男性専用 人妻との体験談

ここでは、「男性専用 人妻との体験談」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

前編は以下のとおり
知り合いの人妻さんに筆下ろししてもらった
知り合いの人妻さんに筆下ろししてもらった 続編
知り合いの人妻さんに筆下ろししてもらった 続続編

俺はソファーに座り、彼女を立たせ、
俺の目の前で股を開くように注文した

「なんかこれ恥ずかしい…」
「めっちゃエロいですよ…」
「やだもう…」

ヤダとか恥ずかしいとか言いつつ、
俺の言ったとおりにためらいもなく股を開いた

「さっきまでここに入ってたんですね…」
「んう・・・」 俺は指でおまんこを開いた

そして、そのままゆっくり指を突っ込んだ
「んあっ…」
「気持ちいいところ、教えてください」

「あっ、そこ…んんっ!」
「ここですか?」

彼女の反応を見ながら指を動かすと、
また膝がカクカク震えはじめた

彼女は腰を下ろし、向かい合ったまま挿入した。
カラダを密着させ、まさぐるように抱き合い、キスをした

キスシーンで抜くのが大好きな俺は、
これでまたイキそうになったがグッとこらえた
今度はバックで挿入してみようと思った。

普段エロ動画を見る時はバックのシーンを飛ばしちゃう
ことが多いんだけど、実際にやってみるとすごいエロい。
波打つ尻肉と、スリムな腰のラインがクソエロかった

ちょうどスタンドミラーがあったので、そこに移動して
鏡の前でバックから挿入した

電話機の横に2人のお子さんの写真があったのが
一瞬目に入ったが、構わず腰を振った

「ほら見て、Fさん、めっちゃエロいですよ…」
突きながら両手で乳首をこねくり回した

「も、もう、あっ、○○君、の、ヘンタイ…
あっイク、ああ、ダメ、イクイクイク…!!」

彼女はもう足腰立たなくなって、ヒクつきながら
その場にへたり込んでしまった

「ごめんね、こんな気持ちよくなったことないから、ビックリして…」
「お世辞はいいですよ」

「ほんとだって、うちのダンナは…」
別居中のダンナのグチをしばらく聞かされ、お風呂場に移動した

「あ、○○君ごめんね!私ばっかり気持ちよくなっちゃって…」
「いえ、自分もめっちゃ気持ちよかったです」

「え?まだするでしょ?出してないし」
「あ、はいスイマセン」

「今日はこのカラダ好きにしていいんだからね…」
そのセリフでまたスイッチが入った

「じゃあ、好きにしますよ?」
「うん、してして」

さっき一度絶頂したからか、グチをいいまくって
スッキリしたのか、妙にFさんの口調は晴れやかだった

今まで我慢して多分、もう一気に出しちゃいたくなったので、
Fさんに風呂場の壁にもたれかかって貰って向かい合う形で
挿入した。

もうめっちゃキスしながら腰振った。
あっという間にイキそうになった

「イキそう…」
「出るとこ見せて!」
Fさんは手のひらをパッと開いた

でも最後自分でシコって出すのはなんか嫌だったので
「あの、口で受け止めてもらっていいですか?」
「うん!」

軽いOKで即チンコをジュポジュポ舐めてくれた
「あ、イク…!」口の中でついに果てた

「なんかスイマセン…」
「んう~へはへ~(出たね~)」

口の中を開いて見せてきた
その後は体を洗い合い、ちょっと話をしたあと帰りました
前編は以下のとおり
知り合いの人妻さんに筆下ろししてもらった
知り合いの人妻さんに筆下ろししてもらった 続編

彼女は何も言わず俺のパンツをずり降ろすと、
すぐさま俺のチンコを口いっぱいに頬張った

俺は完全に意表を突かれ
「はへぇっ!?」
と今まで出したこともない声を出してしまった

彼女は「んふう、ふう、んんうっ…」と声を漏らしながら、
焦点の定まらないような目で夢中で俺のチンコをしゃぶった

女性の性欲のピークは30過ぎからだと聞いた気がするが、
こういうことなのか…と、一瞬冷静になった俺は思った

口からチンコを離すと、今度は会陰から先端まで舌先で
舐めたり、頬ずりするようにチンコに顔を擦り付けていた
彼女の顔は、俺の我慢汁や自らの唾液でテカテカ光っていた。

俺の玉袋に鼻を埋めて深呼吸している
そんな彼女の姿を見ると、興奮を通り越してなんだか
もう愛おしくなっきた。彼女の髪をやさしくなでた

何も言わず彼女は自らパンティを脱いだ。
正直脱がせたかったが、意識は一瞬で初めての生マンに集中した。

彼女はソファーでM字に脚を開いた
「このまましちゃっていいかな…?」
「え?あ、はい!」

その時は適当に返事してしまったが、
多分風呂に入るかどうかを聞いたんだと思う

「入れて…」
「で、でもコンドームとか…」
「大丈夫だから…ほら、ここに入れて…」

我慢汁でも妊娠するし、そもそもこの状況が何一つ
大丈夫じゃないんだが、お互い性欲には勝てなかった

唾液と我慢汁でヌルヌルの俺のチンコが、
彼女のヌルヌルのおまんこの中にゆっくり入っていった
ニチチッニチッっといやらしい音が響く

「童貞卒業だね」
「あ、ありがとうございます…」
「ほら、そのままもっと奥まで突っ込んで…」

温かくてグチョグチョで、スムーズに一番奥まで入った。
陰毛が絡み合ってジョリジョリと音をたてた

「ほら、腰振ってみて…」
「こ、こうですか?」
大型オナホで予習済みの俺は難なく腰を振ることが出来た

「そう、上手っ…んうっ…はうっ…!」
「やばい…、ほんと、気持ちいいです…」

「わかってると思うけど、中には出しちゃダメだからね…?」
「あ、はい気をつけます」

「イキそうになったら教えてね、まだできる?」
「はい、まだ大丈夫です」

実は最初の初キスでイキそうになってたんだけど、
そこを耐えたお陰で一旦射精感の波は引いていた

「いっぱい突いてぇ…」
「は、はい!」

俺は立ち膝のまま猿みたいに腰を振った
射精感が高まるたびに小休憩を挟んだ。

ちょっと余裕がでてきて、せっかくだから、
いろいろ体位を試したくなった

俺はソファーに座り、彼女を立たせ、
俺の目の前で股を開くように注文した

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.