男性専用 処女と体験談

ここでは、「男性専用 処女と体験談」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

マンションの隣に住む高1の佳奈を
女として見るとは思っても見ませんでした。

佳奈はスラリとしたスタイルで可愛い部類に入るほうだと思います。
俺は29歳で独身の会社員です。

お隣が旅行に行くというのでで留守を頼まれたのが12日の朝でした。

普段からたまに俺の家に遊びに来てて、妹みたいな存在だったので、12日の夜に食事に連れて行きました。

食事を終えマンションに着いてお互いに「おやすみ」と挨拶.、そのまま、いつもの一人の夜になりそうでした。

20分位してインターホンが鳴り佳奈が来て「どうした?」と聞くと
「一人で怖いから」泊めて欲しいと。
お風呂もうちで入りたいという。

まあいいかと思って「あぁいいぞ」「ありがと」と笑いました。

佳奈を先に風呂に入れてから、一緒にテレビを見たり、話ししたりして、俺が風呂からあがると、佳奈はリビングのソファーで眠っていました。

その姿を見たときに俺の中で佳奈は女に変わりました。
さっきとなんら変わらない格好なのに、なぜか違って見えたのです。

ショートパンツにキャミソールという格好で眠っている佳奈。
クッションを枕にうつ伏せで眠っている女でした。

艶々の髪、すべすべの背中、捲れたキャミソール少し覗いているウエスト白くて細い太腿やふくらはぎと足首...

触れたいという気持ちを押さえ、「風邪引くぞ」といって佳奈を揺り起こすと「うーン」といって寝返りました。

横向きになった佳奈はまた違った魅力がありました。
少し膨らんだ胸や長いまつ毛、可愛い唇、
俺は佳奈の首筋に顔を近づけ匂いを嗅ぎました。

なんとも言いようの無い香りでした。
もう我慢できなかった...

佳奈を抱き締めました、でもやっぱりまずいと思い身体を離しました。
そんな事をしたので佳奈は目を覚ましていました。

「ごめん...」俺は佳奈を見ることができなかった。
すると佳奈は「抱き締められるっていいね」と言ったんです。

「え?」「私、和にぃならいいよ」と下着姿の俺に抱きつき
「初めてで怖いけど、いいよ」といい自分からキスをしてきたんです。

ぎこちないキスです...もう駄目でした。
佳奈を抱き上げベッドに寝かせてキスをしました。

相手は初めての女の子です、優しいキスをしようと思ってたんですが我慢が出来ずに舌を差し込み佳奈の舌を吸いました。

苦しそうな顔をしてたので口を離し「大丈夫?」と聞くと
「大丈夫だよ、これがキスなのね、苦しいけどなんか好き」と笑い
「もっとして」と言って自分からしてきたんです。

最高でした、柔らかい唇と舌、甘い唾液、愛らしい喘ぎ声
俺の身体も限界でした、キスだけで逝ってしまったんです。

こんな事は初めてでした、まだ下着を履いたままだったので
佳奈はビックリしていました。

「出ちゃったの?」「うん...恥ずかしいけど、情けないよ」
「そんな事ないよ、感じてくれたんだよね私に」

「うん、キスだけでこんなになるなんて初めてだよ」「嬉しい」と笑った。
俺はシャワーを浴びて部屋に戻り、改めて佳奈を抱きました。

さっきよりも激しいキスをして、小さな耳を舐め、首筋をなぞり、起こしてばんざいをさせてキャミを脱がせました。

暗い部屋だったけど、目が慣れてたので白い乳房と薄い肌色の乳首がはっきりと見えました。

胸は手に入るくらいで丁度いい大きさです。
乳首に愛撫が行くと佳奈は初めて「あんっ」と声を上げました。

もっと声が聞きたい、俺は愛撫を続けました。
乳首を舐めたり吸ったり、甘噛みしたり、転がしたり
「あぁぁ..はぁー」「佳奈気持ちいい?」「うん、変な感じ」
俺はその吐息が欲しくてキスをします。

誰も触れてない身体を早く全部味わいたいけど
唇からも胸からも離れられない、
だから佳奈はまだ下着は履いたままなんです。

でも先に進みたい..おなかのすべすべ感を味わい
下着の上から匂いを嗅ぎました。
大人の女とは違う甘酸っぱい匂いです。

水色のレースの下着を脱がせました。

「恥ずかしいよ」「綺麗だよ佳奈、脚開いて」
「あぁーん、和にぃ、何するの?」「佳奈の全部が欲しいんだ」
と言って太腿の間に顔を入れて舌でなぞりました。

ぴったり閉じた扉に舌を入れると佳奈のジュースが溢れてきました。
酸っぱい粘りのある愛液です。

夢中でそれを啜りながら舌で愛撫を続けました。
「あぁぁ、変、変だよー」佳奈は身体を震わせながら感じていました。

十分に佳奈を味わって、俺も限界でした。
「佳奈行くよ」と言って痛いくらいに勃起した俺のを握らせて
「これが中に入るから」「熱いよ、こんなの入るの?」
「大丈夫、痛いと思うけど」「うん、かんばってみるよ」

