女性専用 年下との体験談

ここでは、「女性専用 年下との体験談」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

32才になる主婦です。同じマンションの隣に住む大学生と肉体関係になってしまいました。

毎週土曜日の昼すぎに呼び出され抱かれています。

私の夫は海外勤務で単身赴任1年目、任期の残り3年を私は一人さびしく待つ身でした。

私はいつしか、一回きりの後腐れのない相手を見つけては秘密の火遊びをしていました。

その時も、私は見ず知らずの男と一時の情事を楽しんでいました。帰り際傘を差してホテルから出てきた私は、一瞬息が止まってしまいました。

なんとそこにはいつも回覧板を廻している同じマンションの隣に住む大学生と偶然にも出会ってしまったのです。当然私と一時の情事を楽しんだ男は、すぐにどこかにいなくなっていました。

私と大学生の彼はどちらから誘うでもなく近くの喫茶店に入りコーヒーを注文しました。

カレは「俺は何もいいませんよ」と言ってくれました。その後世間話などして帰りました。けれども段々不安になってきた私は、彼に口止め料のつもりで、

「ありがとう」のメッセージと共に新品の時計を彼の家のポストに入れておきました。次の朝、私の家のポストには昨日の時計が入っていました。

私は時計をどうしても受け取ってもらおうと、彼の家のチャイムを鳴らしました。そこから私と彼の関係は始まってしまったのです。今では彼の体に溺れてしまって断わることができません。

彼は昨日の事など忘れたかのように、私を玄関に向かい入れました。
彼の話術は巧みで、感じのいい大学生といった感じです。

最初楽しく世間話をしていたのですが、彼の視線が私の胸をちらちら見ているのに気づきました。今思えばかなり無防備な服装をしていたかもしれません。

私は普段から体の線が出るような服を好んで着ており、その日も胸が強調されるようなタンクトップとタイトミニにエプロン姿という男が好む服装でした。

なんとなく嫌な気がしてそうそうに話を切り上げ、昨日のお礼と時計を渡して引き上げようとしたそのとき、急に腕をつかまれ玄関先に押し倒されました。

さっきの笑顔とはうってかわって真剣な表情で、無理矢理私の股の間に脚を入れてきたので、怖くなって声をあげ暴れましたが、手で口をふさがれ、服を強引に剥ぎ取られました。

ブラジャーはひきちぎるようにとられ、ぎゅうぎゅう胸を揉まれました。

それでも彼の髪の毛をつかみ抵抗を続けましたが、パンティの中に手を入れられ、アソコとお尻の穴に指を突き刺され、下半身から頭の先まで電気が流れたようにしびれて体が固まってしまいました。

昨日ラブホテルから出てきた私の事を思うと夜も眠れなかったと言うのです。

僕が欲しいのは時計ではなくこの体だ。やらせないと近所中に秘密をばらすぞ、など、いろいろ言って、強引にキスしてきました。

ぐっと歯をくいしばっていましたが、彼の舌が口の中に入ってきてぐちゅぐちゅ舐めまわされ、指はアソコを強弱つけながら擦られ、段々と力が抜けていく自分がわかりました。

耳元で、「奥さんの体はとても素敵だ」とか、
「今から腰が抜けるほどSEXしてあげるね」
とか言われて、

耳の穴を舐められるうちに、食いしばっていた歯も緩んでしまい、彼の舌を受け入れ、されるがままになっていきました。

絶えず動く彼の指がにちゃにちゃと音をたて、私のアソコをどんどん濡らしていくのもわかりました。

見ず知らずの男と一時の情事を楽しんでいた私でしたが、久しぶりの感覚で、心臓がバクバクなっていました。

いつの間にか服を全部脱がされていました。

そして、彼の体に応えるように自らの意志で抱きつき、自らの意志で彼の舌に自分の舌をからませていく私がいました。

彼は優しく愛撫を続けてくれましたが、そのうち自分も裸になりました。
彼のものはものすごく大きくて、ピンと上に反り返っていました。

主人のものとは全然違っていて、主人以外のものを受け入れるのだと思うと、少し我にかえり、怖くなって、ダメダメと彼に訴えましたが、彼ははあはあ言いながら、ペニスの先を私のアソコに添えました。

ああ、来るんだ、入ってくる、と感じた次の瞬間、彼のペニスが私の中にグンと奥まで入ってきました。

思わず悲鳴をあげてしまいました。
彼はものすごい勢いで腰を動かします。

彼のペニスが私のアソコを出たり入ったりするたびに、ジュボジュボと音をたて、おびただしく濡れているのがわかりました。

奥さん、奥さんと何度も言うので、浮気をしているうしろめたさで一杯になりましたが、背徳感で興奮している自分もいました。そしてその行為が私の秘密を封印してくれるとも思ったのです。

