女性専用 知り合いとの体験談

ここでは、「女性専用 知り合いとの体験談」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

家に帰ると母親の彼氏がリビングでお酒を飲んでいました。
私は無視してバスルームに向かいました。

シャワーを浴び、自室に戻ると服を脱ぎ、いつも通り下着姿でベッドに入りそのまま眠りに落ちました。

どれくらいたったのでしょう。
違和感に目を覚ますと母親の彼氏がベッドに忍び込み、にやにやしながら私の胸をまさぐっていました。

「いやっ!!何してるの!?」
身体を起こそうとしましたが、寝起きで身体に力がはいりません。

乳首を舐め回して唾液まみれにし、男が腰を動かし始めました。
「やっ!いやあああ!!」
すでに男ものが私の中に挿入されており、動くたびにぐちょぐちょ水音がします。


「やっ!!いやああ!!いやあああ!!」
嫌がる様子をにやにやしながら見下ろし、男が何度も激しく腰を打ち付けてきます。
「あ!あ、あ!!」

足が男の肩にかけられて男のものが身体の最奥を貫きます
「やあっ!!いやああっ!!」

私の嫌がる姿は男を興奮させるらしく、身体の中の男のものが膨張しました。
男は酒臭い息をはあはあ荒げながらぐいぐい私の身体を犯し、身体を密着させてきました。
私の胸に顔を押し付けて左右にぐりぐり顔を擦りつけてきます。

「やめてお願い!いやああああ!!」
抵抗と哀願もむなしく、肌が打ち合う音と、ぐちゅぐちゅいう水音が部屋中に響きわたります。

「あ…あ…うっ」
低く呻き声を上げて男が私の中で果てました。
やっと解放される…。

早くシャワーを浴びて汚い男のものを全て洗い流したくて仕方ありませんでした。
しかし男は私の上に覆いかぶさったまま胸に頬擦りし、余韻を楽しんでいるみたいでした。

ちゅくっと乳首に吸い付かれ、舌で転がされ
「や…あんっ」
胸が弱い私はぴりっと走った刺激に身動ぎして思わず声を出してしまいました。

私の反応に男の目の色が変わりました。
ちゅぱちゅぱ男を立てて左右の胸に吸い付き、両手で乱暴に揉みはじめ、私の中に入ったままだった男のものが再び膨張し始めました

「やっ!あ…ああっ、あっ」
再び乱暴に動き始めた男が私の体内を犯し始め
「はあ、はあっはあっ」
酒臭い荒い呼吸を繰り返し、ぱんぱん腰を叩き付ける男

「やあっ!いやあっ!!」
嫌がれば嫌がるほど男はにやにや嬉しそうに腰を深くたたき付けてきます。

「嫌あっ!あんっ、あんっ!!」
心では拒絶しているのに、すっかり濡れてしまっている私の秘部は、ぐちゅぐちゅ男に絡み付いて男を受け入れています。

男が私の身体を抱き上げて寝転がり、私を男の上に座らせて腰を跳ねさせ始めました。
「あっ!あんっ、あんっ、ああっ!!」

身体が跳ね上がり、ズブッと男のものを深くくわえ込み、また跳ね上がり…
それに合わせるように胸がプルンと跳ね上がり、男は嬉しそうに下から手を伸ばして触ってきます。

「やあっ!やめて!!あんっ、あんっ、あんっ!!」
何度も突き上げられ、いろんな快感が混じり合い、最後には訳が分からなくなりました。

明け方母親が帰宅し、すでにシャワーを浴びて情事のあとを流していた男は、何食わぬ顔で母親と出掛けていきました。

私はべとべとの身体をぐったりシーツに横たえて、出掛ける二人の足音をぼんやり聞いていました。
私が23歳の時の話です。
高3の同窓会があり、最近まで地元を離れていた私は久しぶりに皆と顔を会わせました。
普通に飲んで食べて盛り上がり特に仲の良かった数人で後日キャンプへ行くことになりました。
恥ずかしい話ですが、私は本格的なキャンプは初めてで、どんなものかとても楽しみにしていました。

参加するのは男女3人ずつの6人で男がY、T、H。女は私とY子とN美です。

でも当日は天気が悪くてあいにくの大雨でしたが、みんなで分担して料理の材料を買いそろえていたので、どうしようかと思っていると参加者の一人のYから電話があり
「材料が勿体無いからTのアパートで作って食べよう」とのこと。

