女性専用 知り合いとの体験談

ここでは、「女性専用 知り合いとの体験談」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

結婚して8年になります。

半年前に突然、主人の勤めていた会社が倒産してしまいました。

失業手当の支給が終わるころになってようやく仕事が見つかったのですが、年収は以前の半分近くまで下がってしまい家のローンや子供の教育費のやりくりが大変になりました。

でも、不況で条件のいい転職先は見つかるわけもなく、結局、主人や一緒に住む義母に頼まれる形で私も働きにでなければならなくなりました。

大学を卒業してすぐに結婚して働いた経験がなかったので、普通の会社で働くの不安だったので、義母のすすめるまま主人の叔父の経営する小さな町工場で働くことになりました。

最初は5時までということだったのですが、すぐに何かと残業を頼まれることが多くなり、8時を過ぎるまで残る日も珍しくなくなりました。

そのことで愚痴をこぼすと、主人も義母も 「残業代で少しでも給料を多く払ってあげようと気を利かしてくれてるんだよ」 と言って、むしろ喜んでいるのです。

そして働き始めて1ヶ月が経った日のことでした。

その日も残業で8時を過ぎて会社に残っていたのは私と社長の叔父さんだけでした。

私がコピーを取っているといきなり後ろから抱きしめられました。

もちろん抵抗しましたが、叔父さんの鬼のような形相が怖かったのと、「生活が大変なんだろ。君しだいで給料を今の倍、いや3倍にしてもいいんだよ」

そう言われて、抵抗する力が弱まったのは確かです。

私の抵抗が弱まると、叔父さんは 「そうそう、家族のためなんだから……」 と耳元でささやきながら、事務服の下に手を入れてきて胸をわしづかみにして、もうひとつの手もスカートの中に入れてきました。

その手を跳ね返すことはできませんでした。

そのまま床に寝転がされ、 「この方が興奮するんだよ」 と言って、事務服を着たまま犯されました。

その日から私は叔父さんの愛人になりました。

独身の叔父さんは毎日のように残業と称して私を抱くようになり、会社の人も2人の関係にうすうす気がついているようです。

しかし、叔父さんはそんなことを気にすることなく、むしろそれをいいことに昼間でも私を連れ出してホテルに行くようにすらなりました。

最近は休日になると我が家にやってきて、主人や義母の目を盗んで私の体を触っては、何も気がつかない主人を笑っています。

そして、 「今度は自宅でセックスをしてみないか?」 と耳元でささやくのです。

今はまだ冗談のようですが、いずれは本当に我が家で抱かれるのではないか、そんな気がしています。
エロビデオみたいだけど高3の時、
同じ部活の女友達がうちのお父さんとセックスしてた。

見てて最初はキモかったけどちょっと萌えた。

普通に土曜日うちのお父さんが非番で休みの日で、
お母さんは妹の小学校のバレーの練習に行ってて、
私は部活も休みだったから美容室に行ってた。

本当はそのあとに他の友達と会う予定だったけど、
ドタキャンされて、家に帰ったらセックス現場にって感じ

友達と会う予定をドタキャンされたから、
お父さんに伝えた帰る時間より早く帰っちゃった。
私がまだ帰ってこないと思ってたんだろうね。

父とKちゃん(相手の子です)に聞いたときは、お互い、
1回しかしてないって言ってた。 信用できないけどね

何回か家に遊びに来たり、泊まったこともあったりしたから
仲良くなったらしい

ちなみにうちのお父さんはイケメンでもなんでもないけど、
Kちゃんはうちの父親みたいな優しそうな、人畜無害そうな
男が好みだそうです

Kちゃんは黒島結菜に似てて結構美人
2年の修学旅行で行った沖縄で水着になったんだけど
その時友達に美乳って羨ましがられたおっぱいの持ち主でもある

父には次こんなことしたらお母さんに言うよって言ってあるので
最初は私がお母さんに言わないかちょっとびくびくしてたな
最近は忘れてきたのか普通になってる。もう3年前の話だし。

Kちゃんとは友達関係維持してた。
だって友達と私の父が肉体関係があるなんて周りに知れたら、
学校での立場がヤバくなるじゃん。

だからこれは2人の秘密です。
Kちゃんを見る目はもちろん変わったw
そんなことする子だって思わなかったし

セックスに誘ったのはKちゃんみたいだからね
うちのお母さんから聞いたけど、お父さんは
まったくと言っていいほどモテたことがないらしい

だから女の子から誘われてフラフラって
いっちゃったんじゃないかな?

お風呂上がって暇だから書いちゃいます

美容室に行って帰ると玄関にKちゃんの靴
来てるんだ~って思いリビングに行ったけど、
誰もいない あれ?

よくよく聞いてみると変な声がするのよ
だんだんそれが喘ぎ声だって分かって
家にいるのは私とKちゃんとお父さん

うそ!?って思って足音立てないように2階に行くと
2階に行ってお母さんとお父さんの寝室に行くと
そこには生まれ状態の父と同じく生まれ状態のKちゃん

あまりのことに頭がついていかなくて
なんなんだこれは?って思ったww

お父さんがKちゃんの腰に手を添えながら
Kちゃんのおっぱい吸ってて。なんかその姿みたら笑えてきちゃって

そうこうしてるうちにKちゃんがお父さんのアソコをナメナメ
いざ挿入って時に「あっ!」お父さんゴムがないことに気づいたみたい

でもそこはKちゃんが「ゴムあります」って言って
バックからゴムを取り出してた

お父さんがゴムの装着に手間取ったらしく
Kちゃんが「サイズ合いますか?」とか聞いてた

お父さんが「大丈夫だよ」って言ってなんとか装着できたみたい
正常位の形になってお父さんがズブズブと入れていってた

Kちゃんはずっと「あ~ やぁ はっ」みたいな喘ぎ声出してたよ

Kちゃんのアソコになじませてたのかな?動かなくて、
しばらくたってからお父さんがピストンを始めてた

しばらく正常位でしててお父さんが
「後ろ向ける?バックでしたいんだけど」
Kちゃん無言でバックの体勢に。

そこからしばらくバックで突いてて・・・
その後は普通に正常位に戻ってフィニッシュ

非日常を見て気がどっかに行っちゃってたけど、
よし突撃しないとと思って勇気をだして部屋に

余韻に浸ってるであろうお父さんに後ろから近づいて
肩をポンポン 「うへぁ!?」みたいな声出してた
Kちゃんは唖然としてたw

2人に服を着させたんだけど、Kちゃんの太ももに
お父さんの精液?が着いててちょっとキモかったw

とりあえずKちゃんには帰ってもらって
その後はお父さんに「頼む!お母さんには内緒にしといて」って
懇願されたりw

Kちゃんにセックスの経緯を聞いて、次誘惑したらお母さんにも言うし
Kちゃんの両親にも言うよ、って言って
もうしないっていう約束をして終わった

後から聞いた話だとKちゃんはうちのお父さんのことをいいな
とは思ってたけど好きとかそういう感情はなかったみたい

でも彼氏と別れて欲求不満だったらしくw
そうだ!年上の人とのセックスってどんな感じなんだろう?
やってみたい・・・って。

そしてうちのお父さんを誘ってみたところ、
のってくるからそのまましちゃったそうです

セックスではKちゃんがイク前にお父さんがいっちゃったらしく
不満だったらしいw

会話の部分とかは当時を思い出しながら書いたから
正確じゃないけどだいたい合ってると思う
強烈な記憶だからww

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.