男性専用 先生との体験談

ここでは、「男性専用 先生との体験談」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

前編は以下のとおり
図書室で先生のオッパイを
先生がフェラチオしてくれた

口撃を受けて、童貞の俺はあっという間に果てた。
先生に出そう、と伝える間もなく口に出してしまったが、
先生はそんな経験もあるのか、事も無げに飲み込んでしまった。

全てを出し終えたチンコが、先生の口から出てきた。
小さくなったチンコと、その先っちょから糸が。

先生は口元をハンカチでふき、図書室の片隅の洗面台で
うがいをしている。なぜか、服の乱れはそのまま。

そのうち、先生が帰ってきて、
「今日はもう帰りましょうか?」と声をかけてくる。

が、オッパイは丸出しのまま。
そんな痴態を見て、帰れるわけがない。

「先生、もう一度だけ」と言うと、
ニコっと頷いて、俺に椅子の上に横になるように伝えた。

も、もしかして騎乗位って奴?
期待しながら見ると、先生はタイトスカートを脱いで
下着だけになった。

先生が下着を履いたまま腰にまたがる。
チンコに布地の当たる感触。

と先生がキスをしてきた。キスは段々下に下がり、
やがてチンコや金玉の辺りを舐め始めた。

あっという間に復活したチンコに自分の股間を擦りつけ、
激しく動く。

しかし、下着が邪魔をして肝心のところに入らない。
最後は俺にしがみつくような格好の先生の下着の
股間部分に発射して果てた。

しばらく荒い息で抱き合っていた二人。

やがて先生が立ち上がり、服を着始めた。
俺にも服を着るように促す。

服を着終えると、
「今日は作業はおしまい。締めるから出ていってね」
と退出を促す。

それから、先生に会うたびに、挨拶すれば返してくる。
けど、それ以上は何もない。

あれから数日後。再び、図書係の仕事。
しかし、この日は沢山の人数が集まっているため、何も起こらず。

さらにその後、先生と二人きりになるチャンスがあったが、
俺の顔を見るなり、作業はまた今度、と言って帰ってしまった。

明らかに、避けられている。

俺は先生に気に入られるよう、国語の勉強を頑張り、
図書係にも立候補し、何かと先生のもとを訪ねた。

そして、卒業がそれほど遠くないころになったある日。
ついに、その日が来た。

うまいこと図書館に二人きりになったその日、
思い切って思いを打ち明けた。

先生とまたエッチな事がしたい、出来ればセックスしたい、と。

先生は黙って俺の話を聞いていたが、聴き終わると無表情で
「エッチな事、したいのね」と言うと、
俺のズボンとパンツをずり下ろした。

そして何も言わず、俺のチンコをしごき始めた。

ああ、また先生とあの続きが出来る!
そう思っていたが、前回とは様子が違っていた。

先生は無表情で、まるで機械を扱うかのようにチンコをしごく。
刺激はあるので勃起すると、やはり無表情で咥えて、
口で愛撫する。

が、この前のような恋人みたいな愛情たっぷり、ではなく、義務でする
みたいだった。

以前とは全く違う先生の対応にショックを受けていると、
先生は冷静な口調で「オッパイも見ないといけないのね」と言い、
まるで風呂にでも入るかのように上半身裸になった。

視覚的な刺激も加わり、それから間もなく射精。
先生はこの前みたいに飲んでくれず、吐き出した。

服をさっさと着ると、「もういいわよね?」とだけ言い、
図書室を後にした。

あわよくば先生と濃厚なセックス、と期待していた俺は、
なぜこうなったのか分からないまま、しばらくの間呆然としていた。

実際にこんな事があると後々尾を引くので
けっして良いとは言えない。

ちなみに先生は、卒業式も近くなった頃に
家庭の事情とやらで急に退職。 詳しい理由は今も不明。

かくいう自分はこの経験が影響して、
恋愛がうまくいかずに未だに独身です。
前編は以下のとおり
図書室で先生のオッパイを

そのうち、触るだけでなく先生の体を舐めてみたくなってきた。
そこで、思い切って、「先生、舐めてもいいですか?」と聞いてみた。

先生はちょっと驚いたように
「え!?どこを?」と聞き返す。

本当はマンコを舐めたかったけど、何だかそう言い出せず
とっさに「乳首です」と答えてしまった。

先生はちょっとだけ考え、「じゃあ、いいわよ」と答えた。
許可を得たので、取り敢えず手近な左乳首から。

口にくわえると、すごく固くなっている。

しかし、舐めてみたいとは言ったものの、
どうすればいいのかよく分からない。

とりあえず、吸ってみたり舌先で舐めてみたりもしたが、
先生の反応は今ひとつ。 あまり気持ちよくないのかもしれない。

せっかく、やってみたかったエッチな事をしてみたのに、
思った程の反応がなかった。

ちょっとがっくり来ながら、先生のアソコを下着の上から刺激してみた。
ら、これは思ってた以上に良かったらしい。

先生は思わず声を出して体をビクンと震わせた。
慌てて口を自分でふさぎ、声を出すのを我慢している。

が、気持ちいいのは我慢できないようで、体をくねらせ、
下着はあっというまに ビショビショになってしまった。

童貞の俺でも、先生がセックスする準備が出来たことは分かった。

オッパイを吸うのも、アソコをいじるのも止めて俺は先生の前に
立ちはだかり 、一気にパンツとズボンを下ろし、いきり立ったチンコを
先生に見せつけた。

そして先生のタイトスカートに手をかけつつ、
「先生、お願いです」と声を振り絞った

これだけで、自分が何を願っているか、先生も分かるはずだ。

いきり立ったチンコと俺の顔を交互に見上げていた先生は、
観念したかのように自分のスカートを下着を脱いで、股を開く。

はずだった。

先生は少し悲しそうな顔をして、「さすがにそれはダメ」と一言。
そんな、ここまでその気にさせといて。
こういうの、蛇の生殺しというんでしょ?

その時の俺は、あまりにも絶望した顔をしていたんだろうか?

先生は「しょうがない、こっちならしてあげる。今回だけよ?」
と言って、勃起したチンコの皮を丁寧に剥き、口で咥えてくれた。

クチュクチュ、チュパチュパ、レロレロ。
いやらしい効果音が図書館に響く。

先生は、まるで恋人がしてくれるみたいな
濃厚なフェラをしてくれた。

時々俺の方を見上げながら、いつもの悪戯っぽい顔をしながら
先っぽを舐めたり真剣な顔でストロークしたり、
教師とは思えない淫靡な表情を浮かべたり。

そんな口撃を受けて、童貞の俺はあっという間に果てた。
先生に出そう、と伝える間もなく口に出してしまったが、
先生はそんな経験もあるのか、事も無げに飲み込んでしまった。

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.