクリトリス周辺を痛くしないようソフトに愛撫してくれ、私はだんだん気持ちよくなってきました。
『いいみたい・・・』と言ってしまったほどです。

ただ、さすがに状況も状況ですから、この時は絶頂感までいくのは無理でした。
この時はお互い全裸でしたが、寒い日にもかかわらず、暑く感じたものです。

それから20分ほどで彼は『いくよ』と言って、射精し、行為を終えました。
彼は腕マクラをしたままで私を抱き寄せる格好でお互い深い眠りにつきました。

それから彼とは恋人関係となり、今、楽しく過ごしています。
落ち着いた中年以上のオジサマが好みの私。
友達は若いイケメン好きが多いけど、私は違う。

会社の上司と不倫するよりも出会い系で知り合った人との方が気が楽。

そこで知り合ったオジサマと1ヶ月くらいメールして、話してて感じの良い方だったので楽しくお茶できればな。と思って一度会うと本当にお茶だけでした。

そして1週間後また会う約束をしました。

前回何もしなかったので今回もしないだろうなと思いつつ、メールではエロ全開の二人。

またもや案内されたのは綺麗なレストラン。

前回会った後にされることは嫌ではなかったと伝えていたため、お相手さんは積極的に触れてくるwちょwここはレストランですってwと何度手を止めたことか。

レストラン→そのホテルのバー→ もうひとつ夜景が綺麗なところがあるんですよ。

とホテルのバーに。

もうお酒を何杯のんだのやら、むこうは大分落ち着いているが、私の方はヘロヘロ上機嫌。

お手洗いに私が立ったときにお会計をすませてさあ帰りましょうかとしたら「・・・上に部屋があるんですけど夜景綺麗ですよ?少し見て行きません?」お誘いキター!と思いながら、時計と見比べて迷う。

絶対これ終電間に合わんし・・・朝帰りはなぁ。

迷う間もエレベーターへ向かい下のボタンを押して開くと誰もいないエレベーター・・・何もいわずに抱きすくめられて耳元で”少しだけだから”って言われたら腰砕けちゃいました・・・。

ほろ酔い気分も素に戻りましたwそのままお部屋に。

まだ少し緊張してたので窓際で景色を楽しむ。

綺麗ですねーとキャイキャイはしゃぐも、むこうが後ろから抱きしめてきたので後ろをふりむき首に抱きつくようにすると背中をすごい力で抱きしめてくる。

そういうの好きなんですよね・・・。

多分メールで「ぎゅう」が好きって言ってたから覚えてくれてたんだろうな。

会いたかったですよ・・・今日も本当は我慢してようとしてたけれど・・・そんな目されたら返したくなくなってしまった・・・と耳元でささやかれ、思わず私も・・・会いたかったと答えてしまった。

そうなるとお互い求めてることはメールで確認済みなので、むこうの手は止まらずにスカートの中へ入ってきてゆっくり焦らすように太股をさする もうそのときには既に大洪水になっていて、しがみつくので精一杯の私は声をあげてひたすらおじさまの指に耐えるだけでした。

下着の隙間から指が少しずつ触れてこちらの状況を把握してからは、おじさまは大胆にでも優しく服を脱がせて私はあっというまにスカートの下は何もつけてない状況に。

立ったまま指でくちゅくちゅしていると「すごい締め付けてくる・・・気持ちいいの?どこが気持ちいいの?言ってごらん?言わないとぬいちゃうよ?」と言葉攻め。

Mな私はそれだけで震えてしがみつきながら顔をプルプル横に振って耐えるだけ。

ベッドに誘われるとオジサマが一言。

「顔の上に来てご覧?」・・・えええっ顔ですか、か、顔ってええっ 顔の上にまたがってクンニ。

写真でみたことはあったけどすごい気持ちい・・・。

舌がクリをなめたり、中に硬くして入ってきたりすると腰が震えて溢れてくるのがわかる。

わざとそれを音をたてて飲みながら「おいしいよ・・・もっと溢れさせてご覧?全部飲んであげるから・・・」そのまま壁に顔を押し付けてビクビクしながら一度イク。

くったりしているとベッドに横に寝かされて服を”しわしわになっちゃうからね?”とゆっくり脱がされてお互い下着だけの姿に。

お布団を上からかけられてちょっとギュッ・・と小休止。

恥ずかしくて顔も見れない状況でしたがぎゅうっとされて安心してまた甘えモードで胸に顔をうずめてキスをおねだり..「こういうの想像してた?」とさっきのを聞かれるととたんに真っ赤になる私。

もっと恥ずかしいこともしてあげる・・・ああいうの思い出したらまた濡れちゃうかな?と指を滑らせると・・また下は反応してしまって。

普通にクンニ。

今度は指と舌ですごい音を立ててまたいってしまった。

ハァハァしながらも、まだクリを触ると恥ずかしく声を挙げてしまう身体。

「今度は自分で触ってご覧?メールでしてたように今日こういう風になること期待してたでしょ?どうなの?」と優しく見つめながら責めてきます。

もう私は力が入らなくくらいになって言うがままに・・・「一人エッチを私が見ている前でしてごらん?」と指を股間にもっていかされると私も恥ずかしいので抵抗したのですが「ちゃんと出来たらごほうびあげようね」と耳に囁かれ、クリを弄りはじめてしまいました。

クリを人差し指で円を書くように刺激すると、また中があつく濡れてくるのがわかって、もう片方の手を握られているので強くにぎりながら目と声で訴えるようにあ。。

なんどもイク、あ、だめ、いっちゃう、と、身体を震わせてしまいました。

一人エッチでいきそうになると「すごい濡れてるよ・・・さっき舐めてあげたのにまた新しいのが溢れちゃったのかな」と指先を少しだけ埋めるようになぞられました。

たまらなくなって「なぞるだけじゃ嫌ぁ」と押し付けるように腰をうかせると、中指で中をぐるっと抑えるように押し込まれました。

その後もクリと中と尿道のところを弄られて吸われて・・ あ、クル、でちゃう、だめ、ダメと逃げようとしたところもがっしり押さえつけられてそのままお漏らし・・・お漏らしなんてしたことなかったので私はしばし放心状態 お尻の下がひんやりしてどれだけだしちゃったのかが把握できます。

おじさまはすごく満足そうに「気持ちよかった?」と私に聞くも、恥ずかしくって何がなんやらわかりませんでした。

その後またしばらくなでなで→甘え→クンニ→潮吹きを繰り返しされて、もう何もでません、声もでませんーと帰ったのはもう朝も白んできたころ。

終電どころか始発の時間でした。

その後も会っているものセックスしたのは1度だけ。
毎回オジサマのクンニだけでヘロヘロです。

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.