キスをして佳奈を見つめながら太腿を抱え、処女のあそこに先を当てて下から突き上げるような角度でゆっくり進みました。

そして少しの抵抗があった時、佳奈が顔を顰め「くっ..痛い」と
俺は「佳奈行くよ、俺と一つになるよ」と言い腰を入れました。

プチっと少しの感覚があり全部が佳奈の中に....
「痛い、痛いよ、でもなんか嬉しい、キスして」と言って抱きつきました。

「佳奈動くよ」「うんいいよ」
ゆっくり腰を動かしながら唇を吸い舌を絡め胸を触りました。

佳奈は眉間にしわを寄せながら耐えてるみたいでした。
その日2回目の射精感が来ました。

「佳奈、逝きそうだよ」「うん、出していいよ」
俺はゆっくりの出し入れで十分でした。

余裕を持って抜き、佳奈のお腹の上に出しました。
最高のセックスでした。

佳奈は涙ぐんでいて理由を聞くと
「怖いのと安心したのと嬉しいのと色々」と言って笑いました。

出血は少しでしたが,血の付いた内腿やあそこを見ていたら
愛おしくなって舐めてしまっていました。

佳奈は「汚いよー」と言いましたが、なんかそんな感は間全然なく
むしろ幸せな感じでした。

あの日からずーっと佳奈はうちにいます。
一緒にご飯を食べ、風呂も入り、一緒に眠ります。

もう佳奈の汗、唾液、全てが美味しいです
昨日は佳奈のリクエストでラブホに泊まりました。

まだ入れると痛いそうですが、愛撫は気持ちいいって言ってくれます。
ぎこちないですがフェラもしてくれます。

それより俺が佳奈から離れられそうにありません。
これからどうなるかわからないけど、佳奈が離れていくまで
佳奈を愛したいと思います。
24才の会社員です。先日、ふみえの処女を奪ったときのことを話します。

ふみえは私の職場に6人いる派遣社員の1人で、歳は一つ下です。半年前に出会いました。

出会った頃の彼女は外見も地味で、異性としての興味は全く感じませんでした。しかし彼女は仕事中、わからない事があるとよく私に助けを求めてきたし、家に帰る方向が同じで一緒に帰ることも多かったので、自然と話す回数も増え、親しくなっていきました。

 私たちは苗字が同じだったこともあり、2人の時は「ふみちゃん」「わたるさん」と呼び合うようになりました。
 そして何回か一緒に食事に行ったりしているうちに、少しずつ彼女の良さがわかってきました。
 彼女はよく気の利くやさしい女性でした。
 また、最初は地味だった外見も、髪型を変えたりしていくうちに洗練されてきて、美人ではないけれど、落ち着いた雰囲気を漂わせる素敵な女性に変身していました。

 ある日、私はふみえを誘って一緒に食事をした後、ふみえを部屋まで送っていき、彼女の部屋で話しました。
 ふみえは自分の容姿や性格、仕事の能力を他の派遣社員と比べて引け目を感じていたこと、困った時に私が助けてあげたことがとても嬉しかったことなどを話してくれました。
 私は話を聞いているうちに、ふみえが愛しくてたまらなくなってしまいました。そして思わず「ふみちゃんだってかわいいよ。それに性格もいいし、仕事も頑張ってくれるし、ふみちゃんがいると一日が楽しいよ。」と言うと、ふみえは「やだ、そんな・・・。お世辞でも嬉しいです。わたるさんにそんなこと言ってもらえるなんて・・・。」と、恥じらってうつむいてしまいました。
 その姿があまりにかわいくて、私はとうとう理性を失ってしまいました。

 私はふみえをベッドに押し倒し、夢中でキスをしていました。
 ふみえは驚いた様子で「やっ・・・わたるさん・・・だめ」と言いましたが、抵抗はしませんでした。

 私はそのままふみえの上に重なり、首筋にキスをしながら服の上からふみえの胸に触りました。それでもふみえは抵抗しなかったので、私は服を脱がせました。初めて見るふみえの裸は白い肌がとてもきれいでした。
「ふみちゃんの肌、すごくきれいだね」と言うと、ふみえは「やっ・・・恥ずかしい」と言って恥じらいました。
 私はますます興奮して乳房に吸い付きました。
 ふみえの胸は小さいけれど、形や手触りは中々のものでした。

 ふみえも次第に高まってきたらしく、「んっ、んんっ・・・」と声を上げ始めました。
 下半身に手を伸ばすと、ふみえのそこはしっとりと濡れていました。
 私が右手と口で乳房を、左手でクリトリスを愛撫すると、ふみえの喘ぎ声は「あんっ、ああっ・・・」と一段と高くなり、下半身は愛液が溢れ出てきました。

 私は我慢できなくなって、自分のモノを取り出し、「ふみちゃん・・・入れるよ」と言うと、ふみえは「本当にわたしとしてくれるの?」と言いました。
 私が「ふみちゃんと一緒になりたいよ」と言うと、ふみえは「この年になって恥ずかしいけど、わたし、初めてなの・・・。それでもいいの?」と緊張した様子で聞いてきました。
 私は「嬉しいよ。ふみちゃんの大切なものをもらえるなんて。ふみちゃんこそ、俺でいいの?」と言うと、ふみえは「ずっとわたるさんのこと好きだったんです。やさしくしてください・・・。」と目を閉じて私を受け入れてくれました。

 私は挿入したあと、しばらくはふみえの体を抱きしめて温もりと柔らかさを味わいました。
 ふみえは最初とても痛がりましたが、すぐに落ち着きました。
 そこで私はゆっくりと腰を動かし始め、次第にリズムを速めました。するとふみえは「はあっ・・・わたるさん・・・わたるさん・・・」とかわいらしい声で喘ぎながら、私の体を力いっぱい抱きしめてきました。

 ふみえの膣はとても締まりが良くて、私も「ふみちゃん・・・気持ちいいよ」と言いながら夢中で腰を動かしました。
 そして「ふみちゃん、出すよ・・・あっ」と声をあげてふみえの膣内に射精しました。
 ふみえは私の体を抱きしめたまま、全身を震わせて絶頂に達していました。

 その晩、私はふみえの部屋に泊まり、3回もしてしまいました。そして私とふみえの関係は、ちゃんとした恋人として今も続いています。

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.