キャンプが中止になったのは残念だったけど、確かにこのままにしておくのも勿体無いのでTのアパートへ向かいました。

4時過ぎに行くともうみんな集まっていて準備をしていました。
私の担当はバーベキューの仕込みだったのですが、部屋の中では無理なので肉と野菜を炒めることにしました。
料理を食べて、ビールを飲んで、高校時代の思い出話やもう一度高校生に戻りたい、などと当時を振り返る話をしました。
この6人は河原で花火などをして遊んだ仲でしたが
カップルではありませんでした。
本当に仲のいい友達という関係でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いつの間にか寝ていました。

そんなにお酒は飲める方じゃなかったけど、ついつい飲みすぎてしまったのです。
ボーッとした頭で周りを見渡しましたが誰もいません。

みんな買い物にでも行ったのかな?と思っていると、奥の部屋からボソボソと声が聞こえてきました。

「、、、綾子達が起きちゃう、、、、」
そっと近づいてふすまを開けてみるとYがY子を後ろから突いていました。
「アン、、、ン、ンッ、、、」というY子の小さな声と、パンパンパンという身体と身体が当たる音が聞こえてきます。
他人の、しかも友達のセックスを実際に見るのはもちろん初めてで驚いて(どうしよう。無理矢理なのかな?でも違うみたいだし、、、)
とあれこれ考えてしまいました。

その時、後ろから私の肩をツンツンと誰かが突きました。
Tでした。

私が何か言う前にTは「しーっ」と人差し指を口の前に持っていき
「こっちへ来て」という手招きで私を呼びました。
私とTは別の部屋へ移りました。
そこでTは「なんか変な気分になってくるよね。そろそろ俺らも・・しない?」と言いました。
(ハァ?何言ってるの?そんなことするわけないでしょ)
そんなつもりで集まったわけじゃないし、第一私には彼氏がいるのです。
当時「だって友達でしょ?普通友達には手を出したりしないでしょ?」という大甘な考えが私の心の中にあったのは事実です。
頭にきたので無視して部屋から出ようとすると、Tが私の腕を掴み、強引に振り向かせてキスをしてきました。

「うんっ、、、、んんんんんんっ」
私がビックリして口を離そうとするとTは私の胸に手を伸ばしてきました。
ちょうど生理前で少し胸が張っていて感じやすくなっていた私は揉まれただけで「ふーーーっ」と鼻から大きく息を出してしまいました。

Tは「俺さ、高校の時、綾子さんの事が好きだったんだよ」と言い、私を強引にカーペットの上に寝かせました。
「その気持ち嬉しいけど、こんなのはヤダ。彼氏じゃないでしょ?」と私は抵抗しましたが、Tの手が素早くTシャツの下に潜りブラを押し上げ
私の胸を直接触ってくると、胸から先が引っ張られるような感覚になりました。
「思った通りだ。おっきい」そう言いながら、Tが私の乳房を揉み乳首を人差し指と中指でコリコリしてくると、敏感になっている私はそれだけでどうかなりそうでした。
そしてTシャツをまくられ、背中に手を回してブラのホックを外されました。
「、、、ぁぁ、すごい。いいオッパイしてるじゃん。Dくらいありそう?」
少しずつ私の抵抗する力が弱くなっているのを感じたのかTは私の乳首に下を這わせてきました。

「ひゃ、、、ダメ、、、こういうのはダメ、、、エッチはだめぇ」
Tは私の乳首を吸いながら手を下に伸ばし、スカートの下に潜り込ませると、一番敏感な部分を下着の上から刺激してきました。
このままでは本当に最後までしてしまうと思い、最後の力を振り絞って抵抗しようとしましたがお酒も残っていたし、Tの指使いの上手さもあって思うように抵抗できませんでした。
Tは私の下着をスルスルと脱がせ、私の股を開きました。
「高校の時にこんな事するのを何回想像したことか」とTは興奮した様子で呟きました。
そんな恥ずかしい言葉責め?と彼氏以外の男に秘部を晒しているという恥ずかしさから、私のアソコはいつも以上に濡れてしまっていました。

