女性専用 クンニ体験談

ここでは、「女性専用 クンニ体験談」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

前編は以下のとおり
欲求不満で身体がうずうず、とにかくクンニして欲しい
欲求不満で身体がうずうず、とにかくクンニして欲しい 続編

「私は挿れて欲しいな」
そう言って、田村をソファに座らせ、
パンツを脱がせて、ゆっくりフェラを始めました。

「あぁっ、そんなことされたら、本当に我慢できないけど?」
「我慢しなくていいよ。何で?彼女に悪いとか?」

「んー、そんなんじゃぁなくて・・・」
何故かとても歯切れの悪い田村。

少し経って、意を決したように、
ワイシャツを脱ぎ、下のTシャツを捲り上げる。

田村の肩から胸のあたりに般若がいて、
目を見開いていました。

「若気の至りです。ごめん。ひいた?」
「・・・え?」

「最初に言うべきでしたよね?すみません」
「○○さん、恐い人なんですか?」

もうほとんど半泣きで、とってつけたように敬語を使う私。
田村はずーっと、私に敬語使ってたのに。

あんなことも、こんなこともさせてしまって・・・どーする?
頭は真っ白で、目の前は真っ暗。

「違いますよ。これ、和風だけど、和彫りではないんですよ」
みたいなことを言われたけど、よく意味がわからず、パニックになる。

あー、調子に乗って、出会い系なんてやってた私の
バカバカバカバカ・・・

「本当に舐めるのが目的で、私の募集に応募してきたんですよね?」
と訳のわからない質問をしてみる私。
「うん。もう止めて帰ってもいいですよ」

少し冷静になって考えて、自分だけが気持ち良くなって帰るのも何だし、
田村も、本当に恐い関係の人ではなさそうなので、続行することに。

洋服を脱ぎ、下着になって
「ベッド行こうか」 と田村に声を掛ける。
田村もTシャツを脱いで、私を抱き寄せてキス。

Tシャツを脱ぐと、胸だけでなく、
肩から二の腕にかけてもびっしり何か描かれている。

なるべく見ないよう、目をつぶっていると、
田村が照明を落としてくれた。

ベッドに入ってからの田村は、人が変わったかのように荒々しく、
私の身体を貪ってきた。

クンニだけでなく、とにかく舐めるのが好きなのか、
胸はもちろん、両手を拘束して、脇の下を執拗に舐めまわす。

青白い照明の中で、上半身にびっしり彫り物をした男に
身体を貪られるという、この先二度とないであろうシチュエーションに、
私の下半身は、ぐっしょりです。

ベッドでも、さらにクンニしようとする田村を制して、
私がフェラをすることに。

さっきのフェラでは、変わったところはなかったけど、
真珠などが埋め込まれていないかよくチェックしながら丁寧に舐めた。

太さも大きさも、普通だけど、ものすごーく硬い。
射精寸前のような硬さだけど、射精前の血管がピクピクする感じは
伝わって来ない。

田村は、人のことは執拗に舐めても、自分が舐められるのには弱いのか、
すぐにギブアップして、挿入したいと言い出したので、
私がコンドームを装着する。

これで、コンドームに何か仕込まれる心配もない。

そんなに心配なら、セックスしないで帰るという選択肢もあったのに、
本当に性欲に負けまくりな私。 (次回へ続く)
前編は以下のとおり
欲求不満で身体がうずうず、とにかくクンニして欲しい

とことん舐めさせてやろうじゃないの、と密かにS魂に着火。
部屋に入ると、田村はクローゼットからハンガーを取り出し、
まずは、私のコートをかけてくれる。

なかなか躾けの行き届いた犬です。
「あの・・・シャワー浴びないで欲しいんですけど」

「出たーっ。匂いフェチ?」
「匂いフェチというか・・・自然なままの状態を舐めたいんです」

「じゃあ、手洗いと、歯磨きだけ済ませてきて」

お互い、手洗いと歯磨きを済ませ、
私はソファに座り、田村は床に座ってスタート。

ストッキングは、スペアを持っているので、
ストッキングの上からの足舐めを許可。

足の指は性感帯ではないので、太ももあたりから舐めるよう、指示。
やっぱり、舌がやわらかくて、頭が真っ白になるくらい気持ちいい。

足の付け根と、下着の際をしつこく舐めてくる。
すごく焦らされているようで、たまらなくなって声が出る。

ようやくストッキングに手をかける田村。
全部は脱がさず、片足は、ひっかけたまま。

「すべすべで気持ちいいですね。少し顔を、はさんで貰っていいですか?」
「えー?本物の変態っぽいね」

笑いながら、リクエストに答えつつ、
足に力を込めて、首を少し絞めてみる。

ちょっと苦しそうにしつつ、顔を上げ、
「やっぱセンスありますね」
真性の貴方に誉められるのは、光栄です。

田村の舌は、下着と、毛の生え際部分にねじ込まれ、
執拗に舐め回してくる。

あー、それ大好きなんです。
ときどき、舌がビラにも伸びてきては、何ごとも
無かったかのように、また生え際部分を舐める。

そんなに焦らされたら、腰が動いちゃいます。
「あぁ、イヤらしく腰が動いてますね。最高です」

「本当?私も気持ちイイ。もっと舐めて」
自分で下着をずらし、田村の顔に押し付けてみる。

そこから、さまざまなバリエーションで、
田村の怒涛のクンニが始まった。

具体的な描写は難しいので、割愛します。
ソファと床に小さな水たまりができていました。

私は、スカートとストッキングを脱いだだけ、
田村はネクタイを外してズボンを脱いだだけ、
という間抜けな格好のまま1時間くらい経過していました。

田村の下半身が、何度か身体にあたって、
ものすごい硬さなことに気がついたので、

「舐めるだけで満足?」
と聞いてみると、

「クンニで逝ってくれたから、満足はしているけど・・・」
と言葉を濁すので、

「私は挿れて欲しいな」
そう言って、田村をソファに座らせ、
パンツを脱がせて、ゆっくりフェラを始めました。 (次回へ続く)

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.