私はだんだんわけがわからなくなり、何年かぶりにイってしまいました。体じゅうの感じるところがいきました。涙も流していました。ほとんど同時に彼に中出しされました。

彼のペニスは私の中で大きいままで、彼はまた腰を動かしはじめました。

今度は、私の腰を持ち上げて大きくまわしたり、深く浅く入れるのを繰り返したり、お尻の穴を愛撫したり、いきそうになって声をあげると動きを止めたりして、私はいっぱい焦らされました。

なかなかいかせてくれないので、自分からせがみました。彼は、これからもずっと付き合ってくれるか、そうしたらいかせてあげると言いました。

私はとにかくいきたくて、いかせてほしくてたまらなかったので、何でもするから、いかせて、とお願いしていました。そのあと彼は、リズミカルに腰を激しく動かしてくれました。

気持ちよくて気持ちよくておかしくなりそうでした。

何度も何度もいかされました。
今はほとんど毎週彼に呼び出され、体を求められます。

中出しだけはやめて欲しいけれど、必ず中に出されます。
まだ妊娠していませんが妊娠したらどうしよう。少し不安です。

でも若い彼の体に溺れてしまった私は離れられない状態なのです。
数年前に知り合った2歳年下の男の子。
彼は一人暮らし。数ヶ月に一度遊びに行く位のつきあい。

でもあの日はなんだかいつもと違ってた。
二人で並んでソファにもたれてビデオを見てた。

二人とも夢中になって観ていたのだけれどふとした拍子に、彼の手が私の太ももに触れた。

「あ、ごめん…」と彼。
それまでは何とも思わなかったけれど随分ふたりの距離が近い。

彼は私の左側にいて、顔をそちらに向ければすぐそばに彼の肩がある。

くっ付き過ぎかな…と思って少し離れようか迷っていると彼の手が唐突に、私の手を握ってきた。

指と指をからませるように…。指のまた同士がこすれあうように…。

びっくりして彼の顔を見上げると、彼は一度手を離して両手で私の腰を引き寄せ、優しくキス…

彼は舌で、私の舌を舐める。彼の手が添えられている腰が感じ始めている。
そのまま彼は片手を胸の上に移動させ、ブラウスの上から揉みしだく。

舌は絡み合ったまま、
「…んっ…」
口を離してくれない。
息が…苦しい感じているのに溜息もつけない。

更に彼の手は一気にスカートの中に滑り込み、ストッキングの上から溝をクッと軽く押した。

あ…私キスだけで濡れてる…もう湿った感じがわかる…

彼はやっと絡み合った舌を離し、ゆっくりと私を押し倒すとストッキングとパンティを一緒に剥ぎ取ってしまった。

ブラウスのボタンもあっという間に全部外されてしまった。
ブラをグイっと押し上げると同時に乳首に吸い付く。

「あん…そんなに強く吸っちゃダメ…」

彼はもう別人みたいに息が荒くなって、夢中で乳首に舌を這わせている。

両手で左右から寄せ上げられ、盛り上がった乳首。
そうしながら吸われると、一番感じるの…

私は彼の髪の毛に指を絡ませながら、もうアソコがたっぷりと濡れているのを自覚する。

私の乳首がツンと立つと、彼の舌は私のお腹の真中を移動しながら、アソコに向かっていった。

「…ヤダ…そんなところお風呂に入ってからじゃないと…」
私が少し抵抗すると、

「いいって…平気だから…」
と私の足を乱暴に開いて顔をうずめた。
朝シャワー浴びたけど、もう夜だし…恥ずかしい…

私の気持ちとは反対に、彼の舌は遠慮なく動く。

最初は溝を、下から上へ力をいれずになぞり、両手で左右のヒダをひろげると、ヒダの内側を丁寧に舐め上げる。

「や…きたないよ…」
彼は無言のまま数回優しく舐めると、今度は片方ずつ唇で優しく挟み、吸ってくれる。

…チュウッ…
ヒダが軽く引っ張られて、アソコの奥がキュウっとなるのがわかる。

「…すごい濡れてる…感じてんの?…」
「ん…そんなにされちゃ感じるよ…」

彼の片方の手の親指は、私の愛液をローション代わりにしてクリを揉み、
もう片方の手は、親指と人差し指を使いアソコをひろげ舌を差し込んでくる。

今は触られてもいないのに、私の乳首は勝手に固くなってる。

私が身悶えする度に、開かれたブラウスの生地がこすれて更に敏感にしてしまう。

彼とは只の友達と思っていたのに…私抵抗してない…

すっごく気持ちいい…クリがだんだん勃起してきて彼の親指に揉まれる度に、コリコリいいそう…。