Tは待ちきれないとばかりに直接クリに舌を這わせてきました。
それは男性経験の少ない私にとって今まで経験した事のない刺激でした。
Tは私のクリの周囲を吸い、舌で優しくそして激しくリズミカルにチロチロと転がしてきました。
押しては引く波のような刺激に私はイキそうになりましたが
(ああ、ダメ、イキそう)という時になるとスッと舌を離すのです。
気が変になりそうなくらいの焦らされ方でした。
(ごめんね○○(彼氏)、私、私、、もう抵抗できない、、、)
私は彼氏に対する申し訳ないという気持ちよりも
今ここで現実として起こっている事態とこの先の快楽を選択してしまいました。

私は何度もイかされそうになり、心の中では「お願い、もうイかせて」と思っていましたが口に出して言うなんてとてもできませんでした。
何がなんだか分からないくらいに感じさせられ、ボーっとしていると、カチャカチャとTがズボンのベルトを外す音が聞こえてきました。
Tは私の膝の間に入ると「入れてもいい?」と聞いてきました。
私はその瞬間、彼氏の顔が頭に浮かびましたが、少し間を置いて「うん」と答えてしまいました。

Tは私のアソコにアレをあてがうと、ゆっくりと中に侵入してきました。
「んっ、、、、、はぁ~、、、んんんっ」
これでもかというほど感じさせられ、焦らされた後に入って来た挿入感に私は思わず仰け反ってしまいました。
Tはゆっくりと腰を振りながら「ついに挿れちゃった。夢みたい」と言いました。
「綾子さんはあんまり遊んでないでしょ?慣れてないのが分かるもん」と、私の胸を揉み、吸いながら腰の動きに変化をつけてきました。
彼氏の単調なピストン運動とは比べ物にならないくらいTのアレは私の膣の内部を動き回ります。
ただ早く動くのではなく、動かし方が上手かったのです。
私は声にならない声を上げながらTのテクニックに感じていました。
Tのピストン運動で私は何度も絶頂を迎えました。

Tは「俺がイクのは綾子さんが何回もイッてからでいいから」と言いました。
それからTの希望で騎乗位、バック、立ちバックと体位を変えてはハメ、その度に私はイカされました。
最後に正常位になり、Tが激しく腰を振り始めました。
Tは「綾子さんの感じている顔を見ながらイキたい」と言いました。
私はすでに彼氏の事をすっかり忘れ、Tのテクニックに酔っていたので、恋人気分で「うん、いいよ」と言いました。
Tは「綾子、、綾子、、、ぁぁ、、、すごい締め付け、、、すごい」と言いながら
スパートをかけました。
「ああ、出すよ、、胸に出すよ、、、ああ出る、、、ああっイク」
Tは私のアソコからアレを抜くと私に跨るようにして私の胸に精液を放出しました。
私もTがイク少し前に何度目かの絶頂を味わっていました。

疲れてしまっていつの間にか寝てしまいましたが、起きてから私とY、TとY子でセックスをしました。
もう乱交と言っていい状態でしたが私もY子も拒むことはしませんでした。
今まで感じたことの無いセックスをしてしまったので、もっと気持ち良くしてもらいたいという気持ちの方が強かったと思います。

数時間後に二度目のセックスが終わりましたが
この時点でTのアパートにいたのはYとTと私とY子の4人です。
「HとN美は?」と聞くと「出て行った」と言われました。
後で聞いた話ですがN美はHにホテルに誘われましたが断固として拒否したそうです。
その話を聞いてハッとなり自分のとった行為が愚かだったと気付きましたが、彼氏には言い出せずにいました。

その後、どこからか私の行為が彼氏の耳に入りました。
彼氏は最初は冷静に怒っていましたが、次第に激怒してきて泣きながら
「お前なぁ、人の気持ちを何だと思っとるんじゃ!」
「お前を信じてきた俺の気持ちが今どうなのか考えてみい?」
「謝って済む問題じゃないぞ。それでも人間か?」
何度も平手打ちをされましたが私は何も言えませんでした。
結局、捨てられてしまいましたが自業自得だったと思うしかありませんでした。
同じ失敗は二度としないと誓い、Y、Tとも会うことも止めました。

今は普通に彼氏がいますが
快楽を優先して大切な人を裏切る行為をしてしまったという事実は消えません。
今でも時々思い出しては鬱になります。

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.