指入れて欲しいな…。彼はムクリと起き上がると、私の手を自分の股間にもっていく。

「…さわって…」
彼は履いていたトレーニングパンツと下着を太ももの途中まで下げる。
そこで剥き出しのなった彼のモノをみて、私は息をのむ。

…大きい…すごく…ピクンピクンって脈うってる…。
手で軽く握ると、太いのがよくわかる。熱くなっていて硬い。
今までの相手の中で一番大きいかも…

私が素直に、「大きいね…」というと、
「口でして…」と、立ち膝の状態で一歩前に出てきた。

恐る恐る先の方だけ口に含む。私は口が小さめなので、すぐに頬張った状態になってしまう。
彼が自然と腰を前後させる。

私は彼のモノで喉を押し広げられ、顎が上を向いてしまう。
「や…おっきくて苦しい…」
「…ああ…気持ちいいよ…」

彼は、腰の動きとは反対に優しく私の髪を撫でる。苦しいけど、彼に感じて欲しくて、頬をすぼめようとしてみる。

だめ…大きいのを無理に頬張っているからそんな吸う余裕なんてない…。
彼は少しの間、私の口を責めるみたいに腰を前後させ「はぁ…う…」と溜息を漏らしていた。

やっと彼の大きいモノから、私の口が開放される。
「あごが…いたい…」
彼は、「ごめん…おまえ口小さいもんな…」と優しく微笑む。
そう言いつつも今度は横向きの69の体勢にされてしまった。

あごがだるくて、口一杯に含めない。私は彼の根元を力を入れて握り、カリの部分だけを口に含む。そして根元をつかんだ手で上下にしごく。

私の唾液で滑らかに動くどんどん硬くなってきてるみたい…。

彼はというと、中指をゆっくりと根元まで膣の中に差込み、浅く深く出し入れを繰り返している。

やっと入れてもらえた…
…ヌチャ…クチュ…いやらしい音が聞こえちゃう。

時々ぐる…ぐる…と大きく円を描くように彼の指が動く。その度にいやらしい音も大きく響く。

「ん…ん…」
彼のカリを咥えているので声は出せない。

私もアソコに血が集まったみたいに熱くなって時折、ピクンっと内ももが震える。同時に中もきっと締まってる。
彼は私の中を試すように、指で優しく責め続ける。

「…おまえ、締まってきてるぞ…」
私は、「…ん…」としか答えられない。
でも腰が勝手に動いちゃいそう…

彼はゆっくりと円を描くように、徐々に指を抜きながらもう入れていい?…ときいてきた。私もそこで、ハアッ…と口を離し、うん…と答える。

正上位の体制で、彼は自分のモノを私の溝にあてがいゆっくりと腰をうずめてきた。

あぁっ…本当に大きい…ゆっくりと入ってくるので、どこまでも挿入が続きそうな感じ。

彼は根元まで沈めると、フゥ…と吐息をもらし少しずつ腰を動かし始めた。
彼のモノが根元まで収まると、子宮の奥まで届いているみたいに苦しい。

私のアソコは充分濡れているので、痛くはないけどかなりキツイのがわかる。

彼の腰が動くたびに、私のヒダがめくれあがる感じ感じるというよりも、いつか痛くなるのでは…とおびえながら我慢をしている。

それなのに彼は、「気持ちいい…?」と耳元でささやく。
私は正直に、「少し苦しいかも…」と答える。

そうすると彼は少し腰を引き、私の入り口付近をカリで擦り始めた。
彼のカリ首が引っかかるみたいにこすれてさっきの苦しさが嘘みたいに気持ちいい。

もうちょっと腰を引くと、彼のモノが私の中から外れてしまいそう。
そのくらい微妙な位置なのに、彼が動くたびにどんどん高まってくる。

「…あっ…あっ…あんっ…」
ジュプッ…ジュプッ…ジュプッ…
腰が勝手に浮いちゃうよう…脚もどんどん広がっちゃう…

「ダメ…いっちゃう…」
「いけよ…」
彼は微妙な浅さのピストンを続ける。

「あぁっ…すごい…いくっ…んんっ!」
今までに味わったことのないくらい鮮烈な快感が全身をつらぬく。
お腹がぐっとへこみ、脚がビクッビクッと痙攣する。

彼は徐々に腰を動かす速度をゆっくりにして固くとがった私の乳首をからかうみたいにキュッとつまんだ。

「あっ…だめ…」

私が一瞬弓ぞりになると、彼はニヤっと笑って両手で胸を下から上へ力強く揉みあげる。いや…全身が鳥肌たってる…どこを触られても感じちゃうような感覚…

私は何度目かの絶頂の後意識を手放した…最高に気持ちのいいセックスでした。

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.